空を見上げて
トップページ » 柾目
柾目

天然乾燥 杉柾目羽目板の特殊加工開始!!



ずっと試作を続けてきた杉柾目無垢羽目板がいよいよ加工段階に入ります。

杉柾目羽目板 2

なぜ試作を続けてきたかって?!
それはこの羽目板の加工にお施主様の凄いこだわりがあったからです。

写真を見てわかると思いますが、これは4枚の板を重ねている状態です。
影が出来ている事からも重なっている状態が認識できると思うのですが、実はこの単純に重なっている状態を、無垢の木材で、しかも天井面に施工するものとして、更に、曲面を描くように施工できるようにしなければならないという、どうしたらいいんだろうと考え込んでしまうような条件のなか、試作をなんども繰り返しながらたどり着いたものです。

以前にイナゴ天井というのを紹介したことがあるのを覚えていらっしゃいますか?!
杉の無垢天井板を、一枚ずつ重ね代をとって貼りあげるものですが、その一枚ずつを重ねた部分は丁寧に一つづつ竹釘で止められていく職人技で、現在は印刷天井で似たようなものを再現していますが、やはり本物の職人さんの技術を見ると驚くものがあります。

これがイナゴ天井のかさね部分。手仕事です。

杉無垢天井板用 稲子


そのイナゴ天井のイメージが今回の羽目板(正式には天井板)のコンセプトです。
だから、天井を見上げた時に先程の段差が重なり代のイメージになるような形になっているのです。
しかも、仕上がりは先程の通り、局面に施工する形になりますからそれに沿うような形になる様でなければなりません。
この羽目板はイナゴ天井のイメージですが、イナゴ天井ではありませんので施工の仕方が異なります。ではどうやって施工していくのか?!施工個所にも制約があったりして、加工形状にも頭をひねりました。

それがやっと製作開始の運びとなりました。

杉の羽目板といえば、フローリングとともに節ありで如何にも無垢!と思わせるようなものもあれば、節のない綺麗な板目の並ぶものもありますが、今回は全て柾目を使います。
そう、百年杉柾無垢フローリングを製作する事が出来るからこそ、加工形状からこだわって、柾目の原板を使用した羽目板を製作することが出来るというものです。

昔教えてもらった事があります。
フローリングの場合は、杉や桧で少々節のあるものでも問題はありませんが、こと天井となるとそれではダメ。
人間は、節板が自分の頭上に使われていると、その節がまるで目のように感じて落ち着かなくなる、だから天井板は節ありではダメなんだ、と。
なるほど、昔はビニールクロスなどない時代も含め、特に就寝時はどうしても天井に視線が向きます。
その時に、暗い中でたくさん丸い節があると、何か気になるような・・・・

おっと、節板が決して悪いわけではありません。
しかし、昔の材木屋って、そういった生活の中の木材の用途やここにはこれでないと、というようなノウハウや蘊蓄、それもあんまり馬鹿にできない様な教えを持っていたりしたものでした。
自社でしか通用しない「暗号」(符牒といいます)というのも各お店が使っていたとも聞いています。
弊社にも受け継がれています。

そんなだから、生活にも消費者にも近かったのかもしれません。
段ボールに入って工場から運ばれてくる商品であったり、木材でも出来上がったものだけを扱っていると、次第にそのノウハウが薄れてきてしまいますね。

今回の羽目板を施工される工務店さんはイナゴ天井も経験済みのところ。
だから打ち合わせもイナゴのあのイメージで・・・というような会話でしたが、果たして曲面施工というのが可能になるものか否か・・・
あとは大工さんに頑張ってもらう他ありません。

完成すると、節板の天井板の荒さではなく、スウゥッととおった端正な柾目が織りなす波が、まるで波間に浮かぶボートで昼寝をしている様な、そんな感覚に誘ってくれるやもしれません。
まさしく杉柾目の「ゆらぎ」です。
しかも、いつもながらに百年杉柾や古希杉板目節ありフローリングと同じく天然乾燥の原材料を用いています。
だから杉の香りと美しい色合いは何とも言えません。
安眠効果もある杉の贅沢な柾目羽目板、是非寝室に如何ですか?!

杉柾目羽目板1



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

流石にいい香り 天然木曽桧 柾目幅接ぎカウンター


私の性格上、木のものはなるべく手を加えず一枚一本のままの方が良いと思うのですが、デザインが優れていたり一枚一本ではなし得ないような物をつくる事が出来たりという場合があるので、固定観念にとらわれていると良いものを見逃すことがありますね。

今回ご注文いただいたこれもその中の一つでしょう。
これくらいの幅で柾目板というのは先ず切り出すことは難しいでしょうから・・・・

天然木曽桧柾目幅接ぎ天板です。

天然木曽桧柾目天板 2
























実物の幅は60cmあります。
これは、数本の柾目板を幅方向につなぎ合わせて接着しているものですが、柾目なのでつなぎ目もわかりにくい事もあり、柾目という綺麗な木の目の流れを楽しむ事ができます。
桧の中の桧である木曽桧の柾目ですから何しろ年輪の目が細かい。
見てください。

天然木曽桧柾目天板 3










糸を並べているかのような細さ。
これが木曽桧柾目の真骨頂です。

木曽桧については、金具不使用木曽桧木製名刺ケースのところや関連の記事にて触れていますが、同じ「木曽桧」という名前でも天然林のものと人工林のものがあることはしられているのでしょうか?
正確には、木曽桧も「人の手が入っていない天然林」というわけではなく、人の手が入って現在に残っている天然林、といった方がいいのかもしれません。
現在に残っていると言っても、聳え立つような大径木や数千年という高樹齢木があるわけではありません。
そのあたりは、日本の社寺建築を見てもわかる様に、自国の大型木造建造物を建てるのに、森林率世界3位(国土に占める森林の割合)の国が、諸外国から大木を輸入しないといけないというところに如実に表れているところです。

今まで有用な大木や高樹齢木を伐り尽くしてきたことと、反面それだけ日本人は木を利用してきた証だとは思うのですが、このあたりは、森林や木材林業にとってのこの先当面の大きな課題であります。

えらく脱線しかけました・・・

つまりは、たんなる「桧」というわけではなく、本物の天然木曽桧の柾目を使って製作しているという点が大きく異なるところで、それは材面からも伝わってくるのですが、視覚的に柾目の美しさを楽しめるという点以外に、天然木曽桧の良さは香りに現れます。
梱包の封を解いた瞬間に、これぞ木曽桧!という香りが放たれます。

人間は、様々なものを触角や嗅覚、視覚などといった感覚でとらえます。
もし、そこに塗料で塗り固めたベニヤ板と無塗装の天然木曽桧の天板が並べてあれば、その手触りや木目、香りといった点で殆どの方が木曽桧の天板を選ぶでしょう。
実際にイベントなどにおいても、その傾向は明らかに見られます。
しかしそこに、価格という要因が加わってくると話が変わってきます。
感覚で選ぶという概念は一気になくなり、価格の数字だけが判断材料になってしまう事もあります。
もちろん価格は重要な判断材料。ですが、それは永く使う自分の感覚を無視しても勝るものなのだろうか、と思いますし、本来用途は同じでも素材が違えば比較すること自体があまり意味のない事ですから、自分が良いと思ったものを使うことをお勧めしたいと思います。


ビニールに木目を印刷したものは10年もすれば剥がれてきます。
塗ったペンキはポロポロと落ちてきます。
大切に使おうと思っても、そこで寿命がきてしまいます。
それよりも、最初から愛着を持って大切に永く使えるものを選びたい、私はそう思います。

木材はもちろんそれに合致した素材。
親から子、子から孫へ受け継ぐことのできる素材です。
本来の素材の良さを活かして喜んでいただけるような木材をお届けできるように、まだまだ紹介していくものがたくさんあります。
良いと思うけども・・・・ではなく、いいものを使いたい、という想いを実現するためにどんどんと木材を広めていく使命はまた今日からも続くのです。


天然木曽桧柾目幅接ぎ天板はこちらから(節あり板目もあり)
弊社へのお問い合わせはこちらから

天然木曽桧柾目天板 1











ご注意:天然木曽桧は樹脂を多く含む樹種です。部位によってはその樹脂が表面にしみでる事もあります。
そのため、板の上に物を重ねておいたり建てかけたままの保管、などにより樹脂が滲みますが、水分と一緒に油を抜き取るような乾燥工程は行っておりませんゆえの事ですので、あらかじめご了承くださいませ。

またご紹介出来ていない天然木曽桧節あり無垢フローリング節あり無垢羽目板もございます。
近いうちに御紹介いたしますので、乞うご期待です。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然木曽桧 幅接ぎ集成カウンター 柾目と板目


先日の天然木曽桧風呂イスをみて、私も欲しい!!となったかた。
受け付けますので、お問い合わせください(笑)。
そうならない方がおかしい(逆か?!)と思ってしまいますが、子どもたちに相手にもされなかったので、この場を借りてもう少し天然木曽桧商品をアピールしておきましょう。

先ずはこの天然木曽桧柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 1














最初に言っておかないといけないですが、木材に詳しい方はすぐわかるところですが、柾目でこんなに幅が広いなんて!!と思われるかもしれませんが、その通りで、細い柾目板を幅方向につないであるのが、この柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 3














こんなに幅の広い柾目板、よっぽどの原木か、今は桧に似たものといえばスプルースや米桧(べいひ)位でしかないでしょうね・・・
だからこそ、小さな柾目ですが綺麗に接ぎ合わせて一枚の柾目板になるのです。
桧の柾目板というと神棚などにはもってこいです。
しかしなかなかそんなサイズは存在しません。そこでこの格調高い(?!)天然木曽桧を用いた集成柾目板を使っていただけると思います。
なぜ、天然木曽桧をすすめるかというと、この柾目板の場合はやはり目が美しく、ある程度揃っていること。当然赤白や若干の違いはあれど柾目のバランスが良いからです。
普通の桧だとそうもいきません。

木曽桧柾目幅接ぎ 2














香りも先日の風呂イスに負けず、木曽桧らしい芳香を放っています。

そしてもう一点は、柾目板に対して今度は板目です。
こちらも天然木曽桧節あり幅接ぎカウンターです。

木曽桧板目2枚接ぎ 1













先程は柾目の接ぎ合わせでしたが、今度は板目の材を2枚接ぎ合わせて一方の端には耳(みみ。木材の丸太の形を残した部分)をつけています。

木曽桧板目2枚接ぎ 2














こちらは一枚板の様に見える柾目集成カウンターに対して、節や木目からつないでいることははっきりとわかりますが、それでも端につけられた「耳」によって、切りっぱなしとは全く違った「当たりの柔らかい」印象を受けます。
こちらも当然持ち前の芳香は素晴らしいものですし、また柾目とは全く異なるところはその木目の細かさをじっくりと感じられるということでしょうか。

木曽桧板目2枚接ぎ 4














柾目だと、一方向にある意味規則的に流れている木目ですが、板目(いため)となると今度はところどころで変化があり、またその変化の内にもゆっくりと成長した後を見る事が出来る事が特徴です。
幅接ぎ集成だったら別になんでもいいじゃないか。
そうおっしゃる方は、それなりで。
しかし、あえて木曽桧をお勧めするのは今までの記事を見ていただければどれだけ特別な存在かが分かるはずです。
永く育ってきた貴重な木材を末永く使っていただく。
形さえあればよいのではなく、大切にできるものを届けるためにも幅接ぎ集成桧といえどこだわった物をお届けしたいという想いからです。
手にされたお客様が「これは、普通の桧ではなくて、木曽桧でね・・・・・・」と、ご友人にお話する姿を想い浮かべられる事を楽しみにしています。

木曽桧板目2枚接ぎ 3
















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然木曽桧(きそひのき)柾目フロ腰かけ(イス)の観察


私がどれだけ木が好きか、ということくらいはもう既にご存知の事と思いますので割愛しますが(笑)、そんな私も家の風呂のイスは普通のプラスチックでした。
というのも、私は木が好きな他に「モノもちがいい」という性質(!?)を持っていますので、ずっと前に購入したそのイスを今でも使い続けています。
当然、そんなに悪くなるような物でもないですし、なかなかの座り位置で使い勝手もよかったので不満はなかったため、木のイスに変えようというよりも、もったいないからまだ使うぞ!、という気持ちの方が強くて使い続けていました。
最近までは・・・

しかし、そこに突如現れた天然木曽桧の木の椅子に心が移ってしまうまでそう長くはかからなかったのは言うまでもありません・・・

木曽桧フロイス 1














最初は子どもたちが喜ぶかなぁ・・・位のつもりだったのですが、一番喜んでしまったのは・・・案の定私でした。
今でこそ、少し香りは薄くなりましたが、ウチにきた当初は風呂の入り口を開けるたびに、「毎日桧風呂?!」と思わせるような香りが漂い、目をつむればそこはどこぞの露天桧風呂?!!と錯覚するような(しないですが・・・)それくらいの芳香を漂わせていたことと、天然木曽桧ならではの細かな木目が美しい「柾目取り」された材料で製作されている事が、なんとも好きな人にはたまらないアイテムでした。
当然、座り心地は柔らか・・・いや、そう感じます。
平面なのに、なぜか硬い感じがしないのは微妙な弾力性と熱を奪いにくい木の性質がうまくあらわれている証拠でしょうか。

木曽桧フロイス 2














このシャープペンシルの先は0.5mmです。それでも間には入りきれない部分があるくらい細く細かい杢目は写真では伝えきれません。

柾目取りというと、百年杉柾浮造りフローリングにある様に、とても貴重な木取り方法でつくられるもので、樹齢の高い原木からのみつくることが出来るものなのですが、そこはやはり天下の木曽桧、柾目をとることは当然の流れです。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真6



 百年杉柾浮造り一枚物フローリング









木曽桧のお話は各記事にゆだねることとしまして、私の印象に残っているお話を一つ。

マイナス170度の超極冷の液体窒素を流し込むための箱が必要だということで、材質を検討されていた時のこと。
当然、金属製のものならどれかは持ちこたえるだろうと、いろんな金属を試してみてもどれもダメ。
そんな中、この想像してもわからないくらいの超低温に耐えたのがなんと木曽桧だったそうです。

あんなに硬そうで強そうで、「木造は弱いという説の為にいつも引っ張り出される」強さの象徴のようである(私の偏ったイメージでしょうか・・・)金属が耐えられないものに、植物である木材が耐える!
これこそ命の力!!生命の神秘!

実際、そんな温度の物を入れることないしね・・・と言われればそれまでですが、木材が金属に一矢報いた瞬間だったのではないかと思うと、「おぉー!!さすがは木曽桧」となるわけです。
それくらい特別な存在であるわけですが、今回のイスはちょっと事情が違ったようです。

とても気に入って使っているので、初日から観察しまくっていたのでどの部分がどうなっていくのかなど、mm単位で(笑)わかります。
その結果・・・割れが広がっていくのが見えました。

木曽桧フロイス 3














ガビーン!
バリバリや・・・しかも一カ所ではなく、いろんなところから・・・

とショックを受けていると思われるでしょう。
ふふふ、そんなことはありません。
いつ割れてくるのかと、使用状況を見ながら観察していたところでしたので、反対に「おっ、われてきよったでぇ・・・」位のものなのですが、実はこれは普通の割れではありません。

もちろん、イス材は乾燥材で作られていますから、少しくらいの湿気やその乾燥くらいではすぐには割れません。
それに、割れるとしてもこんなに局所的に重なった形にはなりにくいと思われます。
というのは、この部分の板そのものに原因がありそうだからです。

木曽桧フロイス 4














普通にみると、とても綺麗な柾目で構成されていて、そう簡単に割れそうにもありません。
が、良く見ると、少し白い筋の様なものが見えませんか?!全体的に少し白くかかっている様にも見えます。
どうやら、推測通り素性に割れやすい性質があるようです。
繊維が切れやすい状態なのか、はたまた切れているのか、外的要因によって原木の状態で影響を受けたのかは定かではありませんが、どうもそんな気がしてきました。
先の様に割れ方も少しおかしいですしね。

木曽桧フロイス 5














無垢の木材ですから割れるのは当然、それも室内ではなく常時湯水がかかり、そこからの乾燥も急激なフロ材としては、購入時から頭に入れておくべき項目です。
しかし、その割れすらも楽しんでしまうくらいになるともうベテランでしょうね。
自画自賛ですが・・・
それくらいの気持ちで木材に接してほしいということです。

まったく割れていても強度と使い勝手としては問題はないし、身をもって「こうやって割れるんだよ」と教えてくれている様にも感じます。

こんな様子を子どものころからみていると、浴室内に木があることや木製品の割れや曲がりの事、使ううえでの注意などが自ずと身につくのですが、現在はそういうわけにもいかないのが実情。
現に、ウチもそうだったのだから・・・

だからこそ、全て木でとは言わないまでも、生活の中に少しづつできる範囲で木を取り入れ、親子家族のコミュニケーションのできる空間を提供したいものです。
無垢のフローリングだけではありません。無垢の天板や机だけでもありません。様々なところの木を通じて、皆さんにはいろんなことを感じていただきたいと思います。

今回は木の性質にしたがって柾目ではなく板目が割れていました。これも木の性質通り・・・と思っていたら、柾目も少し割れがある!!
木は木目の模様によって、各方向伸縮の具合が異なります。
だから柾目には大きな割れは入りにくいのです。

が!!!!!、、、

こっちも割れてきたぁ。

木曽桧フロイス 6














天板部分です。
こっちは正真正銘柾目なのに、うすーく割れてきた。
やっぱり、木の性質は奥が深い。必ず、絶対などとは言い切れない。
フローリングの動きもそう、反り方もそう、床暖房用のフローリングは全く隙間がすくことも反る事もない、などとは言えない事も同じこと。
何も起こらないものに接することに慣れ過ぎると、自然に起きる事象に対してついていけなくなるものです。

これは、子どもたちにつたえておかねば!!
と、風呂につかりながらイスを手にとって話そうとするも、あえなく水鉄砲とそれによるケンカで全くの無視・・・・・
んんー、我が子ながら無垢の木材を伝えることは難しいぃ・・・
むむむ、、、、
このままで終われません。

皆さんだけでも、もう少し次回の木曽桧つながりのお話につきあってもらいますよぉ!!



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(5) この記事をクリップ!