空を見上げて
トップページ » 国産栂
国産栂

親も木材もあるうちに尊べ 地栂(じつが・じとが)という天然林の贈り物


さて、一通りベイツガのお話を通り越したところで、やっと本題に入りましょう。
日本の栂、地栂について。

地栂1


栂(つが)という樹種の名前を紹介する時に、信州の地理に詳しい方やスキーやスノーボードの経験のある方には「栂池ってありますでしょ?あの栂です。」と説明すれば、字体からの親近感は湧くのですが、どうしても材のイメージまではふくらませることができませんから、後は私の栂蘊蓄のオンパレードになってくるわけですが、それでもヒノキやスギ程の華やかな、また広範囲な使用例というものが伝わりにくいのも、栂を贔屓にしてやりたくなるところなのかもしれません。
(下は目が飛び出る値段の地栂原木。)

地栂


しかしながら地栂は、今から30年ほど前までは意外なところで皆さんの生活の中に使われていたことをご存知の方はいらっしゃらないでしょう。
子供も大人も、嫌いだという話をあまり聞くことの無い「かまぼこ」。
あのかまぼこには、底に板がついていますよね?!白っぽい木材の薄い板が使われているハズですね。
実は、その板が地栂であった時代があるのです。
現在では地栂のかまぼこ板はほぼ流通してはいないと思いますが、実は地栂はかまぼこ板に利用され続ける「モミ」と生息域が近く、「モミ・ツガ林」を形成するところもあり、更に材色は両者とも白色に近く栂も匂いが少ない(モミは乾燥させれば無臭と言われる)事から、以前はモミと共に相当な量がかまぼこ板として製材されていたそうです。
意外なもんです。
また、それと同じ時期にはできたてのパンを入れておく木の容器(箱状のもの)にも地栂の板が使われていたといいますから、木材の用途というのは建築に限らず幅広いものだということを改めて認識させられますね。

食べ物ついでに言いますと、地栂の保存耐久性は中庸といわれますが鼠害が無いというのが古くから知られています。
地栂の材面に見られるフロコソイドという白っぽい物質によって、ネズミにかじられないという特徴を持っているのです。
時々、材面に白っぽい斑の様に現れるのがそうです。
往年の名作「トムとジェリー」では孔のあいたチーズが描かれていましたが、もし地栂の箱にでも入れておけば、可愛いジェリーもタジタジだったことでしょう。

白色の材面でしっかりと仕上げた表面には光沢があり、材に脂分が少ない事が好まれ、目につく場所にも多く用いられていますが、その代表が床柱でしょうか。
それは大径木の地栂からとれる「四方柾」という「角材の四方全ての面が柾目」という、超贅沢で雅な材がとれることや、高樹齢の地栂の原木には、広葉樹顔負けの美しい杢が出る事があるからです。
特にその独特の杢は蟹杢(かにもく)と称され、時に高樹齢の松にもみられる「蟹の甲羅のような」木目です。
どうしてこんなに美しい模様が作り出せるのか?!と聞くのはヤボというものですが、それでもこの不思議な杢の連続は、木のファンならば眺めていて飽きないことは間違いありません。

地栂6


例え杢が無くても、緻密で堅く締まる材質は建築材料において「ヒノキに次ぐ良材」とも言われることから構造材にも利用され、弊社でも幾度もお伝えしている「栂普請の家」が、未だに現存しているのも納得なのです。
ただ、重硬な部類の針葉樹である地栂は、大工さんにとっては苦労も伴うようで、直接目に触れる部分に使う節の無いものとは違い、節ありの盤を構造材などにする場合は「大きくて点在する節」をどうやって加工に支障の無い位置で活かすか、ということや、木造りする場面での材質の堅さが針葉樹慣れした加工準備では難易に思わせる一面も持っています。

地栂2

その点がベイツガとの大きな違いの一つで、ベイツガは後述する晩材が狭い為木目もあまりはっきりとする傾向ではなく、比重も軽いので加工は用意ですが割れが出やすいのです。

古い文献には、割りやすく水湿に耐えることから「屋根材」に使用し、耐朽性の目安は30年〜40年ほどだという記述も残っています。
水湿に耐える、というのは少し疑問が残るところではありますが、常に湿潤な環境ではないということなのでしょう。
それに、材が「割易い」というのは、古くから木材を利用する上では非常に重要な要素のうちの一つで、製材機械の発達していない時代には木材は「割って使用していた」のですから、材を割ることができるものを重宝しさらに割ることができるということは小さな材をつくることができるということで、屋根の板として使われてきたのかもしれません。

余談ですが、社寺建築にケヤキが多く登場するようになったのは、鉋や鋸などの木材を切ったり削ったりできる道具の発達があってからだと言われています。
それまでは、もっぱら割ることで木材として利用してきた木材の用途と樹種が大きく転換した時だとも言われます。

更に余談ですが、あの有名な「屋久杉」も屋根板に大量に利用されていました。
材質が柔らかくて割って運ぶことのできる(というか、屋久の山中からはそうでなければ運び出せなかった)屋久杉の一大用途だったそうですから、もしかすると九州方面の古い家屋の屋根板には、未だに屋久杉が残っているかもしれません!解体注意!!ですよね。
また、屋久杉の場合は通常のスギとは異なり非常に多くの油分を含んでいることも利点で、耐朽性が低いとされるスギが屋根に使われるという大きな理由の一つになっています。
あかん、余談ばかりで本題が見えなくなりそうですが、もう一つだけ!!

地栂と屋久杉は意外に関係が深くて、屋久島には高樹齢の大径木の栂の自生も見られます。いわゆる「屋久栂」です。

屋久栂

もちろん高温多雨な地域柄、油分の多い屋久杉の様に数千年もの樹齢を数えるものは無いので、屋久杉の例に則るなら「小栂」なのかもしれませんが、下に書いているように数千年生きている栂というのはありませんので、この場合は屋久栂と称して稀に幅広板や盤が材として出てくる時があります。
屋久杉と同じく、年輪も細かく美しい木目であることが屋久栂の特徴です。
ただ、そんな屋久島ですら桁はずれな地栂の巨樹というものは見当たりません。
用材として伐採されてしまったのかどうか・・・
地栂の巨樹としては、兵庫県に幹回り5mのものが存在しますが、それ以外は5mというものは見当たりません。
もしかすると、地栂は屋久杉の様に特殊な寿命を授かるものではなく、きっちりと自分の生涯を謳歌して朽ちていく、そんな樹種なのかもしれません。
これは、貴重な屋久栂の幅広板
約800位の幅があります。腐れなども見られますが、宝物です。

地栂5

さて、地栂ですが杢の他に私が一押ししたいのが「晩材と早材のコントラスト」。
晩材と早材というのは、木材の成長サイクルの違いによってできる木質部分(細胞)の違いのこと。
この違いが大きいほど木目をはっきりと感じる事ができます。
少し前のピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢フローリングお宅の完成の記事でも触れていますが、ヒノキやスギとは違い、年輪を形成する木目の色の濃い部分と薄い部分の色差がはっきりとしており、その為に大人しいと感じる柾目木取りでも、経年による色合いの変化の後もむしろはっきりと木目が浮かぶ立つように感じられることから、ピュアラーチとともに経年美を楽しむことのできる樹種だと言えるのです。
また、白色の材面は仕上げた当初はあっさりとしている様に感じられるかもしれませんが、早い段階から経年による色合いの変化が現れ、晩材と早材の差がよりくっきりと見られるようになるので、当初の清々しさと経年の艶のある美しさが楽しめるところは、木材の真骨頂を具現化している最たるものです。

今回は誠に脱線が多いですが、細胞といえば地栂の細胞繊維は他の樹種に比べて長い為に、製紙材料として使われることが多いといいます。
もちろん、他の樹種に比べて蓄積量が明らかに少ないので安定供給できないこともあり、現実的に「地栂製の紙」が流通しているわけではないと思われるのですが、細胞レベルで見る特徴というのも、木材の面白い所の一つです。

そんな特徴満載の地栂ですが、優秀であるけども木造りに気合いが必要であることとベイツガとの混同で、大工さんにはあまり評判の良くない場合が多いものの、お施主様受けは悪くはありませんよ。
実際、栂普請の家地栂の無垢階段地栂の天井板は大変喜んで頂いています。

さて、脱線ばかりの地栂ストーリーもまっすぐなレールに乗せて終わりたいと思います。
その蓄積の少なさと小径木の利用という例が無い為に、木理通直な天然地栂材は、ヴァイオリンの甲板としても利用されていました。
音の伝導性という点でも通直な木理は有効に作用しますから、おそらくスゥーっと伸びる良い音を奏でることでしょう。

日本の天然林から産出できる有用材は減少しています。
木曽桧も、原木は産出していますが圧倒的に人工林からのものが多くを占めています。
そんな状況ですから、地栂も木曽桧も私が紹介できる間に「価値を知って、これらの材を喜んで頂ける方」に使って頂きたいのです。
節があるから価値が低いとか、他産地の他樹種の方が有名だと言った理由でこれらを選ばれない場合もあります。
しかしながら、これからどんどん目にする機会の少なくなるであろう貴重な材を無駄にすること無く使いたい。
だから、好きになったから地栂で!木曽桧で!と言っていただけるお客様に向けて発信していくつもりです。

栂の木偏に母、と書く由来は地栂フローリングの記事にてお話しましたが、双方「あるうちに尊べ」です。
いつまでもあると思っていてはいけないところは、まさしくお母さんと同じ。
天然林から産出される貴重な地栂、あるうちにご紹介します。
聞いてはこないけれども、聴いてほしくなる地栂のお話でした。


・国産地栂(じつが・じとが)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・国産地栂(じつが・じとが)天井板の施工写真はこちらから
・国産栂普請の家はこちらから
・国産栂無垢一枚物階段を含む栂普請の家はこちらから

地栂3




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

聞かれること無いけど聴いて欲しい、木材の話 地栂とベイツガ


前回といい今回といい、なんか御贔屓の木材ばかりをとりあげている様な話になってしまっていますが、やっぱり好きなものは好き。
それしかないのではなく、それをすすめたい使い方に当てはまるおうちが続いただけのことで、やっぱりお客様には自分が情熱をもって届けられる木材を使ってもらいたいという気持ちがあるからだと理解していただきたいです。
自分が惚れこんだ材料を情熱を持っておすすめする、それを喜んでもらった時の嬉しさと言ったら、文字では例えようがありません。
という事で今回は、先日リニューアルした「ひば」につづいて「地栂(じつが・じとが)」のお話。

ひば・地栂の両者とも大阪近辺の現在の通常の建築や木材の世界では、ほとんど表舞台には出てこない樹種であり、大工さんすらも知らないこれらの材料を詳しく尋ねてこられるお客様はめったにおられませんが、だからこそ、私がアツく語ってしまう、そして脚光を浴びせたくなる木材であるのです。

と言っておきながら実は、私自身昔はあんまり・・・どころか全く良いイメージの無かった栂。
専ら弊社やお得意様の間では「とが」と呼ばれていましたが、「ペンキ塗るから栂でいいわ」、「敷居の入れ替えやねんけど何か安い材料は?栂でもえぇか。」、「土台は桧みたいな上等いらんで、栂でいいわ」等々がその用途。
なんかとってもネガティブではないですか?!
この言葉尻がそのままの私の印象でした。 栂は下級材・・・・

そう、昔はそうでした。いや、今でもペンキ塗装仕上げの下地に使う木材の代表は間違いなく栂ですし、住宅の中に本物の木で作られた枠材や板が見られなくなったとはいえ、古い住宅の改修や木材塗装仕上げの内装には欠かせない存在です。
実際、弊社も今でも各寸法の在庫を持っていますし、以前は更に多くの種類の板材を倉庫に寝かせていたものです。
もちろん、それは他の木材に比べて価格が落ち着いていて供給量も豊富だからできることですが、それ以上に忘れてはいけないのが「節の無い(少ない)木がとれること」です。
様々なサイズで、しかも長い木材がとりにくい広葉樹とは違い長さの長いものもとることができる、ということがとても大きな特徴です。

おっと、ここで整理しておかなければいけません。
今お話しているのは、実は「ベイツガ(米栂) western hemlock 」のことです。地栂のお話といっておいてベイツガの事を語り始めるのはおかしい様に感じるかもしれませんが、それが一番重要な前置きなのです。

ベイツガ4


地栂を語るには、まずベイツガを語れ!とは私の勝手な言葉ですが、先のペンキ仕上げのお話も、土台のお話も、みんな材としての良さではなく仕方なしに選択している様なニュアンスで聞こえてきますが、まさしくそれが「地栂も含めた栂」の印象なのです。
つまりは、安い材料だということ、イコール昔のことですから人工乾燥材も多く流通していませんでしたし、特に土台材に人工乾燥材など使うような時代では無かった時には、安いけれどもとても狂いやすく扱いにくい、というのが材木屋含め大工さんの印象でした。

ベイツガ3


栂は大径木になるものもあり、特にカナダなどでは安定的に供給できる大きな蓄積をもっていますが、質よりも量の供給が勝っていた時代には、私ですらベイツガの受注をするのは「ロス」を考えると億劫なものでした。
それ位、建築材としては「使えない」と言われるほどの反りやねじれが出るものばかりでした。

下の写真を見てください。
私が材を持つ手をねじっているのではなく、地面にまっすぐに触れさせているのですが、手もとの木口は斜めにかたむいていますよね?!
これがねじれです。
ベイツガにかかればこれくらい、朝飯前です。
梱包を開梱して検品していると、あぁ、またねじれや・・・切り使いしよか、といったような会話の流れで短尺材に廻すことになるんですが、木材は長さが長くなるほど材の価格は高くなります。
それなのに、長いものを短く切っていかいないといけないというのは、大きなロス以外の何物でもありません。
こんな感じといえば、まぁわかっていただけますか?!

ベイツガ2


その印象は、ベイツガではなく地栂ですよ、といっても「栂=昔のベイツガ」という印象で、少なくとも私の周りでは以前の状況を知る大工さんほど敬遠されるといったような状況が地栂を取り巻く環境なのです。
それ位、ベイツガの印象が強かったのは、地栂自体が材としての流通量が決して多く無く、市場では見かけないからだということも理由の一つであることは確かです。

だから、「ツガ」という樹種名を知っている方に地栂のお話をする際には、必ず米栂との違いから始めないといけませんから、聞かれなくても聴いてもらわないと採用には至らない最たる樹種ではなかろうかと感じます。
もちろん、ベイツガ(カナダツガ eastern hemlock\Tsuga canadensis)も乾燥と製材をきっちりとしていれば、素晴らしい製品がいくらでもありますから、ご心配無き用に。
質より量を重んじた時代の昔話です。
日本のツガよりも樹高が高く育ち安定供給ができ、地栂よりも若干淡い色合いで他材の邪魔をせず、傷害樹脂道や入り皮は多いものの低価格で材による個体差が少なかったそんなベイツガも、現在ではシマフクロウの生息地である森林の保護の為に伐採できなくなってしまった背景から、入荷の多くはカナダツガに移行しています。

節の少ない色白の木肌の割に黒くなりやすい節や、ねじれなど色々と文句を言われながらも、日本の白木(しらき)建築の一時代を支えたベイツガですが、現在は印刷の化粧シート建材や集成材のフリー板と呼ばれるものに活躍の場を奪われてしまった感は否めません。

ベイツガ1


ベイツガですらそんな勢いですから、今から地栂をすすめようというのもおかしいと言われるかもしれませんが、それが私の仕事。
良いものはいい。好きになっていただける方にお勧めするのが私の役目。
ということで、少しベイツガが長くなりましたが次回に本題の地栂に入りたいと思います。
ひばも栂も、日本の隠し玉みたいな樹種です。その魅力に取りつかれるとなかなか離れられません。
そんな世界をご紹介します。


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2) この記事をクリップ! 

国産栂(こくさんつが・こくさんとが)の化粧梁(はり)の住宅ですよ!


以前にも紹介したことのある、「国産栂普請の家」がまた近々誕生しそうです。
栂普請と言っても、本当に全ての木材に栂を使うというわけではないので、大袈裟な表現ですが、大きな梁を現しとしてリビングから見えるようにしていたり、柱などの一部分に栂材が使われます。

国産栂の梁1














国産栂(つが・とが)幅広無垢一枚物フローリングを紹介しているとはいえ当然、今となっては稀少な材料である国産栂ですから、いくらでも使えるというのではなく、ここぞ!!というところにしっかりと使うという使い方になっているのです。

国産栂の梁7














今では珍しい工場プレカットではなく手刻みの仕事による構造材はもちろん、リビングには尺三(しゃくさん。約39cm。)と呼ばれる大きな背の梁がとおり、その周りにも尺二(しゃくに、約36cm。)という大きさの地栂の梁が通る事になっていますので、「栂=木に母」という字からは想像できない様な力強い物になることと思います。

国産栂の梁8



 こんな手書きの墨を見る機会もめっきり減りました。









国産栂の梁2














なかには、こんな自然美というような木目があったり・・・

国産栂の梁4














木曽桧か?!と思うような美しい杢目のものや・・・

国産栂の梁3














暴れん坊のような節だらけの部分もあったりで・・・

国産栂の梁5














これぞ「木」という面白みに溢れた構造材です。
愛着湧くにきまってますねぇ!

本当の無垢の木の家。完成が今から楽しみです。

国産栂の梁6
















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

国産栂(こくさんつが)天井板の旧家塀を見てきました


少し前に原板を紹介していました、稀少な「国産地栂(じつが)」を天井板に使用した旧家の塀が完成間近になり、ちょっと見学にうかがいました。
国産地栂は無垢フローリングとしても紹介していますが、その雄大ながら細かな木目と、冬目といわれる硬い杢目の部分が経年により金色に変わっていく様な美しさを持つ日本の稀少な天然樹種です。


国産地栂(じつが・じとが)無節







 地栂幅広150無垢フローリング。



















まだ左官屋さんの仕事が残っていますが、木部は完成していますので、表面を焼いて炭化させて仕上げた「焼き杉」の濃い部分の色合いと、桧の柱の白さのコントラストが美しく映えています。

地栂の天井1














なかなかこのアングルからでは天井板まで覗かれる方もいらっしゃらないと思いますが、それは一般的な話。
以前にも書いたと思いますが、私たちと同じように建築や木材が好きな方は、こんな場所があると「ここの部分はどんな仕事をしてるかな?」とか、「おっ、珍しい。こんな材料使ってる!!」などと、気にしながら見るものです。
それにもまして大きな道路に面しているため、車や人通りも多いので、余計に目にする機会が多い場所です。
だからこそ、今回の大工さんからの提案で「国産栂の天井板」を施工する事になったのです。

地栂の天井2



 立派な瓦の下。見上げてみると桧とは一味違った力強い杢目が見えます。








地栂の天井3


 見えますか?細かな木目ですが、力強く伸びるような印象を受ける地栂(じつが)の木目です。

 天井板とはいえ、今時なかなか無いと思います。





中途半端でここまで、というわけにいかんから予算オーバーしてしもたわ!と、お施主様はおっしゃっていましたが、大工さん他職人さんの仕事もきっちりとこなしていらっしゃる上に、この特別な材料です。
予算以上の「価値」がある物に仕上がっていること間違いなし!
良いものを活かす建築、一般の方から職人さんまでどんな人が見ても「いいなぁ。」と思えるような建築。
そんな建築がもっと増える様に、お施主様や大工さんと一緒になって普及に努めていきたいものです。


地栂の天井4

















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代割ってまた神代 −神代栂との出会い−


さてお待ちかね(?!)の新・神代の樹種紹介です。
先日のこれ。


新・神代







 良い木目ですねぇ。

















ぱっと見た感じはやはり神代杉に似ているでしょうか。
中央の2本は割れ止めを塗布されているため色合いが濃く写っています。

さてさて、杉に似ているけども杉ではないんです。
私の今までの神代木記事でも紹介していなかった樹種。
しかも、私も今まで見た事のなかった神代です。
その正体は「神代栂(じんだいつが・じんだいとが)」でした。


神代栂 2














どおりで針葉樹なのに重さを感じる(生木だからというのも手伝ってですが)し、とてもよい木目です。
この栂という樹種については、国産地栂(じつが)幅広無垢一枚物フローリングの記事の時にいろいろと書いていますので、是非そちらも参照していただきたいところです。

この栂という木は、読んで字のごとく。
その字の由来が、「木の中のおかぁさん」だから、なんです。
というのも、木偏に母(はは)という字を書いて栂(つが)と読みますが、母=おかぁさんは子供にお乳を与えますよね。
だから、母という漢字の真ん中の「ちょんちょん」(なんていうんだろう・・・)という点は、乳房を意味しているそうなので、これを続け字で書いてしまうと正式にはいけないのだとか、聞いた事があります。
その乳を意味する漢字を用いている母という字が木偏とともに用いられている栂は、木の幹を傷つけると「お乳のような白っぽい樹液がでる」ことから、木偏に母の字をあてて「栂」となったそうです。

良い話ですよね。

そんな日本の栂の木ですが、植林という事がされていないことで天然林からの木材が基本になるのですが、現在では入荷が少なく安定しないこともあり、なかなか見る事の出来ない貴重な樹種になってしまっています。
普通の栂でもそんな状態なのに、今回は「神代(じんだい)の栂(つが・とが)」です。

どれだけ珍しいか・・・
私も初耳でした。

栂普請といえば、関西では桧普請よりも立派だとされ、古くから愛され使われてきたのですが、その理由もわかります。
前回ご紹介した、構造材や階段他の化粧仕上げ材に栂を使用した「現代版栂普請の家」を思い出せば・・・


さすがに神代栂普請とまではいきませんが、薄板から框材、その他が入手できましたので、栂普請の中に神代栂をあしらうという「現在と神代の粋な栂使い」は可能かと思います。


神代栂 1






 厚みのある栂らしい節板もあり、短い杢板もあり。

















こりゃ、栂だ!というしっかりとした大きな節ですね。

神代栂 3














良材とはいっても、神代。やはり少し傷や割れはあります。
いたしかたないところです。
余すことなく有効に使いたいもんです。

神代栂 6















神代栂 4














この神代栂ですが、まだまだ製材したてですので、残念ながら?これからじっくりと弊社倉庫で寝てもらう事にします。
神代(かみよ)からの眠気をとるために、しばしの休息です。
数千年単位の時間を過ごしてきた神代栂へのしばしの休息時間です。

数年後にお渡しできるようにしっかりと乾燥をしてもらわねばなりません。
いつご案内できるか・・・気長に待っていてくださいね!!
乾燥期間中にも神代栂をご覧いただけますので、お問い合わせをくださいませ。


神代栂 5


























木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!