空を見上げて
トップページ » 静岡県
静岡県

夏なのに、春の杉?! 〜信仰と山と植林と 神々しい巨躯 春埜杉〜

夏になると、暑いというのは勿論ながらも7月の時点で気温40度を記録するところもあり、酷暑の年となりましたがそんな夏にお届する巨樹は「春の杉」なのです。
夏なのに、春の杉・・・これいかに・・・・


杉の巨樹は全国いたるところに存在しますから、単純な太さや樹高ではなく、出会った時の出で立ちや樹形などが見どころになる場合が多いのですが、今回の「春の杉」はそれら以外の存在感も見どころではないかと思う杉の巨樹です。

早速ですが名前のネタばれをしますと、巨樹の所在地が静岡県の春埜山ですので、「春埜杉」というのが正式名称です。
銘木によくみられる「杢(もく)」という字に似ているために、無意識に目をひく漢字でもある「埜」が使われていることもあってか、訪れてみたかった巨樹でした。
場所を調べてみると、結構な山あいに位置している様子だったので、時間に余裕を見て早朝から出向くことにしました。


しかしながら、そんなパターンの時はいつもとっても道が細いところや、行けども行けどもたどり着けなさそうな道の場合が多いのですが、今回は全く逆。
物凄く走りやすい!
静岡県(天竜区)で驚いた事は、急峻な山から想像する以上に林道が整備されていて、道幅が広く綺麗でとっても走りやすいということ。(私にとっては・・・)
今回はお目当てに行くまでも、いつも以上にリラックスして向かうことが出来ました。

とはいえ、曲がりくねった山道を走り続けて春埜山の山頂へ。
大光寺の広い敷地内の駐車上に到着し、目的地へと少し歩いて下ります。
境内に入るも、それらしき姿が無い・・・ときょろきょろしていると山門の向こうにそれらしき姿が・・・・・

春埜杉 10


おぉ、あれこそまさしく・・・


山門の先に見える堂々とした姿で立っているこれこそ春埜杉。

春埜杉 2


境内からだと山門から階段を下りて行った場所が丁度、春埜杉と対峙出来る場所になるのですが、おこがましくも少しの間は高いところから眺めさせてもらいます。
というのも、階段を下りていくと春埜杉との距離は近くなるものの、全体像を見るには近すぎるからです。
迫力は、離れていても十分に伝わりますし、枝を力強く伸ばしていることで、離れている事を感じさせないということもあります。


春埜杉 12


本当は写真にもその全体を写し込みたいところですが、春埜杉の周囲には立ち入ることができないこと、それに登山道になっている様な部分にも柵があるので、無理に山の斜面の方へは出ていけませんので、カメラアングルとしては不満が残るのは仕方の無いところ。

とはいえど、やはりスケール感を出すためには少し離れた部分からの様子をおつたえしないといけません。
ココまでの写真でも、実際に訪問した本人としてはとてもスケール感がつたわるものの、写真単体として見るとなると、比較物がないからなのか、どこかすこし大人しく見えてしまいます。
ということで、少しづつ近づいてみましょう。
山門をくぐり、いざ春埜杉の膝元へ。

春埜杉 1

山門からの階段を降り切ると「御神木」の石碑と共に、御賽銭箱のあるお社。
そしてその向こうに春埜杉を見上げる格好になります。
先も書いている通り、本当はこの写真の向かって右手にもう少し廻り込みたいところなのですが、いくことができず、全体を移そうにも微妙にお社がかぶってしまい、肝心の根元の部分が途切れてしまう・・・

うーん、贅沢は言えませんが立派なだけに、ちょっと残念。
柵を乗り越えて近くへいきたい思いにかられながらも、ベストポジションを探すのですが・・・
結局、近寄れないために今回は大きさ比べの「昌志スケール」はおあずけです。


春埜杉 4

どうしても、石段から全体像、という構図になってしまう。
それもいいんですが、やはり迫力が伝わらない。

どうしてそう思うかというと、私は難なく自動車で訪問し汗をかくことなく、この有難い姿を見上げているものの、交通手段が整備されていない時代には、1000mに満たない山とはいえども麓から相当な覚悟で登ってきた末に、この春埜杉の姿を見上げたことだと思います。
そう考えると、今自分がたっている場所と眺める景色とはまた違う景色がある様に感じられ、写真では伝わりきらない迫力を、なんとか少しでも伝えたいという気持ちにさせていたのかもしれません。

静岡県、天竜区は以前にも研修でお世話になっている位に、林業が有名な土地柄ですので、古くから人が山に入っていたことが伝えられています。
しかし、それは私たちが想像する現代の林業の為の山との関わりとは、少し事情が異なる様です。

春埜山の西に位置する秋葉神社の巨樹群である「秋葉杉」によれば、天竜区においての植林は、単なる林業としての植林ではなく、信仰の対象として植えられていたと伝えられていることと、春埜杉と同じように急峻な山の山頂付近にも関わらず、巨杉がボンボンと聳え立っている様は、山を見る尺度が、単なる「木材生産を目指す」林業という言葉だけではない人と山とのかかわりを、意識せざるを得ない様に感じました。

春埜杉 11


植林の正式な記録としては、そうは古いものは残ってはいない様ですが、この地域の人々は相当古くから、この急峻な山々の「巨人たち」に信仰の心を抱いていたことは確かでしょう。

春埜杉は樹齢およそ1300年といわれ、大光寺開山の際に「植えられた」杉だそうですが、それにしても、人がこの山あいにまで足を延ばすことが出来るようになった時代に出会ったこの姿は、その人の目にどう映ったのか・・・
今の私では、その衝撃を推測することはできません。


春埜杉 8

それにしても、迫力はすごい、本当に神様みたい。

苔を抱いたその巨躯と、不規則につきだした大きな枝、遠目では整っている様に見えるものの、実際はゴツゴツとしたその幹。
見れば見るほど、特別な存在に思えてくる。

それは、おそらく訪問時の早朝は少し肌寒く感じる季節で、気温差によって少し靄の様なものがかかっている中、のぼりはじめた朝日をあびる姿から、どこか神々しさを感じたからなのかもしれません。
下界を離れ、自分と春埜杉意外には何もない様に感じる空気。

いや、実際は春埜杉が従える杉達が茂っているものの、冷たく張りつめた空気が春埜杉の神聖さを私の肌に刻みこんでくるようでした。


そうです、朝焼けに輝きだすその姿は、まさに春埜山を納める山の主、いや山の神。
刻々とその姿を朝日に赤く染めていく様は、まるで天孫降臨。
目の前の神木に、神様が降りてこられている様に感じるのは、おそらく私だけではないはずです。



春埜杉 



春埜杉所在地

静岡県浜松市天竜区春野町花島22-1 大光寺山門下

駐車場、御手洗いあり


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

天竜林業 弾丸珍道中 〜森の大聖堂 吉沢の田高杉〜

天竜珍道中の最後を締めくくるのは、植林文化のある土地なのに珍しく、端正な一本木ではありません。
おそらく、植林が始まる以前からもうその場所に立っていたからなんだろうと想像するのですが、それでもなかなかこんな形にはならないと思われる巨樹をとりあげたいと思います。

国道151号線から、道の駅くんま水車の里方面に抜ける県道9号線。
(私にとっては)比較的走りやすい山道(対向しにくいところもあるが・・・)をしばらく登っていくと、集落なのか建物が見えて道路も一段と広くなります。
視界が開けてしばらくすると見落とすことの無い場所に、その珍しい杉が立っています。

吉沢の田高杉7

丁度道が分岐するところに、目印の様にたっているのが「吉沢の田高杉」です。
現在では、町村合併によりその名称が変更されているということですが、「田高」というのが所有者さんのお名前に由来するらしく、現在でもインターネットのマップにもそのままの名前で掲載されています。


遠くから見えている雰囲気では、樹齢100年強の育ちの良い杉が林立しているのかなぁ、という印象を受けるその姿ですが、前回に稀樹という言葉を使っているのは、正面からの姿に対してです。

吉沢の田高杉2


言葉でいうと、確かに林立しているとも言えますが、この田高杉は根元?!で融合している様子で、正面から?みる横幅がなんとも迫力です。

巨樹のスケールを計測するために、胸高直径という様な形の言葉を使ったりしますが、この場合は斜面の上部分で幹が分岐しているので、単木のデータと比較することはできないものの、個人的にその大きさを楽しむにはとってもワクワクとさせてくれる樹形をしています。

車で到着する時に眺めている横からの姿が「薄っぺらく」感じてしまう様な、そんな正面からのスケール感。
この違和感が何とも言えません。

吉沢の田高杉4


根元では石を抱き込んでいますので、まだまだ成長旺盛なのでしょうね。どんどん、この迫力の部分が大きくなっていくんだろうか・・・

近接では、こんなに迫力を醸し出しているスケール感ですが、いざ横に廻って見ると、そのスケール感の違いに逆に驚き。
普段なら、巨樹の周囲をぐるっと回りながら様々な角度でその大きさを捉えようとするのですが、田高杉は自身でベストショットを決めてくれているようで、「撮影しやすい向きに向いてるんだから、道路正面から撮るべし!」と言われている様。
目の前が道路で、離れた位置からも容易にその全体像を捉える事が出来ます。

巨樹の容姿をお伝えする時に困るのが、「ひき」のポジションがとれない時。
大きすぎるその躯体をカメラに収めるには、被写体とある程度の距離が必要ですが、周囲に障害物があるとか塀があるなどで、全体を収められない場合はどうしても迫力を伝えきれません。

しかし、ここは広い車道であり分岐点であるにもかかわらず、滞在中の1時間強の間に車が来ることは皆無でしたので、思う存分、車道に三脚をセッティング出来るというわけです(笑。)

もちろん、車注意です!(汗)・・・


吉沢の田高杉8


右側に立つ、ちっぽけな私が見えるでしょうか?!
周囲が伐り払われているために、その姿が一段と目立つアングル。

斜め45°からのアングルは、幹(枝)の分岐がよくわかります。

植物、特に巨樹に対しては「何故、こんな形に?!」というのは愚問以外の何物でもないですが、どうしても、私の中の「天竜」という言葉にひっついてくる「通直で美しい植林文化」というものが離れず、前回までの天竜林業の経緯を聞いていたとしても、田高杉には「なんで、こんなになったの?!」と思わず見上げながらに語りかけてしまうのです。


吉沢の田高杉1


これだけ密集して太くなったからなのか、それとも上長成長を優先したからなのか、はたまた昔は周囲に競争相手がいてこの様にしか成長できなかったのか・・・

見上げる枝葉のつき方も独特で、どうしても何らかの理由を見つけたくなるのは、材木屋だからでしょうか・・・

しかし、私がその姿を見て受けた第一印象は西洋の、それも中世のヨーロッパの城などで使われていた様な「燭台」でした。
あくまでも印象ですが、左右に数本ずつ長い蝋燭の火をともしながら、石積みの壁を仄かに照らしている、そんな燭台のイメージ。

そう思えば、連想的にヨーロッパにおける大聖堂その物の外観に似たような印象も受けます。
腰下がっしりと、そしてその上に細長く塔が並び立つ様な大聖堂です。
キリストのステンドグラスから光が漏れる・・・・

吉沢の田高杉10


大聖堂の代わりに、その根元には小さな祠。

確認は出来てはいませんが、この田高杉のすぐ隣に民家があります。
もしかすると、そこが所有者の田高さんなのだろうか?!と邪推するのですが、詳細は不明。
周囲には数軒ほどしか民家はないので、おそらくそうではないかと思うのですが、夕方だということもありなんせ人も歩いていないので、尋ねる事も出来ずじまい。

なんとか日が暮れる前に一通りのアングルから写真を撮り終えて、安心して最終の正面からのベストアングルショット。


吉沢の田高杉9


やはり、この形は正面がいい様ですね。

しっくりと来る撮影を終え、暮れていく山に映る日の光と、追いかけるように見えてくる月の双方を眺めながら、田高杉の前で天竜弾丸珍道中を振り返ります。

よく考えれば、当日の通行止め一発目に引っかかってから昼食も抜き(因みに朝食は早朝5時・・・)での移動だったので、最終目的を遂げる事が出来てホッと空を眺めると、とっても空腹!
しかし、太陽と月のバトンタッチがグラデーションの様に進んでいく空を眺めていると、さっきまでの忙しい時間が嘘の様。

次の日が出勤、しかも空腹、それに帰宅まで所要約4時間・・・
すぐ出発しても帰宅は夜の10時すぎ。
本来ならいそいそと帰路に着くところですが、こんな時間に巨樹と居ることもめずらしいので、その姿が夜に覆われるまで、その場所にいることとしました。

少しづつ、その輪郭しか見えなくなってくる田高杉。
それと対照的に光を放ち始める月。

風の音しかしないその場所で、ずっと空のグラデーションと田高杉の傍に見える月を眺めながら、時間の流れを贅沢に過ごしました。

最終目的地のくれる夕闇に、今季最初の弾丸珍道中は終わりを告げるのでした。


吉沢の田高杉6

吉沢の田高杉所在地

静岡県浜松市天竜区佐久間町浦川

車はほとんど来ません。路上駐車(笑)。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

秋のかほりに幸せ願う 〜日本一の金木犀 三嶋大社の金木犀(キンモクセイ)〜

例年であれば、本日が仕事はじめとなる弊社ですが今年は日曜日ということと次の日がなんちゃらマンデーの為に休日となり、通常営業は9日からになるという、なんとも間の抜けたスタートになるのですが、記事は引き締めて?楽しくいきましょう。

ということで、新年最初の投稿はいつも通りの「日本一」をお届けしたいと思います。

実は、今回紹介する日本一の巨樹は、仕事関係のツアー移動の昼食時間中にたまたま訪れた先で、偶然に出会ったもので個人的にはとっても運命的に感じたものであるのです。

処は静岡県。
富士山かお茶か、はたまたうなぎか?
いや、もちろん森林も良いのですが今回は少し季節外れの「秋」を感じる巨樹の紹介です。
人も車も往来が多い通りに、ひと際立派な鳥居の佇まいを見せる「三嶋大社」に、お目当てのそれは存在しました。

三嶋大社の金木犀 10

JR本線と東海道新幹線がすぐ近くを走る三島市の駅から徒歩10分ほどの場所にある三嶋大社。
全国的にみれば、街中に荘厳な森を形成する社寺仏閣が存在しているのは珍しいことではないですが、ここは主要道路の歩道上に完全に覆いかぶさる、一瞬見ただけでも100年やそこらではできない緑の傘に囲まれていることで、その境内に「いる」巨樹の存在を期待させるに十分すぎるほど立派であることは言うまでもありません。

そんな境内に歩を進めると、期待通り、もうあちこちに見たい樹木と巨木があり、目的にたどり着くまでにタイムアップになりそう!!
そうなんですよ、今回はツアーの最中でしかも昼休みに抜け出てきている(もちろん、集合場所からダッシュで(*´Д`)・・・)都合、もう一回戻るためには時間がないのです。
もう、並み居る巨樹撮影をしたい自分自身が何人も欲しい気持ちをかなぐり捨てて、やっとたどり着いたのがこの「三嶋大社の金木犀(キンモクセイ)」です。

三嶋大社の金木犀 3

御覧の立派な石碑の通り、国指定の天然記念物に指定されています、、、、って、やはり今回もその樹種のベストシーズンである「秋」に訪れる事が出来ずに、特徴的なあの花の色をお届けすることが出来ず、写真が今一つで…すみません。

しかし、皆さん想像して下さい。
住宅街のアスファルトの香りの中で、ふと「あぁ、こんな季節だったんだ・・・」とその存在自体が季節とともにある樹種の金木犀(キンモクセイ)ですが、通常は生垣サイズや塀から少し頭を出すくらいのサイズですよね?!
それが巨樹というくくりの中に含まれるということがすごいとは思いませんか?!

三嶋大社の金木犀 1

いや、その巨樹というサイズの前に触れておかなければいけないのは、この案内板の最終にある「開花時にはその香りが10粁に及ぶという」というところ。
10粁ですよ!!!
漢字表記で分かりにくいですが、普通に書くと10kmです!
すごくないですか?!
実際に体験していないのでわかりませんが、個人的には大好きな金木犀の香り。
10kmも届くような香りを想像するだけで興奮抑えられません。
(ただし、もう一つの天然記念物指定の案内板には2里、約8kmとされている。)

三嶋大社の金木犀 5

さて、本題の巨樹としてのスケールですが、はっきり申し上げて「図太い主幹」はありません。
地上すぐに大きく幹分かれしているので、周囲を覆う枝ぶりは見事ではありますが、単純な太さという尺度にはのっかっては来ないのですね。
それでも、推定樹齢は1200年と言われているそうですから、十分に古木であることと前提としての金木犀という樹種のサイズを考えると、十分すぎるほどの巨樹ぶりである、と言えるでしょう。

実は、私は訪れたときはこれが日本一である、ということは知りませんで偶然の出会いになったわけですが、知らずに訪れて日本一に出会える、しかも大好きな金木犀の日本一など想像もしていませんでしたから、とっても嬉しかったことを思い出します。

三嶋大社の金木犀 4

もちろん、初夏での訪問だったことで花はなく、青々とした葉のまぶしさを目の当たりにしたのですが、まるで1200年という樹齢を感じさせない活力でしたが、巨樹にありがちな「葉が茂っているほど幹が空洞であることもある」という法則からすると、もしかすると幹の内部は・・・


三嶋大社の金木犀 6

近寄って触れて、頬ずりをしたい気持ちはヤマヤマではあるものの、これほどのものになると当然周囲には柵があり、立ち入ることはできないので、望遠にてその幹を眺めます。
もう、金木犀であるかどうかはどうでもいい・・・いや、こんな幹だとどんな木目を見せるんだろう・・・金木犀・・・・
天然記念物である大先輩、それも大好きな恋い焦がれる先輩に対して木材好きな材木屋の邪念が少し顔を出すものの、そこはやはり荘厳な三嶋大社。
周囲に所狭しと結わえられたおみくじなどを見ていると、あぁ、自分は神域の中で1200年の命と対峙しているのだ、と自覚し己の穢れた念を悔いるのみでした。

三嶋大社の金木犀 7

もちろん、枝ぶりが立派である、ということはそれだけ自重を支えることが厳しくなるので、四方に頬杖が設置されていることで、このシーズンに姿を見ると大きな感動はないかもしれません。
これが花のシーズンとなると違った印象になることは間違いないのですが。
そう思うと、仕方ないとは思いながらも花のシーズンには来ることができないことが残念で仕方なく、そうこうしている間に「走っても間に合わないかもしれない集合という名のタイムリミット」が近づき、焦る気持ちの中で「このまま眺めていれば、あの橙の花がみられるかも・・・」というような錯覚に陥るほどに見入ってしまう自分がいました。

えぇい、ちょっと遅れても構わん!
戻る道すがら、並み居る巨樹を観察するぞ!!
と、幸せな日本一との出会いを振り返りながらも、その場をあとにしたのでした。

三嶋大社の金木犀 8


金木犀を過ぎても、樹齢数百年のクスやカヤ、そして珍しいモッコクなどもあり、これは少なくとも数時間は滞在しないと・・・と思いながらも、すでに遅刻時間決定になっている時計をにらみながらも撮影をしていたとき。
私が撮影した後に、一団の人の塊が目の前に。

あ、そういうことか。
やっぱり、なぜか幸せな気持ちになると思っていたら、青空のもとで、とても素敵なことが。
それも古木のそばで・・

BlogPaint

結婚式の記念写真を、「パワースポット」で撮影されました。
うん、カメラマンが「パワースポットですからねぇ〜」と言ってましたしね。
いやぁ、めでたいですね。
立派な社殿に白無垢がまぶしいです。

金木犀の香りはしないものの、運命的に出会った日本一の樹木と、運命的に出会った新婚さんの睦まじい姿を見て、自分も幸せを感じ、彼らの幸せをも願わずにいられませんでした。

そしてもちろん、集合には遅れてしまい若干の注意を受けるのでした・・・
ここだけは、再度ゆっくりと、しかも花の時期に訪れたいものです。



三嶋大社の金木犀(キンモクセイ)所在地

静岡県三島市大宮町2-1-5

車ではなかったので、駐車場未確認。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ!