空を見上げて
トップページ » ムラサキタガヤ
ムラサキタガヤ

金具不使用ムラサキタガヤ木製名刺ケース(名刺入れ)が在庫僅少です。


物事、なにかと集中することがよくあります。
木材の注文の場合でもそうです。
普段なら聞くことの少ない「ぶな」の板の乾燥材で、しかも幅広材だとか、同じ日に内装枠にするので「ぶな」の枠材用の乾燥材がまとまった数量欲しい、とか。

最近は、詳しく木材を紹介している本などが豊富にでているので、一般のお客様から設計士さんまで、まとまった数を入手しにくい材料まで注文が入る様になりました。
それらの本の中には、入手の難易度が表示されている物もありますが、中にはいつでもどこでも入手できるかのように掲載されている物もありますので、お問い合わせ頂いた時に若干困ってしまう事もしばしば・・・


話はそれましたが、集中してお問い合わせいただく場合は大抵が入手しづらい材料です。
手持ちがあればよいのですが、あっても乾燥していないとかいった事情もあるので、希望寸法などを含めるとなかなかご要望にそえない場合も出てくるのが正直なところです。
さて、その入手しづらい木材を使った人気商品、金具不使用木製名刺ケースですが、又一つ在庫の少なくなった樹種が出てしまいました。

ムラサキタガヤ木製名刺ケースです。


ムラサキタガヤ木製名刺ケース 1










ムラサキタガヤといっても、銘木として有名な本鉄刀木(ほんタガヤサン)とは違う樹種ですが、よく似ていることと、その材色が鮮やかな紫色であることから一般的にはムラサキタガヤの通称名で取引されています。
材色については木材ですので、日が経つにつれて退色・変色しますので、ムラサキも鮮やかなものから、次第に深い黒みを帯びたものに変化していきますので、製作当初の写真ほどは鮮明なムラサキではありません。


ムラサキタガヤ原材料



 原木ですが、中央部は鮮やかな紫です。






名刺ケース比較 本タガヤサンとムラサキタガヤ



 左:本鉄刀木(ほんたがやさん)
 右:ムラサキタガヤ

 どちらも金具不使用木製名刺ケース




その独特の木目と色合いで印象強い木材ですが、やはり入荷は少なくなっています。
弊社の名刺ケースの在庫数も僅少となってまいりました。
興味をお持ちのお客様はお早めにお求めくださいますようによろしくお願をいたします。


また、同じく貴重な木材であり、世界で一番重たいとされていることで有名な「リグナムバイタ」木製名刺ケースものこりわずかです。


金具不使用リグナムバイタ木製名刺ケース(名刺入れ) 5



 リグナムバイタ木製名刺ケース






他の重量級広葉樹とはまた一線を画す、ずっしりとした重さを感じますし、その特徴である独特の油気のある手触りを知ることができます。
こちらも残りわずかですので、お問い合わせはお早めにお願いいたします。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!