空を見上げて
トップページ » ホルトノキ
ホルトノキ

別名多き名付け親と和製オリーブオイル 百面相ホルトノキ番外編


木材や樹木の話を始めると、どうしても派生してお伝えしたい事や本文が異様に長くなってしまうことがあったり、終わるつもりが思い出したことを書き足したくても文脈が定まらず、別段として次回に持ち越すことは多々あります。
毎日更新していないのだから、できる限りその回で完結させる様にはしている(最初から区切った方がいいものは別として)つもりですが、今回も少しスケールオーバーで、仕方なくもう一人の主役も引っ張りだして前回のホルトノキの補足を行いたいと思います。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 2


補足、いや、実はこちらを先にお話するべきであろうということは容易に想像がつきます。
ホルトノキという耳慣れない樹木の事を、少しでも予備知識として頭に放り込んでから、前回の千草のホルトノキを見てもらえば良かったものの、ちょっと先走ってしまった感は否めません。
まぁいいです。
お金をとる書籍であるまいし、ましてや私の木材&巨木馬鹿っぷリを承知で見ていただくマニアックな方しか読者はいないと勝手に想像してお届けしているんですから、大丈夫の筈・・・

それでは、本題。
和名 ホルトノキ
別名 モガシ、その他(後述します。)
学名 Elaeocarpus sylvestris
この属の英名を oil fruit tree 又 pigeon plum

ホルトノキ科の植物で、千葉県以西の本州、四国、九州、沖縄に分布し、台湾や中国、インドシナにも同科の仲間のある常緑高木で、暖地の雑木林に生えている場合が多いといいます。
今回の様に大木が見られるのは佐賀県、高知県、香川県、静岡県にそれぞれ知られていますが、同じ県内でほど近い場所に2本他存在するというのは、やはり島国「ホルトアワジシマ」だからこそではないかと思います。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 5


もともと、淡路島(兵庫県)においては、今回紹介する鳥飼八幡宮のホルトノキが最大とされていて、樹齢600年、幹回り4.24m、樹高25mというスケールでずんぐりむっくりのスタイルの足元は、根周り8.2mという重みのある巨体で、珍しく感じる方が多かったのでしょう。
前回の千草のホルトノキは、ムキムキの腕っ節ながらもとっても紳士的ゆえに、表舞台には出てこなかったのでしょうね。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 9

ホルトノキの果実は食用となり、樹皮や葉は染料として大島紬の鼠色系統の染色につかわれているそうですが、材としては耐朽保存性は低く割れやすいため、薪用材や建築雑用材にするという用途が記載されていますが殊、しいたけの榾木には良材とされているそうで、通常は庭木として存在している場合が殆どなので、これらの様な巨樹にはなかなか出合えないはずです。

そしてここで聞き慣れない名前、ホルトノキの名称についてのお話に移りましょう。
前回のお話の締めに、私がしょうもないシャレを残した事に嘲笑したそこのあなた!まだまだ木材に対する愛情が足りないようですね、フフフ。
変った名前、「ホルトノキ」の由来というのは「ポルトガルの木」からきているのです!!信じられない様な本当のお話・・・私の面白くないシャレではなかったのですよ。
ホルトノキの由来については、かの有名な平賀源内の物類品隲から始まります。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 4


当時、ポルトガルの油と言えばオリーブ油の事を指すほどに有名な時代。
源内は紀州にて見た方言「ズクノキ」(現在のホルトノキの和歌山での呼び名)の実が、本場のオリーブの実と同じと考え、さらには紅毛人に問いかけ「真物」という回答を得たのでこの木はポルトガルの木、すなわちオリーブであるとしたことに始まる。
しかしながらもちろんそれは別物であったのだが、それ以来一般的な名称として現在までホルトノキが用いられているという、真面目な間違いから発生した植物名がホルトノキの名称の正体。
平賀源内、エレキテル他で名をはせたのだと思っていたけれども、植物の命名まで首を突っ込んでいたとは意外や意外。
やはり一般人とは見ているところが違ったのでしょうね。

思いこみはやはり強く、ホルトノキからオリーブと同じように油が取れるということを信じていたそうです。
現在でも、源内が紀州から持参した種・苗から育ったと思われる大木が高松、栗林公園にあるといいます。

そんな由来を持つホルトノキは、怪人百面相ならぬ怪木百面相でもあります。
なぜかというと、やはりその名称に理由があります。
木材には別名や方言名、通称名や外国名など様々ある場合が多いですが、このホルトノキほど地方地方によって呼び名の異なる木も珍しいように思います。
まるで、その地ごとに名前を変えて忍びこむ怪盗の様・・・
一般的な別名の「モガシ」の他に先の和歌山では「ズクノキ、ツギノキ」、御蔵島の「アカツグ」、鹿児島の「クロツグ」、奄美大島の「ナリツグ・ツンギイ」など、ズクの意味は不明だそうですが、ツグはシュロの琉球方言で、ホルトノキの果実をシュロノ果実になぞらえたものだといいます。

その他も激しく多い地方名が存在し、九州「シラキ」、山口の「ミズノキ」、高知の「ミツガシロ」、大分の「イヌヤマモモ」、西表島の「ビーマツマヤ」などなど・・・・
この中で少し想像できるのは、ヤマモモに葉の形が似ている事からと推測される大分位です。
その他は、なんじゃそりゃ、です。

こんな百面相的なキャラは、名前の由来となっている平賀源内に通じます。彼も様々な別名を使い分けていたといいますから、似たものどうしなの?!
しかしながら、庭木にしろ雑木林の中にしろ、これだけの別名地方名を持っているということは、それだけ地方で愛されてきた証拠ではなかろうか?!

鳥飼八幡宮のホルトノキ 6


巨樹の記事で、その木の材質の事についてはあまり触れたくはないのですが、最後に材についてもう少し。
木材としてのホルトノキは、比重が0.57で中庸な重さを示す散孔材で、黄白色から淡黄色の材面を持っていますが、先の様に何かの用途に賞用されるというほどの知名度も供給量もありません。

せめて、シャレではない変った名前と変った風体を見て、平賀源内が勘違いした背景を想像してみてください。

鳥飼八幡宮の隣は鳥飼小学校です。
その境界の柵を越え、太い二の腕を伸ばすまるで「四股をふむ力士の様」な風貌は、この土地の守り神なのでしょう。
太いながらもやさしく手を差し伸べているようで、少し可愛く感じますね。
きっとこれからも子供たちとその風土を見守ってくれることでしょう。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 7


鳥飼八幡宮のホルトノキ所在地

兵庫県洲本市五色町鳥飼中317−2
周りを見られなかったのですが、道路に駐車してもホルトノキはすぐそばです。

 鳥飼八幡宮のホルトノキ 1


ホルトノキより石段を登り、鳥飼八幡宮境内の門をくぐるとすぐ右手に見事にねじれたイブキもあります。
そのひねくれ様は、個性的こそ生き残り!と言わんばかりの迫力です。一カ所で二度美味しい鳥飼八幡宮です。

鳥飼八幡宮のホルトノキ 8



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ホントの木?! いやいや島国のホルトノキ


やっぱり人間、その目標に向かっていかないとなかなかたどり着けないもんですね。
いや、今回は目標というほどのものではないですが、私としたことがこんなに近くにある珍しい樹木に会いに行かずに10年以上そのままだったなんて・・・

今年の夏は、昨年までの永い永い缶詰状態を打破できたことから、強行スケジュールながら海水浴のために淡路島に家族で行ってきました。
以前はよく行っていたのですが、その「缶詰」になってからはすっかりご無沙汰でしたので、純粋な夏の遊びに絡めて近場の巨樹を廻ろうと欲張ったわけです。
今までは、夜に到着してから宴会(笑)をして、次の日は日暮れまで海で遊ぶ日々だったので行くことができていませんでしたが、今年は夏の日の出が早い事を良いことに、宴会をそこそこに控え早朝からの巨樹巡りを企んだのですが、欲ばってはみたものの、二兎は追えず・・・・


実は淡路島には冒頭の「珍しい樹種」の大木があるのです。
もちろん、スギやクスの巨樹のスケールと比べれば全く巨樹とは言えないのですが、その樹種自体が珍しいとなると会いに行かずにはいられません。
そうして向かったのがここ。

ホルトノキ 2

密林ではありません。
しかしながら、道路際であるにもかかわらずこの様に茂みになっている事から、このすぐ先にあるお目当てにはなかなか気がつきません。
淡路島は神戸と徳島を結ぶ高速道路も整備され、一般道もそんなに車が多いわけではなく走りやすいのですが、そこからそれて山道に入ると結構な酷道(車で茂みをかき分けないといけない様なところや、対向できないところ)もありますが、ここはその少し手前。この先は少し細くなりそうだ、という直前ですがまさか、ここにそんなに珍しい樹種があるとは夢にも思いません。

案内板や、天然記念物の指定板なども無い茂みの先にはこの様な姿が待っています。

ホルトノキ 3

見事な株立ちのこの樹木は「千草のホルトノキ」。
熱帯産の木材に多く見られる、木の根元が板状に広がる「板根」と呼ばれる状態に近い印象が興味深いものです。

ホルトノキ 4


ホルトノキ?!なんじゃそりゃ?!
普通はそんな第一印象でしょう。
スギやクス、ケヤキやイチョウなどは巨樹巡りを始めると頻繁に出会うのですが、ホルトノキというのは聞き覚えがありませんよね。
私も樹木の本では見るものの、このような成木でしかも立派なものには初めて出会いました。

文献によれば、このホルトノキは2004年に神戸大学の武田義明教授が発見するまで世に出ていなかったそうです。
十数年前は頻繁に遊びに行っていた淡路島でしたが、その時にはまだその存在が一般に知られていなかったということなので、私が訪れていなかったのも無理無いなぁ、と一人納得。
また、幹回り4.82mというのはその他の樹種に比べれば巨大さは無いものの、この個体はホルトノキとしては兵庫県下最大のものだそうです。
ホルトノキは兵庫県下では淡路島南部のみに分布しているそうで、中でも五色町には個人宅も含め数カ所に点在しているとのこと。

頭上の枝ぶりも太いという驚きではなく、その木肌が力強い男性の肉体美を思わせるかの様にムキムキっと伸びている様はまるでボディービル。
異形の巨樹というのは数多く存在しますが、凛々しくも力強い巨樹というのはなかなかありません。
巨樹!というスケールには若干不足感はありますが、上記の意味でも珍しい存在だと思います。

ホルトノキ 7


千草のホルトノキは、「山の神さんの木」と言われていたそうです。
日本各地には山の神さんと言われる神木や霊木が様々存在しますが、その多くは巨大さや神話の言い伝えに由るところが大きいですが、千草のホルトノキに関してはおそらく、異形であるわけでもなく巨大でもなく、また聞こえの高い伝説を持っているわけでもない中で、地域の住民の方に愛され古くから身近な守り神の様な存在として「神さん」と呼ばれてきたのではないか?!
私はそう想像しました。


ホルトノキ 9


この立派なホルトノキ、実はインターネットの他の写真を見た時はもっと大きく枝を広げて空を覆っていたように見受けられたので、少し圧倒的なのかと思っていましたが、訪れる前に刈り込みをされたのか、若しくは直前の大雨強風によって枝葉が落ちたのかは不明ですが、土にも日が入りこむ位に上空が開けていて、どちらかというと清々しい位でした。

しかしながら、大雨でしかも真夏の早朝、6時。さらに茂みな為にコンパクトデジカメのシャッタースピードがめちゃくちゃ遅いので、大粒の雨からカメラを守りながらアングルを決めるも殆どの写真がブレていたり、雨粒で見えなかったりで全くダメ。
しかも夏の茂みだけに大量の蚊!!
耳元ブンブン、足も腕もサワサワと近寄られて制止していることができません・・・
この状態でゆっくりと巨樹との対面に感動せよ、といわれても流石の私も四苦八苦。

なんとか三脚を設置し撮影したうちの一番良い写真がこれ。

ホルトノキ 8


私の格好が少しだらしないですが、真夏の海水浴に期待していた気持ちの現れとご理解ください(恥)
前日が曇りだった為に、この日もなんとか雨が止んでくれることを期待して早朝5時起きたてで朝食もとらずに走ってきていますので、期待を裏切りそうな雨粒にうたれて元気が無く少し猫背気味・・・・
実際、この日も雨はやむことなく、どころか四国に大雨による大きな被害を残すことになるほどの雨量のため、海どころか外に出ることもままならずで何のための旅行だったのか・・・

やはり海水浴と巨樹巡りという2兎を追うことに対する期待が大きかったのか、この旅行ではずっと大雨で外には出られず、メインイベントの海水浴をせずに、早朝に巨樹を巡るのみという本末転倒な旅行になってしまいました。
2つの楽しみを同時に味わおうという欲張りは実りませんでしたが、近いうちに島内の他の木々も巡ってみたいと思いました。

ホルトノキ 5


島国というと、大陸から離れて独自の文化や種が存在する場合が多く、地域を問わずに注目される場合が多いですが、ここ淡路島はどうしても「玉ねぎ」が念頭に先んじるために、その他の印象がかすんでしまっているのは私だけでしょうか?!
テーマパークや海水浴で賑わいがあり、高速道路が整備されるまではフェリーの発着場まで伸びるサンセットロードと呼ばれる海岸線沿いの道をよく走ったものです。
そんな時分でも、耳目を集める巨樹や今回の様な珍しい樹木ならば立ち寄っていたかもしれないのですが、そのあたりの情報は島からはあまり発信されていないように感じます。

実は、淡路島にはこの木の他にももう一つホルトノキが存在します。
鳥飼八幡宮(洲本市五色町鳥飼中317)の参道にあるそちらは、今回紹介したような株立ちではなく、ずんぐりむっくりのマッチョさんですが、通常の幹回りが1.8メートル程の所が八幡宮のホルトノキは4.1m、樹齢600年を数えると言われる巨樹です。
また門の右手にはイブキもありますから、一か所で2度美味しい場所です。

珍しい樹種のホルトノキ、しかも立派に成長している個体を観察できる淡路島はテーマパークで言うところのポルトヨーロッパならぬ、樹木観察のテーマアイランド、ホルトアワジシマやぁぁ〜!!・・・・おあとがよろしいようで・・・



おっとっと、待って下さい。しょうもないシャレで締められない理由があるのです。
もう少し深いホルトノキのお話と、今回の千草のホルトノキに抜かれるまでは「県内一」を誇った上記の鳥飼八幡宮のホルトノキを交え、もう少しホルトノキのお話を次回に持ち越させてください。

ホルトノキ 6


千草のホルトノキ所在地

兵庫県洲本市千草丙

正確な地番というものがでないので言葉になってしまいますが、洲本市の国道28号線の南に洲本ゴルフクラブがあり、その東に県道481号線が猪鼻第2ダムに向けて伸びています。ゴルフクラブとダムとの中間より少し北の県道沿いに下写真の公会堂がありますので、その端です。
インターネットのマップで上記住所検索すれば公会堂近くが表示されると思います。

ホルトノキ 1

茂みの脇に2014年現在新築すぐだと思われる猪鼻公会堂なる建物があり、その前は広い駐車スペースになっていましたが、道路に駐車しても対向は可能な道幅があります。

因みに淡路島には他にも色々と見どころがあります。見事な株立ちのイブキや、自称?!日本一のソテツもあります。そのうち紹介できるかなぁ?!



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!