空を見上げて
トップページ » 無垢フローリング選び
無垢フローリング選び

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング オイル塗装と、支えあう真壁のおうち

つい先日、#無垢フローリング後悔、#無垢フローリングのデメリットなどと投稿したところながら、既に2回目の無垢フローリングについての投稿になります(笑)。
仕事だからではなく、隙間があろうが傷が付こうが好きなんだから仕方ない。
あばたもえくぼ的な私ですからね・・・

でも、前回までに書いたように無垢材や木材を購入する場合、その情報は非常にあふれている様で正確な情報として知る事が出来るものは意外と少ない場合もあります。
それは説明が不十分な場合もあるでしょうし、思い違いもある。それ以上に、価格の優位性や販売手法の巧みさによって、自分にとって「良いものだ」と過信してしまう場合もある。

それらの情報の取捨選択は、建築に慣れている方でも難しい場合があります。
特に、小さなサンプルで選んだ場合や十分な説明がされなかった場合。
前者にしても後者にしても、どちらもお届けする側が十分に説明をする必要がある部分なのですが、そうすることなく販売されているケースをたくさん目に耳にします。

そんな中で、特に難しいのが広葉樹の表情。
スギヒノキはある程度想像ができるようですが、広葉樹になったとたんにそのイメージがつきにくくなる。
当然のことです。無垢材そのもので目にする機会が少ないですし、目にしたものがすべてだと限らないからです。

いや、スギにしたって弊社の古希杉埋め節フローリングのように、「節ありのはずなのに節がない!」や「赤白あるはずなのに、ほとんどが赤身!」と、いい意味で創造できなかった表情をみせるときがあるので、広葉樹に限ったことではありませんけども。

前置きがいつも通り長くなりましたが、こうやって少しでも多くの事前情報をお届けしなければ「ご満足いただけないのでは…」と不安なので、私はよいところばかりではなく印象の悪くなるかもしれないところも、可能なかぎりお伝えするように努めているつもりです。
が・・・このフローリングについてはそんな心配はほぼ無用!!

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 8


どうだ!!
と大きな声で言いたいほど、自慢のフローリングです。
色違いほぼなし!(自然な色さあり)、節なし!、幅広!、天然オイル塗装!という、アピールポイントしかないからです!!
しいて言えば美しすぎて、節や色違いのあるものを見慣れている方には反対に無表情に感じるかもしれないことが、注意点ではないかとさえ思えてきます。

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 2


違う部分を映した写真ですが、一瞬同じアングルに見えてしまう。
それくらいにばらつきがありません。
いや、正確に言うと一枚一枚まったく異なる無垢材の表情をきれいに見せてくれるといえます。
無垢の表情というと、専ら節や芯材と辺材の色違いや変色、ワイルドな木目のことをイメージされがちですが、本来はこのような端正な美しさが建築や環境、生活と調和して、そして調和するように見せる大工さんの仕事があってこその無垢材の表情だったのではないかと思います。


ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 1

このアングルも、写真左は金色がかった麦わら色に見えますが、右側は純白というような白のイメージが強くなります。
角度を変えるとその色目が逆転するほどに違いが見えます。

これこそが無垢材の表情であり、はっきりとした木目を持たないロシアンバーチの真骨頂である縮み杢の美しさなのです。

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 7


木目の表情がなければ、離れたところだと木の質感が伝わらないのではないか?!と危惧される場合があります。
そう考えると、やはりオークは無難だよね!とどうしてもオークフローリングに人気が集まりがちですが、私はオークももちろん好きですが他の建築部材や色調を邪魔しない、このあっさりとした美しさのバーチがとっても好きです。
凝視するのではなく、視界のどこかにゆらゆらと優しい光の反射を感じさせる杢がある。
まるで薪ストーブの揺れる炎を見ているように・・・

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 5


本当のところをいうと、木目が無いわけではないんですよ。
当然ですけど。
接写すると案外はっきりとしていますよね。
実は、これが芯材と辺材が混ざるグレードだとこんな表情にはなりにくいのです。
ロシアンバーチフローリングは、プルミエ・セレクション・ネイキッドという3グレードで展開しています。
今回はトップグレードのプルミエグレード。
グレード基準として、辺材の白い部分のみを使用し節や変色のないもの、というものなのでこんなに均質で美しい表情なのです。

以前施工のセレクショングレードは、辺材に若干の芯材や軽微な節を含むものですし、ネイキッドグレードになると芯材と辺材の色差や節、変色などもすべて含むグレードとなるので、表情には大きな違いが出ます。

そうです、同じ樹種であるロシアンバーチだとしても、選ぶグレードによって表情もことなり印象も全く異なるということです。
そのうえ、同じバーチという樹種だとしても制作される会社によってもグレード基準がことなるので、余計に選びにくくもなるのです。

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 4


節なしと聞いていた小さなカットサンプルは辺材の白い部分のみだったのに、実際の商品を見てみると節はないものの芯材部分を多く含み、赤白はっきりとしたものだったというパターンもあります。

自社の取り扱い商品であれば、そのような差はわかるものですがカットサンプルや写真の情報で判断しなければならないお施主様がそれに気づくには注意が必要だと思います。

それに比して、このプルミエグレードはすべてが辺材の白色部分。
そこにゆらゆらの木目があり、130mmという幅広材のおかげではっきりとした木目が見えづらいといわれるバーチにも、無垢の木であることをはっきりと印象付けられるのだと思います。

これを見ると、日本刀の美しい波紋や鍛流線を思い浮かべてしまいます。

ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 9


さて、今回のバーチフローリングはUNI(たて継ぎ)品ですが、そのつなぎ目が見えないことと思います。
もちろん、実際はつなぎ目がないのではなく目立たないのですが、その秘密はつなぎ目に施されたV溝。
本来はつなぎ目にラインが入って途切れてしまう木目の部分が、V目地になっている為に、ジョイントされたつなぎ目を目立たなくしているということ。
そう、弊社で一枚物と双璧を成す(笑)人気のつなぎ目V溝フローリングシリーズです。

詳しくは以前の記事を参照いただきたいのですが、このことによってフローリングの表情にとても不規則なリズムが生まれてくるのです。

UNIタイプのフローリングと一枚物のフローリングを比較したとき、どうしても気になるのが長さをつなぐUNI(たて継)のジョイント部分。
その部分で木目が途切れ、フローリングの嵌め合わせ部分の溝とは異なるうっすらとしたラインが入るために、無垢材ではあるものの少し不自然に感じる場合もあります。

しかし、つなぎ目V溝フローリングであればそのUNIジョイントされている部分に、フローリングの嵌め合わせ部分と同じようなV溝ができるために、フローリング表面にみえるジョイントのラインが気にならないことが、非常に貼り上がりの美しさを醸し出すのです!


ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 11


その上、フローリング1枚のサイズである1820mm長さの中でつないでいるピースはおおむね3枚まで。
繋がれているピース一つ一つの長さが長い為に、木目がはっきりとしないロシアンバーチにおいても、控えめな木目をしっかりと見る事が出来るので、一枚物に負けない無垢材の質感をたっぷりと味わえるというわけです。

しかも幅広130mm幅ということで、一般的な無垢フローリングのサイズである90mm品とは全く異なる貼り上がり!!
もちろん、基本的にはUNIタイプですので気になる価格も、一枚物に比べてめちゃくちゃリーズナブル!!
というか、プルミエグレードを検討されているお施主様には、UNIタイプとの差額が無さ過ぎて通常のUNIタイプをおすすめする場面が殆どないくらいです。

実は今回は、カットサンプルと写真のみで採用いただいた御宅。
私の説明ももちろんプラスしていますが、信用を頂いて施工をしていただいたこと、非常にうれしく思います。
無垢材が沢山あるのはとても魅力的に感じますが、あまりにも主張しすぎるのも建築全体のバランスがとりにくくなると感じます。

その点、非常に美しくバランスされている建築に、本当に何気なくさらっと同化しているような印象を受けたロシアンバーチプルミエグレード。
バーチという樹種の特徴である辺材の美しさを最大限生かしたプルミエグレードが、おうちの雰囲気を「明るく照らす」存在になっているのは、バーチに古くから伝わる伝承そのもの!

お住いのお施主様も施工を頂いた工務店さんも、以降より一層明るく過ごされることと思う、ロシアンバーチの施工でした。


ロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工 3


・ロシアンバーチ幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ロシアンバーチ幅広無垢つなぎ目V溝フローリングはこちらから
・ロシアンバーチ幅広無垢つなぎ目V溝フローリング プルミエグレードオイル塗装限定入荷はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングネイキッドグレードO様着色塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングネイキッドグレードN様着色塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングセレクショングレードS様クリヤー塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングネイキッドグレード無塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ130幅広無垢ユニフローリングネイキッドグレードの施工現場はこちらから
・ロシアンバーチ130幅広無垢一枚物フローリングネイキッドグレードオイル塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢一枚物フローリングネイキッドグレードとV溝フローリングネイキッドグレードH様無塗装施工写真はこちらから


ロシアンバーチの他にもつなぎ目V溝フローリングがございます。下記も是非ご覧ください。(樹種によっては、グレードの限られるものがございます。)

ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
・ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(クルミ)幅広無垢V溝フローリング
欧州楓(ヨーロピアンメープル)幅広無垢一枚物フローリング


*ロシアンバーチ無垢フローリングを採用頂くにあたって

ロシアンバーチフローリングは、水分や油分などでケバの立ちやすい樹種です。
それが樹種の特徴ではあるのですが、無塗装でも楓などの樹種とは手触りの風合いが異なりますので、必ずご覧になっていただいてから検討頂くことをお勧めします。

また、施工当初の白っぽい色合いは日光により変化していきます。
色合いの変化については、こちらをご覧ください。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

・戸田材木店・セルバのフェイスブックページ:無垢の木材を愛し語る「木のビブリオ」がいる材木屋、合資会社戸田材木店 から!
・同じく、、、       インスタグラムページ: toda.zaimokuten も随時更新中!





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)無垢UNIフローリングと、フリースタイルなおうち

弊社が古くから定番商品としておすすめしている樹種、ロシアンバーチ(カバ・樺)板屋楓(ペインテッドメープル)
どちらの樹種も、明るい色合いに特有の杢がでるプルミエグレードから、特徴的な濃淡が現れるネイキッドグレードまで、幅広く使ってもらってきました。
もちろん、世間では一般的なオークもたくさん扱ってはいましたが、天邪鬼的というか、無垢フローリングと言えばオーク!ではなくて、他の樹種の魅力もお伝えしたい!という思いが強かったんだろうと思います。

さて、色の淡い木材に感じる一般的な印象はどんなでしょう。
柔らかい?軽い?傷つきやすい?!
おそらく、そんなイメージではないかと思います。

茶色が強かったり黒っぽいものの方が、硬く、重く、そして傷がつきにくいと思われるでしょう。
しかし、一概にそうとは言えません。
特に板屋楓(ペインテッドメープル)においては。

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢フローリング 施工1


クリームかかった白色系のとても軽やかな色合いが特徴的な板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)。
セレクショングレードですので、自然な色違いがまんべんなく含まれています。
みたところ、非常に軽快で明るいイメージを受けますが実は、とてもしっかりとした硬さを持った樹種なのです。

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工8


硬いと一言にいってもいろいろな硬さがあるのですが、板屋楓の場合は「衝撃性」と「摩耗性」に対する硬さが際立っています。
こんなに白っぽい見た目ですが、それに反して意外なほどに硬質。
ボーリング場のレーンやピン、そしてバットなどの素材となると言えばどれほどの堅牢性かを少しは想像できると思います。

一時期、「マイ箸づくり」が流行していたころに、依頼を受けて何度か材料を提供したことがありました。
私も説明と指導に逝ったわけですが、その中で困ったのがこの板屋楓。
なんせ、削れない!!
お箸の素材は数種類の中から選んでもらうわけですが、もう子供さんがこの美しい白さに惹かれて(特に女の子)板屋楓を選んでしまうと、ほぼつきっきりの補助。

とにかく、あきれるくらいに削れないのです。
いつ不機嫌になってしまうかというくらいに製作が進まない、それほど削ることの困難な樹種が板屋楓です。


板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工7


だからこそ、昔から堅牢性と磨り減りにくさを重視していた床の用途にも使われ続けてきたのでしょう。
意外にも適材適所なのですよ。

もちろん、硬いだけがフローリングに向いているわけではないのは言うまでもないですが、この「軽そうなのにしっかりとしている」ことが重要で、硬質な木材は深い色になりがちなので、フローリングにした場合にはどうしてもシックな空間になりがち。

しかし、板屋楓ならば明るい空間としながらも、しっかりとしたふみ心地を感じる無垢フローリング仕上がりとなるのです。


板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工4


こちらの御宅は和室もあり、本格的な和の素材と雰囲気をもっているものの、そのほかの部分はとってもモダンな洋風で、洗練された建築士さんの雰囲気を感じる建物。
特に、シンプルな壁仕上げに存在感を感じさせない針葉樹の枠材や造作材。
つまり「木が主張しすぎない」空間になっているのです。

掲載はありませんが、玄関スペースはこれでもか!!というほどにゴリゴリの無垢材スペースなのですが、それも旧家の解体材の再利用であったりするところが、施工を担当された「素材を問わず、伝統から創造的な仕上げまで」を可能にする、フリースタイル工務店さんの洒落たところ。
細かいところまで掲載したいのを我慢しますが、そのゴリゴリ玄関から居間や洋室が適度に「木を感じない」のです。

大工さんのセンスと腕前は言うまでもないのですが、それに一役かっているのが板屋楓である、と言い切りたいと思います!

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工3


開口窓部分も大きく非常に明るい陽光に照らされて、無垢材本来の色違いが非常にきれいです。
オークの様なはっきりとした木目ではなく、ブラックウォールナットの様な特殊な色合いでもない。

しかし、なんとも言えないゆらゆらとした木目というか、セレクショングレード特有の自然なバラつきが妙にほっこりと落ち着くのです。

たまには、目を奪われる美しい木目もあったりして。


板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工2


ところどころに散見する縮み杢。
そんな表情も含め、ヒノキやスギのような針葉樹材にもしっくりと溶け込む、珍しい広葉樹ではないかと思います。

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工11


天然無垢材なので、グレードごとの表情を全て説明することはできません。
選別基準ははっきりとしているものの、説明には不足する部分も出てきます。
特に、UNIタイプとなると1820mmの長さでの色違いや木目の違いが非常に目立つものもある中で、違和感なく自然に見えてしまうのも不思議なところ。

UNIタイプのつなぎ目が目立つことを気にして合板フローリングにされている方、もしくは挽板フローリングにされる方は多いです。
しかし、板屋楓のセレクショングレードに関しては、素材のバラつきがかえって嫌みの無い無垢材らしさを醸し出していて、非常におすすめ!!

こんな杢、たまりませんよね!
ずっと眺めていたいです(笑)。

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工10


もちろん、そんな端正で整ったグレードなので、いつも在庫が僅少なのはどうかお許しを。
立派なおうちだったので、通常の2棟分くらいの量を納品させてもらいましたが、建築にすごく溶け込んでいる点が非常に良かったと思う反面、ハイライト的なポイントの訴えかけが少ないのが苦労するところ。

建築に溶け込みすぎているというか、いいことなんですけど見せ場とするところに困るのも事実。
嬉しい悲鳴ということなのですが、これだけ端正だから他の部分の木材も活きるとおもいますし、メリハリがでていて美しく感じるのではないかと思ってしまいました。


板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工9


いやぁ、サッシの際なんかの納まりも綺麗だし、見えないもののおそらくすごい精度で仕事をされているんだろうなぁと、撮影しながらも感心しきり。
いつもさりげなく当然の様に美しくも凝った仕事をされるフリースタイル大工さん。

細かなところに遊び心を入れていたり、かと思えば正攻法ですごい材料ですごい仕事をされていたりと、見せてもらっても「はぁ〜!、なるほどぉ・・・・・」という言葉しかない(汗)。

フローリングの質感も、見事に「消していて」建築全体を美しくまとめられています。
そんな脇役的な板屋楓でしたが、そういった役目をこなせるのも一つの長所。

いつもきれいに納めて頂いて材木屋としては幸せです。
きっと、お施主様も仕上がりにはご満足のはず・・・

一層、これからも良いものをお届けしようと燃える(萌える?!)現場での撮影になった訪問でした。

板屋楓(ペインテッドメープル)無垢UNIフローリング 施工6


・板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)無垢一枚物フローリング90幅プルミエグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅プルミエグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅セレクショングレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅セレクショングレード分譲のおうちにも!の施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅ネイキッドグレードと無垢材あるれる施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅ネイキッドグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅セレクショングレード大阪研修の家、施工写真はこちらから


*板屋楓は、一部寸法とグレードで欠品が続いています。在庫も少なくなっていますので、一部入荷の予定がたっていない商品もありますのでご注意ください。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

#無垢床後悔 #無垢フローリングのデメリット

少し前に、本当にまったく無垢材の事を御存じない施工会社様へ説明をするため、改めて自分の中にある「木の事」を整理していました。
その中で出てきたうちの一つが、前回の「ささくれ」だったのですけども、その他にも色合いのバラつきや木目の不整合など、材木屋にとっては当たり前のことが全く当たり前ではなく、ご存じないというのはこういうことかと、改めて認識した次第。

知らないことが悪いのではなくて、正しく知る機会がないことが残念です。

そこで、「無垢床デメリット」的なキーワードで検索をしてみました。
すると沢山出てきました、デメリット(汗)。
傷がつきやすいとか、汚れるとか、手入れが大変で時間の無駄だとか・・・
若しくは、おしゃれだと思って採用したら大変なことになったとか・・・

木が好きな材木屋としては、少なからず凹みました・・・・
無垢材を検討中の方は、今すぐにやめましょう!的なものも(汗)。

認識違いで困る事 5


無垢フローリングでは、施工説明にも隙間を確保しての施工をお願いしていますし、必ずフローリング同士には隙間が出来るとお伝えしています。
それは、反面引っ付きすぎての「突き上げ」を防止する為でもあります。
しかし、この無垢材では当たり前のことも、「隙間にゴミが溜まって耐えられない!」ということになるケースもあります。


認識違いで困る事 4


あ、ちょうど毛髪が挟まっていますね・・・・
弊社では出来るだけ、この伸縮の軽減できる乾燥方法を用いた商品を多く扱っているつもりですが、それでも工場によってのばらつきや樹種によっての違いもあり、一概には言い切れず余裕をもってすかしての施工をお願いすることになります。

残念ではありますが、無垢材の性質を御存じなかったり知っていてもどうしても見た目で選んでしまったり、つまりは選定の時にはみなさん迷っていたり心配していたりするのに、そのまま販売側が無垢材をすすめてしまうことにも若干の問題がある時も・・・
そんな時、ベニヤ板からシステムキッチン、合板フロアーまで扱っている弊社ならば迷わず、合板フロアーがどれほど工業製品的に優れているかをご説明するのですけども・・・


認識違いで困る事 3


自分がどれだけ無垢材が好きでも、お施主様のライフスタイルに合わなければ私の思っている無垢材の良さなど、これっぽっちも感じられるわけありません。
無垢材にしてしまったことを後悔して、床の上にずっと木目柄のマットを敷いている方や、増し貼りリフォームをされる方。
私が販売したとしても、そんなこと残念です。

だから、無垢材大好きなのに合板や積層材が基盤となる挽板フローリングを扱っていたり、合板フロアーをお勧めしたりもするのです。


認識違いで困る事 6


フローリング材までの決定プロセスを、お施主様の生活や考えを理解しながらおすすめできること。
もちろん、最後に決めるのはお施主さまですがその決定のための材料を提供するのは、おすすめする側です。
少しだけ言わせてもらうと、本当は無垢材といっても多くの会社で多くの工場の製品があります。
そしてそれらの品質は雲泥の差、月と鼈
それらの違いも分かっていれば、少しは「隙間にゴミが溜まってみすぼらしい」とか「ささくれが出てきた」とかいうことも減るのですけども・・・


私はいろいろな方とお話をする機会がありますので、無垢材しか受け付けない!のではなく、お尋ねに対しての裁量の選択肢は何かを探りつつ、無垢材をおすすめできるのかを考えていきます。
そのためには一度、ショールームにお越しください。
綺麗かかっこいいかではなく、木のフローリングとはどんなものか、ということからご説明します。
その後の選択は自由です。

無垢材の選択肢が増えてきた時代。
情報もたくさんあります。
そんな時だから、材木屋の無垢材のお話を聞きませんか?!


ネット記事で少し凹んだ材木屋が、無垢材の事をお話しします(笑)。
これ以上、無垢材が悪者にならない様に・・・・・



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

認識の違いで大違い! これがささくれだったのか!!

たまに聞かれることがあります。


「無垢フローリングだと、ささくれが出ますよね?!」


出るかもしれませんね・・・・



すみません、それが気になるなら無垢フローリングにしない方がいいと思います。
そうとしか言えません。
無理におすすめする必要もないし、無垢材に起こり得ることを塗装などで押さえつけることで抑制していたり、販売を優先する為に「そんなことになりません」ということはできません。

ショールームに来ていただいても、このお言葉を頂いて合板フロアーやそのほかの選択肢をおすすめしたことが数回あります。


認識違いで困る事 1


でも、少し前に知ったことがあります。
一般的に言われている「ささくれ」と私が認識しているそれとは違いがあったということ。


お施主様に、商品選定の前にこれらを見ておいてほしい、と頼まれて見たネット記事。
無垢フローリングを販売されているサイトで、ささくれについての解説をされている記事でした。
無垢フローリングに現れるささくれというのはこういうものです、と。

うむ、無垢材の持つ性質を知ってもらうことはとっても大切ですし、私も樹種や商品ごとの性質とその樹種特有の「欠点」と称される部分を出来るだけ多く写真や文言でお伝えするようにしているつもりです。


しかし!、その記事の中にあった「ささくれ」画像は、私が想像しているそれとはまったく異なっていたのです(*_*)


認識違いで困る事 2


あぁ、今までのお施主様はこれのことをおっしゃっていたのか・・・
勉強不足でした。

そりゃ心配されると思います。
木材には必ず起こりますから。

でもこれ、私のなかではささくれではありませんでした。
これは、乾燥割れや木口割れ。
しかし、無垢フローリングの商品に含まれていることは非常に少ない(針葉樹フローリングのエンドマッチ無し品などは除く)ですし、あってもきちんと製品になる前に補修が入っているはずのもの。

エンドマッチという加工の無いものは、長さがそろっていなかったりするために切り無駄の部分としてカットできる場合に含まれていたりします。


認識違いで困る事 7


しかし、材木屋さんでは、これをささくれとは言わないと思うんだけど、フローリング屋さんではささくれというんだろうか。
私の勉強不足なのか・・・


これからは、ささくれについてのお話しをするかもしれません(汗)。
認識の違いがない様に。
新しい発見(!?)しました。
次回に続く。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢UNIフローリング ワイルドグレードです!

前々回、ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングと同じくブラックウォールナットのつなぎ目V溝フローリング施工をいただいた記事を紹介しました。
数量限定品であるワイルドグレードから一部のセレクショングレードまで、様々なグレードと同時につなぎ目V溝品まで使っていただき、結果ほかの樹種を使うことなく一面をブラックウォールナットの空間としてもらうことができました。

普段ならば広い面積をすべてブラックウォールナットとすることはむつかしいものの、上手に弊社のお買い得在庫商品を活用いただいたことで、とってもシックな空間を作り上げていただきました。


それとともに実はもうひとつ、弊社のお買い得品を活用してもらいました。

ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 1


ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢フローリングです。
今回採用いただいたのは、そのワイルドグレードのUNI商品です。

心材や辺材(白太)、大きな節や変色、一部では大きなパテなどが混在するグレードです。
その樹種のすべての表情が込められている、といってもいいくらいに表情豊かなグレードです。
もちろんこれも、前回お伝えしたような巷のCDグレードとは異なり、きちんと傷や節の補修を施された商品です。


ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 2


ノルデストウォールナットは普段は優しい足触りと、強く主張しない柔和な木目が特徴の樹種ですが、ワイルドグレードでは非常に個性的ではっきりとしたその木目を見て取ることができます。

実はこれも、私の提案のうちの一つ。
予算が潤沢で、無垢フローリングに対して水のように予算を使えるような人はほんの一握り。
情熱を持っておられても、一般的な住宅の床面積に多いおよそ30坪という面積をすべて、ご希望のフローリングにできるケースは多くはありません。

今回も、広いお宅に対してのご希望がブラックウォールナットでしたので、客人も多く家族が日常生活の多くの時間を過ごす1階部分は、すべてブラックウォールナット仕上げにすることとし、その分寝室などの部分には無垢材であることはキープしつつ、よりお手頃なものをということでのご提案です。
お手頃、といってもブラックウォールナットに近縁である同じクルミであることと、子供さんにとっても柔らかな足触りを感じてほしいという思いも込めてのことです。


ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 4


そのうえで、予算の負担を軽減できるようにとの思いでのワイルドグレード。
ノルデストウォールナットの特徴である黒い色素の沈着部分や入り皮部分が、まぎれもない無垢フローリングである証明ですし、瓜ほどある(?!)大きな節もご愛敬。


ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 6


節の表情や黒条などは、非常に好みのわかれるところなので事前にイメージを了解してもらう必要がありますし、この表情ばかりが集まるわけではないので、ブラックウォールナット同様にこのワイルドグレードは、原材料が集まった時にだけに作られる商品ですので、レギュラー商品ではありません。

そこが弊社での特価品扱いの理由です。

売り切りの安売り品ではないもの。
理由のある良質な特価品の提案で、上手に予算の振り分けをしていただいたと思います。


ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 3


まったく色味の異なる写真になっていますが、これも無垢フローリングの表情。
オイル塗装をされているために、日射がかげると一気に深い色合いとなり、電球色である光源の影響もあり、しっとりとした表情を見せています。

硬い殻をもつ胡桃。
とっつきにくいイメージかもしれませんが、その殻の中身(木材)はとても優しく柔らかく温かみのあるものです。
足腰への負担を軽減しつつ、硬い殻の力で家を守ってくれる存在になってくれれば・・・いいですよね!


ノルデストウォールナット幅広無垢フローリング 5


一部分に、旧家の立派な丸太梁を化粧で見せることで残されている室内。
半世紀近い歴史によって深めたその梁の色合いと、フローリングの見せるしっとりとした色合いが白い壁とのコントラストではっきりとし、いい感じの仕上がり。
節などの表情が賑やかではあるものの、垂直面の白さと高い天井のおかげですっきりと抜けるような印象が、無垢材独特の質感を程よく感じる空間になったのではと思います。

今回のように、予算や雰囲気、そしてその樹種の持つ個性やストーリーによっての無垢材の提案をする私。
木材コーディネーターとして、これからも様々な樹種と特徴をお伝えしていきますので、次回以降の施工報告もお楽しみに!!


・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング150mm幅の記事はこちらから
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング プルミエグレード130mm幅オイル塗装はこちらから
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢UNIフローリング ワイルドグレード オイル塗装はこちらから
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢UNIフローリング ワイルドグレード オイル塗装、旧家改修施工はこちらから
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢130mm幅つなぎ目V溝フローリングオイル塗装 プルミエグレード S市の施工写真はこちらから。
・ノルデストウォールナット(胡桃・クルミ)幅広無垢130mm幅つなぎ目V溝フローリングオイル塗装 プルミエグレード I市の和室改修施工写真はこちらから
・ノルデストウォールナット(クルミ・胡桃)幅広無垢つなぎ目V溝フローリング150mm幅の施工写真はこちらから


*ノルデストウォールナットの表面は何度も丁寧な仕上げ工程を経ていますが、材の性質上、若干のケバ立ちのような状態が残っています。
これに塗装を施したり、無塗装で水分が付着するとケバの立ちが大きくなる事がありますが、材の特徴ですのでご理解ください。

ノルデストウォールナット拡大 2



 表面拡大です。無塗装の状態でも若干見えているのがわかるでしょうか。









・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ブラックウォールナットついでに一つ、言わせてもらいます! 弊社の特価品は訳あり品ではありません。

前回、特価品として弊社のブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングを使っていただいたお家を紹介しました。
低予算で本物の一枚物のブラックウォールナット無垢フローリングを使っていただけたことを、非常に喜んでいただきましたが、ただ価格が安いだけではありません。

ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち12


しっかりとものづくりがされているものの、表情の特徴を説明しなければいけないことや数量が限られているため、不足分が発生しても補充できないことなどの条件があるために、特価品としているものです。

そんな条件以外は、レギュラー商品と同じ品質基準ですので「特価品=安いけれども欠点など何でもあり」というまぜこぜ品ではないということは、前回もお伝えしました。
巷で特価品という扱いで販売されることの多い「CDグレード」と呼ばれる、室内用途には厳しいと思われる加工不良や補修のないところなどを含む「特価品」ではないのです。


建築業界では昔から、「訳あり品」を特価品として販売することが慣例だったように思います。
売ってしまえばあとは知らない。
まとめて買ってくれたら安くします!、商品を買ってきて開けてみれば「節だらけ」や「傷だらけ」もしくは「曲がりばかり」というものもしょっちゅう。
梱包の外側は、非常に美しい無節材なのに中身は・・・
その「知らずに買ったほうが悪い」という売り方にうんざりしていました。

だから、私の商品掲載記事には必ず商品の特徴とともに表情の違いやグレードによる見え方の違いを掲載しています。
変色についてや曲がりの強烈な樹種にはその旨を、オークやタモなどの商品についてはキクイムシの可能性まで。
マイナスイメージなんだから、わざわざ表記する必要はないのですが上記の経験があるために、できるだけのことをお伝えしたいと思わせるのです。


挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 3


弊社の提案に対して、似た樹種や似た名称の樹種(どちらも弊社提案とは異なる樹種)で価格的優位性をアピールされる場合や、「特別な樹種が今だからこの価格!」というお得感とプレミアム感を異常に訴求する方法でアピールされる場合。

今までに何度もありました。

昨年も、弊社がお客様に提案していた日本の広葉樹に対して、「世界的に希少な樹種であるマ○ガ○ーが今だけこの価格でできます!」というPRがありました。しかも弊社よりも非常にお安く・・・
お客様にしてみれば、弊社の提案よりも金額が安い上に希少な木材を使った製品ということで、非常に魅力的に映ったようです。

しかし、本来であればその希少な樹種は、安売りでさばくことができるようなものではありませんし、今だけという根拠も不明です。
そのあたりの理由を弊社から説明をして、その競合案件は弊社で受注したのですが、特価品として販売されるものの理由を説明しない特価品の多さを改めて実感しました。

弊社が無垢フローリングとしている幅広一枚物のチークは、天然林由来のものではありません。
木に詳しい人にとっては、そんなものチークではない!と言われることもしばしば。
しかし、管理が行き届き品質も安定し、なにより幅広の一枚物の無塗装のチークとして提供できるということを優先し、その工場で製品化をしています。
天然林産であっても、小さなピースしかできなかったり色目が浅い部分に着色塗装をしたことがわからないように出荷されたりしているものよりも、よほど良いと思ってのこと。
いまだにほとんどの人が、チークのフローリングは調色塗装されていることを知りません。

それって、さっきの「梱包の外側だけがきれい」なのと同じだと思うんですよね。
売れればいい、と。

競争にならない不毛な競争3


だから、私は「こんなのはチークじゃない」と言われても、無塗装で管理されている山から出てくるチークを使います。
今では少しずつですが、そんな私のお話を理解してもらえるご縁をいただいています。
来月も、数ある販売店の中で弊社のブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングを採用してもらえる現場が始まります。


木のことを伝えることで一層喜んでもらえるように。
お値打ち品=特価品である商品をお届けします。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとつなぎ目V溝フローリングのおうち!

弊社では多くの樹種のフローリングを扱っていますが、意外と出荷量が少ないのがブラックウォールナット
理由は、施主様と直接お話しできる場合で、施主様がブラックウォールナットのみを希望しておられるケース以外は受注しにくいから。
簡単に言うと、似たような色合いのフローリングに変更されるか、一枚物の希望のところを特価品のUNI品に変更されるか、もしくは合板フローリングになってしまうか・・・

それらは私のPR不足であることは否めないのですが、それとともに現在は人気樹種であるブラックウォールナットといっても多岐にわたる選択肢があるために、何が良くてどうしてこの価格なのかという情報が錯綜していることが大きな要因かと思います。

一昔前の様に、アジアンウォールナットとかアフリカンウォールナットなんていう名称はあまり聞かなくなりましたが、未だにどういう理由なのかわからない「特価品」なるものが存在することは確かです。
そうなると、「同じブラックウォールナット。ただでさえ高価なのに、これだけの価格差があるなら特価品のあるうちにそちらに・・・」となってしまう場合もあるみたいで。
販売するものとして、その価格差の中身を知っている立場としては、それ以上に敢えてお伝えすることがないのですが、価格差の理由をお伝えする機会が無いそのような場合はご縁が無かったと思うしかありません(涙)。


しかし今回は違います。
弊社が理由をお伝えできる特価品であるブラックウォールナットを使ってもらったからです。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち11


はい、みんな大好き一枚物!!しかも幅広!
節、パテがあるものの、オイル塗装を施されてみごとな深い色合いを見せています。
もちろん、現在建築士さんに人気の挽板フローリングではなく、無垢の一枚物であることは一目瞭然。

挽板フローリングも優秀ですが、ここまでの表情はありませんしね。
無垢の表情、全開!!


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち9


我慢できないので先に言っておきますよ。
ここに今回の全てが現れていると言っても過言ではありません。
白太(辺材)、節、そして変色。
パテこそないものの、通常であれば見られることのない様な変色部分。

ここは今でいうところの「スポルテッド」な部分。
現在でこそ、日本でも一部でその価値を認められている自然の表情ですが、一般的には「ヤケ、腐れ」といって処理されるため、この部分は伐り捨てられるところで一枚物にはならず、UNI材料にまわされるもの。

それを状態を確認し、フローリングとして使える部分であるとして一枚物に仕上げた工場に感謝!!

もちろん、世界三大銘木とも称される一般的な美しいブラックウォールナットの美しい木目を楽しみたい人にとっては、今一つ美しくないかもしれません。
しかし、無垢の丸太一本にはこのような部分が含まれる場合がある。
これも原木の歴史のうちの一つ。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち8


普通に考えると、非常に強い癖を内包する根に近い部分や強烈な曲がりを描いていた部分など、排除されてしまうものが一枚物として存在している。
その貴重な表情が見られるのが、今回採用してもらったワイルドグレード。

そう、冒頭の特価である理由はそこなんですよね。
レギュラー品でのグレード選別に入ることのできなかった者たち。しかし、商品として使っていただくことはできるものの、レギュラー規格ではない者たち。
彼らをまとめたものが今回の商品です。
巷で見られるような、理由の分からない特価品ではなく「レギュラー規格から外れてしまった規格品」というところです。

ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち5


厳格なグレード選別の末に残されたものたちだけが集まっているだけに、表情はとっても多岐にわたるのですが、それ以上に「数量がまとまらない」為に数年に一度しか販売できません。
そのために、特価扱いで出会いを得た人にのみ使ってもらうことのできるグレード。
それがワイルドグレード。

裏話をすると、普通はこれらのグレードは補修作業などをせずに安価に流通させるケースがほとんど。
そして、それらを「ブラックウォールナットでこの価格?!節があってもいいよ!!」と購入されるものの、節の引っ掛かりやパテ処理の無さなどに後悔されるケースを耳にします。
しかし、弊社のワイルドグレードは基本的に室内用ですので、深い傷や節もパテが入っていますし欠損部分もありません。

同じような商品でも、中身は全く違うということ。

その差は歴然です。
でも、弊社ではわざわざその差をアピールすることはありません。

ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち6


それは、価格だけで判断してほしくないから。
きちんとそのグレード、樹種、製作の想いを知っておいてほしいから。
もちろん、その価格の理由も。

今回は、弊社からのご提案。
古いお付き合いの建築士さんのご自宅につき、ショールームにて奥様ご同伴の上表情とグレードの特性、そして価格についてもご説明をし採用に至った経緯です。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち4


一般的な経緯で行けば一枚物としての姿を見ることのない原板たち。
それが、選別担当によって一枚物として活かされる。
パテが大きかったり傷を治していたりしますが、それが成長の証!!
もう愛おしさしかありません。←マニア的目線か親目線か・・・

しかし、これもきちんと表情や特価である理由をお伝えできるからこそ使っていただけるもの。
口頭での説明や、とにかく商品として売り切ろうという意思のみで価格ばかりを優先してお伝えしているとすれば、ブラックウォールナットの端正な表情を期待した施主様の気持ちには答えることはできないでしょう。

しっかりと事前に実物を見てもらって説明できるからこそ、ショールームで私が説明するからこそ使ってもらえるグレード、ワイルドグレード。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち10


もっとも原板を活用したグレードと言っても過言ではないでしょう。
数年分の在庫は今回で全て使い切っていただきました。

実はそのワイルドグレードのみでは数量は不足。
それが分かっていたうえで提案できたのは、弊社在庫数量に合わせての計画が出来たから。
事前に数量や間取り、計画をヒアリングしながらショールームでお話しできたからこそ、不足数量を別のグレードなどで補うことができ、今回は部位ごとでの使い分けによってのブラックウォールナットの空間を実現してもらう事が出来たのです。

その一部が垣間見られるのがここ。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち2


玄関です。
玄関部分、実はネイキッドグレードです。本当を言えば若干セレクショングレードも入っています。
計画では、玄関からリビング、そしてキッチンや洗面スペースなども全て同じグレード商品であるはずなのですが、同じグレード商品では数量が足らないため、ブラックウォールナットに変わりはないのですが、グレードと幅寸法などを混在させて使ってもらうことで、数量を確保してもらったのです。

なので、玄関入ってすぐはなかなか上品な印象!

そしてもう一つは一枚物の数量不足部分を補うために使用した、つなぎ目V溝フローリング
弊社在庫で、数坪分のみ残っていたものを上手に使ってもらったのがこちら。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち1


白太や軽微な節などが混在するセレクショングレード。
おなじみの、たて継のあるUNIタイプながらもそのつなぎ目を感じさせないV溝加工を施している、つなぎ目V溝シリーズ。
ロシアンバーチ限定オイル塗装品ノルデストウォールナット限定オイル塗装品でも紹介しているそれです。

広いリビングはもちろんの事、洗面スペースやキッチンなど、限られたスペースにおいてもUNIタイプの場合は表情が不自然に途切れてしまいますが、溝が一つあることでリズミカルになり不自然なつなぎ合わせではなく自然な一枚一枚の組み合わせの表情を作り出します。


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち3


写真でわかるように、リビングから続くキッチンスペースはつなぎ目V溝品ですが、同じ基準で加工されたフローリング同士ですので、幅やグレードが違えど実は共通。
そのため、リビングのワイルドグレード幅広一枚物からキッチンや洗面スペースの150mm幅広V溝フローリングへ見切り材なく貼り伸ばしすることが可能だからできることです。

実はこれも、弊社特価品の特徴。
というか、当たり前のこと。
一部商品を除き、実形状は一定です。
そのため、グレードや寸法が異なっても続けて使う事が出来る。
これを維持する為にかかる経費はいかほどかは、伝えきれません。

一般流通特価品ではこうはいきません。

ずっと同じ品質で同じものを作り続けるからこそできること。
だから、特価品というもののレベルが違うのです!(はっきり言っちゃった・・・)


ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち13


単なるまぜこぜ特価品ではなく、きちんと管理されたものが理由があって特別販売できるもの。
その違いが判ると、本当の意味でお値打ちに無垢材を使えるようになります。

予算に合わせて使っていただく事が出来た今回のブラックウォールナット無垢フローリング。
もちろん、いつでもできることではありませんし、今回は旧知であり近隣での建築であったことも大きな要因ですが、弊社が特価でご案内するスタンスの条件に違いはありません。

今後も、出自の分からない物を特価販売するのではなく、これはお値打ち!!!というものだけを特価扱いとして、理由をお伝えしながら紹介していきたいと思います。

こだわりの調度品と間取りの中で、お気に入りのブラックウォールナットに囲まれて過ごす時間。
とっても充実した生活だと思います。

体の健康は心の健康から。
目にするもの触れるものにこだわること。
その中でうける喜びに浸りながらの毎日を、また今後も報告してもらいたく思いながら、忙しい引っ越し間近のひと時の撮影を受けて頂いたのでした(^^♪

*キッチン、高そう・・・|д゚)

ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングとV溝のおうち12


・ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリングの紹介記事はこちらから
・ブラックウォールナット幅広無垢つなぎ目V溝フローリングの紹介記事はこちらから
・ブラックウォールナット定乱尺フローリング施工店舗写真はこちらをご覧下さい。
・ブラックウォールナット定乱尺フローリング施工店舗の4年後の姿はこちらから
・ブラックウォールナット幅広無垢定乱尺フローリング、オイル塗装の施工写真はこちらから
・ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリング、古民家カフェの施工写真はこちらから


ブラックウォールナット以外にも、幅広無垢V溝フローリングを揃えています。是非、下記もご覧ください。

ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
・ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(クルミ)幅広無垢V溝フローリング
欧州楓(ヨーロピアンメープル)幅広無垢一枚物フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング


*ブラックウォールナット材の注意点

・無塗装品でも、木目や材の特徴を活かすため、最小限の色調整を施している場合があります。
・プルミエグレードでも軽微な節影や、特有の黒っぽい筋を含むものがあります。
・白太と赤身のばらつきのある樹種です。無垢の趣ととらえてください。
・ブラックウォールナットの白太も、キクイムシ類の食害をうけることがありますので、グレードご検討の際には、ご注意をくださいませ。
・無垢の木材として、日射の影響で退色変化が必ず起こります。特に西日のきついところや、一日の日照時間が長い場所などには早い時期に現れることがありますので、製品初期の色合いより変化しますことを了承ください。
これも、木材の特徴の一つです。

ブラックウォールナット日焼け比較 1ブラックウォールナット日焼け比較 2








(両写真とも、右側が新材、左側が日焼け材です。どちらの材も日々表情が変わります。)



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の広葉樹シリーズ、清涼たもの記事を更新しました!

弊社では、未だにホームページに掲載されていない商品が多数あります。
威張っていうことではなく、追いついていないだけなんですが(汗)。

そんな中でも、拙ブログ記事でのみご紹介している商品にお問い合わせをいただくときがあります。
昨年あった「チ祭り」も、始めは拙記事で控えめに紹介していたチリ杉の記事を見つけられてからでしたし、今回更新をお知らせする清涼たもも、ホームページにはないものの、記事をご覧になっていただいての問い合わせですから、本当に有難い限り。

というのも、弊社は広告宣伝には費用をかけていません。
特に、インターネット広告やSEO対策と言われるものには一銭もかけていません。
不特定多数にアピールするのではなく、本当にこだわった無垢材を探していて、私が思う無垢材に対しての想いを共有して頂ける方にのみ、見つけて頂ければ・・・と思っているからです。
特に、特殊な木材に関しては大量に供給する事が出来ませんし、一度に複数のご注文を頂いてもお断りすることになることが心苦しいからです。


そんな検索では出てきにくい(と思っている)弊社を見つけて頂いてお尋ねいただく商品の中で、今回はじわじわと人気を頂いている日本の広葉樹シリーズの、清涼たもの記事を更新したことをお知らせします。

更新したのは、清涼たも無垢一枚物羽目板の記事。

清涼たも一枚物羽目板 1


大きな更新点は、長さ910mmを追加したこと。
たも材は広葉樹の中では比較的容易に長さの長い商品を生み出しやすい樹種です。
それを活かして、一枚物フローリングや羽目板を製作していますが、材の有効活用としてやはり短いものもできてくる。
それを活かすために、新たに910mm品を追加したのです。

実はこの長さ、羽目板の用途の一つである「腰壁」に使われるサイズなのです。

壁の長く広い面積に貼り延ばすのではなく、床から900mm位の高さまで縦向きにはる。それが腰壁。
以前からある用途ながら、近年改めて無垢材での腰壁製作するご希望を頂く場面が多く、広葉樹を望まれる場合も多くあるため、せっかくの長物をカットするのではなく短いものを有効活用するという観点で使える長さを追加した、というわけです。


清涼たも無垢一枚物羽目板

腰壁の上を塗り壁で仕上げる。
無垢材と左官塗り。
非常に相性の良い組み合わせですから、そんな楽しみ方もおすすめです。

そうです、弊社はその塗り壁材である珪藻土系建材も販売しています。
まだ記事にはしていませんが、化学物質によるものではない天然素材のみで構成された珪藻土左官材。
それを使っていただくのが非常に良いでしょう!!(笑)。
リーズナブルな価格で左官塗り壁仕上げが実現でき、非常に吸放湿性能も高いという優れもの!!
おっと、そのアピールは後日します。

日本の広葉樹の活用以上に、インテリアのアクセントに出来る清涼たもの羽目板の追加サイズ。
是非、活用してみてくださいね。
貴重な柾目も!、ありますよ。


・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリング(板目)はこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広柾目!無垢一枚物フローリングはこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板はこちらから

日本の広葉樹シリーズ、以前にご紹介の清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから。
清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらからご覧ください。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

無垢材には貼らないで!!

ものすごく簡単なことだけどもできないこと。

それが、無垢材にはテープを貼らないこと。

どういうことでしょうか・・・

一例としては、弊社の無垢フローリングを施工する際の説明書に記載をしてありますが、無垢フローリングを施工した後は必ず「養生(ようじょう)」という作業に入ります。
この養生という作業はフローリングを守るためのカバーをする作業ですが、そのカバー材を固定する為に粘着性のテープを貼ります。

そのテープを固定するのは壁際等のフローリング表面の場合が殆どです。
これが、厚い塗膜のあるようなフローリングであれば問題ない場合もありますが、無垢フローリングの場合は非常に問題です。
以前にもそれについては触れていますが、フローリングの表面の繊維がめくれ上がるということ以外に、日焼け跡が残るということや粘着の糊成分が表面に残ってしまうのです。
もちろん、それは塗膜の薄い普及品合板フローリングでも同じことなのですけども。

粘着性の糊が残るということは、その部分にホコリなどがついてしまうということ。
そしてこんな感じになります。


無垢材に養生テープを・・・2


写真はフローリングではありませんが、くっきりと跡が見えています。
この部分に細長い粘着テープと四角い粘着テープが張られていました。
今回はテープに理由がありまして、実はこれ試作品なのです。
数種類頼んでいた他の製作物と見分けられるように、番号が書かれていた部分と違いが表示されていた部分です。
で、こんな感じになるであろうことを想像していたから、ネタになっていい感じ(笑)なんですけど、本来お客様に届ける仕上げ品ではこのようなわけにはいきません。


無垢材に養生テープを・・・3


糊のつき方によりどのような模様(?!)が出るのかは異なりますが、今回は粘着が弱かったので木目のめくれは起きていません。
しかし、粘着性が強いにしろ弱いにしろ、無垢材の表面には粘着テープを貼ってはいけません。
無垢フローリングの場合は、壁際にそってこのような跡がずっと続くことになります。
もちろん、粘着性の弱いものの場合はテープを剥がした瞬間は、このような跡が見えません。
しかし、少しづつ後からホコリを取り込みながら目立つようになってくる。

フローリングの場合は施工者さんが気をつける必要がありますが、普段から無垢材を使うことに気を付けておられる方以外では、なかなかお伝えしても伝わらない場合が多くあります。
そのため、弊社から購入いただくお施主様が施工者様にもご説明とお願いをしていただくことをおすすめします。

せっかく選んで楽しみにしていた無垢材製品が、美しく仕上がるように。
改めてのご案内です。




・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

手作業のしるし

無垢フローリングは自然の産物。
様々な表情があります。

もちろん、毎度ショールームなどでご説明をしている木材の伸縮についてや、反りのおこる仕組み、そして木の中の水分が及ぼす影響などの事もそうですが、見えていなくて分からないものもあれば、見えていても分かりにくいこともある。
それが無垢材。

弊社の無垢フローリングの多くが3グレードに仕分けされているのはご存知の通り。
もちろん、節があるかどうかや補修の加減を加味しての事ですが、それらは全て人の手で行われています。
当たり前、と感じるかも知れませんがこれが非常に手間。

私も自身で検品したりするので、よくわかるのです。


自分で検品!


あぁ、コレは寸法仕上がるかなぁ・・・
この、このちょっとが出てきそうやから節ありになってしまいそうやぁ・・・とか。

もちろん、全て私が見ているわけではなく工場の職人さんたちが、厳しい目線で見てくれているわけですが、まぁ、自分で検品する材木屋さんはそうはいないですよ。

そうはいっても、同じ無垢フローリングでもUNI品などでは、あらかじめ欠点を切り落としたものを接合できたりするので、意外とグレーディング基準があいまいなメーカーさんもあったりします。
でも、弊社では一枚物をメインに作っている為に、グレーディングは一枚物もUNIも全て手作業で行っています。

だから、たまにこんな感じで人のぬくもり?!を感じる検品の後が見られたりします。


手作業のしるし


これは何のしるしでしょうか?!(^^♪
八なのか?何なのか?内緒です。

手作業が全て!とは言いませんが、そうだからできるものがあるのも事実。
本日ご来店いただいたお客様も、既にフローリング材については99%(?!)他社の他の樹種で決定していたところ、弊社を見つけて頂き、普通ではないこだわり具合とそのこだわりから生まれる商品の仕上がりの良さに関心を持っていただいて、遠方よりご来店いただきました。

本当に有難いことです。
一般的なフローリングから比べると、選別や加工の特殊性から高価になってしまう商品も、それくらいの価値がある!と言ってもらえること。
私はもちろん、原木を扱っている職人さんも加工を担当してくれる職人さんも、とっても喜んでいます。


手作業のしるし2


弊社の扱っている無垢材はそんなものです。
同じ樹種名なのに何が違うのか、同じサイズなのにどうして幾つも種類があるのか、どうして他社より高いのか(笑)。
こんな手作業が沢山詰まっているんだな。
どんなおっちゃんが作業してくれているんかな?!
そんな想像をしてもらえる、そんな無垢材。

それをお届けしたくて、宣伝広告費ではなく職人さんたちとのコミュニケーションや現地での打ち合わせと検品に、時間と費用を使っている事情を受取っていただけると嬉しいです。

手作業のしるし。
それは弊社で扱う無垢材のしるし、です。



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

透き通る白さ! 低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレードとちょこっと、日本のひばのおうち 

際立つ、美しい白さ!!

洗濯洗剤のコマーシャルではありませんよ(汗)。

私が無垢フローリングでおすすめする樹種、カバ(樺)の中でも辺材部分である白太だけを選別して作っている、プルミエグレードのこと。
カバは心材の桃色のような可憐な色合いも美しいのですが、純真無垢と形容したくなるような柔らかさすら感じさせるような、辺材部分の魅力は計り知れないものがあります。
今までも、幅広のセレクショングレードや同じく幅広のプルミエグレードのオイル塗装をご紹介していますが、どちらも「透き通るような白さ!」という、またもや洗濯洗剤のような形容になってしまうような、清潔な美しさを持っています。

今回は、そんなオイル塗装とは異なるウレタン塗装ですが同じくプルミエグレードを、光沢や艶をおとしたウレタン塗装としたリフリーバーチを使っていただいたお宅の様子をご紹介します。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 


第一印象は、本当にきれい。
オークのようなはっきりとした木目はなく、ブラックチェリーのような人を瞬時に引き付けるような印象的な色合いがあるわけではありません。

しかし、目にした瞬間に心躍る、というか。男の私がいうのも何ですが、派手さはないのにキュンとくるというのか。そんな印象。

単純な白さでいえば、メープルの中にはもっと白みの強いものもあります。
しかし、それらは木目は強くはないものの意外と強さを感じるというか、はっきりとした冴えた印象を受けるのです。

それに比べてカバのプルミエグレードの白さはどこか暖かくも感じる。
どうしてでしょう。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 7


太陽光の入射角度によっても刻一刻と色目を変える。
まるで、早朝の巨樹めぐりのようです。
時には白みよりもベージュに近いような色にも見えることが、温かさを感じさせるのでしょうか。

いや、きっとそれだけではありません。
カバの魅力的なところの一つである、縮杢。
それがあることで、決して強くないはずの木目に動きがみられ、それが揺らぎの印象となって視覚を通して人の心に働きかけているのでは?!

根拠はないものの、そう思ってしまいます。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 2


もちろん、樺(カバ)を知るシリーズでもお話ししたように、カバには「明るく照らす」という木語がありますから、それがどこか影響しているのかもしれないと思うのは、そんな情報をもつ私だけでしょうかね。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 11


色みに主張のないと思われがちな辺材部分ですが、個性的な色が混在しているために木目がはっきりしていなくても、貼上りは適度にランダムでリズミカル。
そんな表情を普通に紹介していますが、実は一般的な光沢のあるウレタン塗装ではこうはいきません。
太陽の光を反射するために、明るくなればなるほど木目は見えなくなります。

しかし、リフリーバーチに塗装されている低光沢ウレタン塗装は、暖かに差し込む日差しを直接反射することなく、はっきりと素地の木材の色や木目を見させてくれます。

だからこそ、稀に含まれるこんな木目もどんな角度からでも眺めることができちゃいます。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 12


水中を漂う気泡の様、とでもいいますか。
ゆらゆらと丸い模様が浮かび上がっています。
高樹齢木材に現れやすい木目ですが、カバではなかなかお目にかかることはありません。
お施主様、めちゃラッキー!

こんな木目がどんな角度からでも見える幸せ、想像しただけでワクワクします。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 1


ショールームにいらっしゃるお客様でまれに、同じような白さをもつメープルとの違いを「カチカチとしっかり」と形容される場合があります。
おおむね、私の感想がそれなのです。
メープルは非常に硬質なうえ、摩耗にすこぶる強いのでカチカチなイメージです。
製材機に通しても、しっかりと保持できていないと材が跳ねるような感覚を覚えます。

しかし、カバは製材機の感覚も硬いもののどこかしっとりとしているというか、フローリングの踏み応えも強さだけではないしっかり感を持っているように感じます。
その形容が、先の「カチカチとしっかり」なのではないかと思っています。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 3


そうです、樹種のことばかりではなく間取りやインテリアもおしゃれなのですよ。
すっきりとした内装にも決して自分だけ主張することなく、どんなときにも調和がとれそうな、そんな雰囲気。


オークの勇壮さやブラックウォールナットの孤高の存在感など、無垢フローリングにはいつの時代にも選ばれる樹種があります。
それらほどの強いインパクトがないために、おすすめするまでは選択肢に入る場面が少ないカバ。
まだまだ知名度は低いと思われるものの、プルミエグレードの清楚な美しさからネイキッドグレードの天然の原木そのままといわんばかりの表情まで、バラエティー豊かなのがカバ。


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 8


もっともっと、本来の魅力をしってもらうことと同時に、この美しいプルミエグレードの存在もPRしていきたいものです。

ちなみに、目につきにくいというか、同化するように自然に収まっている玄関の上り框。
実はこれも無垢材。
もちろん、弊社品!

しかも、こだわりの純白のメジロカンバ材!!!

低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ プルミエグレード 9


もう、惚れ惚れするほど美しいです。

私は息子ばかりを見ているのですが、娘がいればこんな感じでわが娘の美しさをたたえる親バカになるんだろうなぁ、と白無垢な玄関框をしみじみと眺める私。
この框を作るために大きな盤を製材したのですが、意外とロスが大きかったのは内緒なのですが、そんなこともあって余計に嬉しさ倍増。


白無垢な娘たちの晴れ姿を堪能したお父さん(私)。
喜び充満させながら帰路に・・・


おっと、実はこちらでは外壁の一部にも木材が使われています。

日本のひば 目隠し板


目隠しルーバーに、日本のひば材の板をしつらえてもらっています。
外部に面しているため耐腐朽性もありながらもビス止めできる軽量性、それから木の意匠性をもっているものということでのご提案。

まだ、かすかに特有の芳香もありとてもすがすがしい風が感じられました。
お住まいになってからも、湿度や温度環境でほのかに香ることでしょう。


いつものことながら、天気の変化で色合いの変わるフローリングに何度もシャッターを向けながら、その仕上がりに一人ニコニコとしながらの撮影はいつもながらに楽しく、やはりまだまだ知られていないカバの魅力を伝えていきたい!
そう思った訪問でした!


・低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリングはこちらから
・リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング子供部屋施工写真はこちらから
・リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング居間施工写真はこちらから
・樺(かば)については、こちらのシリーズをご覧ください


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ささくれが起りませんか?!

ショールームにお越しいただくと、よくいただく質問があります。


「ささくれが起きたりしませんか?!」



確かに、アフリカなど熱帯産の硬い木材の中では何かの拍子に一部分が欠けたりすると、とっても硬く鋭い棘の様になる場合があります。
中には、杉は柔らかいから傷がつきやすくて、その傷の部分がささくれて足に刺さるから駄目だ、とおっしゃる方もおられます。
でも、通常使用の範囲ではささくれるということは少ないと思うものの、意外と心配されることが多い。

確かに、手足などに刺さると痛いものではありますが、無垢の木の繊維や細胞組織で構成されている木質部分ですので、金属や薬品のついた合板の様に「疼いてたまらない痛み」というものはありませんから、私は平気なんですがそうも言ってはいられません。

スギやヒノキの針葉樹が柔らかく傷がつきやすいので、その部分がささくれることが気になるのでとおっしゃって広葉樹を検討されるケースがあります。
ナラやタモなどの広葉樹はどうなんだろう?、と考えていてショールームの床を眺めているとあるじゃないですか!!

広葉樹のささくれ?! 1

お客様のこられる前に掃除をした時の布が、少し絡まっている!
ここはもしや?!

そう思って布きれをとってみると・・・

広葉樹のささくれ?! 4


スマホ写真ではこれ以上に接写できず分かりづらいですが、引っかかっていた部分をよく見ると、そこは道管。
ナラやタモなどの広葉樹に見られる組織で、分かりやすく言うと孔の様になっている部分です。
(孔になっている、ということを視覚的に見るにはこちら!)
その部分が、ちょうど端の部分にかかっていてその上、斜め方向に向いている為に繊維の細かな布をひっかける状態になっているのでした。

割れているわけでもないのですが、懸念されるささくれに似た状態。
指で触れても少しチクッと引っかかる。

しかしながら、これは広葉樹の木部組織。
いえば木の特徴そのもの。

靴下やストッキングなどを履いて足をひきずったりすると、必ず引っかかるでしょう。
だからと言ってこれを受け入れられなければ、無垢のフローリングは採用できません。

住まい方と付き合い方。

相手に全てを求めるのではなく、自らがどうすればよいかを並行して考える。
なんだか家族や夫婦に似ていませんか!?
無垢フローリングも、おうちの完成とともに一緒に過ごしていくもの。
家族や夫婦同然に、気づかいながら過ごしていける方にとっては最良のパートナーです。


ささくれが起きるかどうか、ではなくて、ささくれが起きたらどのようにしたらよいですか?!、と聞いていただけるようなお客様が増えるように、もっともっと木材の組織や成り立ちについても触れていかねばと思っています。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

挽板フローリング S3シリーズ カスクオークでちょこっとリフォーム!

さぁ、先日紹介しました挽板フローリングのS3シリーズ。
早速プチリフォームに採用頂いています。

その前に、ロックメープルのおうちは施工記事を紹介していますが、今回はプチリフォームでカスクオークのセレクショングレードを採用いただきました。

挽板フローリング カスクオーク セレクショングレード施工 2


あぁ、見事なオーク。
今回採用いただいたのは挽板フローリング S3シリーズのカスクオークセレクショングレードですが、一般的な合板フローリングにはない伸びやかな木目と、木材本来の白太(辺材)や節のあとなどが、いやおうなしに無垢材の質感を訴えかけてきます!

挽板フローリング カスクオーク セレクショングレード施工 1


蛍光灯の明かりで少し白っぽく映っていますが、カスクオークのはっきりとした木目がしっかりと表現されています。
写真には写っていませんが、手前の部屋は無垢のナラのフローリング。
もちろん、それも弊社からの商品です。
以前に工事してもらって使っていただいたのですが、今回も採用いただき本当に有難い限り!

残念ながら、前回使っていただいたフローリングは販売終了になってしまったので、今回ご提案したのが挽板フローリングS3シリーズのカスクオーク。

挽板フローリング カスクオーク セレクショングレード施工 6


オークという樹種の共通性を持たせたいとの意向もあり、採用いただきました。
写真では少しわかりづらいものの、微妙な色違いや木目の流れ、そして材木屋ならばわかる「ここ、もう少しで節がでるんやろうなぁ!」みたいな、木目の揺れなど、本当に無垢材一枚物と遜色ない仕上がりを見る事が出来るのが、1820mmで一枚物の貼り上がりが実現できる、挽板フローリングS3シリーズならではのところです!!

挽板フローリング カスクオーク セレクショングレード施工 4


UNIフローリングとは違い、縦に伸びる途切れのないオークの木目の美しさ。
ちょうど縦長に配置される部屋だったこともあり、長手方向にのびやかに続く仕上がりを見る事が出来たのですが、この貼り上がりを手にしやすいことも挽板フローリングの大きな特徴。

無垢一枚物フローリングが素晴らしいことは言うまでもありません。
しかし、惜しいことに予算の都合もあり誰でもその貴重な貼り上がりを自宅に採用できるわけではありません。
そういった点で、挽板フローリングは貼り上がりの質感において想像以上の満足感をもたらすと言っても過言ではありません。

本来は無垢一枚物推しの私も悔しいほどに、不均一な無垢材の貼り上がりそのものの表情を見せてくれます。

新しいフローリングの選択肢の一つである挽板フローリング。
無垢材に近い存在として、材料候補の一つに加えられるに十分な仕上がりを見せてくれています。

挽板フローリング カスクオーク セレクショングレード施工 7



・挽板フローリング S3シリーズはこちらから
・挽板フローリング S1シリーズはこちらから
・挽板フローリング S1 シリーズ バーチセレクショングレード、編込みのおうち施工写真はこちらから
・挽板フローリング S2シリーズはこちらから
・挽板フローリング S2シリーズ ブラックウォールナット、リビング施工例はこちらから
・挽板フローリング S2/S3シリーズ ロックメープル 建築士さんデザインのおうちへの施工例はこちらから
・カスクオーク(ナラ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

挽板フローリング 6尺一枚物! 〜カスクオーク・ブラックウォールナット・ブラックチェリー・ロックメープル・チーク・ピュアラーチ〜

嗜好に多様性と変化ができ、住み分けが出来てきた。
そんなことを昨年位から感じていました。

今まではブログ記事もホームページも単層、いわゆる無垢材のフローリングを重点的に紹介していました。
もちろん、実店舗では街の材木屋さんとして、合板フローリングを提案する機会も多くある当店ではありますから、以前から合板フローリング以上無垢フローリング未満?!、というと語弊がありますが価格的にはお手頃でありつつも仕上がりの「木の質感」が良いものという希望にお応えするべく、各種挽板フローリングを販売してきました。

挽板フローリングについては既に拙ブログ記事でも、建築士さんのハードメープルのおうち凄腕大工さんのブラックウォールナット改修現場、そして数寄屋大工さんによる驚きのバーチのおうちなどをご紹介してきていますが、ブログ記事としてそのラインナップを紹介するようになったのはつい最近の事でした。

しかし、昨年位から徐々に一般施主様を含め大工さんや設計士さんから、無垢材とは異なる選択肢として挽板フローリングの提案希望を受けることが多くなり、ブログでも紹介する機会を作ったのでした。
そして先月も3つの案件で採用いただくということになり、いよいよ紹介できていなかった15mm厚の6尺ものを紹介することにします!

挽板フローリングの特徴は、もういまさら説明する必要はないと思いますが、合板や積層材の上に数mmのスライスされた無垢材を貼り付けたフローリングですね。

挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 3


その合板などの上に貼り付けられている数mmの無垢材が、床面に敷きこんでしまうと殆ど無垢フローリングの仕上がりに見えてしまうために、無垢フローリングよりもコストパフォーマンスに優れているところに、人気が集まっています。
稀少なチークだって、そろっています。


挽板フローリング S3シリーズ チーク S 4


無垢材を使うとなると、多くの場合UNI(ユニ。たて継)品の採用が多くなるのは、どうしても一枚の無垢材そのものから作り出される一枚物品が高価だから。
UNIでの貼り上がりも、無垢材らしい表情がでますしグレードによってはあえてつなぎ目がリズミカルに感じる場合もあります。
特に、弊社で人気のあるつなぎ目V溝シリーズは、1枚ごとのつなぎのピースが長いことやつなぎ目自体が少なく幅広タイプで、UNIのつなぎ目表面にV溝をつけているのでUNIタイプだと分からない、という工夫もされています。

それでもやはり、6尺(およそ1820mm)につなぎ目がなく木目が続く一枚物の迫力と仕上がり感は特別。

挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 2


だからこそ無垢フローリング推しの弊社でも、昨年から無垢一枚物フローリングの仕上がり感そのものを表現できる、挽板フローリングの6尺タイプである 「S3シリーズ」 へのお問い合わせが増えてきました。
特に、空間の仕上がり感と他の部材や質感とのバランスを重視される設計士さんや、UNIタイプのつなぎ目がないものが好みだけどもコストも重視したい大工さんから、お尋ねを頂く機会が増えました。

それはそうでしょうね。
貼り上がりの質感は、本当に一枚物のフローリングを貼ってあるとしか思えないものですから。
そうです、一枚物のフローリングに見える上にさらに人気があるのは、幅広タイプだから!


挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 3


S3シリーズのフローリング幅は150mm!!(一部商品は130mmと180mm)。
無垢一枚物でも150mmはラインナップしているものの、そうそういつもおすすめできる価格帯ではありません。
特に、プルミエグレードやセレクショングレードに関しては。
しかし、S3シリーズでは一枚物の幅広150mmフローリングであるために、その仕上がりはかなり特別な仕上がりになりますし、グレードもセレクショングレードとネイキッドグレードを用意しています。
セレクショングレードは、無垢材では高嶺の花と思われてしまう幅広一枚物の美しく伸びる木目を楽しむ事が出来ますし、ネイキッドグレードでも無垢一枚物がもつ天然の表情そのものを感じる事が出来ます。

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 4


芯材と辺材の微妙な色差や樹種ごとに特徴的な節の表情ももちろんそのまま。

表面に3mmという厚みの無垢材を使用しているので、節の表情やパテ補修部分なども無垢フローリングのネイキッドグレードのそれ。
私の個人的な感想ですが、同じネイキッドグレードでも無垢フローリングでのグレード選別と挽板フローリングのネイキッドグレードの選別は、少し違います。
無垢材の場合は、プルミエグレードとセレクショングレードに属さない物はすべてネイキッドグレードになります(一部そこに入らないものも出ます)が、挽板フローリングのネイキッドグレードは無垢材とはことなる工程となるため、原材料も異なることから、無垢フローリングの節やパテの表情より少し優しい様に感じます。

もちろん、樹種やその時の原木原板の違いに左右されますので、あくまでも私の印象ですがその点くらいが無垢材との違いなのかな・・・と思うくらいです。

S1シリーズやS2シリーズの909mm長さでも、無垢材の質感がかんじられますが1820mm(1部1818mm)長さで1枚物となると、迫力が違います。
木の質感、という意味ではなく909mm長さのリズミカルに対して1820mm長さは伸びやか。
そんな印象です。

挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 4

針葉樹であるピュアラーチ。
スギやヒノキにおいては、床暖房への使用は厳しいところですが挽板フローリングならではの、針葉樹床暖房仕上げに。

また、見た目の印象だけではない無垢材との違いは、積層材料基材を使用している為に床暖房向け(*)に使用できること。
無垢フローリングの中でも、ウレタンの塗装を施すことでフローリングの伸縮作用を最小限にし、床暖房向けにラインナップもしていますが、挽板フローリングは表面がオイル塗装仕上げになっていますから、無垢材の足触りをそのままに床暖房仕上げとする事が出来るというわけです。
この違いが非常に大きなところです。
それによって、こんな杢模様もはっきりと見てとれます!

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル S 5


私は無垢材が大好きですが、お客様は私の様に無垢材オンリー!!というわけではありませんし、住まい方もそれぞれ。
それに、私の無垢材を思う気持ちはわかるけども予算だったり質感とのバランスなどを考えた場合に、UNIフローリングではなく一枚物の貼り上がりを手に入れられることを思えば、大きな選択肢になります。

是非、上手に使い分けて構造材や枠材などの無垢材との両立をはかってもらいたいと思います。

(*)床暖房は、フローリング表面温度が30℃未満推奨です。


挽板フローリング S3シリーズ
カスクオーク セレクショングレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ カスクオーク S 3


カスクオーク ネイキッドグレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ カスクオーク N 1


チーク セレクショングレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ チーク S 1


ブラックウォールナット セレクショングレードイメージ

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット S 3


ブラックウォールナット ネイキッドグレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット N 5


ブラックチェリー セレクショングレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 1


ロックメープル セレクショングレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル S 1


ロックメープル ネイキッドグレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 5


ピュアラーチ ネイキッドグレード イメージ

挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 1


!!挽板フローリングの特徴とご注意事項!!

挽板フローリングシリーズは、合板や積層板の表面に数mmの無垢材を貼り合わせた商品ですので、稀に接着材の成分が表面の挽板に変色となって表れる事があります。(特にオークは黄色変色部分が出ることがあります。)
床暖房向けに使用可能ですが、主暖房とする使用方法や床材表面温度が高温になる場合は、フローリングのすき間の発生や床鳴り、反りを生じますので、使用環境には十分配慮下さい。



・挽板フローリング S1シリーズはこちらから
・挽板フローリング S1 シリーズ バーチセレクショングレード、編込みのおうち施工写真はこちらから
・挽板フローリング S2シリーズはこちらから
・挽板フローリング S2シリーズ ブラックウォールナット、リビング施工例はこちらから
・挽板フローリング S2/S3シリーズ ロックメープル 建築士さんデザインのおうちへの施工例はこちらから
・挽板フローリング S3シリーズ カスクオークのちょこっとリフォームの施工例はこちらから



挽板フローリング S3 シリーズ
〜カスクオーク・ブラックウォールナット・ブラックチェリー・ロックメープル・チーク・ピュアラーチ〜

・寸    法(表示は全てmm単位) 
15×150×1820
(一部、ブラックチェリーとチークは15×150×1818、ピュアラーチは15×130×1820)
15×180×1820
(カスクオークのみ)

・形    状
表層3mm挽板貼 一枚物
(チークのみ、表層2mm挽板)

・エンドマッチあり

・品番と価格(表示価格全て税別表記です)
カスクオーク
CO-53OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 セレクション
¥12,250/6枚入り(1.63屐

CO-53ON 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥11,250/5枚入り(1.63屐

CO-59OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×180×1820 セレクション
¥14,300/5枚入り(1.63屐

CO-59ON 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×180×1820 ネイキッド
¥13,000/6枚入り(1.63屐

ブラックウォールナット
WN-53OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 セレクション
¥15,750/6枚入り(1.63屐

WN-53ON 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 セレクション
¥14,500/6枚入り(1.63屐

ブラックチェリー
MP-53OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1818(*) セレクション
¥14,000/6枚入り(1.63屐

ロックメープル
RM-53OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 セレクション
¥12,750/6枚入り(1.63屐

RM-53ON 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1820 セレクション
¥11,750/6枚入り(1.63屐

チーク
MT-53OS 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×150×1818(*) セレクション
¥16,500/6枚入り(1.63屐

ピュアラーチ
PL-53ON 表層3mm挽板一枚物 オイル塗装 15×130(*)×1820 セレクション
¥8,500/7枚入り(1.65屐

・運    賃
別途、地域によりお問い合わせください。

・グ レ ー  ド 
セレクション 小さい節や軽微な色むら、白太(辺材)を含みます。(メープルは赤身/芯材を含みます)
ネイキッド  色むら、節、源平(辺材・芯材)、パテ補修など無垢材の持つ樹種本来の特徴を全て含みます

・納    期
無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産をするということが出来ませんので、余裕をもってご確認ください。



表情の違い

カスクオークネイキッドグレードの節

挽板フローリング S3シリーズ カスクオーク N 2


カスクオーク セレクショングレードの変色部分 1

挽板フローリング S3シリーズ カスクオーク S 2

変色部分 2

挽板フローリング S3シリーズ カスクオーク S 1


チーク セレクショングレードの黒条

挽板フローリング S3シリーズ チーク S 3


ブラックウォールナット セレクショングレードの白太

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット S 2


ブラックウォールナット セレクショングレードの節

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット S 1


ブラックウォールナットネイキッドグレードの節とパテ

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット N 3


ブラックウォールナット ネイキッドグレードの芯材部分

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット N 2


ブラックウォールナット ネイキッドグレードの補修

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット N 1


ブラックウォールナット ネイキッドグレードの表面毛羽

挽板フローリング S3シリーズ ブラックウォールナット 1


ブラックチェリー セレクショングレードの小節

挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 4


ブラックチェリー セレクショングレードの黒条

挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 5


ブラックチェリー セレクショングレードの着色部分

挽板フローリング S3シリーズ ブラックチェリー S 6


ロックメープル セレクショングレードの小節

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル S 3


ロックメープル セレクショングレードの入り皮

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル S 4


ロックメープル ネイキッドグレードの入り皮

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 3


ロックメープル ネイキッドグレードの変色

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 1


ロックメープル ネイキッドグレードの節補修

挽板フローリング S3シリーズ ロックメープル N 2


ピュアラーチ ネイキッドグレードの流れ節

挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 2


ピュアラーチ ネイキッドグレードの補修


挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 5


ピュアラーチ ネイキッドグレードの軽微な乾燥割れ

挽板フローリング S3シリーズ ピュアラーチ N 6



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 11:47コメント(0) この記事をクリップ! 

細かいところの違いが大きな違い

皆さんは、違いの分かる人間ですか?!


綺麗に仕上がっている無垢フローリング。
実はこの2枚、違う工場のフローリングです。

さて、何が違うのでしょうか。

見た目一緒のオークフローリング それぞれの違い 1


樹種は双方ともオーク。
グレードは双方プルミエグレード。
塗装は両方とも、ウレタンクリヤー塗装。

見た目も殆ど同じです。
でも価格は違う。
一方は、驚きの安さ・・・・


どうしてそんなに違いがあるの?!
その違いはこんなところにありました。


見た目一緒のオークフローリング それぞれの違い 2


フローリングの長手方向の勘合部分の拡大です。
表面にかかっているウレタン塗装の樹脂層が、勘合部分にある面取り(斜めカット部分)に流れていないのがわかるでしょうか?!
表面の少し茶色くなっている部分に対して、素地のオークのグレーがかった色合いのままです。


並べていた2つを木口から比べてみましょう。


見た目一緒のオークフローリング それぞれの違い 4


はい、左が問題の驚きの安さのフローリング。
右が正規(?!)品として弊社が扱っている商品。

見えにくいけれども、右側は面取りの部分が下の方までキラッと光っているのが分かります。
きちんとウレタン塗装がされている証拠。
たいして左は表面で止まってしまっている。


フローリングを施工した時にこの面取りが連続してV溝になるのですが、この状態だとその部分だけ妙に違和感のある艶の無い仕上がりになるため、非常に不自然なのです。
もしかすると、こういった仕様で造られているのかもしれませんが、そんな説明はなし。
もし安さで購入していたら、自分が「おかしい」と思う商品を「安さ」で販売しきらなければならないところでした。


違いが分かりづらい上に、安さという判断基準に惑わされそうになりますが、こういった小さな分かりづらい細かい違いが大きな違いであることに気が付くのは、すでに施工を済ませた後。
できるだけ、自身の基準に合うようなものをご用意するには、少しの違いも気にしておかなければならない。
結構大変なのです。


今日も、工場の販売営業さんからサンプル購入した1ケースを無駄にして(返品できませんから・・・)、細かな違いに気が付いた一日、でした。



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!