空を見上げて
トップページ » 日本の広葉樹
日本の広葉樹

日本の栗(クリ)の底力! もうすぐ発揮できます!!

先日の認定木材コーディネーターのプレゼン発表の時も少し触れたのですが、数年前から私が力を入れている日本の広葉樹利用。
昨年末に納品をお伝えした家具材も、そしてひそかに好評を得ているフローリングも、そしてその性質に価値を見出してくれる人だけが喜んで使ってもらっているデッキ材も、全て日本の広葉樹を原材料にしています。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 16


日頃木材に触れる機会が無い人は、わざわざ日本の広葉樹なんていわなくても、日本の山にはたくさんの木々があるじゃないか!!と思われるかもしれませんが、日本はとても豊かな森林資源を有しています。
しかしながら、豊か過ぎて?!様々な樹種が混生しているために、木材として利用できるような「同じ樹種がまとまった量を、安定した品質で」供給しにくい事実は知られていません。

山では、杉や桧だけではなく多くの広葉樹も伐採搬出されています。
しかし、街で触れる木材のなかで、広葉樹を使われているものの多くは国外の木材です。
特に、建築の世界では顕著です。
建築は、同じ品質の物を大量に必要とする場合が多い為、日本の広葉樹ではなかなか希望される用途に供することができない場合が多いからです。

私も多くの外国産木材を扱っています。
素晴らしいものが非常に多いのです。
でも、日本にも用途に足りる木材とすることのできる場合もある。
だから、私は量は少ないながらも日本の広葉樹利用を進めています。


そんな中、現在秘められた性質を探るべく試験を繰り返していた広葉樹の性質が、少しづつ明らかになってきました。
耐湿性・耐朽性が高いことから、土台や屋外用途、そして水周りなど湿気の多い場所に古くから使われてきた広葉樹、栗(クリ)。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 3


文献では様々な評価がある中で、本当のところはどうなのか!
つたえられるほどの性質は発揮されるのか。
そして、一部では「低い」という評価と「高い」という評価が双方存在する性質についても、本当のところを実験にて照明するべく取り組んでいます。

その性質が、少しづつ明らかになってきました!
まだ全貌を明らかにできないのが残念ですが、木材にも性能が求められる時代。
そんな時代に、ちゃんと証明できる実力がある木材を提案する為に、現在実験進行中です!

さらなる日本の広葉樹利用を進めるために!
もうすぐその素材で提供する商品を紹介できます。
春の足音が近づく頃、公開予定です!!
乞うご期待!!(^^♪


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の広葉樹シリーズ、清涼たもの記事を更新しました!

弊社では、未だにホームページに掲載されていない商品が多数あります。
威張っていうことではなく、追いついていないだけなんですが(汗)。

そんな中でも、拙ブログ記事でのみご紹介している商品にお問い合わせをいただくときがあります。
昨年あった「チ祭り」も、始めは拙記事で控えめに紹介していたチリ杉の記事を見つけられてからでしたし、今回更新をお知らせする清涼たもも、ホームページにはないものの、記事をご覧になっていただいての問い合わせですから、本当に有難い限り。

というのも、弊社は広告宣伝には費用をかけていません。
特に、インターネット広告やSEO対策と言われるものには一銭もかけていません。
不特定多数にアピールするのではなく、本当にこだわった無垢材を探していて、私が思う無垢材に対しての想いを共有して頂ける方にのみ、見つけて頂ければ・・・と思っているからです。
特に、特殊な木材に関しては大量に供給する事が出来ませんし、一度に複数のご注文を頂いてもお断りすることになることが心苦しいからです。


そんな検索では出てきにくい(と思っている)弊社を見つけて頂いてお尋ねいただく商品の中で、今回はじわじわと人気を頂いている日本の広葉樹シリーズの、清涼たもの記事を更新したことをお知らせします。

更新したのは、清涼たも無垢一枚物羽目板の記事。

清涼たも一枚物羽目板 1


大きな更新点は、長さ910mmを追加したこと。
たも材は広葉樹の中では比較的容易に長さの長い商品を生み出しやすい樹種です。
それを活かして、一枚物フローリングや羽目板を製作していますが、材の有効活用としてやはり短いものもできてくる。
それを活かすために、新たに910mm品を追加したのです。

実はこの長さ、羽目板の用途の一つである「腰壁」に使われるサイズなのです。

壁の長く広い面積に貼り延ばすのではなく、床から900mm位の高さまで縦向きにはる。それが腰壁。
以前からある用途ながら、近年改めて無垢材での腰壁製作するご希望を頂く場面が多く、広葉樹を望まれる場合も多くあるため、せっかくの長物をカットするのではなく短いものを有効活用するという観点で使える長さを追加した、というわけです。


清涼たも無垢一枚物羽目板

腰壁の上を塗り壁で仕上げる。
無垢材と左官塗り。
非常に相性の良い組み合わせですから、そんな楽しみ方もおすすめです。

そうです、弊社はその塗り壁材である珪藻土系建材も販売しています。
まだ記事にはしていませんが、化学物質によるものではない天然素材のみで構成された珪藻土左官材。
それを使っていただくのが非常に良いでしょう!!(笑)。
リーズナブルな価格で左官塗り壁仕上げが実現でき、非常に吸放湿性能も高いという優れもの!!
おっと、そのアピールは後日します。

日本の広葉樹の活用以上に、インテリアのアクセントに出来る清涼たもの羽目板の追加サイズ。
是非、活用してみてくださいね。
貴重な柾目も!、ありますよ。


・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリング(板目)はこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広柾目!無垢一枚物フローリングはこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板はこちらから

日本の広葉樹シリーズ、以前にご紹介の清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから。
清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらからご覧ください。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の広葉樹のオリジナル家具、納入しました!

弊社は建築材料用の木材を多く扱っている会社ですが、それ以外の木材もたくさん取り扱っています。
材木屋さんなんだから当然!
そう思われるかもしれません。

しかし、材木屋さんというのは扱うものが多岐にわたっていると同時にその反対もあり、数種類しか扱わないお店も多くあり、非常に分かりにくいのです。
だからこそ、わざわざ多くの木材を扱っている、ということを書き出さないといけないのですが、単に樹種が多いだけでもありません。
様々なこだわりのある木々を扱っていますので、たまには建築とは違ったこともしていたりします。

その中の一つを納品しました。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 2

ベンチ状の長椅子です。

無垢の、一枚物の、日本の広葉樹の長椅子。
座面など、材幅が必要な部分には数枚の板を接ぎ合せていますが、長さ方向には一切つなぎ目はなく、一般的な集成材のようなブロック状の細かな木片がつながっているものとは表情が全く異なり、無垢の一枚板の雰囲気!!


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 6


一枚物の無垢材の醍醐味、そして広葉樹の楽しみの一つでもあるうっとりするようなこの「杢」も、長さ方向につなぎ目がない為に伸びやかに続いています。
ゆらゆらとした水面の様でもあり、光が強く当たると燃え上がる炎のようでもあり・・・

ずっと眺めていたくなるほどに、それぞれが個性的な表情をみせ合板+印刷シートでは絶対に味わえない質感を、視覚的に感じさせてくれます。

いや、本来は無垢材だけが全てではありません。
求められるものが違えば、合板の方が良い場合もある。
でも、木の質感を活かした内装やおとずれる人に安らぎと安心感を持ってもらう場合はやはり、無垢の木以外には考えられません。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 5


思わず手を伸ばして触れたくなる木目。
香りがするのかと鼻を近づけたくなる質感。
触れても決して冷たくはない肌触り。
床をこする音や若干のきしみ音さえも、耳に自然のハーモニーの様に聞こえる。

無垢の木ならではのもの。

今回の納品の舞台は礼拝堂。
信者さんが集まるその場所に、木の温かみのある家具として納品をしました。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 4


ただ見た目が良ければいいわけではなく、腰かけた方が自然とその風合いに和むように。
意識することはないけれど、違和感を感じずその十字架の教えに集中できるように。
そして、表面がめくれたり剥がれたりすることなく、ともすれば礼拝堂本体の寿命よりも長く使っていただけるものとして、無垢の木を提案しました。

進んでいく中で、予算とのせめぎあいもあり幾度も訂正変更があり、納期の都合なども含めて多くの難関がありましたが、製作に協力してくれた職人さんの力添えもあり、何とか期限内に納入する事が出来ました。
予算とのおり合わせで、接合は当初の予定よりも簡易な方法をとっている部分もあるものの、狂いなくぴっしりと納品する事が出来、搬入後は完成品を眺めて改めて一安心。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 7


およそ60台の製作の為に1年以上の時間をかけて進めてきた集大成。
納品設置を完了した後に、一人2階からこの景色を眺めた時、なんとも言えないやりきった感と喜び、そして安堵の想いがありました。

日本の広葉樹を、一時期に沢山利用するには非常に多くの労力と先行投資と管理が必要。
思っている以上のロスが出たり目算通りに進まないことが多くある。
それを乗り越えて、期日にきっちりと納品できた喜びは、プレッシャーを感じていた時間が長かっただけにひとしおでした。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 3


今日にはもう、数回以上は礼拝が進んでいるはず。
おとずれた方が、この長椅子が当たり前のように並び腰かけることが当然であるように、ここからの景色を見ていると、礼拝堂の一部になったような気もしながらも、もっと外側から親心の様にみているようにも思ってしまいます。


20㎥を超える原板の一枚ずつを検品。
そして合格品をさらに検品し、商品となったものを再度検品。
これ以外にも多くの検品作業を経ていますので,特別な想いがたくさん詰まっています。

全て手作業で、人が関わった仕事。
朝から始めた搬入設置が終わるころ、ステンドグラスには傾きかけた光が差し美しく輝いていました。
そこに映る聖人が、私の一年の苦労を癒してくれているような、そんな優しい光をこの先も忘れることはないでしょう。


日本の広葉樹家具 ぶな材長椅子 8


まだまだ誰しもが十分に使えるというところには至っていない日本の広葉樹ですが、きちんと計画し活用を進めていける一つの「出口」として一定量の納品を達成できたことは、大きな成果だと思っています。

今後、森林環境譲与税などの使途としても注目を集めるであろう、机やいす、テーブルや備品の木質化。
単なる木質建材ではなく、本物の無垢の木材を使った木質化を日本の広葉樹で少しでもスムーズに進め、且つ喜んでいただけるように、また来年も頑張っていきたいと思っています。


私の中での今年一番の大仕事。
これにて終了。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の栗(クリ) 無垢長尺デッキ用材納品!

今年の春にも、屋外用デッキ材の素材として使っていただいた「栗(クリ)」。
木目が美しく、耐久性の高さを古くから認められてきたことから、湿気の多い部分や雨がかりの場所などに利用されてきました。
湿気にさらされる古民家の土台材や柱に使われて、現在まで朽ちることなく住宅を支えているものを多く見てきました。
現代での用途でも土台材や現代民家の柱材としての用途を復活させたいと考えていますが、さらに身近なところで使ってもらいやすいもの。

それがウッドデッキ!


日本のクリ(栗)節有デッキ材 4


現在ウッドデッキの材料として用いられている無垢の材料は、重硬な熱帯産木材か防腐処理材、もしくは高温処理材です。
一部ではコスト優先で、ホワイトウッドなどに塗装をして製作される場合もありますが、耐久性は前者よりもはるかに劣ります。
そのため上記以外の選択肢として、弊社が提案するのが「日本のひば」と「日本の栗」。
ひばは桧の近縁種なので軽軟で加工しやすくもありながら、精油成分も多く含まれているので腐朽にも抵抗性があるためです。


そして本題の栗。
桧に比べて硬質で耐腐朽性も高く評価されています。
それに加えて広葉樹ならではのはっきりとした木目がありますから、非常に存在感があります。
そんなことで、近年屋外用途の木材のお話を頂いたときには積極的におすすめをしています。
そのおすすめを理解して頂き、今回も大事なデッキ材の構造部材として採用して頂きました。


日本のクリ デッキ用材 5


施工場所の条件的に、劣化した場合の床板部分以外を修繕することが難しい状態のようで床部分は桧なのですが、大事な構造部分を栗で!と言っていただいたのでした。
ですので角材が沢山!!

栗は一般的にも食用になる実をつけることで知られている木ですが、木材としての流通は決して多くはありません。
銘木という扱いで、大木や節の無いもの、美しい杢のあるものなどは珍重されるために流通しているものの、それらを耐久性の求められる用途に使うのはもったいない。
現在の用途では、本来の特性ではなく材質の美しさに重点を置かれています。

それは、一般的な建築材として使われる価格ではないことが大きな理由。
しかしながら、現実には広葉樹の山から多くの栗原木が産出される中には、節のあるものや大木とまでは言えないもの、傷などがあるものも多く出てくるのです。
それらは本来であれば、桧と同じように節有材として流通させるとよいのですが、需要が多くはないことや選別に手間がかかる事、一度に産出される量が限られることなど相反する様々な理由により、流通していないのです。


日本のクリ デッキ用材 4


そんな中、弊社がお付き合いしている山からは、節や傷がある栗材が出てきます。
出してくれている、というのが正しいのですが通常では製材品市場には流通しにくいと考えられるサイズや状態の物を、出荷してくれるのです。
それも、4mという長尺寸法まで出してくれる。
通常広葉樹の多くは、よほどのことがないかぎり2mくらいの長さの原木で出荷されることが殆どです。
だから、建築で使われる杉や桧のような感覚で3mや4mという長さで使うことができない。

しかし、決して多くはないけれど3mや4mという長さのままで山から出してくれる場所がある。
ならば、それを使わない手はない!
節があっても傷があっても、屋外の使用であれば大きな問題はないのだから、贅沢に日本の広葉樹であるクリ材を満喫できるのです。


日本のクリ デッキ用材 1


耐久性が期待できるうえに、針葉樹にはないはっきりとした広葉樹特有の木目が映えます。
その木目は、加工当初よりも経年により違いがはっきりと現れます。
風雨や紫外線での退色劣化の途上で灰汁が出ることで、一層木目がはっきりと感じられる事。
そして退色しグレーになっても、道管という組織がはっきりと見えるために「ザ・ウッドデッキ」という無垢の木の質感を感じられる。
腐らない、ではない選択肢。
一般的な木材よりも耐久性がありながらも、綺麗に年を経ていく木材であると感じる栗。
節なしや銘木栗もいいものですが、もっと多くの人に栗の素晴らしさを身近に感じてもらえるように。
少しずつですが用途を広げていきたいと思っています。

今後も栗材商品を紹介していきます。

日本のクリ デッキ用材 2


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の栗(クリ)を、身近な木製デッキ材へ!

弊社が今、力を注いでいるのは日本の広葉樹活用!

日本の広葉樹、とわざわざ付け加えているのは、杉や桧に代表される針葉樹の利用は良くも悪くもどんどんと進んでいますが、広葉樹は未だに需要と供給のバランスが整っていません。
それには、すぐに解決しづらい様々な理由があるのですが、いきなり大きなことはできなくても弊社の様な小さな会社だからできる活用法を考えよう、ということで取り組みを進めています。

そのうちの一つが、節や傷、そして曲がりや虫穴があるような「化粧材」にはなりにくい材の活用。
広葉樹材の多くは、節が無いものを利用するのが一般的です。
価格が高価なこともあり杉や桧のように、見えない部分に使われることがないことや、節がでるものは本当に大きな節になってしまったり枝分かれ部分になったりすることが一つの理由。
しかし、広葉樹材にも節が出たり虫に食われていたりという部分が必ずあります。

そういったものこそ活かしたい!
美しい広葉樹は、ほおっておいても流通しますし銘木として販売できます。
でも、だからこそ流通しにくいものを流通させ、その樹種のファンを作る。そういった取り組みを進めていっています。

その取り組みの一つがこれ。

日本のクリ(栗)節有デッキ材 4


う〜ん!雨に濡れて艶っぽい魅力が出てます!!

雨に濡れて、ということで使ってもらったのは屋外デッキ用材としてのクリ(栗)。
日本で生まれた日本のクリ材です。
無垢フローリングで流通しているものは、ほぼ中国などのアジア産の物。
弊社では日本のクリ材の無垢フローリングも製作しています(紹介していませんが・・・)が、今回はウッドデッキです。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 2


表面は、植物系オイル塗装で白くお化粧をされています。
素の状態では、もっと灰褐色っぽい印象ですが白粉(おしろい)のような状態ですね。

施工されて数週間後にお邪魔しましたが、オイルも馴染みながら着色塗装の下から本来のクリの木目がジワジワと滲み出るように現れてきて、針葉樹には絶対に見られない広葉樹特有の変化を見せています。
そうそう、滲み出るといえば灰汁。
クリ材は灰汁の出る樹種です。

熱帯産の高耐久木材と言われるような、イペウリン等の木材もそうですが樹脂や灰汁、樹液成分を多く含むために、雨の後などはデッキ材から濃い色の樹液の様なものが流れ出ることがあります。

綺麗なコンクリート面の上に、ダラダラと流れ出す樹液を「汚れ」として問題視される場合が多いのですが、樹木というのはそういうものです。
そういった成分で自己を守っているんですから、出て当たり前。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 1


なのでこのクリ材も、雨を受けた後は灰汁が滲みます。
それが、表面の木目が少し茶色がかっている部分です。
この灰汁の析出や、クリ材に多く見られる虫穴などが敬遠されることも、クリ材が活用されない理由の一つ。
しかし、このデッキのオーナーさんは「断然クリでしょ!!」と、ご理解を頂き(木のおもちゃ作家さんだから当たり前か!)、さらにイメージとして高価だと思っていたクリ材が断然リーズナブルに使えるとあって、大変喜んでいただきました。

こんな木目、でないもんね。熱帯産樹種でも、高樹齢の針葉樹でも。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 3


これからさらに紫外線や雨を受け、大きくその表情を変えていくことと思いますが、劣化が進み使用不可能になるまでは数十年と考えます。
一時期の費用を抑えることで、10年もせずに取り替えなければならないような樹種を使うより、住まう人とともに長い月日を一緒に過ごせる日本有数の高耐久木材、クリ材で屋外にもっと木材を!日本の広葉樹を!


一般的には、節などの欠点と言われるもののない木材を販売することに重点をおかれている為に、どうしても高価になってしまう日本の広葉樹。
しかし、デッキ材などの屋外使用や欠点と言われる部分が気にならないところに用途を作ることで、考えているよりも非常にリーズナブルに日本の広葉樹を取り入れる事が出来ます。

もちろん、それは弊社がいつも日本の広葉樹に目を配り集材に協力してくれる方がいるおかげですので、いつでもどこでもできるわけではありません。
弊社では、今のところある程度の量であれば出荷できる体制を整えていますので、木目が見えることで木の質感をより感じやすく、さらに腐りにくい特性をもつ日本のクリ材を、取り入れてみませんか?!


デッキ材と言えば熱帯産の堅木材、という時代はそろそろ終わり!
これからは、日本の広葉樹!クリのデッキ材の出番ですよ!!



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

薫りで和らぐ水周り 〜日本の広葉樹フローリング 兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリングの仕上がり

昔から稀にあった、日本家屋の水周りでのクスノキ利用。


弊社でも10数年前に、お手洗いと洗面スペースの床に贅沢にクスノキの一枚板を並べたお宅をお手伝いする機会がありました。
その時は、クスノキのフローリングが無かったので、幅広の一枚板、そうテーブルにするような一枚板を贅沢に床面にドカンと並べて使用したのでした。
そういう使い方が出来るということは、相当に広いスペースだということですが、その当時はデジカメに収めるということをしていなかったので、写真が無いのが悔しいところ。

そんな昔ばなしですが、今回は弊社が製作している実のある無垢フローリングとしてお届けできるクスノキを、当時と同じように住宅の水周りに使っていただいたお宅を紹介します!!


兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 17


以前に記事にて紹介している、日本の広葉樹フローリングシリーズの「兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング」です。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 7


フローリングに使用される樹種としては、オークブラックウォールナットなど特徴がはっきりとしているものが多いですが、それらに比べると一部分だけを見た時のクスノキは大人し目。
もちろん、中には深い小豆色だったり緑褐色っぽかったりするものもあるんですが、黄白色の部分の落ち着きが非常にのっぺりとしているので、一見迫力なく感じるかもしれません。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 8


しかし、実際は違います。
他の広葉樹フローリングとは異なる、クスノキ特有の「照り」などの特徴が見えて結構きれいなんですよ!

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 20


私がクスノキを好む理由の一つに、その芳香があります。
クスノキに関しては過日のクスノキの一連の記事を見て頂きたいのですが、樟脳という成分をもとにする「スカーっとした」爽やかな香りがやみつきになってしまいます。
そして、この樟脳の香りがお手洗いスペースなどに香ることで、天然の芳香剤として働いてくれることもあります。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 12


クスノキフローリングができたての時は、弊社にはそのクスノキの芳香が充満。

好き嫌いが分かれてしまうほど、ある種強烈な香りではありますが、少しづつ弱まっていきます。
薫りが落ち着いても、雨の日や晴れの日、その時々の状況によりフワッと香る時もあり、現代に多い人工的な芳香剤とは異なって、自然の香りそのものを感じることが出来ます。
因みに、我が家のお手洗いはカウンターがクスノキです。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 9


今回は、お手洗いと洗面所への使用でした。
適材適所といいますか、樹種の特性や昔からの伝統的な用途に使うということは、現在の様に科学的に証明されていない時から、人と樹木の間にある関係性が非常に表れているように思えてなりません。

今の様に便利なものの無い時代、木の持つそれぞれの特性ごとに使い分けていた人たち。
その完成は、現在の人たちには簡単に真似できるものではない様に思います。


兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 13


写真にあるクスノキの木目。
ちょっとギラギラしていると思いませんか?!

クスノキはご存知の通り非常に大木になりますが、それとともにいろんな方向に力をためています。
そんな木目がこのギラギラ模様ですが、実はこれ、きれいに加工するのは結構神経を使わなければいけないのです。
逆目といって、木目がけば立つようになりやすかったり加工途中で刃物や研磨機に引っかかるため、実はちょっとした配慮がいるのです。


兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 14


しかし、綺麗に仕上がっていると思いませんか?!
ちょっと光っているように見えるのがわかるでしょうか?!

表面はつるつるピカピカ。そんな陳腐な表現が似つかわしくはないほどに美しく仕上げられていますので、部分的には若干景色が映るようなところもある?!位にきれいなんですよ。

これもこの兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリングの大きな特徴。

ちょっとした見た目は敵わなくても、実はとっても味わい深い樹種なんですよ。

兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリング 16


この贅沢な水周りスペースにいると、クスノキのもつ長命で奇(くす)しき力が家中に充満しているようで、緑に囲まれている様でもあります。
そうです、ここは以前にも紹介している「横架材、総地松(じまつ・日本の赤松)材の家」なんですよ。

赤松自体も神様の降りられる木ですし、縁起の良いとされる樹木。
そして赤松の持つ成分がリラックス効果や気持ちを安らげる効果があることが知られていますので、クスノキのパワーと地松のパワーで家運隆昌・健康長寿、間違いなし!!


そんな特別な日本の木材で建築された本物の木の家。
贅沢で特別な心地の良い施工ご写真となりました。


・日本の広葉樹フローリング 兵樟(つわものくすのき)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから

その他の日本の広葉樹シリーズ、既出のものは以下からご覧ください。
・日本の広葉樹フローリング 清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・日本の広葉樹フローリング 清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・日本の広葉樹フローリング 清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・日本の広葉樹フローリング 清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物柾目フローリングはこちらから



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

日本の広葉樹無垢羽目板 〜清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板〜

さて、前回までの2回で日本の広葉樹シリーズの追加樹種である、清涼たも幅広無垢一枚物フローリングと、清涼たも幅広柾目!無垢一枚物フローリングを紹介してきましたが、今回はその締めくくりとなる、羽目板の紹介です。

すでに清涼たもについては今までお話してきましたので前回までを参照してもらうとして、早速その表情を見てもらいましょう。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板7

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板9


はっきりくっきりとした木目。
広葉樹特有の力強さと華やかさがあると思います。
こちらが清涼たも板目羽目板。
針葉樹羽目板の芯材と辺材による濃淡や節の表情などとは異なり、大きくしっかりとした木目が光によって浮き立っているようにみえる印象を受ける、清涼たも板目羽目板。


羽目板同士の突き合わせ嵌合部分は本実加工の目透かしです。
目透かしとは、板同士を嵌め合せた時に突き合わせ部分が目地のように少しくぼんだような形状になる加工のこと。
建築業界では底目地(そこめぢ)などと言ったりもします。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板5

こうやってアップでみると、排水溝みたい・・・
それくらいきれいに溝のような「目地」ができています。

この加工があることで、ラインが綺麗に通って、天井施工部分を見上げた時や壁面などの垂直面利用の時にも、小気味良いリズム感を演出してくれます。
言葉で言うには簡単なのですが、杉や桧とは違って日本の広葉樹「たも」でこれができるのは、結構すごいこと。
その理由は加工がすごい、んじゃなくて一枚物という、つなぎ目の無い状態の長い木材があるという事がすごいこと。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板12


一部の巨樹や特異な成長の場合を除けば、多くの広葉樹は「枝下長さ」が短いのです。
枝下長さとは、その通りで枝より下の幹の部分の長さの事。
枝という葉木材用語で言うところの「節」ですから、節の無い部分を得にくいということ。

じゃぁ、節ありで作ればいいじゃない!
そう思われるかもしれませんが、杉や桧とは異なり、ナラ等に代表される広葉樹は節というよりも、大きな枝となることが多いので、節ありというものをわざわざ作ることもなかなか難しいのです。
よく街路等で見かけるように、枝が出るというよりも完全に「幹分かれ」という状態になることがほとんどなのです。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板8


その為に、フローリングにしろ羽目板にしろ、広葉樹の無垢フローリングや無垢羽目板を一枚物で製作するというのは、非常に困難なのです。

改めて言っておきます。
清涼たも無垢一枚物フローリング・羽目板はつなぎ目の無い一枚物です!
もちろん、フローリングには木材の有効活用を頂く為に定乱尺ものもご用意していますが、広葉樹では難しいと思われている一枚物を作りだすことができるのです。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板10


その理由の一つに、「たも」は広葉樹の中では背が高く育ち、枝下長さが長くなる性質があるということ。
つまり、広葉樹なのに3m材や4m材という針葉樹材のような規格の板材を比較的容易に生み出すことができるのです。
たもは神話においては、世界の見張り台の木として知られています。
世界を見渡せるくらいに背が高い、という事ですね。

広葉樹に親しんでいれば、この「長さを得るのが以下に大変なことが分かると思います。
もちろん、いつも何気なく紹介しているその他の無垢フローリングにしてもそうです。
15mmという薄板にする為に、製材や乾燥の技術が必要なことも言うまでもありませんが、その前に材料として長いものが得られなければいけませんから、たもの真骨頂ここにあり!、という感じです。

日本の広葉樹の美しい木目を1820mmという長さでしっかりと味わえる清涼たも板目羽目板。
つなぎ目のない美しさを感じてほしいものです。


そして更に、フローリングと同様に柾目もご用意しています。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板3


清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板4

引いた写真の全体像でみると、嘘のようにあっさりしていますが、実物を見ると流れる柾目模様の中に濃淡があったり、針葉樹の木目には見られない「道管の穴」がプツプツと見えて、板目とは全く異なる「静かな動」という印象ですよね!

グレーからシルバーグレーと称したくなる、美しい日本のタモの木目。
とっても控えめですので、「玄人好み」な存在かもしれませんが、実際は少し違います。
人は視線の方向や見え方によって、同じものでも感じ方が異なる、と言われています。
おそらく状況や環境による違いという影響なのでしょうが、私がいつも木材をお勧めするときに気にかけているのが、建築などのなかで「木が主張しすぎないこと。」

本当は、木にまみれていたい気持ちですが、そのことと心地よい環境をもつ建築や素材利用とは、完全にイコールではないようにも思います。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板

木目がはっきりとしていることは長所ですが、多くの場所に使いすぎると少し過剰になる時があります。
たとえば、床も壁も天井も、節ありの木材であるとき。
そのバランスを上手に使い分けなければいくら良い木材でも見た目に疲れる、と古い大工さんに言われた記憶があります。

それと同じように、針葉樹の節も広葉樹の雄大な木目も好きですが、上手に使い分けてそれを目にする人に「心地よい」と感じてもらいたい。
そんな時にこそ、この清涼たも柾目羽目板です。

もちろん、柾目は貴重なので多くはつくれませんが、木目とは少し異なる仕上げにしたい時や針葉樹のような色合いや木目ではなく、落ち着いた雰囲気が視覚的に感じられる、目線の安定する空間を作りたい時などに活躍するに違いありません。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板6


くつろぐリビングの天井に、さりげなく且つ本物の「ゆらぎ」を漂わせる日本の広葉樹の柾目を配置する。
もしくは、広がりを感じさせる玄関スペースのために、のびやかな柾目を視線の奥行にむけて貼り伸ばす。
そんな使い方ができるのも、柾目ならではのこと。

そして中には稀に、こんなものも入っています。

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板1

柾目の縮み杢。
まるで静かに打ち寄せる波の様です。

さすがにこれは、針葉樹ではなかなか見ることができない、広葉樹材の特権!
入っていれば、ラッキーです。

板目も柾目も、多彩な表情の違いを見せてくれる清涼たも。
無垢フローリングから無垢羽目板まで、楽しんでいただけたでしょうか。
世界の広葉樹ももちろん素晴らしいものばかりですが、用途や場所によっては、日本の広葉樹シリーズの出番も今後広がる事でしょう。


日本の山で育つのは決して杉や桧だけではありません。
一斉植林の多くは、杉や桧やカラマツ他かもしれません。
しかし現在では、建築用材として活用したい日本で育った広葉樹も数多くあります。
残念ながら、その一部は活用方法が分からずに山からそのままチップやパルプとして破砕処理されています。
勿体ない事、この上ありません。


日本の広葉樹シリーズは、そんな今後活用出来る日本の広葉樹の利用方法の一つとして、フローリングや羽目板での利用を目指しています。
もちろん、それ以外の用途にも活用していきますし、今後も樹種を増やしていく予定です(既に原板製材済み!!)ので、日本の広葉樹シリーズをよろしくお願いいたします。



〜清涼たもをご検討いただく前に〜

・清涼たもフローリングは湿度の比較的低い北国の寒さの中で育っています。また、製材や乾燥工程も同じ環境で行っていますので、施工頂く地域によっては稀に吸湿して寸法の伸縮が大きくなる場合もありますので、施工環境にはよく馴染ませてから施工していただくことをお勧めします。

・また、清涼たもフローリングの原材料の「たも」は、ケヤキやナラと同じように環孔材広葉樹であり、キクイムシによる白太(辺材)の食害を受ける可能性があります。
全てがそうではありませんが、無垢の木材の特徴として、採用にはその可能性がある事を含みおき頂きますようによろしくお願いいたします。(必ず発生するわけではありません。)

・清涼たもシリーズの柾目は、建具材や長押材などで使用される所謂「正柾目」ではありません。辺材や目流れ、根杢かかりや節揺れ、葉節などを含みます。ふた昔以上前の柾目縁甲板の様なものばかりではありませんので、下記表情の特徴とともにご理解下さいませ。

 

 
一枚物板目プルミエグレード貼上りイメージ

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板7


一枚物柾目プルミエグレード貼上りイメージ

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板3



・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)幅広柾目!無垢一枚物フローリングはこちらから

・日本の広葉樹シリーズ 清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板はこちらから


日本の広葉樹シリーズ、以前にご紹介の清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから。
清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらからご覧ください。


・清涼たも以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


日本の広葉樹 清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法(板目、柾目とも)

9×101×910
9×101×1820
9×101×2430


*2430mmは、地域によっては配送出来ない場合があります。事前にお尋ねくださいませ。


・形状

一枚物目透かし加工(底目地)

・エンドマッチなし

・品番と価格

ST-183PHQ OPC一枚物 柾目 無塗装 9×101×910 プルミエ
¥27,360(税別)/18枚入り(1.65屐

ST-183PH OPC一枚物 板目 無塗装 9×101×910 プルミエ
¥19,440(税別)/18枚入り(1.65屐

ST-18PHQ OPC一枚物 柾目 無塗装 9×101×1820 プルミエ
¥27,360(税別)/9枚入り(1.65屐

ST-18PH OPC一枚物 板目 無塗装 9×101×1820 プルミエ
¥19,440(税別)/9枚入り(1.65屐

ST-188PHQ OPC一枚物 柾目 無塗装 9×101×2430 プルミエ
¥28,8000(税別)/7枚入り(1.71屐

ST-188PH OPC一枚物 板目 無塗装 9×101×2430 プルミエ
¥19,680(税別)/7枚入り(1.71屐


・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード(*清涼たもには白太を含みます。)

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから


・表情の違い 参考(通常の清涼たも以外に含まれるもの)

軽微な節 1

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板13


軽微な節 2

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板14

入り皮などによる着色部分

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板15



節の影

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング3

節の影部分の加工目こぼれ

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング4


表面の若干の毛羽立ち

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング9


柾目板の中の端部の板目かかり部

清涼たも(せいりょうたも)柾目幅広無垢一枚物フローリング10


色調の濃淡

清涼たも(せいりょうたも)無垢一枚物羽目板16



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!