空を見上げて
トップページ » 埋没林
埋没林

三瓶小豆原埋没林公園


ずっと縁がないのかと思っていました。
こんなに想っているのに・・・・
片想いを続けて何年になるでしょう。
やっと出会う事が出来ました!
それはこれ!

三瓶埋没林公園 11










この景色だけで、木の好きな方はもちろんご存知の場所、そう「三瓶小豆原埋没林公園」です。

埋没林・・・読んで字のごとく「埋もれた林」ですが、埋もれたままだったものが発見され、それも数千年前の火山活動や洪水などで土砂や河川に埋もれてしまった木々や森が出現するのが埋没林ですね。
神代木が現れるのは、こうした埋没林からです。

この三瓶埋没林もその一つ。
この三瓶と双璧を成す日本の埋没林には、魚津埋没林博物館がありますが、各地で埋没林や珪化木などがみつかっていますので、ここだけという話ではない中で、どうして有名なのか?
それは、その双璧が素晴らしい展示内容と管理がされているからでしょう。
もちろん、その時代を知る上で貴重であるということ(これは後で出てきます、公園整備の発端となることです。)もありますが、相当な量の埋没樹木とその保存状態の良さが、人々に様々な影響を与えるからだとも推測します。

さて、その埋没林公園。
私が恋焦がれていたのは、ここを目当てに向かった一回目は休館日だったことと(現在は職員さんのご尽力で年末年始などのみになっていますが。)2回目の旅行では訪問を打診したものの、他のメンバーから「そんなん行きたいのは自分だけやで・・」といわれ、目と鼻の先まで生きながらも涙をのんだわけで・・・・
3度目の正直はもちろん単独での訪問!!よっしゃー、泊り込む位の勢いで乗り込んでやる!!と意気揚々。しかし半面、魚津の時の様に「エイリアンの襲来」にさらされたらどうしよう・・・と少しビビりながらの出発であったことも付け加えておきましょう。

さぁ、チケットセンターの女性ともウキウキで言葉を交わし、いざ地底の埋没林の世界へ!!

三瓶埋没林公園 12










このタイムトンネルの様な入り口をくぐると、少し空気が変わるような気がします。
地下へと伸びる階段に、どんな景色が待ち受けているのか期待は高まるばかり。そして前の景色が開けると・・・・・

三瓶埋没林公園 1










でたーっ!!いきなりの埋没樹木のお出迎え。
しかもビッグサイズがニョキッと立っています。
保存処理の影響でしょうか、照明を反射し黒光りするその木肌は、出土当時も泥水にまみれながらも永き眠りから揺さぶり起こされた「旧世界の巨人」を想像させます。
その根株の張り具合が、まるで自分の足で立っているかのようにも感じてきます。

三瓶埋没林公園 2










できる限り、発見当時のままの姿を維持してくださっているのでしょう。
覆いかぶさるように重なり合う樹木と、その隣で土砂や溶岩でも流され倒れることのなかった強靭な幹を持った巨体が立っている。
木々も自然のものですが、それらの景色をも一瞬で変えてしまったであろうもう一方の自然の力に驚きつつ、よくぞこんな状態でもう一度空気に触れる時代に現れてくれたものだと感謝したくもなります。

三瓶埋没林公園 3











展示の中には、出土した地層をそのまま見せてくれるところがあり、そこには地層の中からその姿を見せる流木となったかつての木々の姿がはっきりと確認できます。
助けを求めているのか、それとも時代の証言者としての言葉を投げかけているのか?!できることならば、その当時の様子を語って欲しいような気分です。

三瓶埋没林公園 4



(照明の加減で変色しています。すみません。)





回廊の様になった展望スペースは、まさに埋もれたままの感覚を味わうことが出来る内容で、中には自分のすぐ近くに直径1mを超える立木状の埋没材があったり、巨体でありながらもその体を引き裂かれなぎ倒された状態のものが、年輪を読むことも出来る状態で横たわっています。
間近に感じるその光景は、自然の力としか言いようがありません。

三瓶埋没林公園 5










左手にいる私と比較しても、木々の大きさはわかると思います。
ここが埋没した時代には、これらの巨樹が林立していたのかもしれません。
今の時代においても立派な大木だと感じるこのサイズ、やはり出雲大社の神殿などの巨大宇豆柱や社殿の御用材はこの地域で賄われていたのだろうか。
どちらにせよ、それだけ山が豊かだった証拠か・・・
出土材の多くは杉だったということなので、杉を中心とした森だったのだろうけれども、巨木の蓄積は多かったのでしょう。

ぐるぐると展示スペースを歩き、出たくないなぁ・・・とブツクサ言いながらも次の展示スペースがあるからには出ないわけにはいきません。

三瓶埋没林公園 10










次の世界への入り口はこちら。
合体木根株展示棟。
開かれたドアに吸い込まれるようにまた地底の世界へ・・・

三瓶埋没林公園 6










ドアをくぐると、グルグルと続く階段。
その下には根株があります。
一段一段おりるごとに、少しづつ「その時代」まで時間を逆回ししている様に木々が埋没した時代へと続く階段を踏みしめていきます。

何段下りただろう・・・いや、彼らが埋没した4000年前の時代へはまだまだ遠いはずですがずいぶん下りたような気がします。

三瓶埋没林公園 7










そこにあったのは、根上がり気味に寄り添って合体する切株。
発掘時にこの部分から伐採されたそうですが、10m以上の樹高を残したまま直立した状態で発掘された株は、切断当初も鮮やかな木の香りを放ったと当時の記録にあります。
4000年以上も埋もれていた樹木から香りがするというのは、自身の経験からわかってはいるものの、信じがたいものであるとも感じます。

三瓶埋没林公園 8










今すぐ手の届くところにある根株が、数10mの高さのまま埋もれ、外気に接していた部分のみが朽ち果てて、今の状態で残ったわけですが、目の前にしても保存状態も美しくまさかこれが地下に埋もれていた巨木の株だとは想像できません。

つまりは、やはり人知の及ばない自然の世界の出来事だということでしょう。その力には驚かされるばかりです。

三瓶埋没林公園 9











見事な展示内容は、その歴史を知る上でもまた、彼らの生きた時代から現在に生を受けている私たち自身を見る為にも、非常に貴重なものだと思います。
現存する巨樹もそうですが、やはりそれらよりも以前の地球を知っている彼らの記憶を覗いてみたい気持ちでいっぱいです。

ここ小豆原は「埋没林」というだけあって、これら以外にもたくさんの埋没樹が敷地内に存在するそうです。
もともとこのあたりからは、以前から倒木が出土していたようですがそんなに気にはされていなかったそうです。
そして水田の区画整備事業の最中にも、一本の立木で出現した埋没樹があったそうですが、その時も大きく取り上げられることなく時は過ぎ、ある時、その区画整備時に出土した立木の写真を見た一人の方によって、のちの埋没林公園の整備計画と発掘作業が始まるのです。

そんな背景から、敷地のあちこちに不思議な突起がたくさん。

三瓶埋没林公園 14


 正面と左奥(カラーコーン左)の円柱です。






これは「埋没林モニュメント」というらしく、敷地内に点在しているのですが、このモニュメントの下には同じ大きさの埋没樹が埋まっているそうです。
ということは、林立するモニュメントを見れば、どこにどんな大きさの埋没樹があるのかわかりますし、その数からやはり相当数の樹木が埋もれたこともわかります。

三瓶埋没林公園 13











これらを見ると、「埋没林」という存在を改めて認識することができますし、学術的にも貴重な埋没林は、埋め戻し保存されているそうで、展示されている以外にもこれらの樹木が再び眠りについているというのもいい話ですね。

これらの埋没材に会うと、歴史を感じることは当然ながらその時代のことや、その樹木の成長の事、動く事が出来ずに火山活動にのまれた樹木たちの事を想い、巨樹に出会った時とはまた違った気持ちにさせられます。

これからも人々に歴史と自然の力、そして木々の力を伝える場として活躍してくれることを祈って、惹かれる後ろ髪を引きずりながら埋没林公園を後にする私でした。


*ご注意
埋没林公園のホームページにもありますが、現地へ向かわれる出発場所によっては「ホンマに?ここいくの?!」という当然車の対向などできない林道を延々と通らないといけないルートになる場合があります。
特にカーナビを頼りにされる場合はホームページに記載されている「推奨できないルート」を参照のうえ出発されることをお勧めします。
因みに私もがっつりと「車一台分通行可」ルートを通りました(汗)。


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

出張にて −魚津埋没林博物館−


さて、出張の中でも大きなウェイトを占めているうちの2つ目(いや、本来のウェイトは当然、仕事の件ですよ!!念のため。)は、どうしてもよっておきたかった場所。

埋没林博物館11
























ご存知の方多数いらっしゃるでしょう。
無理矢理に足を延ばしてでも寄りたかったところ、そお、ここ「魚津埋没林」です。
そこは現在はきちんとした博物館として私たちにすさまじいまでの自然の世界を見せてくれます。

埋没林博物館1





 魚津埋没林博物館入り口。
奥の三角形の建物群が展示館です。






駐車場に車を停めると、見渡さずとも私だけ。
おぉー、ラッキー!と思ったのが後で後悔することに・・・?!

さっそうと、ウキウキと入口をくぐるとそこですぐにお出迎え。

埋没林博物館4














車いすなどが置かれていて、なんか迫力にかける画像になっていますが、大きな樹根が出迎えてくれます。
これから見ることになる巨人たちの歴史のプロローグです。

展示館は大きく3つに分かれており、先ずは発掘された時を考察できるような見方のできる展示館へ。

埋没林博物館7














入り口を入ると、丁度上から見下ろすことのできるようなアングルに立つことになるので、埋没していた巨樹達の発掘時の様子を感じる事が出来ます。
階段を下るとそこは魚津港の海底であるという設定で、建物の展示空間の高さが構成されています。
つまり、階下の床面が海底、そこから階段途中で海面となり、階上が丁度海面より2mほど(?!)といったような具合です。
もともと、地元では海面より顔を出している樹根は有名で、昔は遊泳のできた魚津港に海底樹木郡のある事も知られていたそうですが、当時はその埋没林の価値に着目する人も少なく、遊泳潜水時の休憩場所として有名だったというくらいのものだったそうですから、すぐ近くにある名所古刹に興味がわかないのはやはりどこにおいても共通なのでしょうか。
とはいえ、やはりきちんとその価値を理解する方が出て研究が進むそうですが(海面に出ていた樹根がいつしか流されたことがきっかけだとか・・・)、これだけのものが眠っていたとは、人知の及ぶところをはるかに超えています。

埋没林博物館8














次の展示館は乾燥展示室であり、ここでは魚津港にて出た最初の埋没樹根を展示していて、触れる事が出来るのです。

埋没林博物館9




 幹を抱いたまま没した樹根。
すさまじい生命の神秘の様なものを感じる存在感です。






埋没林博物館10














多分、普通の人はあんまり触りたくもないのではないかと思うくらいの何と言うのか、すごい迫力です。
それでもやっぱり触りたい。

埋没林博物館12














我ながら、なんとも嬉しそうな・・・お恥ずかしや。
まぁ、その巨大さがわかるでしょうか。
これでも、さらに奥行きが半端でなくありますから、一人の人間が上にのっかってゴロゴロと寝ることも十分なくらいの2畳(いや、もっとか・・)以上の広さがある樹根です。
しかし、ニコニコとしている頭が冷静に戻るまでにはそうは時間がかかりませんでした。
というのは、この巨大樹根を見て思い出した、次に行く最終展示館「水中展示室」には、私たち人間の小ささを感じるような身震いする状況が整えられているのです。


ここで私は冒頭の「一人やん!ラッキー。ゆっくり見れる。」という、安易な考えを後悔することとなるのです。

埋没林博物館13














ここが水中展示館の地下展示部。
ひんやりとした印象のコンクリート壁に囲まれ、さらに人気がないことで寒さはひとしお。
そんな中で目の前に現れるのは神の時代の遺物か、はたまたエイリアンの襲来か、その異形に一瞬身が凍りつくほどの畏怖を感じます。

埋没林博物館14














保存の観点から暗く保たれているためピントが合いませんが、もう迫りくるような神の触手の餌食になりそうな感覚に悶えながらも、その姿を目に焼き付けることになるのですが、予備知識として知ってはいたのですが、やはりこの迫力は海中埋没林ならではのもの。
土中の埋没林とは違い、海水に洗われてきたその姿は、言葉では表せないほどのすさまじい表情を呈します。
紀州の神代樟がそうであったように、私をもってしても、その姿は異様と言わしめるような物であります。

なんでこんな時に他の来館者おれへんねん。
地下の展示を見た後に、その水中展示を上から眺める事にしたのですが、本当は先に上から見ればよいものを、入り口の閉ざされた展示館に一人、薄暗く静かで、時に水中から湧く湧き水の連れてくる泡が水面に出てくると、「海中のエイリアンが呼吸しているかの様」であり、さらにその泡が起こす水面のゆらぎが微妙に照明を反射させていて、プールを背にしてみる壁面の展示説明を読もうとする私の背後から、今にも「バサァーーーーッ」と襲ってきそうな気配を感じさせ、年甲斐もなくビビりまくってしまい、心構えをしてプールを覗くまでに他の来館者を心待ちにしたのですが、訪れず・・・

埋没林博物館15














恐る恐る、プールに近づき覗きこんでみる事に・・・
しかし、プール暗すぎる!!!(展示のためですが、こわいよぉー。)

で、で、でたぁー・・・・

埋没林博物館16














水中で見るのとはまた違う、やっぱり今にもプールを飛び出してきそうな根の伸び方。
カメラを構える足がおぼつかず・・・・・
それでも、心で泣きながら必死に写真を撮るのであります。

一通り撮影しそろそろ出ようか、と思っているところへ次の来館者が。
もっと早よぅ来んかいな!!しかも、めっちゃ賑やかな人たちや。こんな雰囲気なら最初から余裕もって見られたのに・・・・(涙)

一人も考えもんですね。勉強しました。

名残惜しいのか、それともビビって足が動かないのか、なかなか前に進まぬ自身の体に鞭打って展示館をあとにしました。
期待通りの展示とその異形の数々に、ただただ「すげぇー!」「おおぉー!!!」の連続で、多分会話のできる様な状態ではなかったですが、貴重なものを見る事が出来ました。
神代木を扱うものとして、やはり見ておくべき展示だったと思います。
日本の風土が育んできた自然と樹木たちをこれからも大切にしていきたい。
そう想いを深めるよい機会となりました。
皆さんも、機会があれば一度足を運んでみてはいかがでしょうか・・・

埋没林博物館2


















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!