空を見上げて
トップページ » 柾目
柾目

日本の広葉樹無垢フローリング 清涼たも(せいりょうたも)幅広柾目一枚物フローリング

前回の清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリングは、すでにご覧いただいたでしょうか?!

輸入品のタモアッシュ)フローリングではなく、日本で育った日本の広葉樹であるたものフローリングです。
その意味の特別さは、清涼楢(せいりょうなら)清涼樺(せいりょうかば)も同じですが、実は清涼たもは、他の2種に比べても若干の特別さがあるのです。

それを紹介するのが今回!
いよいよ公開!、特別な日本の広葉樹無垢フローリングシリーズ。

「清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢柾目一枚物フローリング」です。

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング11

突然ですがみなさん、柾目をご存知ですか・・・

弊社では、高樹齢!百年杉柾浮造りフローリングが定番として存在しますが、木材の中でとっても贅沢で貴重なものです。
それはなぜかというと、板目に比べて効率の悪い製材方法をとらないといけないからです。
それともう一つは、それなりに大きな原木が必要となること。

まず前者は、丸太の半径よりももう少し小さいくらいの大きさの板しかできない、ということです。
柾目板を作るには、丸太の中心に対して直角、もしくはそれに類する位置で製材しなければいけません。そのため、幅の広い板ができず中心部分も使えないので、非常にロスが多いといえます。

後者も、先ほどのように丸太の半径よりも少し小さい寸法しかできない、ということは大げさに言うと今回の様に120mm以上(一部は150mm)の幅の柾目板を得るには、その寸法の倍、最低でも300mm以上の丸太を使わないといけない(実際はもっと厳しい)ようになるので、自ずと丸太の価格も高くなり、芯の部分などのロスを生んでしまうことも含めて、非常に得にくい木目であるといえます。

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング2


きれいな柾目のフローリングを製作しようと思うと、百年杉柾浮造りフローリングの場合でも、その名の通り樹齢100年生以上の丸太を必要とします。
杉の場合は比較的まっすぐで、100年生位のある程度太く節の無い丸太も安定して製材することはできますが、成長が遅いために太い丸太が安定して供給しにくく、枝下の長さが短い=長い材がとれない広葉樹では、柾目に製材する材を入手しづらく、そのうえ非常に生産効率が悪くなってしまうので、一部の材を除き柾目製材をすることは非常に稀です。

そんな貴重な柾目製材の日本のたも材ばかりを集めてつくられたのが、清涼たも幅広柾目無垢フローリングです。

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング7

柾目の良さは、木材として貴重だというだけではありません。
人間が木材を見て、どこか落ち着くなぁ・・・と思う感情。
その感情は木目が持つ視覚的作用だと言われていますが、その中でも柾目は 「1/f ゆらぎ」という独特のリズムを持っている為に、人の視覚が安定し、落ち着きを生むというのです。

実際のところ、上の写真でみる清涼たもの柾目はとっても綺麗な直線を描いているものと、すこしゆらゆらと左右に揺れていたり不規則だったりします。
規則的ではないこのリズムこそが、その「ゆらぎ」なのですね。

もしこれが、完璧に整ったまっすぐで規則的なラインになると、このようになります。

規則的なライン


かなりチカチカとしませんか?!
別に点滅させているわけでもなんでもないんですけども、とっても見づらい。
規則的に並んでいて美しいはずのラインが、あまりにも規則的だと落ち着かない。

感覚や線の濃さの問題もあると思いますが、木材の柾目はたとえ非常に整った直線であっても、人工的な狂いの無いものと違い、目に対する負担が少ないのです。
もちろん、中には追い柾目という柾目がまっすぐには通っていないものも含みますが、その不ぞろい具合もいい感じに思えてきます。

もちろん、成長の過程で何らかの影響を受けて木目が揺れている部分なんて、特に魅力的!

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング6


そして、清涼タモ幅広柾目無垢一枚物フローリングの隠れた特徴は、フローリングの幅方向の伸縮が広葉樹としては非常に少ないこと。
どうしても、暴れが大きくなったり幅寸法が安定しなくなったりしがちなところを、柾目という木取りで安定させることができています。
木を板にするとき、板目というタケノコ状の木目が出る方向に製材すると反る。
「木が反る」と書いて板目。
一方、木の使い方として正しい方向に製材すると、比較的暴れない。
それが「木と正しい」と書いて柾目。
木の使い方のうちで、もっとも安定している状態のことを漢字にしている。
そう思ってしまいますが、果たしてその通りなのです。


もちろん、広葉樹特有の板目(木目)模様を楽しみたい、という要望はありますがそれは前回紹介の清涼たもやその他の無垢フローリングをご検討いただくとして、二つとない貴重な「日本の広葉樹の幅広無垢一枚物の、柾目のフローリング」は、限られた数量の中のそのまた一握りの特別品。

広葉樹で仕上げたいお料理屋さん、和風旅館や料亭、縁側や廊下のあるおうち。
そしてなによりも、日本の広葉樹を愛する皆さんに使ってほしい!
そう思う日本の広葉樹フローリングです。


清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング5


杉や桧などの針葉樹もいいものですが、日本にある広葉樹を使えるという価値と、その広葉樹の柾目を手にすることのできる贅沢を、あなたの足元に!!


〜清涼たもをご検討いただく前に〜

清涼たもフローリングは湿度の比較的低い北国の寒さの中で育っています。また、製材や乾燥工程も同じ環境で行っていますので、施工頂く地域によっては稀に吸湿して寸法の伸縮が大きくなる場合もありますので、施工環境にはよく馴染ませてから施工していただくことをお勧めします。

また、清涼たもフローリングの原材料の「たも」は、ケヤキやナラと同じように環孔材広葉樹であり、キクイムシによる白太(辺材)の食害を受ける可能性があります。
全てがそうではありませんが、無垢の木材の特徴として、採用にはその可能性がある事を含みおき頂きますようによろしくお願いいたします。(必ず発生するわけではありません。)

 

 
一枚物プルミエグレード貼上りイメージ

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング11



・清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリング(板目)はこちらから

・日本の広葉樹シリーズ、以前にご紹介の清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから。
清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらからご覧ください。

・清涼たも以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


日本の広葉樹 清涼たも幅広無垢一枚物フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×101×1820
15×120×1820
15×150×1820 


・形状

一枚物

・エンドマッチあり

・品番と価格

ST-15PQ OPC一枚物 柾目 無塗装 15×120×1820 プルミエ
¥26,400(税別)/7枚入り(1.52屐

ST-13PQ OPC一枚物 柾目 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥28,800(税別)/6枚入り(1.63屐

ST-18PQ OPC一枚物 柾目 無塗装 15×101×1820 プルミエ
¥24,000(税別)/9枚入り(1.65屐


・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード(清涼たもには白太を含みます。)

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから


・表情の違い 参考(通常の清涼たもの表情の違い以外に、含まれるもの)

軽微な流れ節

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング1

節の影

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング3

節の影部分の加工目こぼれ

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング4


表面の若干の毛羽立ち

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング9


端部の板目かかり部

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング10



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

赤茶けた影のヒーロー、表舞台に 〜これからの主役か?! レッドオーク ぁ

いよいよ表舞台に上がる時代に入ってきたレッドオーク。
巷で見かけるようになってきた製品類にも、少しづつ見かけるようになってきましたが、やはりわざわざ「レッドオーク」と表記されることはありません。
今、一般消費者にとっては単純にオークという表記で十分なのでしょう。精密な加工や材の特性を生かしたものの場合の制作者にとっての名称の情報は大切でも、プロダクトアウトされたものにはそこまでは求められないからでしょう。

それでも世界の銘木「オーク」ですから、蓄積資源量が多く安定供給できる広葉樹としての存在は材木屋にとってもありがたいものです。
アメリカ広葉樹協会の公表データによると、世界最大の広葉樹製材の生産量を誇り、数年前のデータ上ではこの半世紀近くかけて、生産量が伐採量を上回ってきているという、まるで「どこぞの国」の人工林データのような理想的な森林環境を保っているとのこと。

硬質で木目も美しく、枠材のようなモール材などへの加工性がよい(海外ではこの用途が多く重宝される)素材が安定供給できるという性質は、これから求められる木材利用の旗艦広葉樹になるかもしれません。
肝心の材質としては、衝撃に耐えスチーム曲げに適するという性質から、日本でもホワイトオーク同様に椅子の部材としてやテーブルなどに使われ始めています。

BlogPaint

写真にたくさん積まれた板材をよく見ると、板の片方に「耳」とよばれる丸みがついているのがわかるででょうか。
片耳付き、と呼ばれる形状ですが、たまたまこの形になっているのではありませんよ。
丸い丸太を製材するわけですから、片方にこの丸みが残るということは、丸太の半分、つまりは直径方向にのこぎりを通した状態ではなく、さらにその半分の半径方向になるようにしているから、片方のみ丸い部分が残っているのです。

この状態の木材の表面は「柾目」という状態になります。
年輪の筋がまっすぐに並んだ状態ですね。
オークの場合は、板目と呼ばれる年輪がはっきりと見える状態に製材したものも多く使われますが、その場合は乾燥による割れや反り、曲がりに特に注意が必要です。
しかし柾目ではそのリスクを比較的減らすことができる上に、なによりオーク特有の「虎斑(とらふ)」が現れるために、このような製材にされるのです。
もちろん、割れや反りなどのリスクが低いというのは材質的に安定する製材方法ということになるのですが、そのうえで虎斑を楽しむことができるので、一石二鳥?!というところです。


レッドオーク13


毎度の比較になりますが、レッドオークはこの虎斑模様の元となる「放射組織」と呼ばれる組織の長さが短いために、私のような「木材マニア」にとってはホワイトオークやナラなどに比べて、模様が大人しい印象を受けますが反対にこの模様が「ミミズが這っているようだ」としオーク類を敬遠される方にとっては、ちょうどいいくらいなのかもしれません。
塗装性のよいレッドオークにとっては、この大人しい虎斑が塗装によって適度に浮き立ち、板目材にはない広葉樹特有の魅力を見せてくれます。

補足的に言うと、日本で製材されるナラ材の多くは標準的には柾目製材です。
用途他、いろいろな理由はありますが、やはり柾目材のほうが木材の性質的におとなしいために、割れや反りなどによる無駄を少なくできるから(というよりも、割れがとても出やすいため)です。
先の写真のトラックも、レッドオーク材を日本で製材したものですから、すべて柾目材になっています(^_-)-☆


前回までにお伝えしたように、数種以上の仲間が混在するレッドオークですから材による色の差が大きかったりしますので、比較的均一性を求められる日本においては、塗装用家具の素材としてのポテンシャルはとても高く感じます。(家具の場合は種類間で物理特性も若干異なるので、用途によって分けられている場合もあるらしい。)


今回入荷のレッドオーク柾目材は、すべて家具用材や枠用材として使っていただける予定です。
近いうちに、キッチンなのか家具なのか、それともドア枠材なのかで生まれ変わった姿に出会える予定です!

レッドオーク10

 
木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

赤茶けた影のヒーロー、表舞台に 〜これからの主役か?! レッドオーク 〜

現在よりももっと木材資源が豊か?!というか、豊富に取引されていたころは、用途に適したものの中でも「杢や木目、色合いのよりよいもの」を選別して使うことができたからでしょうか。
レッドオークの用途としては、一つを除いては他のオーク材と変わらないのですが、それでも今まであまり使われてこなかった(特に日本で?!)理由の一つに、ナラやホワイトオークに比べて年輪様の木目が「若干黒っぽく見えるところ」が、妙な押し出しの強さを感じさせるからなのか?と邪推します。

レッドオーク 2


塗装を施しても、一層はっきりと色を感じさせる木目が、家具やそのほかの作品の出来栄えよりもめだってしまうからなのだろうか、と思ってしまいます。
もちろん、これは個人的な感想ですがそれでも、文献にも「他のオーク類よりも劣る木目」としていたりします。
材質や色合い、木目などを選別できる状態ではわざわざ「劣る」とされる木材を使う必要がなかった、ということでしょうか。
やはり「影の存在感」が否めませんねぇ・・・

そういったことからか、ホワイトオークやヨーロピアンオークが家具や樽材として賞用される中で、レッドオークはまさしく黒子となって活躍している場がありました。

全身を真っ黒に染めて活躍する場所。
それは枕木。
枕木というと、国産樹種ではクリが思い浮かびますが、ひと昔前の外国産材ではケンパスというカチンコチンな材がつかわれていましたが、そんな特殊用途にもオークが使われているなんて意外ではありませんか?

レッドオーク14


樽用材としては不向きなレッドオークですが、防腐注入などの加工をするにはかえって都合が良いようで、そんな使われ方もある様子。
また、硬質でもあるのでカシ類などと同じように、産地では農具や柄の材料となっていたようですから、やはり表舞台ではなく裏方としての活躍が多かったみたいですね。

特殊用途といえば、「棺桶」というのもあるみたい。
そういえば、日本のナラも100年ほど前に輸出されるときには、最高級の棺桶材として出されていたと聞いていますから、これも仲間の樹種での共通用途なんでしょうね。
オーク(なら)の棺桶なんて、贅沢というか豪華というか・・・

しかし古い書物のレッドオークの項には、「きれいではない単調な木目」という言葉や「材色の差が大きすぎる」などの表記がありますが、その文面からもあまり好まれなかったのかと推測することができますよね。


ただ、そんな表記も今は昔。
統計上の若干の強度の差や、木目の微妙な違いというものをさほど気にかけない(もしくは、そこまではわからない)消費者にとっては、レッドオークはとってもフレンドリーな存在で、入手しやすく高騰していない樹種でありながらも、しっかりと「オーク」であるその材は、まさに今からが旬!!

職人さんには大切な性質上の問題も、家具を購入したりその木目を楽しむ工芸品などにおいては、完成してしまえばホワイトもレッドもない「オーク材」として流通しています。
わざわざ完成品を眺めて、「これ、レッドオークやな?!」なんていう人間なんて、私の知っている中でもほんの一握りのマニアのみ・・・・・


これからは、レッドオークもその「赤」のイメージから解放されて、いよいよ表舞台に上がるときなのかもしれません。

レッドオーク15



 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

赤茶けた影のヒーロー、表舞台に 〜これからの主役か?! レッドオーク ◆

さて、レッドオークという木材ですが、その名前の通り材色も芯材部分がレッドなオークです。

レッドオーク7

レッド、といっても写真のように相当赤いわけではなく、材によってのバラつきがありますし、淡い赤色っぽいのもあればアカガシのようにしっかりと赤っぽいのもあったり、かと思えばホワイトオークっぽい灰褐色っぽいものもあったりしますが、全体的にはやはり赤っぽい色合いです。(ホワイトオークは白くはないですしね・・・)
レッドオークの中には「ブラックオーク」と呼ばれる種も混ざっているそうですから、この「カラー」を関するネーミングはどうも、突っ込みたくなってしまいます。
黒くないやん!!ってね、

そうそう、アカガシと名前をだしましたがレッドオークの木材関係の和名はどうも「アカガシワ」の様です。
私はその名の前に既にレッドオークでインプットされていたのですが、木材関係の書物にはアカガシワと記載されています。
あれ?!、オークはカシの木ではない、という事を散々言ってきたのに、ここにきてまた「オーク・ナラ」の仲間の樹種であるカシワの登場。
通称樹種名と言うのは、本当にややこしいものです。

とはいっても、レッドオークという言葉自体が正確な一つの樹種を表しているのではありません。
これは、ホワイトオークも同じことですが、数種あるいは100を数えるともいわれる近縁の樹種を大別したグループ(大きな差が少ない)を、総称しての呼び名です。
想像して下さい、SPFという3つの樹種が混在する名前を、正式な樹種名だと思う方もおられるような呼称があるくらいなので、レッドオーク位のくくりはかわいいもんかもしれません。
ホワイトオークやレッドオークを多く産するアメリカでは、そのような大別で木材が扱われるシーンが少なからずあります。

レッドオーク12
レッドオーク12


レッドオークの主なものの学名は Quercus rubra とされています。
しかしもちろん上記の様に、この他にも数種をふくんでいます。
主にはアメリカ東部や中部、カナダ東南部から産するといわれています。

オークの中では、日本のナラをはじめホワイトオークやヨーロピアンオークなど、いろいろな仲間がありますが、やはり影の存在。
その中でも評価は決して高くはありません。
同じオークと称され、木目ももちろん同程度ですが、上記の仲間よりも若干低めの評価が一般的です。
家具としての定番であるホワイトオークに比べてやや軽軟(とはいえ比重平均0,63)とされ、細かな細工部分に対する強度が劣るといわれることから、前者ほどの評価が得られないことが大きな原因かもしれません。

また、特徴的な赤っぽい色が受け入れにくいということなのかもしれません。
いや、色合いだけではなくて木目もやはりそれぞれに若干の違いがありますから、家具作家さんや木工家として感じる差は、材木屋が思うよりも意外と大きいのかもしれません。

レッドオーク11


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(2) この記事をクリップ! 

赤茶けた影のヒーロー、表舞台に 〜これからの主役か?! レッドオーク  


どんな世の中にも、表のヒーローがいれば裏のヒーローもいる・・・
平成の仮面ライダーシリーズに、主役ライダー以外のライダーが登場していたように・・・
(違うかな?!・・・なんで、ライダーが2人以上もでてくるの?!とか、悪ものっぽいのもいるやん!!と時代の変化に驚いていました。)


おかしな例えは置いておきまして、木材の世の中にも「同じ仲間なのに、有名ではないもの」や「ほぼ同じ樹種なのに、厳密な用途の違いと特徴の違いがあり、有名ではないもの」、または「有用材ににているものの、劣るものとして代用材という扱いをされているもの」が存在します。
そう、普段は光の当たらない影のヒーローの様に・・・

上記の中でも、もっとも私の業界で想像しやすいものはやはり「代用材」です。
有用で美しい、等という木材には需要が集中し資源量が減少したり、そうでなくとも価格が高騰したりすることはいつの時代も同じ事だと思います。
色合いや多少の見た目が近いことから、チークに対してのアサメラ、カリンに対してのブビンガなどは銘木業界では一時期の華だったでしょうし、それ以上に特徴を知らなければわからない「同科」での代用である「ケヤキニレ」や「タモホワイトアッシュ」などの代用もありました。
もちろん、同科でもないですが見た目が似ているものであれば「クワとキハダ」、「クリとタモ」などなど・・・


私が残念な理由で木材に目覚めることになったのも、この「ケヤキとニレ事件」でしたから、この似た者同士や代用材というのはいつまでたっても、とても気になるのです。
そんな前置きで始める今回の樹種は「レッドオーク」。
このレッドオークこそ、冒頭の「ほぼ同じ樹種なのに、厳密な用途の違いと特徴の違いがあり、有名ではないもの」にあたります。


レッドオーク 1


オークという名は、いろんなところで耳にすることでしょうし、世界中でも長年愛されてきた樹種であるし日本でも、家具やフローリングなどで大変ポピュラーな樹種です。
弊社でもカスクオーク幅広無垢一枚物フローリングを始め、清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚フローリング低光沢ウレタン塗装のリフリーオークフローリングなどを紹介していますから、印象深い方もおられることだと思います。

カスクオーク幅広無垢つなぎ目V溝フローリング施工11


ただ、それらは日本の楢(なら)であったり、種類を細かく分類すればホワイトオークだったりと、今回の本題のレッドオークではないのです。
フローリングのお話はもう少し後の回でするとして、オークという樹種に触れる上で先にしておかなければならないのはやはり、洋酒やワインの樽との関係でしょう!!
私にとって、その話題は避けては通れません。何度もこの話題は取り上げてますけども・・・

もっとも好きな木は何ですか?!と訊かれても困ってしまいますが、気になる木は何ですか?!と訊かれるとすれば、輸入材ならばオークと答えるでしょうね。(因みに、日本の木なら。近年自身が多く関わっていますからね・・・)
木目や材としての優位性はもちろんですが、そんなことはどうでもよくなってしまうくらいにワインや洋酒を想起させる香りは、それだけで心惑わされそうです(笑)

基、その私を惑わせる樽の材料としてのオークも、実はレッドオークは使われていないと言われています。
私は製作に携わっているわけではありませんが、これはきちんとした理由があってのことなので周知の事実です。
その理由というのがチロースという物質。

風船のようなこのチロースという物質が、オークの細胞の穴の様になっている部分を塞ぐことで、液体を貯蔵する用途である樽から、内容物が漏れることが無い為にオークが使われるとされています。
もちろん、それとは別の大きな理由の一つにオーク材のもつ独特の香りが、ワインや洋酒に芳しい香りづけをする、ということも忘れてはいけません。
これについては、いくら同じような木目と材色の木材であるクリであっても、日本の木材の雄であるケヤキであってもいけません。(日本のお酒の樽のお話はこちらを参照しましょう!)
もちろん、英名のオークを誤訳されている「樫(カシ)」でもダメです。
オークでないといけないのです。

レッドオーク 6

そしてその場合の「オーク」というのは、レッドオークを含んではいないのです。
というのも、レッドオークは先のチロースの発達が顕著ではないために、ワインや洋酒などの内容物が液漏れしてしまうそうなのです。
それに、私の個人的な経験上、レッドオークの中には同じオークなのか?!と思うような芳香とは言い難い香りのする材もあるために、やはり樽には向かないように思います。

こんな理由から、「オーク」という木材であるにもかかわらずオークの用途の中に含められていないものがレッドオークだったりするのです。
木材好き、そしてマイナー広葉樹応援団の私が、そんな影のヒーローを表舞台に立たせるべく、次回から数回に分けて特集をしていきたいと思いますので、ご期待くださいませ!



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp
 

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

天然乾燥 杉柾目羽目板の特殊加工開始!!



ずっと試作を続けてきた杉柾目無垢羽目板がいよいよ加工段階に入ります。

杉柾目羽目板 2

なぜ試作を続けてきたかって?!
それはこの羽目板の加工にお施主様の凄いこだわりがあったからです。

写真を見てわかると思いますが、これは4枚の板を重ねている状態です。
影が出来ている事からも重なっている状態が認識できると思うのですが、実はこの単純に重なっている状態を、無垢の木材で、しかも天井面に施工するものとして、更に、曲面を描くように施工できるようにしなければならないという、どうしたらいいんだろうと考え込んでしまうような条件のなか、試作をなんども繰り返しながらたどり着いたものです。

以前にイナゴ天井というのを紹介したことがあるのを覚えていらっしゃいますか?!
杉の無垢天井板を、一枚ずつ重ね代をとって貼りあげるものですが、その一枚ずつを重ねた部分は丁寧に一つづつ竹釘で止められていく職人技で、現在は印刷天井で似たようなものを再現していますが、やはり本物の職人さんの技術を見ると驚くものがあります。

これがイナゴ天井のかさね部分。手仕事です。

杉無垢天井板用 稲子


そのイナゴ天井のイメージが今回の羽目板(正式には天井板)のコンセプトです。
だから、天井を見上げた時に先程の段差が重なり代のイメージになるような形になっているのです。
しかも、仕上がりは先程の通り、局面に施工する形になりますからそれに沿うような形になる様でなければなりません。
この羽目板はイナゴ天井のイメージですが、イナゴ天井ではありませんので施工の仕方が異なります。ではどうやって施工していくのか?!施工個所にも制約があったりして、加工形状にも頭をひねりました。

それがやっと製作開始の運びとなりました。

杉の羽目板といえば、フローリングとともに節ありで如何にも無垢!と思わせるようなものもあれば、節のない綺麗な板目の並ぶものもありますが、今回は全て柾目を使います。
そう、百年杉柾無垢フローリングを製作する事が出来るからこそ、加工形状からこだわって、柾目の原板を使用した羽目板を製作することが出来るというものです。

昔教えてもらった事があります。
フローリングの場合は、杉や桧で少々節のあるものでも問題はありませんが、こと天井となるとそれではダメ。
人間は、節板が自分の頭上に使われていると、その節がまるで目のように感じて落ち着かなくなる、だから天井板は節ありではダメなんだ、と。
なるほど、昔はビニールクロスなどない時代も含め、特に就寝時はどうしても天井に視線が向きます。
その時に、暗い中でたくさん丸い節があると、何か気になるような・・・・

おっと、節板が決して悪いわけではありません。
しかし、昔の材木屋って、そういった生活の中の木材の用途やここにはこれでないと、というようなノウハウや蘊蓄、それもあんまり馬鹿にできない様な教えを持っていたりしたものでした。
自社でしか通用しない「暗号」(符牒といいます)というのも各お店が使っていたとも聞いています。
弊社にも受け継がれています。

そんなだから、生活にも消費者にも近かったのかもしれません。
段ボールに入って工場から運ばれてくる商品であったり、木材でも出来上がったものだけを扱っていると、次第にそのノウハウが薄れてきてしまいますね。

今回の羽目板を施工される工務店さんはイナゴ天井も経験済みのところ。
だから打ち合わせもイナゴのあのイメージで・・・というような会話でしたが、果たして曲面施工というのが可能になるものか否か・・・
あとは大工さんに頑張ってもらう他ありません。

完成すると、節板の天井板の荒さではなく、スウゥッととおった端正な柾目が織りなす波が、まるで波間に浮かぶボートで昼寝をしている様な、そんな感覚に誘ってくれるやもしれません。
まさしく杉柾目の「ゆらぎ」です。
しかも、いつもながらに百年杉柾や古希杉板目節ありフローリングと同じく天然乾燥の原材料を用いています。
だから杉の香りと美しい色合いは何とも言えません。
安眠効果もある杉の贅沢な柾目羽目板、是非寝室に如何ですか?!

杉柾目羽目板1



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

流石にいい香り 天然木曽桧 柾目幅接ぎカウンター


私の性格上、木のものはなるべく手を加えず一枚一本のままの方が良いと思うのですが、デザインが優れていたり一枚一本ではなし得ないような物をつくる事が出来たりという場合があるので、固定観念にとらわれていると良いものを見逃すことがありますね。

今回ご注文いただいたこれもその中の一つでしょう。
これくらいの幅で柾目板というのは先ず切り出すことは難しいでしょうから・・・・

天然木曽桧柾目幅接ぎ天板です。

天然木曽桧柾目天板 2
























実物の幅は60cmあります。
これは、数本の柾目板を幅方向につなぎ合わせて接着しているものですが、柾目なのでつなぎ目もわかりにくい事もあり、柾目という綺麗な木の目の流れを楽しむ事ができます。
桧の中の桧である木曽桧の柾目ですから何しろ年輪の目が細かい。
見てください。

天然木曽桧柾目天板 3










糸を並べているかのような細さ。
これが木曽桧柾目の真骨頂です。

木曽桧については、金具不使用木曽桧木製名刺ケースのところや関連の記事にて触れていますが、同じ「木曽桧」という名前でも天然林のものと人工林のものがあることはしられているのでしょうか?
正確には、木曽桧も「人の手が入っていない天然林」というわけではなく、人の手が入って現在に残っている天然林、といった方がいいのかもしれません。
現在に残っていると言っても、聳え立つような大径木や数千年という高樹齢木があるわけではありません。
そのあたりは、日本の社寺建築を見てもわかる様に、自国の大型木造建造物を建てるのに、森林率世界3位(国土に占める森林の割合)の国が、諸外国から大木を輸入しないといけないというところに如実に表れているところです。

今まで有用な大木や高樹齢木を伐り尽くしてきたことと、反面それだけ日本人は木を利用してきた証だとは思うのですが、このあたりは、森林や木材林業にとってのこの先当面の大きな課題であります。

えらく脱線しかけました・・・

つまりは、たんなる「桧」というわけではなく、本物の天然木曽桧の柾目を使って製作しているという点が大きく異なるところで、それは材面からも伝わってくるのですが、視覚的に柾目の美しさを楽しめるという点以外に、天然木曽桧の良さは香りに現れます。
梱包の封を解いた瞬間に、これぞ木曽桧!という香りが放たれます。

人間は、様々なものを触角や嗅覚、視覚などといった感覚でとらえます。
もし、そこに塗料で塗り固めたベニヤ板と無塗装の天然木曽桧の天板が並べてあれば、その手触りや木目、香りといった点で殆どの方が木曽桧の天板を選ぶでしょう。
実際にイベントなどにおいても、その傾向は明らかに見られます。
しかしそこに、価格という要因が加わってくると話が変わってきます。
感覚で選ぶという概念は一気になくなり、価格の数字だけが判断材料になってしまう事もあります。
もちろん価格は重要な判断材料。ですが、それは永く使う自分の感覚を無視しても勝るものなのだろうか、と思いますし、本来用途は同じでも素材が違えば比較すること自体があまり意味のない事ですから、自分が良いと思ったものを使うことをお勧めしたいと思います。


ビニールに木目を印刷したものは10年もすれば剥がれてきます。
塗ったペンキはポロポロと落ちてきます。
大切に使おうと思っても、そこで寿命がきてしまいます。
それよりも、最初から愛着を持って大切に永く使えるものを選びたい、私はそう思います。

木材はもちろんそれに合致した素材。
親から子、子から孫へ受け継ぐことのできる素材です。
本来の素材の良さを活かして喜んでいただけるような木材をお届けできるように、まだまだ紹介していくものがたくさんあります。
良いと思うけども・・・・ではなく、いいものを使いたい、という想いを実現するためにどんどんと木材を広めていく使命はまた今日からも続くのです。


天然木曽桧柾目幅接ぎ天板はこちらから(節あり板目もあり)
弊社へのお問い合わせはこちらから

天然木曽桧柾目天板 1











ご注意:天然木曽桧は樹脂を多く含む樹種です。部位によってはその樹脂が表面にしみでる事もあります。
そのため、板の上に物を重ねておいたり建てかけたままの保管、などにより樹脂が滲みますが、水分と一緒に油を抜き取るような乾燥工程は行っておりませんゆえの事ですので、あらかじめご了承くださいませ。

またご紹介出来ていない天然木曽桧節あり無垢フローリング節あり無垢羽目板もございます。
近いうちに御紹介いたしますので、乞うご期待です。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然木曽桧 幅接ぎ集成カウンター 柾目と板目


先日の天然木曽桧風呂イスをみて、私も欲しい!!となったかた。
受け付けますので、お問い合わせください(笑)。
そうならない方がおかしい(逆か?!)と思ってしまいますが、子どもたちに相手にもされなかったので、この場を借りてもう少し天然木曽桧商品をアピールしておきましょう。

先ずはこの天然木曽桧柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 1














最初に言っておかないといけないですが、木材に詳しい方はすぐわかるところですが、柾目でこんなに幅が広いなんて!!と思われるかもしれませんが、その通りで、細い柾目板を幅方向につないであるのが、この柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 3














こんなに幅の広い柾目板、よっぽどの原木か、今は桧に似たものといえばスプルースや米桧(べいひ)位でしかないでしょうね・・・
だからこそ、小さな柾目ですが綺麗に接ぎ合わせて一枚の柾目板になるのです。
桧の柾目板というと神棚などにはもってこいです。
しかしなかなかそんなサイズは存在しません。そこでこの格調高い(?!)天然木曽桧を用いた集成柾目板を使っていただけると思います。
なぜ、天然木曽桧をすすめるかというと、この柾目板の場合はやはり目が美しく、ある程度揃っていること。当然赤白や若干の違いはあれど柾目のバランスが良いからです。
普通の桧だとそうもいきません。

木曽桧柾目幅接ぎ 2














香りも先日の風呂イスに負けず、木曽桧らしい芳香を放っています。

そしてもう一点は、柾目板に対して今度は板目です。
こちらも天然木曽桧節あり幅接ぎカウンターです。

木曽桧板目2枚接ぎ 1













先程は柾目の接ぎ合わせでしたが、今度は板目の材を2枚接ぎ合わせて一方の端には耳(みみ。木材の丸太の形を残した部分)をつけています。

木曽桧板目2枚接ぎ 2














こちらは一枚板の様に見える柾目集成カウンターに対して、節や木目からつないでいることははっきりとわかりますが、それでも端につけられた「耳」によって、切りっぱなしとは全く違った「当たりの柔らかい」印象を受けます。
こちらも当然持ち前の芳香は素晴らしいものですし、また柾目とは全く異なるところはその木目の細かさをじっくりと感じられるということでしょうか。

木曽桧板目2枚接ぎ 4














柾目だと、一方向にある意味規則的に流れている木目ですが、板目(いため)となると今度はところどころで変化があり、またその変化の内にもゆっくりと成長した後を見る事が出来る事が特徴です。
幅接ぎ集成だったら別になんでもいいじゃないか。
そうおっしゃる方は、それなりで。
しかし、あえて木曽桧をお勧めするのは今までの記事を見ていただければどれだけ特別な存在かが分かるはずです。
永く育ってきた貴重な木材を末永く使っていただく。
形さえあればよいのではなく、大切にできるものを届けるためにも幅接ぎ集成桧といえどこだわった物をお届けしたいという想いからです。
手にされたお客様が「これは、普通の桧ではなくて、木曽桧でね・・・・・・」と、ご友人にお話する姿を想い浮かべられる事を楽しみにしています。

木曽桧板目2枚接ぎ 3
















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然木曽桧(きそひのき)柾目フロ腰かけ(イス)の観察


私がどれだけ木が好きか、ということくらいはもう既にご存知の事と思いますので割愛しますが(笑)、そんな私も家の風呂のイスは普通のプラスチックでした。
というのも、私は木が好きな他に「モノもちがいい」という性質(!?)を持っていますので、ずっと前に購入したそのイスを今でも使い続けています。
当然、そんなに悪くなるような物でもないですし、なかなかの座り位置で使い勝手もよかったので不満はなかったため、木のイスに変えようというよりも、もったいないからまだ使うぞ!、という気持ちの方が強くて使い続けていました。
最近までは・・・

しかし、そこに突如現れた天然木曽桧の木の椅子に心が移ってしまうまでそう長くはかからなかったのは言うまでもありません・・・

木曽桧フロイス 1














最初は子どもたちが喜ぶかなぁ・・・位のつもりだったのですが、一番喜んでしまったのは・・・案の定私でした。
今でこそ、少し香りは薄くなりましたが、ウチにきた当初は風呂の入り口を開けるたびに、「毎日桧風呂?!」と思わせるような香りが漂い、目をつむればそこはどこぞの露天桧風呂?!!と錯覚するような(しないですが・・・)それくらいの芳香を漂わせていたことと、天然木曽桧ならではの細かな木目が美しい「柾目取り」された材料で製作されている事が、なんとも好きな人にはたまらないアイテムでした。
当然、座り心地は柔らか・・・いや、そう感じます。
平面なのに、なぜか硬い感じがしないのは微妙な弾力性と熱を奪いにくい木の性質がうまくあらわれている証拠でしょうか。

木曽桧フロイス 2














このシャープペンシルの先は0.5mmです。それでも間には入りきれない部分があるくらい細く細かい杢目は写真では伝えきれません。

柾目取りというと、百年杉柾浮造りフローリングにある様に、とても貴重な木取り方法でつくられるもので、樹齢の高い原木からのみつくることが出来るものなのですが、そこはやはり天下の木曽桧、柾目をとることは当然の流れです。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真6



 百年杉柾浮造り一枚物フローリング









木曽桧のお話は各記事にゆだねることとしまして、私の印象に残っているお話を一つ。

マイナス170度の超極冷の液体窒素を流し込むための箱が必要だということで、材質を検討されていた時のこと。
当然、金属製のものならどれかは持ちこたえるだろうと、いろんな金属を試してみてもどれもダメ。
そんな中、この想像してもわからないくらいの超低温に耐えたのがなんと木曽桧だったそうです。

あんなに硬そうで強そうで、「木造は弱いという説の為にいつも引っ張り出される」強さの象徴のようである(私の偏ったイメージでしょうか・・・)金属が耐えられないものに、植物である木材が耐える!
これこそ命の力!!生命の神秘!

実際、そんな温度の物を入れることないしね・・・と言われればそれまでですが、木材が金属に一矢報いた瞬間だったのではないかと思うと、「おぉー!!さすがは木曽桧」となるわけです。
それくらい特別な存在であるわけですが、今回のイスはちょっと事情が違ったようです。

とても気に入って使っているので、初日から観察しまくっていたのでどの部分がどうなっていくのかなど、mm単位で(笑)わかります。
その結果・・・割れが広がっていくのが見えました。

木曽桧フロイス 3














ガビーン!
バリバリや・・・しかも一カ所ではなく、いろんなところから・・・

とショックを受けていると思われるでしょう。
ふふふ、そんなことはありません。
いつ割れてくるのかと、使用状況を見ながら観察していたところでしたので、反対に「おっ、われてきよったでぇ・・・」位のものなのですが、実はこれは普通の割れではありません。

もちろん、イス材は乾燥材で作られていますから、少しくらいの湿気やその乾燥くらいではすぐには割れません。
それに、割れるとしてもこんなに局所的に重なった形にはなりにくいと思われます。
というのは、この部分の板そのものに原因がありそうだからです。

木曽桧フロイス 4














普通にみると、とても綺麗な柾目で構成されていて、そう簡単に割れそうにもありません。
が、良く見ると、少し白い筋の様なものが見えませんか?!全体的に少し白くかかっている様にも見えます。
どうやら、推測通り素性に割れやすい性質があるようです。
繊維が切れやすい状態なのか、はたまた切れているのか、外的要因によって原木の状態で影響を受けたのかは定かではありませんが、どうもそんな気がしてきました。
先の様に割れ方も少しおかしいですしね。

木曽桧フロイス 5














無垢の木材ですから割れるのは当然、それも室内ではなく常時湯水がかかり、そこからの乾燥も急激なフロ材としては、購入時から頭に入れておくべき項目です。
しかし、その割れすらも楽しんでしまうくらいになるともうベテランでしょうね。
自画自賛ですが・・・
それくらいの気持ちで木材に接してほしいということです。

まったく割れていても強度と使い勝手としては問題はないし、身をもって「こうやって割れるんだよ」と教えてくれている様にも感じます。

こんな様子を子どものころからみていると、浴室内に木があることや木製品の割れや曲がりの事、使ううえでの注意などが自ずと身につくのですが、現在はそういうわけにもいかないのが実情。
現に、ウチもそうだったのだから・・・

だからこそ、全て木でとは言わないまでも、生活の中に少しづつできる範囲で木を取り入れ、親子家族のコミュニケーションのできる空間を提供したいものです。
無垢のフローリングだけではありません。無垢の天板や机だけでもありません。様々なところの木を通じて、皆さんにはいろんなことを感じていただきたいと思います。

今回は木の性質にしたがって柾目ではなく板目が割れていました。これも木の性質通り・・・と思っていたら、柾目も少し割れがある!!
木は木目の模様によって、各方向伸縮の具合が異なります。
だから柾目には大きな割れは入りにくいのです。

が!!!!!、、、

こっちも割れてきたぁ。

木曽桧フロイス 6














天板部分です。
こっちは正真正銘柾目なのに、うすーく割れてきた。
やっぱり、木の性質は奥が深い。必ず、絶対などとは言い切れない。
フローリングの動きもそう、反り方もそう、床暖房用のフローリングは全く隙間がすくことも反る事もない、などとは言えない事も同じこと。
何も起こらないものに接することに慣れ過ぎると、自然に起きる事象に対してついていけなくなるものです。

これは、子どもたちにつたえておかねば!!
と、風呂につかりながらイスを手にとって話そうとするも、あえなく水鉄砲とそれによるケンカで全くの無視・・・・・
んんー、我が子ながら無垢の木材を伝えることは難しいぃ・・・
むむむ、、、、
このままで終われません。

皆さんだけでも、もう少し次回の木曽桧つながりのお話につきあってもらいますよぉ!!



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(5) この記事をクリップ!