空を見上げて
トップページ » 材木屋の巨樹木甦
材木屋の巨樹木甦

そこにある記憶をつなぐ 〜佐狩の大椋〜

私が巨樹巨木を紹介する機会は、拙記事だけではなく材木屋さんの組合誌という場所も与えて頂いているのですが、双方において迷うというか、毎回決めかねるのがどんな樹木を紹介するか、ということ。
まだまだ訪問地には偏りがあり、巨樹サイトを運営されている方々に比しては貧弱なレパートリーではありますが、自身がその場で感じたことや空気感、そして二度と訪れることはないだろうと思いながら眺めるその景色は、他の方々の見たそれとは必ず異なるはずだと思い、自分なりの言葉でお伝えできるような訪問を心がけています。

それでも迷う、というのはやはり写真や言葉で伝えるためのインパクトを持った樹木を選びがちになるから。
単刀直入に、巨木感を感じやすいものばかりを取り上げたくなる、ということです。
巨樹巨木、というからには樹木としては驚くほどのスケールを持つものである、というイメージが浮かぶはず。
そのため、写真においてインパクトのあるものが思い浮かぶのです。

でも実際に巨樹巨木に訪れていると、スケール感だけではないストーリーを得る機会が多くあります。
それが地元の人や所有者さんとのお話し。


巨樹の所在地には、山中もあれば社寺仏閣もある。そして個人所有地内である場合も・・・
その場合はもちろん、所有者さんにお声かけをして見せて頂くわけですが、多くの場合非常にご丁寧に迎えてくださり、親切にお話をして下さるのです。
今回は、樹木のスケール感だけではない「お話」をお届けしたいと思います。

佐狩の大椋 2

緑豊かな山あいの集落。
道路から少し高台になったお宅の敷地内に、お目当てのムクノキがありました。
事前の情報で、大まかな位置(というか、近年はほぼドンピシャ)を把握していたものの、周囲の緑に紛れて確認できずご近所さんと思われる方にお声かけをして聞いてみると、所有者さんを呼んでいただけました。

出てきてくださったのは少し足腰が弱られたおばぁちゃん。
あぁ、朝早くからもうしわけないなぁ・・・、そう思っている私だったのですが、とても親切に迎えてくださいました。
そして、ムクノキの場所を尋ねたのですが「そこの畑の上ですよ、行ってください。私は足が悪くてもういけないんですよ。」とのこと。
そちらを見てみても、今一つピンとこない。

佐狩の大椋 1


周囲の草や竹が伸びているうえに、想像している巨木感と異なることで、見つけられない。
えぇっと・・・・・という雰囲気を出していると、歩行補助の車を押して一緒に行って下さる。
畑のぼこぼことした土の上を少しづつ一緒に進んでもらいながら、その場所への入り口へ。

後で聞いた話ですが、イノシシが非常に多いということで畑に入ってこない様に柵をされています。
「さぁ、柵を開けて行ってください」といってくださり、どこまで登ればいいんだろうと思いながらくぐっていきます。
おばぁちゃんは、もうこれ以上は登れません、ということでご案内はここまで。

佐狩の大椋 9


柵を開けて坂を上がると、小さなたてものの傍にその姿が見えてきます。
まったく距離はありませんでした。
近づいてなるほどのムクノキ。


佐狩の大椋 6


確かに大きいのですが、ムクノキに多い幹の根元がスカートの裾の様に広がっている樹形で、胸の高さ近辺では想像したほどの迫力を感じにくいこと。
そしてそれ以上に、大枝や古い枝が少なくどちらかというと非常に若い枝が勢いよくのびている為に、古木感も少ないというのが正直な印象。

そのために、いつもの巨樹を探す目には周囲の樹木とどうかして分かりづらかったのだと感じました。

それにしても、どうしてこんなに若い枝が旺盛に?!。
そう思っていた時でした。

上がってきた道から声が聞こえる・・・あ、おばぁちゃん!上がってきてくれてる(驚)。大丈夫・・・?!
上がられへんと言っておられたのに、少しづつ上がりながら「立派な木でしょう!?」と。
昔は年に一度、村で集まって収穫のお祭りをしていたそうです。確か、その時にムクノキの隣にある小屋を使っていたとおっしゃっておられました。

懐かしそうにお話をされるおばぁちゃん。

お話を聞いていると、さきほどの若い枝に関すると思われるお話を聞く事が出来ました。

ムクノキの幹には、地面に近い部分に大きな洞が見られます。
巨樹にある腐れかと思いながらも若干焦げたように黒くなっている。

佐狩の大椋 11


昔、この洞の部分に「テン」が住み着いたそうです。
そしてそのテンを追い払うために近所の男性が洞の部分で煙を焚いて燻したそうです。
ところが、その煙から出た火が幹に燃え移り、消す事が出来ないまま3日間燃え続けたそうです。
その間も、周囲に燃え広がらない様にムクノキの前で寝泊まりをして「守をした」とおっしゃっていました。

その時の名残で、幹が黒く焦げているのだそうです。

一体どれほどの火が出たのかは不明ですが、おそらくその時の影響で幹が相当弱ってしまったか、大きく伸ばしていた枝の大部分を損傷したのではないかと推察しました。
その影響で、樹木の防御反応として少しでも力を持った枝を早く形成しないといけないということか、もしくは怪我を治す新陳代謝の様な状況かで、新しい枝が多く出たのではないかと思うのです。


佐狩の大椋 4


こんなお話が聞けるのは、本当に現地で交流出来ることから生まれるもの。
単にその巨樹の写真を撮影するという行為だけでなく、その場所で起こったことやその時の状況や心情まで、当事者から話を聞く事が出来る。

巨樹にはたいてい案内板が掲示されていたりしますが、読んで知ることはできても生の声を聞くこととは大きな差があります。
そしてそのお話を聞きながら眺める木々には、その巨さ以上の魅力を感じます。

ムクノキの隣の小屋には、岡山市の天然記念物に指定されたときの指定書が飾られていました。
ここでみんな集まってね・・・・、と昔のお話をしてくれるおばぁちゃん。

いろんなお話を聞く事が出来ましたが、この大椋の隣にももう一本ムクノキがあり、集落の中には他にも曲がり大師のムクノキもあり、どうしてムクノキが多いのかを尋ねることを失念していました。

巨樹を尋ねる楽しみは、写真を撮る事や感動だけではありません。
こうしたお話を生で聞くこと。
そして巨樹を前にしてそのお話とともに当時の事を思うこと。
人の声だからこそ、人の心に伝えられること。
そんな、人から人へのつながりも少しづつ少なくなっていきます。
人口が減少し、集落から若者が都会へと出ていく。もちろん、悪いことではありません。
しかし、今おられる世代の方たちの次の世代はもうここにはおられないのです。
巨樹を訪ねても、目の前で言い伝えられることはなくなる。

おばぁちゃんが少し寂しそうに、合いに来てはくれるけれどもみんな出て行ってしまってね・・・とおっしゃっていたのが、非常に印象的でした。
木々の命は人間より数倍以上永いもの。
その存在で、伝承されるものもありますが、人と人とで伝わるものが少しづつ消えていく。
材木屋の伝統や無垢材の扱いのこと、そのほかの技術を持つ仕事などにも少し似たところがあるのかなぁ・・・そう思ってしまいます。

佐狩の大椋 7


おそらく、昔はもっと立派で周囲も整備されて、その姿を誇っていたのだろうと思われるムクノキ。
今はなかなか手を入れられない現状を物語るように、クモの巣が縦横に張り巡らされ、足元にも周囲にも他の木々が繁茂しています。
おばぁちゃんが維持していくには、非常に大変なことと邪推します。
その瞬間だけそこにいる私と、昔も今もこれからもムクノキと一緒にいるおばぁちゃん。
無責任には、ムクノキを大切にして、とは言いにくい状況ではありましたが往時のお話を聞く事が出来、大変有意義な訪問とする事が出来ました。
サイズだけでは語れない巨樹のお話。それが佐狩の大椋。

そして、御礼を述べて帰ろうとする私に「これしかないんよ・・・」と言いながら持ってきてくれたコーヒー。


佐狩の大椋 5


良く来てくれた、と迎えてくださり帰りの喉の渇きまで心配頂いた温かさに、日差しの暑さを忘れて感激。
来年も再来年もその次も、どうかお元気でムクノキへの訪問者を受け入れてね。
お話忘れないよ、おばぁちゃん。
ありがとう。


佐狩の大椋所在地
岡山県北区建部町鶴田(必ず、お声かけをしてください。)

コーヒーの後ろに見えるのが、敷地への進入路ですが他家の方も通行されるので、上がらずに下の道路に邪魔にならないよう駐車するようにしたいです。



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

・戸田材木店・セルバのフェイスブックページ:無垢の木材を愛し語る「木のビブリオ」がいる材木屋、合資会社戸田材木店 から!
・同じく、、、       インスタグラムページ: toda.zaimokuten も随時更新中!






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

昨年一番の話題は、もちろんこれ! 〜平湯大ネズコ〜

既に昨年の話題となりましたが「今年の漢字」が12月に発表され、世相や流行を表すものとして毎年話題となります。
それに対して、私の中での「今年の名前」は?と聞かれると迷いなく「ねずこ」です。
いわずもがな、昨年も映画が超話題作となった「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に登場する主要キャラクターの名前です。
そして「ねずこ」の名については、わざわざ今さらにストーリーを説明するのは野暮、というものですが巨樹巨木マニアの方の中にはご存じない方もいらっしゃることを考えて、敢えて!!


ねずこ

竹を噛んでいるいる少女が「ねずこ」。
この「鬼化した妹」を人間に戻すべく、主人公である兄と宿敵である鬼を倒しに行く物語。

今回取り上げる巨樹の樹種名が、昨年日本中を虜にした話題作に登場する彼女と名称と同じなのです。
その名は「ネズコ」。

一昨年の紅白○合戦にてすでにその作品の主題歌が取り上げられるほど、以前から話題作であるのですが、私もその作品の内容を知ったのはつい数か月前・・・
ですので、「今更」というのはもしかすると私自身への言葉なのかもしれませんが、一部では私と同じようにご存じない方もいらっしゃるかもしれませんから改めて・・・

話題作の少女と同じ名前の樹木「ネズコ」。
関西では、特に現在の材木屋さんの間では殆ど話題になることもなく知る人も少ないであろうと思われる樹種。

しかし、一部では有名な樹種であることも忘れてはなりません。
が、そのお話は少しずつ進めましょう。


平湯大ネズコ 1


ここは岐阜県の東北部。
地理的には、あの有名な上高地にもほど近い場所に位置する平湯地区。
観光地で有名な高山市から長野県方面に向かう道中にある、有名な温泉地ですがこの地の山に、みごとなネズコの巨樹が「いる」のです。

観光バスも行き交う山道。
そんな道すがらに位置するキャンプ場の奥地に、関西地方では決して認知度の高くないネズコの巨樹が存在することは、巨樹巡りをする身としても、また木が好きなものとしても、そして仕事の都合上岐阜県には頻繁に出入りする者としても以前から認識していました。
しかしながら、なかなか私の足がその場へ向かうことはありませんでした。
私がなかなか訪れることが出来ずにいた理由。それは熊!!
岐阜県、熊怖い。
山が美しく植生も豊かで生態系も素晴らしいものだと理解していますし、とっても好きな県ではあるのですが、その分、私が怖れる熊との遭遇リスクも上がる(汗)。

山道を車で走っていると、あちこちに目につく「熊、出没注意!」の黄色い看板。
基本的に可愛い絵になっていますが、現実はそんなに甘くない。
その恐怖から、出来る限り勇気を振り絞ることができる時でないと行動できないと思っていた場所。
それがこの平湯。(あくまでも、私のイメージ、、、ですよ。)


平湯大ネズコ 12


道路からはこのような登山道チックな道を登っていくことになることを事前情報としてキャッチしていたために、とても身構えていた私。
それでも、逢いたくてしかたなかったネズコへ向けて歩を進めたこの日。

キャンプ場がすぐそこ、というにもかかわらずこの写真の場所では「ホー!」とか「ハイっ!!」とか熊除けの奇声をあげながら歩いていることは、写真なので言わなければわからないこと。
結果的に熊には遭遇しないのですけれど、山中への道のりにおいての私にとってはいつものこと。
戻った際には喉がカラカラ。
ネズコだけに、熊ではなく鬼が出るかと思いきや日中だから大丈夫(汗)。


そうやってのぼってきた先に出逢うのは、期待値にそぐわぬ見事な姿。

平湯大ネズコ 3


雑木林の中をくぐってきて、いきなり現れる巨躯を誇る針葉樹。
これが平湯大ネズコ。

鮮やかな、と言いたくなるような美しい赤茶色の肌は、若々しさすら感じるような力漲るような感覚を与えます。
しかし、その伝承樹齢は1000年!!
その数値は、一本の幹がまっすぐに立ち上がると認識される針葉樹のイメージとは全く異なる、老齢の巨樹ならではの迫力のある佇まい。

ネズコという樹種についてをここで語るにはスペースが不足しますので割愛しますが、樹木の系統としては桧の仲間。
そのため、木の皮や葉っぱはそれらのイメージに似ています。


平湯大ネズコ 6


その特徴を理解していなければ、おそらくヒノキだと思ってしまいそうな、そんな雰囲気のネズコ。
木材好き、もしくは中部地方の木材関係者や里山にお住いの方以外は、樹種自体馴染みのない人も多いのではないかとおもいます。

その名の由来は、一般的には「材色が薄黒く鼠色に近いこと」だと言われていますが、樹齢や育った環境によっての差も大きいようで、薄黒というよりも深い赤茶がかった褐色からスギに薄墨を流したような印象の物までが見られます。
安直なネーミング、と思われるかもしれませんが色合いや木目から名付けられる情報はとても重要ですし、各地の方言その他でも、そういったものを読み取っていくと、もともとその地の人たちが感じていた感覚を追う事が出来る、という場面もありますから、私はこの名がとても好きです。
若干、「ネズコ=ねず子」みたいで女の子っぽいというか(笑)。
そう、冒頭のねずこの様に。


平湯大ネズコ 10


ネーミングからは女の子を想像させるところもあると思うネズコ。
しかしながら、この平湯大ネズコにはそのようなイメージはありません。
力強く太く突き出る大枝、天にあるものを全て絡み取ってしまうかの如くあらゆる方向へ向け自由に伸びる細枝、それらを支える武骨な主幹。

これが千年か。
人はもとより樹木においても、特殊な場合を除いて千年という時間を生き続けるものは多くありません。
自然の中で寿命を迎えるものもあれば、人の手によって伐採されていくものも多くあるでしょう。
しかし、この大ネズコは昭和初期の発見以来とても大切にされ、この地の宝として保護されてきた。
ここへ至る道のりが整備されていることも、周囲が木材でステージの様に組み上げられていることも全て、発見以来ずっと守られてきたからに他ならないと思います。

千年の巨樹に運動靴でいくらか歩けば逢えること。
その有難さと、目の前にある歴史を感じる姿に先人への敬意を感じずにはいられません。


平湯大ネズコ 9


大ネズコの周囲は柵で仕切られている為、当然寄り添うことはできません。
それに、写真では分かりにくいものの急斜面にあるために、下側に回り込むとかなり見上げるようなアングルになるので、まるで拝み見るような感覚。
周囲は若い雑木林の様な状態ですがもし、これが昭和初期の山であればどのような感じだったか。
道なきケモノ道を進んだ先に、雑木の中でこの姿を眺めたならば、自分も先人の様に宝として後世に伝えようと思っていたに違いない。そう思います。


平湯大ネズコ 8


根際に表れている幾つもの隆起物。
瘤、というのも一つかもしれませんが、これが大ネズコの生命力の一つではないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。
まるで細胞分裂の瞬間を切り取ったような、見つめているまさに今、これらが爆発的に増殖し根を張っていく・・・
動き出すはずのないそのモノを、どれくらい見つめていたかは覚えていませんが、永遠に生き続ける命の源が可視化されている、そう思えてなりません。

厳しい環境がそうさせるのか、それとも数百年数千年という時間の流れこそが作り出す造形なのか、「素直」な印象が多い針葉樹であるにもかかわらず、この地から動くことのできない溜まった力を絞り出すように、鋭く突き上げる枝。


平湯大ネズコ 11


訪れたときは「巨大なクワガタの角」、そう感じた記憶があります。
しかし、この記事を書いている今であればやはりその姿は鬼。
鬼の角。
先の生命力を感じる瘤にしても、そしてこの角にしても永遠の命を持つ鬼の様。

私が訪れた日は、生憎の本降りの雨。
見あげるレンズ、構えるカメラに瞬時に雨粒が張り付き、焦点は合わず濡れるカメラが壊れるのではないかと思うようななかでの撮影で、折角の対面なのに・・・と思ったのですが、その雨がもたらした唯一の感心事は大ネズコを一層美しく彩ってくれたこと。

雨というヴェールをまとって、鮮やかに艶やかに、その赤茶けた巨躯を輝かせてくれたのです。


平湯大ネズコ 4


先に大ネズコを鬼に例えましたが、鬼があらわすものは決してマイナスのものごとだけではありません。
私の故郷、大阪府茨木市には「茨木童子」なる鬼の伝説が残っています。
茨木市から京都南西部方面において、様々な伝説の残る鬼ですが悪者として伝えられるものがある一方、鬼という姿(他者とは異なる)になりながらも内面や行為は善良な人間として描かれているものもあります。
受取り方や考え方、又は自分とは異なった考えや生き方を排除する人の心が生むもの。それが鬼なのかもしれない。
それを、伝説の中から教えられているのかもしれません。

鬼滅の刃の「ねずこ」も鬼になってしまっています。
しかし人を襲うことなく、人を守り兄を信じています。

言葉や風体、そして自分とは異なる考えなどを一方的に否定するだけではなく、認め合い間違いを許しあいながら生きていくこと。
大ネズコの鬼気迫るその姿が、人としての生き方をも説いているのかもしれない。


平湯大ネズコ 7


私もかなり流行の影響を受けている様です(笑)。
しっかりと「キメツ」にはまってしまっているようですが、コロナウィルスが蔓延し「分断化」された世界を目にすることとなった2020年でしたから、もしかするとこの平湯大ネズコを紹介するのも、分断ではなく協調協力し、様々なことを受け入れながら進んでいくことを考える2021年のはじまりだからなのかもしれません。



平湯大ネズコ所在地

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯

キャンプ場から登山道を20分ほど上がると逢える。
車はキャンプ場周辺、登山道脇に止められるが正式に駐車可能かは要確認。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!