空を見上げて
トップページ » フローリング選び
フローリング選び

石山赤松(せきざんあかまつ)幅広無垢一枚物フローリング

異例に長いシリーズになってしまった地松物語
結局は、材そのものよりも松という樹種の持っているストーリーや、その個性がもたらす人との関係などがメインになってしまいましたが、その個性が必要とされなくなって人から遠ざかっている(人の方から・・・)ということが、綴っていながらも寂しくなってしまうのでした。

しかし、松自体がなくなってしまっているわけではありません。
今でも、少ないながらも松の材を出荷し素晴らしい松の木材を届けている地域もあるのです。
今回は、シリーズにて紹介する機会の少なかった松の木材としての活躍の場を広げる、「地松の超幅広フローリング」をご紹介したいと思います。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング4

わざわざ「超」とつけるには理由があります。
無垢フローリングの通常の製品幅というのは、おおむね「90、もしくは105mm」です。
それは、反りや伸縮などの無垢の木材特有の性質を加味していることが大きな理由です。
木材、とくに板材は幅が広くなればなるほどに反りが大きく出てしまいます。これは、無垢材が避けては通れない「異方性」という特徴の結果です。
しかしながら、今日の地松の超幅広フローリングの幅はなんと、「180mm!!」。
通常の90mm幅無垢フローリングの2倍の幅!
弊社ラインナップには150幅という幅広フローリングもありますが、それをも超える180mmです。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング18

この地松超幅広無垢フローリングの材は「アカマツ」。
石山赤松幅広無垢一枚物フローリングです。
弊社の無垢フローリングのラインナップでは、国産黒松(男松・雄松)無垢一枚物フローリングもありますが、こちらは赤松。
もちろん、国産赤松です。
現在建材やフローリングとして流通している松というと、一般的には「レッドパイン」と言われるヨーロッパからきているアカマツが主流
ですが、市場からほとんど見かけなくなったとはいえ、こんなに美しい日本の赤松のフローリングをお届けすることができるのは、本当に幸せです。

地松シリーズにおいて、マツはスギやヒノキのように特有の香りがない、としましたがそれは材になったときには、特筆すべき香りがあまり感じられない、ということ。
松林に入ったことのある人は感じたことがあるでしょう。
あのすがすがしい緑を感じる中にも、どこかほっこりとする松の脂の香りを・・・
本当は、とても良い香りを発する樹種ではあるのですが、その香りのもとはやはり脂。
近年では「ヤニがでる」といって「嫌われる存在」になってしまっていますが、古くの和風建築では住まい手の手入れによって磨き上げられる松の脂の輝きは、本当の銘木として扱われ、和風建築においての玄関や、そこから続く長い廊下に貼り伸ばされる地松のフローリング(縁甲板)は、見事という以外の何物でもない存在でした。
そう、いわば高級建築の代名詞だったのです。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング12

今回紹介している石山赤松幅広無垢一枚物フローリングは、その昔から有名な縁甲板ではなく、1820mm長さの一枚物の板目のフローリングです。
(2018年より、1ケースにつき10%の910長さを含みます。)

和風建築を彩ってきた柾目の松の縁甲板ももちろん見事なものです。
しかし、柾目では見えない板目に出る、その樹種特有の表情や色合いの変化、そして端正なだけではない力強い松本来の性質を感じることのできる表情は、現代の建築においての洋の東西を問わない住宅に取り入れるに十分なものだと思っています。

無垢材の材質の選定において、「スギだと和風すぎる」なんていう意見をもらう時がよくあります。
マツもそうです。
確かに、双方ともヒノキを含めて古くから和風建築を支えてきた樹種でもあり、イメージが固定化されているところもあるでしょう。
でも、そんなのは使う人の考え方次第。
スギでもマツでも、使い方によっては全く固定観念にとらわれないものになりますよ。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング17

実際、みなさんレッドパインを洋風住宅にたくさん使っておられる。
あれもマツですよ。
気にしなくていいんです。
それに、このように1820mm長さだからこそ生まれる長手方向の目地部分が、木目の間延びを抑えて、さらにリズミカルな雰囲気を作ってくれるので、「フローリング」と呼ぶにふさわしい仕上がりになっています。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング16

レッドパインばかり引き合いに出してしまって恐縮ですが、じゃあ、そのレッドパインと何が違うの?!と思われますよね?
その最大の違いは・・・・・仕上げ、です。
ん?!仕上げ?!!そう、仕上げです。

地松シリーズを見てもらっていればお分かりの通り、地松の大きな魅力の一つはその「艶」です。
現在では敬遠される、といっていた「ヤニ」ですがそのヤニのもととなる脂は、材表面の美しい艶をもたらします。
これは、脂を多く含む樹種の特権で、光り輝くような材面の艶は広葉樹に多く現れる「杢」にも負けず劣らず素晴らしいものです。
その艶をきちんと感じられるようにするためには、材の表面の仕上げが大切なのです。
古くから大工さんが鉋(かんな)などの刃物を仕上げに使うのは、もちろん木の性質を考えてのこともありますが、やはり刃物で仕上げられた木材の表面の美しさは光沢があり、材がもっとも活きる仕上げなのです。
そのため、石州赤松幅広無垢一枚物フローリングは超仕上げという仕上げ方法にこだわって作られているため、広葉樹フローリングやほかの針葉樹フローリングにはない、この輝きが得られるのです。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング13

そして贅沢なのはその幅だけではありません。
写真からもお分かりの通り、石州赤松フローリングはほぼ節を含まないプルミエグレード規格!
そのため、純粋に地松の木目の伸びやかさや色、時には力強く乱れるような木目を見ることができるのです。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング6


さて、プルミエグレード規格の材ですが、赤松特有の表情として芯材と辺材の色差があります。
いわゆる赤身と白太です。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング7

赤松、と言われますが材が必ずしも赤いわけではありません。
多くは綺麗な黄白色系の素地に、脂っぽい黄色を印象付けるような木目があるよう感じですが、時にきれいな赤身を含むときもあります。
火照ったお嬢さんの頬のようなピンク色が美しい赤身もあれば、このように色白美人もありますよ。
どちらも美しい赤松の表情!

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング14


無垢フローリングにおいて、同じ赤松であるレッドパインは多くの方に手ごろな価格で無垢材を届ける役割を果たしてくれました。
しかし、一方で「パイン(マツ)は安い無垢材」というイメージができたことも否めません。
スギのページにも書きましたが、無垢材を選定する時に「スギかぁ・・・」と言われるさみしさと同じく、無垢フローリングにおいての「パインかぁ・・・」があらわすさみしさは、同じ樹木であるにも関わらず、価格という要因に左右されるさみしさをあらわしている代表格のように感じています。
しかし、それを覆すのが木のビブリオたる矜持。
その木の持つストーリーや性格を知ることで、ただのスギ・ただのパインではなく、自分のためのスギ・パインになるべく語るのです。
今回の石山赤松も言わずもがな。
「安物のパイン」ではなく、日本に生きる稀少な地松の物語をお伝えすることで、日本の赤松が大切な樹木の一つとして認知されることの一助となるようにしていきたいのです。

丁寧に仕分けし、乾燥し仕上げる工程を目の当たりにすれば、この赤松を我が家に迎えられる喜びを感じることができるのですが、時間の限られる皆さんに代わって、私がちゃんと目をかけてきていますから、この超幅広赤松、あるうちに尊べ!!ですよ。
(養生乾燥中!!)

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング1


いよいよ稀少になってくる地松を、過去の樹種にするのではなくもう一度、私たちの生活の一部である床へと活躍の場を広げることで、若木が育つ循環する環境を作ることができるように、この贅沢な超幅広を味わってくださいね。

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング15


プルミエグレード貼り上がりイメージ
(1ケースにつき10%の910長さを含みます。)

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング2



*姉妹品の石山赤松無垢一枚物羽目板(目透かし加工)もよろしくお願いします!!



・石山赤松(せきざんあかまつ)幅広無垢一枚物フローリングの施工写真はこちらから

・石山赤松(せきざんあかまつ)幅広無垢一枚物フローリング以外の無垢フローリングの記事はこちらから


・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


石山赤松(アカマツ)幅広無垢一枚物フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×180×1820(ケースに10%の910長さを含む)

・形状

一枚物

・エンドマッチあり

・品番と価格

SA-19P OPC一枚物 無塗装 15×180×1820 プルミエ
¥33,696(税込)/1820×9枚+910×2枚入り(3.3屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

軽微なヤニツボ

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング8

松特有の樹脂道 1

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング10

松特有の樹脂道 2

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング11

赤身と白太の色違い

石州赤松幅広無垢一枚物フローリング5

*この他、特有の脂分によって削り残しのような仕上がりになる部分が出ることがありますが、樹種特有のものとして活用をお願いいたします。

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

往年の花形 カリンフローリング貼りあがりでの回顧録 

いきなり本題から始めると、「カリン」という文字を見た時に果樹を思い浮かべずに、すぐにこの赤っぽい材面を思い浮かべるようになれば、あなたはもう、立派な木材かぶれです(笑)。

ははは。
冗談ではなく、一般の方ならば必ず「あの実のなる?!」と聞かれること必至(といってもそれも若い方はあまり知らないけど)なのですから、まちがいありませんよ。

今回いうところのカリンというのは、木材でいうところの「カリン」で、唐木(からき)と称される「材質が硬くてとても見栄えの良い木材」のうちの一つです。
その材は座卓や腰掛いすなどの高級家具にも使われています。

テーブル

今回はあまりむつかしいお話はおいておきますが、このカリンもかの有名な「ローズウッド」にとっては、「遠縁の親戚」みたいなもんで、木材としては別のものですが、カリンの木材は製材したり表面を削ると、なんとも甘く良い香りがするのです。

ワイン誌では昔から赤ワインの味わいの表現として「カリン香」というのが使われていますが、まぁ「オークの樽の香り」と表現されるオークの樹種すら誤表記されているのだから、ここでいうカリンとは違い、果樹の方のカリンの香りだと推察していますが、私だけは違うのです!!

これなのです、まさしくこれなのです。
この木材のカリンを製材加工した時こそ、あの熟成赤ワインの「まろやかで温かみある甘さ」を感じるのです。
先のローズウッドの仲間である所以の、甘い香りがはなたれるのですよ。
今度、ワイン愛好家の材木屋さんの先輩にも確認しておきます。
決して、私だけではないはず・・・・・・


えぇー、前置きが長くなりましたが今日、完成を紹介するのは木材のカリンの無垢フローリングの施工の完成写真です。(以下はすべて木材のカリン表示です。念のため・・)

カリン2PUV 3

ウレタン塗装品なので、照明や太陽光を反射していて、普段は無塗装派な私も「この輝きこそ唐木の仕上がり」と納得してしまいます。
あ、話がまた少し戻りますが、ふた昔前位に多く流通していた唐木の家具や住宅部材というのは、まだ多く和室が残っていた時代だったので、座卓にしろ床の間(とこのま)材にしろ、廊下のフローリングや玄関の部材まで、こんなピカッとした仕上がりの唐木こそが最高級品でした。

そう、唐木のこの輝きを見ると「うわっ・・・・めちゃえぇ内装してはる!!!」と、視覚情報が脳に一瞬で伝達するのです。
パブロフの犬、そういう条件反射的なものを引き起こすのが今でも続いているのです。
だから、条件反射的な高級感は私の中ではいまだに圧倒的なのです。

カリン2PUV 6

まぁ、そう興奮しているのは私くらいでしょう。
自分では若いと思っている私もえぇ年のおっさんになってきましたから、私よりも若手の材木屋さんなんかは、遠目で写るこの写真を見ても「まだらな色はえぇかもしれんけど、これやったら○○のほうがえぇんちゃうかなぁ?!」と言われるかもしれません。

そうです、近年でこそ材によってまだらな色合いがあっても、「逆に木のそのままの雰囲気があっていいよね!」なんて言って好まれますが、懐かしのカリン全盛期においては材色のまだらなのは、唐木にのみ許された特権!
これこそが着色処理していない、本物のカリンの表情。
おなじ唐木の黒檀でも、着色されているものが多いし、カリンが入手しづらくなってくると似たような木材を赤く着色したくなるのが、木材商の常。
いろいろな赤い木材が流通していましたよ。

カリン2PUV 2

しかし、カリンは本来産地や性質によって、大きく材色の差がある木材。
深い赤色なものもあれば、黄色みが強く出るものもあります。
比較的赤いものが好まれるため、カリンというとどうしても赤く着色されている場合が多いものの、見よ!このまだらの色合いを!!

これぞ本物のカリンの無垢フローリングである証拠ですぞよ。

もちろん、施工中にカットされた木材は「甘い香り」がしますから、間違いありません。

間違いない、そう本物の高級木材であるカリンの無垢フローリングなのですよ。
そう強調できる理由、それは・・・・
いつも通り長くなってしまうので(汗)、次回に持ち越し。

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

 



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

普通ではない桧と栂に、普通は無いひばの柱


私が普通の材木屋ではないのは既にご存知のことと思いますが、普通ではない材木屋がすすめる木材というのは、やはり普通ではないのです。
その、普通ではない、は時間をかけ話を聞いてもらってこそ初めてわかる部分なので、こうやってお伝えしていかなければならないわけです。

今回の普通ではないは、桧と栂とそれにひばです。

正直、ひば以外はその名を聞いても特段普通に思えるかもしれませんが、そこが普通ではない材木屋の出番になったわけです。
まぁ、先に写真を見てもらいましょう。

天然の木の家3

桧の節あり幅広無垢フローリングです。
これが普通ではない理由。それは天然の木曽桧である尾州桧幅広無垢一枚物フローリングであるということ。
この文字だけでは普通でないことが伝わらないのがお施主様。
当たり前です。そんなこと知っておられたら材木屋、要りませんもの。
そこをアツく語るのが私の仕事であり楽しみ。
特段指定されることも無く、桧を希望されているというところにわざわざ尾州桧フローリングをおすすめしたのが一つ目の「普通ではない」ポイント。

天然の木の家8


見てもらえばわかる様に、若干の埋め節補修があるものの(補修なしも可)大きく赤い節とスゥーっと通る細かい木目、それに天然の尾州桧特有の香りが「普通の桧」との違いを知らせてくれます。

今回のお施主様は、きちんと材料である木の事を考えていらっしゃる方であったことから、お施主様からの声はないけれども同じ桧とはいえ、木に詳しい方が見えた時に「この桧のフローリングは普通ではないな・・・」と感じてもらうことこそが材料を真剣に考えておられるお施主様にとって一番だと考えて、おすすめしました。
「木曽桧」という産地のネームバリューというものは、古い木材業者(失礼)や社寺建築に興味のある方、彫刻をされている方には影響力があると思いますが、実際の住宅建築ではその姿も話も出る事が無いので、材木屋が思うほどの訴求力はありません。
ですが、やはりよいものは良い。

天然の木の家12


詳しい方が見ればわかりますし、目で見る質感も大きく異なります。
今すぐはわからないかもしれませんが、これからお見えになるお客様が「おっ・・・この桧、普通と違うな・・・いい材料を使っておられるな。」と感じていただければ、これしてやったり!
お施主様の株も上がるというものです。

フローリングと合わせて、同じく天然尾州桧丸面羽目板も腰板として使っていただきました。
和風の廊下にピッタリです。

天然の木の家13


さて、その次は栂ですが、普通はドアやアルミサッシ周りに使われる様な枠材としての用途のベイツガなのですが、普通ではない材木屋は国産栂(地栂・じつが)です。
そう、これも今まで多くの木の家で使っていただいた化粧梁としておすすめしたのです。

天然の木の家7

もちろんこちらも樹種の指定は無く、化粧梁ということでしたので他にも選択肢はあるのですが、敢えて国産栂です。
国産の栂は、決して産出量が多くない貴重な材。
だからこそ、今の世の中ベイツガは有名であれど地栂を見る機会はありません。
白く細かな木目と、時間の経過により晩材と呼ばれる部分が光る様に艶が出る様に感じる経年美は、他の樹種にはあまり見られません。
それに、先の様に材の供給量は物凄く少ないので、一般的には目にする事がありません。
やっぱり自分の家の中に「これ、ちょっと特別やねんでぇ〜」という部分って欲しいですよね。
床の間かもしれないし、無垢のフローリングかもしれないしドアかもしれない。
それが、今回は頭上にどっしりと構える国産栂だということです。
実際に見えている部分は少しですが、きちんと材成30cmオーバーの大きな盤としてリビングの構造材の役目を果たしていますから、決して「見える部分だけの化粧」ではないのですよ。

天然の木の家6

実は施工される大工さんに構造としての加工をしてもらったのですが、大工さんですら、その材の良さと稀少な国産栂が使われる事を驚かれていましたから、お施主様にも自慢してもらいたいポイントです。

尾州桧も国産栂も、貴重な天然林から産出する木材です。
「あぁ、桧か。あぁ、栂か・・・」とは決して言われない、普通じゃない家になっています。

最後の普通ではないのは「ひば」。

以前の記事でもお伝えしていますが、近畿地方で、特に大阪でいうとひばというのは殆ど知られていないと言っても過言ではないほど、材は見かけません。
その為に、材木屋も扱いが無く材自体も知らない場合があるので、使われることはまずないのですが、ここも普通ではない材木屋の出番です。

雨のかかる和風住宅の玄関ポーチの柱ですし、玄関を開けると見えるのが尾州桧のフローリングですから広葉樹というのも少し違う。
そこで登場、「ひば」です。
正確には能登あてという樹種ですが、針葉樹の中では耐朽性が高くまた桧に似た節目も綺麗で、私の大好きな芳香を発する木材。
ポーチの柱には耐朽性の高いものを、というご希望により提案したものですが、能登あて(ひば)に親しみの無いこの地で受け入れられるのか?!という心配もよそに、私のアツい能登あて推しが伝わり、採用していただきました。
それに大きさがすごい。

天然の木の家1

全体はお見せできないもののお宅も立派ですが、負けない位に太い。200×250というサイズです。
存在感満点。良い香り。

もちろん、永久に腐らないのではなく表面の紫外線劣化や、防ぎきれない割れからの雨水の侵入などで変化はしていくことと思いますが、その時間を共に過ごすことができるのも、無垢の木材だから。

もうここまで来ると、材木屋の矜持。
自身の家に想いを込めるお施主様に対して、全てが伝わるかどうかではなく後によかったと思って頂けるような贅沢な提案を全力でぶつけたつもりです。
無垢の木材を選ぶにも様々な理由がありますが、やはりその樹種ならではの持ち味を感じられることは大きな理由になります。
足に触れ、香りを感じる尾州桧、落ち着いたリビングの掘りごたつで仰向けに天井を眺めた時に目に映る国産栂の美しい木目、毎日の往復で目にする玄関で少しづつ年をとる能登あての柱。
無垢の木材ならではの変化をも感じてもらえるであろうと思います。

普通ではない材木屋の、普通ではない提案を受け入れてもらえる有難さを今日も感じ、次の普通ではない家のお客様を探しているのであります。

天然の木の家2


・天然!尾州桧(きそひのき)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・天然!尾州桧(きそひのき)幅広無垢一枚物羽目板はこちらから
・国産栂についてはこちらから
・国産栂幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・柱以外 能登あて幅広無垢一枚物フローリングはこちら、羽目板はこちらから

弊社へのお問い合わせはこちらから



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

ピュアラーチ幅広無垢一枚物フローリングで床リフォーム完成


なんということでしょう!!冷たくて立っていることも辛かったリビングの床が、温かなピュアラーチの床に大変身・・・・

ちょっと大袈裟に始めましたが、例のBGMが欲しい位に、まさしくそんな感じの印象です。
あぁ、こういう雰囲気があの手の番組でほっこりと映るんだなぁ・・・と妙に納得自画自賛の仕上がりとなったお客様宅を訪問しました。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 10

採用して頂いたフローリングは「ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング」のセレクショングレードです。
ピュアラーチの持つ金色といってもいいくらいに綺麗な木目が、「なんということでしょう」的な美しさです。

この針葉樹独特の早材と晩材(木目の色の濃い部分と薄い部分)の色の差がもたらす木目は、広葉樹無垢フローリングでは味わえない、いわば針葉樹の特権!
しかもスギヒノキでは少し赤茶色く感じる晩材といわれる木目の濃い部分も、ピュアラーチでは金褐色(あえてこう呼ぼう!)と形容したくなるくらいに輝いている様に感じます。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 3

冒頭にある様に、ショールームに来ていただいた最初のご希望が「無垢のフローリングであるにもかかわらず足元が冷えて仕方がない」という状態の改善だったので、樹種選定には比較的柔らかめの樹種が頭に浮かぶのは当然のことなのですが、やはりそこで問題とされるのが「傷がつきやすい」と言われること。
これはショールームにおいては必ずといっていいほど話題になることです。
「そりゃ無垢のフローリングには傷はつきものですよ!」なんて言うのは簡単ですが、折角気にいって選んだ綺麗なフローリングにすぐにボコボコと傷がついていく様を想像するのは誰だってイヤなものです。
そういう私ももちろん、自宅のフローリングが貼りあがった時の綺麗さと満足感に、「キズ厳禁!!」と、いつもショールームでお話する「キズはつきものです」なんてよく言えるな・・・と自分で感じるほどに心配になったものです。
説明する立場の私でもそうなのだから、お客様はなおのこと心配なハズ。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 12

それでも、ご友人宅で味わった針葉樹フローリングの踏み心地と、その温かみすら感じる木目に心惹かれていた様子だったこともあり、ひらめいたのがピュアラーチ。
普通は、「温かい針葉樹」とくるとスギかレッドパインを先ずお勧めするのが一般的。予算的にも負担が少ない場合が多いですし、近年のスギフローリングの良い部分のイメージの浸透具合はとても深いですから、「では、スギのフローリングでいきましょう!」といってしまいそうなところですが、お話を伺っていると雰囲気としてはスギよりもレッドパインに近いけれども、レッドパインなら良いかというとそうでもなさそう・・・
針葉樹の柔らかな印象を持っていて節がそこそこ美しくて、なおかつ傷がつきにくく目立ちにくい樹種・・・
うーん、無理!!!と言ってしまいそうなところですが、そこで登場するのが今回の真打であるピュアラーチ。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 2

ラインナップには節をほとんど含まないプルミエグレードから、針葉樹独特の節の雰囲気を存分に味わえるネイキッドグレードまでそろっているうえに、厳しい寒さの中ゆっくりと育った天然林から産出(日本での唐松は殆どが植林)される、年輪の細かな原木から気取りされた木目はとても美しく、さらに、針葉樹の中では重厚な部類に入る堅牢さを持っているために、スギのようないつの間にか傷だらけというような傷のつき方にはなりにくいことがまさしく、今回のご希望にぴったり!!という事で、後はピュアラーチの魅力を情熱的に伝えるのみ!!!

殆ど私の好みと聞いていてもわかりにくい蘊蓄も交えておすすめしたわけですが、施工後は結果的にフローリングに対して希望されていたことを概ね満たすことができたようにうかがって、どこか自分の息子を褒められているようで、満足頂いたことに少し恥ずかしいような今現在です。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 4

しかも今回は弊社のほど近くにお住いだったためにフローリング施工工事まで弊社にて請けさせていただいたので、もうこの記事は自画自賛もいいところ・・・・・

そんなフローリング施工でしたが工事が終わり、床の養生板を取り外した私は少し目を疑いました。
あれ?!これは4mの原木から作られたものがたまたま一列に並んだの?!、と・・・
フローリングの長さのサイズは1820mm。でもそのつなぎ目を見た時、一瞬木目が繋がって一枚のフローリングの様に見えたのです。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 11

こんな感じに・・・(因みに2枚左隣もそうです。)
実はこれ、大工さんがすべてのフローリングのケースを開梱し、並べなおしたときに木目や色合い、節目の出方などで順番を振り分けていたために、一枚ずつ施工する際に、なるべく長手方向の木目が途切れるような印象のない様に、わざわざつながりを見て貼り込んだからできた職人の気遣いなのです。
そんなことやってるから、施工予算が・・・・
最終計算すると、心配どおりえらいことに・・・・・(涙)

しかしながら、お客様ご主人も薄々この続いているはずがない木目の連続に、もしかして?!と大工さんの気遣いに気づいてくださっていたそうで、その点も喜んで頂き、私も嬉しい位の貼り上りで最終的にはそれでよし、だったのですが。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 13

アンケートの中にもあるように、冒頭の床の冷えはとても辛いものだったらしく、直前まで他社さんで施工されたメープルのウレタン塗装の綺麗なフローリングが施工されていたものを、わざわざ貼り替えるという作業だったわけですが、断熱材を施工して床下からの冷えを緩和し、なおかつ木肌の質感を感じることが難しかったウレタン塗装のフローリングから無塗装のピュアラーチフローリングに替えることで、冬本番の前ではありますが本日現在までは快適にお過ごしいただいているようで、フローリングに満足いただいたことと、断熱を提案して施工させて頂いた甲斐がありました。

もちろん、メープルのような広葉樹のフローリングが冷たい、という事ではありません。
何度も書いているように、木は本来温かみのある素材です。そして比較的重硬な樹種は冷たく感じるのも事実ですが、冷たく感じた次の瞬間からは次第に冷たさが和らぐはず。それが体温を奪われにくい「木から感じる温かみ」であり、弊社が素材を無塗装で提供している所以です。

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 1

もちろん、ウレタン塗装をしなければ反りや寸法変化の心配が大きくなります。
しかし、元来とっても暴れん坊な性格のピュアラーチでも無塗装で紹介できるのは、それだけ乾燥や製材にこだわっているから。
だからこそ、このような惚れ惚れする美しい黄金の輝きが生まれるのです。

おそらくは、これからもっともっとお日様の光を受けて深い色合いになってくるでしょうし、お子さんのおもちゃの傷も増えることでしょう。
それは住んでいるご自身が日焼けし年齢を重ねて変わっていくように、同じようにその時間を共有し変化していくのが無垢のフローリングです。
かわいいお子さんが成長し、フローリングの色の変化や昔付けたキズの事を思い出す日が来るとき、その時こそ、ちょっと奮発したけれどピュアラーチフローリングを選んでおいてよかったな、と思って振り返っていただけると嬉しく思います。

N様、お仕事忙しいところ工事中ご不便をかけました。素足で過ごしたくなるようなリビングで、これからも家族仲良く健やかに過ごしていただけますように・・・

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 5

・今回施工頂いたピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢フローリングUNIネイキッドグレードオイル塗装施工写真はこちらから
・その他の弊社取扱い無垢フローリングはこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから

広い面積では目立たないものの、セレクショングレードにも若干の小節や色差などが含まれます。
下の写真を参照してください。

源平(赤味と白太)

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 6

指先大の節

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 7

白抜け部

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 8

ピュアラーチならではのフローリング表面への樹脂の析出

N様邸ピュアラーチフローリング施工写真 9

最後にいつものアンケートを掲載いたします。
いつも言いますが、決してやらせでも脅しでも(笑)ありませんので、ありがたいお言葉として掲載させていただきます。
因みに、ご意見いただいております新しい弊社のページは来春にアップ予定ですので、もうしばしのお待ちを・・・
お世話になりありがとうございました。


アンケート

 

・今回の弊社の対応について(メール、電話回答の内容や対応はいかがでしたか?!)

迅速で、かつ細やかなご対応を頂きました。

 

・担当について(印象はいかがでしたか?適切に対応できましたでしょうか?説明は理解できましたでしょうか?)

知識量がすごい、というのが一番強い印象です。私が1つを質問すると10で返してくださるという感じです。もちろん素人の私にもわかりやすい説明をして頂きました。

底冷えも解消したいという希望があったのですが、断熱材選びでも、真剣に選んでいただき、感激でした(11月時点、断熱材の効果はバッチリです!)。

10畳という狭くまた古いLDKのリフォームの依頼でしたが、きちんとご対応いただいて、とても良かったです。平日は夕方以降でしか都合がつかない所を、こちらの時間に合わせて打合せ等していただき、助かりました。また家族全員が理解・納得できるように、繰り返しご説明を頂きました。

 

・インターネット記事について(弊社記事で商品御理解いただけましたか?お探しの物が見つかりましたか?記事内容はいかがでしたか?)

インターネットの記事については、興味深く拝見しましたが、どこまで自分が理解できているのか(笑)

画像を見てフローリング選びの参考にさせていただきました。それよりも、戸田さんの知識や木材への想いが綴られている記事を読むにつれ、私の希望をお伝えしうた上で戸田さんのオススメしてくださる床材であれば、きっとどれも満足できるのではないかという思いのほうが強かったです。実際、施工後もとても満足しています!

 

・商品について(この材料を選んで頂いた感想と、貼りあがりの感想をお聞かせください。)

私の

唐松を貼っていただいたのですが、とても良かったです。私の希望は「黄色みの強くキズが目立たなそうなもの。暖かみのあるもの」という希望があったのですが、すべてに応えてくれていると思います。

まず見た目では、茶トラの猫を思い出す木目で、ほんわかとしたやさしさのある表情をしています。そしてこの床全体に広がる木目のおかげで、小さなキズは気になりません(施工後1ヶ月ですが、子供によって既に傷だらけです、笑)。

また施行いただいた大工さんの技やこだわりも見ることができ、毎日過ごすリビングだからこそ良いリフォームをして頂き、本当に良かったです。

 

・弊社を選んで頂いた理由を教えてください。

以前、他のリフォーム店で失敗した経験から、早い!安い!のリフォームよりも少しぐらい時間とお金がかかってもよいので、良いリフォームにしたいという思いがありました。無垢の床を選ぶにあたって知識面等で信用のできるところを探していたところ、戸田工務店様のホームページを見つけ、実際にお話を伺い、こちらに頼もう!となりました。

 

・今後このようになればよいのに、というご希望あれば参考にさせていただきますので、教えてください。

リフォームにあたっては、特に希望はなく、何も問題はありませんでした。

強いて言えば、ホームページはブログ形式なので、それとは別に、取り扱いのある、木ごとの特徴がまとめられたような、総合的なホームページがあるほうが、一般的にわかりやすいのではないかなと思いました(過去のブログを遡らせることに意図があるのであれば、別にこのままで良いのですが)。

 

 

2014.11.10 N



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチとリフリーオークに新グレード追加


前回のブラックチェリー幅広無垢V溝フローリングに引き続き、無垢フローリングラインナップにグレード追加のお知らせです。

無垢フローリングと言うと、未だに節目の豊かな針葉樹ではスギレッドパイン、広葉樹ならナラオーク)かカババーチ)のツルツルのウレタン塗装が一般的。
もちろん、お施主様の希望や予算の都合、デザイン上のバランスなどの理由で選定されることが多いこれらの樹種ですが、合板フローリングがどんどん進化して無垢フローリングにかなり近い質感を得ながら無垢フローリングには無い性能を持っている(これは改めて記事にしなくてはなりませんが・・・)近頃では、ただ「無垢材のフローリング」というだけでは、お客様にその良さが伝わりにくくなっている様にも感じます。

特にスギやレッドパインでは柔らかいとか、節が目の玉のように見えて気になるとおっしゃるお客様も多く、そのためグレードにもよりますが、針葉樹無垢フローリングよりも比較的節目穏やかな広葉樹フローリングに嗜好が移る時もしばしば。
そこで出てくるのが先のナラ(オーク)とカバ(バーチ)という無垢フローリングの2大広葉樹のウレタン塗装無垢フローリング。
ナラははっきりとした木目とその変化が楽しめて、落ち着きのある色合いが住宅にも良く似合いますし、反対に木目の目立たないカバは、白基調のものはすっきりと、赤身白太混合のものは無垢独特の色合いの変化を楽しむことができることから、飽きなくつかわれています。
また、ウレタン塗装をされていることにより後からの塗装をしなくてもいいことと、なによりも無垢材の伸縮などによる寸法変化を抑えられる事から、建築工事関係者の間では「無垢のフローリングと言うとウレタン塗装」というのが一般的だと思います。

しかしながら、通常のウレタン塗装は確かにピカッと光って貼り上りは綺麗に感じますが、直に触った時の無垢の木材の足触りや柔らかい印象の木目というものが、ウレタンの膜により感じられなく(感じにくく)なってしまうのは仕方ないところ。
伸縮による隙間や反り等がでるくらいならそれぐらい仕方ない・・・・・
そう思ってしまうところですが、リフリーバーチリフリーオークは一味違います。

リフリーオーク ネイキッド 5

(リフリーオークネイキッドグレード)

ウレタン塗装でありながら、ウレタン塗装独特のテカッとまぶしく光るツヤを抑えてより自然に見せ、手触りも木そのもの、、、とまではいきませんがツルツルのウレタンとは全く違います。
それでいて、通常のウレタン塗装と同様に塗装済みフローリングとして扱えるところが凄いと思いませんか?!

リフリーバーチセレクション3


(リフリーバーチセレクショングレード)

無塗装やオイル塗装のフローリングではない、塗装済みフローリングのもう一つの選択肢であるリフリーオークとリフリーバーチ。
今回追加になるのは、リフリーオークネイキッドグレードとリフリーバーチセレクショングレードです。
それぞれ、樹種の表情を活かしたグレード設定ですから無垢フローリングの味を十分に楽しんでいただけると思います。
ウレタン塗装のピカピカではなく、オイル塗装の様なしっとりとした質感が好きだけれども伸縮による影響が心配だからウレタン塗装で・・・と考えておられる方にも見ていただきたいラインナップです。(もちろん、ウレタン塗装をしていても伸縮します。詳しくは弊社からのメッセージをご覧ください。)

それぞれの樹種の特徴と比較は下記記事を参照してくださいね。
新しい選択肢、低光沢ウレタン塗装。
気になる方は弊社までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

・低光沢ウレタン塗装 リフリーオーク無垢フローリングはこちらから
・低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ無垢フローリングはこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから

リフリーオーク ネイキッド 4


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ブラックチェリー幅広無垢フローリングにつなぎ目V溝が追加になりました!


今まではそうは一般的ではなかった樹種が今や花形となっている、というのは木材業界の樹種変遷では良くあることです。
その理由は、木目の流行であったり入手が困難になった事による樹種転換であったり、もしくはお客様の求める木材の変化であったりと様々ですが、この樹種も近年の人気がウナギ登り(まさしくウナギの価格の様に・・・)なのではないでしょうか・・・

ブラックチェリーです。

ブラックチェリーv溝 プルミエ 2

今までは、日焼けによる変色が相当早い事、赤身と白太の色合いの差が大きいこと、ガムポケットと呼ばれる黒色の筋が大きくでるものがあること、などで均質さが問われる日本の木材業界にはあまり浸透していなかったように思うのですが、諸外国からの家具やフローリングに使われている表情が、今までの均一さを求めてきた感性に「新しいもの」として受け入れられたのかもしれません。

ブラックチェリーv溝 プルミエ 5


もちろん、店舗の様な「節やあえて不均一な木目などをとりいれた洒落た内装」を住宅にもとり込もうという新たなインテリアデザインにも丁度合致したからだということも大きい理由だと感じる機会が多いのですが、どちらにせよキャラクターが豊かな木材として、また高級木材としての認知度が定着したことは疑う余地がありません。

そのブラックチェリー、いままでも幾度か取り上げていますが今回はラインナップの追加のお知らせです。

唯一無二の存在である一枚物と、予算を考えながらチョイスできるユニタイプを紹介していましたが、今回はその両方を欲張れるタイプのご案内。
そう、今までもバーチオークなどの樹種でとても好評の「幅広つなぎ目V溝フローリング」の追加です。

ブラックチェリーv溝 セレクション 3

幅広v溝フローリングについては、今更説明する必要もないかと思います。
そのつなぎ目v溝ラインナップの中にブラックチェリーと並び、フローリングにとどまらず人気が高いブラックウォールナットにもラインナップを揃えていましたが、今回遅れてブラックチェリーにも追加することとなりました。

ブラックチェリーv溝 プルミエ 3


通常のユニタイプとの違いは先ずそのフローリングの幅。
合板フローリングでも150mm幅というのはなかなか見る事ができないのに、無垢の150mm幅の一枚物の板を使っているというのは、大きな違い。
そしてその150mmの幅広無垢板を、ユニタイプのフローリングではあるものの、つなぎ目を最大2カ所(3ピース)まで、としているところが通常のユニタイプでは見られないところです。


ユニタイプのフローリングは、大抵は90mm幅の無垢板の短いピースのつなぎ合わせで1820mmのフローリングをつくるのが基本です。
しかし、それでは短い寸法のものがたくさん並ぶことになり、無垢ではあるもののダイナミックさには少し欠けてしまいます。
しかしながら150mmというワイドな無垢板をできる限り長いままつなぐことで、施工性はアップさせながらも、貼上りの質感は幅広板を丁寧に敷き詰めたという印象を与えてくれるスグレモノ!!

ブラックチェリーにはつなぎ目V溝フローリングがないのか?!
そう思って待っていてくださった方。お待たせしました。
これで、V溝ラインナップにて選択肢がまた一つ増えました。
悩んで頂ける(笑)と思います。
夜なべして弊社記事を読んで下さっている方、悩みの種を増やしてすみません(笑)。いっぱい悩んで、お買い上げいただくことお待ちしておりまぁーす。


プルミエグレード 貼り上りイメージ

ブラックチェリーv溝 プルミエ 1

セレクショングレード 貼り上りイメージ

ブラックチェリーv溝 セレクション 1


(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)

*ブラックチェリーは材面の色合いの変化が著しく現れる樹種です。一日日光にさらしていても目で見てとれるほどの変化がありますので、施工の際の射光による床養生の際の変色などには十分配慮ください。
下写真は弊社ショールームにて使用のカットサンプルを屋内の反射光位しか当たらない場所に4年おいていたものです。

ブラックチェリーv溝 セレクション 4

・ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリングはこちらから

・ブラックチェリー幅広無垢一枚物・UNIフローリングの施工写真はこちらから              

・ブラックチェリーV溝フローリング以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・この他無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


ブラックチェリー幅広無垢つなぎ目V溝フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×150×1820

・形状

UNI(たて継ぎ部分にV溝加工)


・エンドマッチあり

・品番と価格

BP-33VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥28,512(税込)/6枚入り(1.63屐

BP-33VS UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥21,427(税込)/6枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから 


・表情の違い 参考

セレクショングレードの節

ブラックチェリーv溝 セレクション 2

プルミエグレードの黒筋

ブラックチェリーv溝 プルミエ 4

プルミエグレードのガムポケット

ブラックチェリーv溝 プルミエ 5

その他の表情も様々です。
下記リンクからブラックチェリーの表情の違いを確かめてください。

・ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ブラックチェリー無垢フローリングユニタイプはこちらから

その他のつなぎ目V溝フローリングは下記からどうぞ。

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢V溝フローリング
ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木の虫材木屋の、無垢フローリングラインナップ(幅広、一枚物etc・・・)


便利なインターネット検索で弊社にたどり着いて頂いているにも関わらず、意図していたページではなく、直近の記事や関連記事が表示されて、その物の元の記事にたどり着くまでに時間がかかるケースがある、ということで、よく見ていただく無垢フローリングの樹種ごとの記事一覧をこちらにまとめておきますので、活用頂きたいと思います。

板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢一枚物フローリング
欧州楓(ヨーロピアンメープル)幅広無垢一枚物フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリング
ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
百年杉柾浮造り(うづくり)無垢フローリング
高野槙無垢一枚物フローリング
青森ひば無垢一枚物フローリング
古希杉板目節あり浮造り(うづくり)無垢フローリング
国産地栂(じとが・じつが)幅広無垢一枚物フローリング
国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング
ウールアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢一枚物フローリング
ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング
ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物羽目板
北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物フローリング
北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板
ロックメープル(カエデ)幅広無垢一枚物フローリング
・尾州桧(木曽桧・きそひのき)節あり幅広無垢一枚物フローリング
尾州桧(木曽桧・きそひのき)節あり幅広無垢一枚物羽目板
米杉(レッドシダー)無垢一枚物羽目板(定尺材)
杉埋め節幅広無垢一枚物フローリング
低光沢塗装 リフリーバーチ(樺・かば)無垢フローリング
低光沢塗装 リフリーオーク(楢・なら)無垢フローリング
能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング
能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板
オークハーテイド、バーチハーテイド幅広無垢一枚物フローリング
エインシェントオーク(ナラ)幅広無垢一枚物フローリング
日本の広葉樹無垢フローリング 〜清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリング
日本の広葉樹無垢フローリング 〜清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリング
石山赤松(せきざんあかまつ)幅広無垢一枚物フローリング
ネシアンチーク幅広無垢一枚物フローリング
桐(きり)幅広無垢一枚物フローリング
施工しない無垢フローリング 〜Shikiyuka ヒノキ〜


各記事、その木材への想いが詰まっています。また、私が紹介する木材やフローリングへの想いもこちらに出ておりますので、一緒に読んでくださいね。
担当戸田昌志が想うこと、のカテゴリーもお忘れなく・・・
お気に入りの木材であるフローリングを探して見てくださいね。
よろしくお願いいたします。



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

過酷な環境はフローリングを大きくする・・・


もう何年も、私の為に過酷な環境下で頑張ってくれているものがあります。
それは彼ら。


サンプルたち


ショールームに来ていただいたお客様の為に、日々過酷な状況に置かれているこのカットサンプル君達(無塗装)ですが、今日は彼らの身体測定をする事にしましょう。
実はすごく成長(!?)しているもんですよ。

先ずはこの1年ほど活躍している欧州楓(ヨーロピアンメープル)君。
ほおー、幅131mm。
規格が130mmだから誤差の範囲も考慮しないといけませんが、厳密には少し大きくなっていますねー。

身体測定 1


次にもう4年以上活躍してくれている板屋楓君。

身体測定 2

見えるでしょうか?!この寸法。
拡大してみましょう。

身体測定 3


わおっ!予想以上の成長ぶり!!133mm!!(面取り部分で132mm位)

どういうことか、この写真を見てお分かりでしょうか?!
決してフローリングの加工精度が悪くて寸法がばらついているわけではありません。
わざとそうなる様にしているのです。
ショールームにて、無垢の木材の綺麗な顔だけを見てもらうのではなく、性質その物を知っていただくための仕掛けの一つです。
ショールームはわざわざフローリングを「見に来る」だけのスペースではありません。
その表情を参考に眺めながら、木材の持つ本質的な性質や個々の特徴、そしてそれらを含めた木材のストーリーをお話して、フローリングを購入してもらう、というよりもフローリングに愛着を持って共に過ごしてもらえるようにする、という事を考えています。

この写真も、なんの説明もなければ寸法精度の不良ということになりそうですが、そうではなく、言葉ではよく耳にする木の呼吸、すなわち「吸放湿」のもたらすものです。
簡単なことで、133mmまで大きくなった板屋楓君は、4年間も湿度を急激に吸う環境に置く事で、どんどんと吸湿し、信じられないかもしれませんが3mmも大きくなってしまいました。
もちろん、皆さんのお手元に届く無垢フローリングが全て3mmも大きくなるほど突然吸湿することは稀ですが、無垢のフローリングはこれほどの吸湿と放湿の効果を併せ持っているという事です。

口では木は呼吸しますと簡単に言えますが、実は目で見るとこんな動作で吸放湿しているんです。
木は、私たち人間と同じように、細胞という組織で出来ています。
そして、その細胞という組織の中に、水分を保持しているわけです。
下の写真で小さく穴があいて並んでいるのがわかりますか?!
この穴も、ストローの様な細胞の断面のうちの一つです。(写真はカスクオーク

道管


例に水風船を考えてみましょう。
水を入れると風船が膨らみますよね。
勿論のこと、中に水が入るんだからその通り。
木材も同じことです。細長い細胞組織が集まって出来ているため、その中に湿気という水分が入りこむ(吸湿)ことで、木材自体が膨らみその代わり湿気をその中に保持できる訳です。
放湿する場合はその反対、ですね。
木材の吸放湿は、このような天然のものゆえの細胞組織の性質から来るものです。


ということは、施工の際の注意事項にあります「フローリング同士をくっつけ過ぎないこと」や「壁際の余裕をとること」の意味が理解して頂けるでしょう。
1枚で3mm大きくなったら10枚で30mm、実際には無いような例えですが、8帖のお部屋ならおよそ84mm幅が広くなる計算・・・
(上が正130mm、下がサンプル君133mm)

3mm


だから「突き上げ」という現象が起こります。

緩やかではありますが、吸放湿作用によって室内の調湿をしてくれる動きはこの様に現れます。
もちろん、大きくなりっぱなしではなく、湿気を吐き出すことで収縮することを繰り返しますから、ずっとそのままではありません。
機械式とは違い、一気に吸い込むことはしませんが、常にこの様な作用を繰り返している無塗装無垢フローリング。
凄いとは思いませんか?!

夏場や雨の日にフローリング表面がじっとりしていて、どこか足裏が落ち着かない経験はありませんか?
どんなに表面が美しくても、無垢の風合いに近づけても、傷がつきにくい合板フローリングでも、目に見えない吸放湿効果で足元を快適に保ってくれるのはやはり無垢フローリング。

フローリングを考える時、合板フローリングの優秀な機能性の宣伝に目を奪われがちですが、カットサンプル君達の様に目に見えず頑張る「足の下の力持ち」の無垢フローリングの素晴らしさを是非、弊社ショールームまで聞きにいらしてください。
カットサンプル君達にも会うことができますよ(笑)。
彼らとともに無垢木材のお話を持ってお待ちしております。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・無垢フローリング選びについてはこちらから

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

売り切れ必死?! ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリング特別販売


こんなのはあんまり、いやほぼありません。
訳ありや難ありの商品を安く売り歩くということが好きではない性分であることがその理由ですが、今回だけは特別です。

買い占めるぐらいの勢いで食指を動かしていただきたいこの樹種を、数量に限りはありますが、特別販売のご案内をいたします。
それは、ブラックウォールナットと並び、独特の存在感で好まれる「ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリング」の、定乱尺オイル塗装のプルミエグレードとセレクショングレードです。

プルミエグレード

ブラックチェリー定乱尺 プルミエグレード

セレクショングレード

ブラックチェリー定乱尺 セレクショングレード


建築材料の世界で「特価販売」と言えば、廃番品やその時限りのスポット商品、中身に少し問題がある「B品」等である場合が多いので、気をつけないといけませんが、今回ご案内のブラックチェリー幅広無垢定乱尺フローリングは、通常ご案内しているブラックチェリー無垢一枚物フローリングそのものであり、中身もグレード基準も何も変わるものはありませんので、本当の特別販売だと思って下さい。

では何故、今特別販売なのか?!
簡単です。もっと使っていただきたいから、ということと倉庫在庫の入れ替えの為、ただそれだけです。

表情豊かでありながらも柔らかな印象を与えてくれることで好まれるブラックチェリーですが、いかんせん、原材料の価格は他の樹種よりも高騰してしまいます。
それだけ価値のある木材であるということですが、どうしてもおうちの予算を考える中でブラックチェリーに手が届かない、若しくは高嶺の花だと諦めて初めから「カバザクラ」や「チェリー色塗装」のフローリングを検討している方には次には無い千載一遇のチャンス!!

この機会逃すべからず・・・です。

合板フローリングやユニタイプ、90mm幅のブラックチェリーフローリングは目にしますが、150mmの無垢一枚物のブラックチェリーのフローリングは普通のお宅ではなかなか見る事が出来ないものです。
ブラックチェリーの無垢フローリングにて迷われているお客様は是非、この機会に使って頂くことをお勧めします。

ブラックチェリー独特の、花の咲いたような優しい印象がおうちに華を添えてくれることと思いますよ。

ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリング 2


ブラックチェリー幅広無垢一枚物定乱尺フローリング

・寸     法:18×150×610〜 

・形     状:一枚物(定乱尺)

・入     数:12枚入り(1.63屐法1210+610
                       1010+810
                       1110+710
                       910+910  の組み合わせ梱包です。

・エンドマッチ:あり

・価     格:一枚物 オイル塗装 幅広定乱尺150 プルミエ ¥27400
(税込¥29592)/1.63

        :一枚物 オイル塗装 幅広定乱尺150 セレクション ¥20800
(税込¥22464)/1.63

・運     賃:別途。地域によりお問い合わせください。

・グ レー ド :プルミエ    材の特色を活かしたトップグレード
        :セレクション 小さい節や軽微な色むらを含みます。

・納     期:無垢商品の為、余裕を持ってご確認ください。

写真は全てフローリング実物ですが、光の当たり具合や丸太の差で表情や色合いに変化がありますので、参考イメージとしてください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから                


・表情の違い 参考

ブラックチェリー やけ


若干の変色部分





ブラックチェリーパテ 1


変色部分





ブラックチェリー小節 節1


小節





ブラックチェリー小節 節2


節の表情





ブラックチェリー小節 補修2


小節の補修





ブラックチェリー無節 ムラブラックチェリー無節 色違い


色ムラや色違い
(一種類のグレードの中で




*)今回ご案内分は厚み18mmになります。通常の無垢フローリングの15mmとは異なりますので、施工・その他取り合い部の高さ関係にはご注意くださいますようにお願いいたします。


・ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリングについてはこちらから

・弊社へのお問い合わせはこちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

国産広葉樹フローリング 清涼楢の洋食屋さん


また、寄り道スポットが出来てしまいそうです・・・

先日から工事されていた、国産広葉樹の無垢フローリングを採用頂いた洋食屋さんが工事完成し、一足お先に仕上がりを拝見に伺ってきました。

清涼楢店舗 7

こちらの店舗は、企画段階で無垢の「本物の」フローリングで、カッコよく仕上げたいという希望を頂いていました。
わざわざ「本物の」と念押しされたのは、印刷でも表面に単板を貼ったものでもなく、一枚の無垢のフローリングで、しかもよく見かけるパインなどではなく、広葉樹で仕上げたいということでしたので、迷うことなくおすすめしたのが日本の広葉樹フローリング「清涼楢幅広無垢一枚物フローリング」です。


清涼楢店舗 1


清涼楢についての詳しくは本編に譲りますが、やっぱり森の王様は住宅でも店舗でも王様の様です。
華美ではない、落ち着いた雰囲気でありながらはっきりと「木」であることを主張できるのは、楢・オークの特権ではないかと思います。
だからこそ、印刷や単板の世界でもいつまでも人気が衰えない理由だと思います。

清涼楢店舗 9

今でこそ、昔では考えられない様な「節や傷、芯材」といった「無垢の欠点」と言われていた部分が、印刷の木目シートでも表現され、通常の無垢フローリングでは大きな節の引っかかりや傷のために、室内での素足使用が出来ない様な状態でも、凹凸の無い印刷の特徴を活かして住宅の室内用の合板フローリングなどにも「欠点」を取り入れた「斬新」なデザインが採用されるようになってきましたが、それらはあくまでもデザイン上のものであって、そこから先の風合いが良くなっていくわけでも、だんだんと変わってくる表情を愛着をもって眺めるという楽しみも持ち合わせていません。

清涼楢店舗 2


印刷で表現しきれない虎斑も勿論散見できますが、これこそ光に透かして反射してくる斑の輝きを楽しんでもらいたいところ。

清涼楢店舗 3


また、店舗の場合は住宅よりもその室内の雰囲気を重視するところが大きく、こちらの店舗も入り口も無垢のドアをしつらえ、その他の枠周りも無垢の木材作られている事で、やはり経年による変化が楽しめる無垢の利点を最大限に活かせることと、落ち着いた雰囲気を演出するには本物のしっとり感も重要な要素の一つとして機能していると感じます。

清涼楢店舗 6


もちろん、コンクリート打ちっぱなしのデザイン性を上手く利用して仕上げるのも一つの店舗の見せ方ではありますが、飲食などで落ち着いて店内に滞在する場合には、やはり無垢の木材で、しかも少し木目の変化を楽しめるものの方が、そこにいる人も落ち着きが持てることは、木材が視覚に作用する力で証明されていますから、無意識ではありますが、「なぜかしっくりとくる」と思っていただけることでしょう。
それが無垢の木材が店舗にも多く用いられる理由の一つであり、勿論のことながら、住宅においても「木の床の不思議シリーズ」にてとりあげている様な様々な良さを実感していただきたいところなのです。

そう、しっくりくる、という感覚。
まさしく、雰囲気が大切な店舗には無くてはならない条件ですね。

清涼楢店舗 8


実はナラは、輸入材が多くを占める樹種です。
日本には無い、、、のではなく輸入に頼っているのが現状です。

理由は様々ですが、日本でもナラは多く産出されています。
諸所の事情から、皆さまの元に届いていないだけ。

日本の無垢の広葉樹フローリングであるナラで、幅広の一枚物である清涼楢フローリングは、多少の色合いの差があったり輸入のナラのような木目の均一性は少ないかもしれませんが、プルミエグレードとネイキッドグレードを用意していますので、日本で生まれ育ったナラの木目を楽しんでもらえますよ。

清涼楢店舗 5

現在は無塗装の状態ですが、これが土足使用により鍛えられた木目になるのも時間の問題。
そうすれば、さらに奥行き深く味わい深くなるのがナラの無垢フローリングならではの持ち味。
ナラのフローリングの人気のもう一つの理由ですね。
お店の歴史とともに、その味わいを深めていくフローリングは店主とともに歩むお店の歴史でもあり、お客様が来ていただいた事による歴史が刻まれるもの。
それがこれからです。

どんどん深まる味わいの変化が楽しみです。


いよいよオープンが待ち遠しいこのお店は、実は弊社のホントに近くにあります。
あぁ、また家が遠くなりそうです。
というのは、お店のご主人は居酒屋さんなどの飲食業の経験も豊富とかで、御食事以外にもアルコールを提供してくださる予定だそうなので、食事以外でのお客様が夜な夜な集まりそうな予感・・・
しかも、そう宣伝はされない予定とも聞いているので、穴場的に広まっていくでしょうから、そんなお店の好きな私はもちろんいかずにおくべきか・・・

ということで、オープンが楽しみなお店がまた一軒でき、そして清涼楢のこれからの経年による変化を楽しんで見届けたいと思います。

ナラにドングリが実る様に、お客様とお店の関係も多く実りますように。商売繁盛祈念しております。
採用ありがとうございました。

清涼楢店舗 4



写真はフローリング実物ですが、夕刻に撮影しているため、夕日による画像の色合いへの影響のあるものもあります。
実際には、実物サンプルにて風合いをお確かめ下さい。


・日本の広葉樹フローリング 清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・日本の広葉樹フローリング 清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

杉埋め節フローリングを使って木材利用ポイント


昨年始まった木材利用ポイント制度。
蓄積量の豊富な木材を使う事で、木材利用の推進と生活、地球の双方の環境に寄与しようという名目の精度ですが、フローリング部門でポイント付与されるモノの中で、合板フローリングを除き一番需要が高いのがこの「杉埋め節フローリング」です。

杉埋め節フローリング 7


前回にも古民家の改修と同時にポイントを申請される為に使っていただきましたが、今回もまた鉄筋コンクリート造の住宅の改装に使用していただきました。

杉埋め節フローリング 2


もう御存じ頂いていると思いますが、この杉埋め節フローリングの特徴は、しっかり「節による埋め木」がされていること。
一般的な杉の無垢フローリングというと、抜け節の部分にはパテによる補修が施されています。もちろん、問題があるというわけではないのですが、御客様のなかには味気のない茶色いパテよりも、折角の節板を楽しみたい、という要望があることも事実。
広葉樹フローリングの場合はパテ補修になってしまいますが、ヒノキや杉の場合は抜け節部分に同じ様な節を埋め込む事で補修していますので、木を楽しむにはもってこいです。

また、この埋め節フローリングの加工は古希杉浮造り(うづくり)フローリング高樹齢百年杉柾浮造り(うづくり)フローリング高樹齢杉純白無節浮造り(うづくり)無節羽目板などと同じ加工場で作られていますので、加工精度はピカ一!

埋め節の部分も綺麗に納まっています。

杉埋め節フローリング 4


部屋に入ると杉のいい香りがします。
これは杉や桧などの針葉樹フローリングの特権ですね。
杉は安眠効果やリラックス効果、桧はすっきりとする覚醒効果がそれぞれの香りに証明されていますので、落ち着きとシャキッと感は抜群でしょうね。
それで無くとも、やはり木の足触りというのは自然と落ち着くものだと思います。

杉埋め節フローリング 3


とっても敏感な人間の足の裏は、ちょっとした節の感覚や天然乾燥がゆえに人工乾燥材よりは若干は起こるであろう反りも、感じ取れることでしょう。
それがわかる位に脚に優しい、ということ。
それに人工乾燥材の方が寸法安定性は高いかもしれませんが、この杉特有の綺麗な色合いと優しい香りは、断然この埋め節フローリングの天然乾燥材の独壇場!
存分に楽しんでもらえるものと思います。

杉埋め節フローリング 1


家じゅう木に囲まれる必要はありません。
家にいる間はずっと触れているであろうフローリング位は、木にしませんか?!
雄大な木目のものから足触りの温かいものまで、色々と提案いたします。
木材利用ポイントもまだまだ続きます。
精度を利用して無垢のフローリング、使ってみてくださいね。

杉埋め節フローリング 6



時間をかけた天然乾燥の杉材から生まれる貴重なフローリング・羽目板は下記からどうぞ

・杉埋め節幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・高樹齢 百年杉柾浮造り(うづくり)フローリングはこちらから
・高樹齢 古希杉浮造り(うづくり)フローリングはこちらから
・高樹齢 杉純白無節浮造り(うづくり)無節羽目板はこちらから

御案内済み無垢フローリングはこちらから

弊社へのお問い合わせはこちらから

*施工写真に加工などはしていませんが、撮影日が曇り時々晴れの様な状況だったことと、撮影時間の日光の入射の加減でカメラを通したフローリングの色合いに違いが出る事があります。(どちらも杉の芯材を多く含む赤身勝ちの原板を使用していますが、見え方の違いが大きい部分があります。)
同じ個所ではありませんが、白っぽく写ると下の様になりますので、色合いや風合いは是非実物を手にとって、また弊社ショールームにて確認頂くことをお勧めします。

杉埋め節フローリング 8





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

日本の広葉樹無垢フローリング 〜清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリング〜


前回の日本の広葉樹フローリング、清涼楢幅広無垢一枚物フローリングはいかがでしたか?!
すぐに入手できそうな楢という樹種の無垢フローリングが実は、結構簡単にできるものではないということ、まして日本の楢を一枚物のフローリングにすることの難しさを知っていただけたかと思います。

それと同じように、今日の清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリングも無垢フローリングとしてはとってもポピュラーな樹種でありながら、日本の樺で、尚且つ幅広一枚物フローリングとできるのは、とても貴重なものです。

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 14


以前に、弊社人気のロシアンバーチ幅広無垢一枚物フローリングを購入していただいたお客様は「バーチ(かば)の幅広無塗装無垢フローリングはどこでも定番であるものだと思っていましたけど、本当はとても珍しいものだったんですね・・・真剣に探してみて始めて知りました。」とおっしゃっていました。
その理由は、普通の材木屋さんやフローリングを扱う建材屋さんに聞いても、バーチフローリングというと、当然90mm幅のウレタン塗装ユニフローリングが紹介されます。
販売する方はそれが当たり前ですから、無塗装で幅広が希望です、といわれるとそれはありませんという答えになる。
お施主さんからすると、聞けども聞けどもそんな調子ですから次第に「幅広無塗装の無垢フローリングって珍しいの?!」と気がつかれるわけですね。

そう、幅広で無塗装の無垢フローリングというのは、本来非常に珍しいものです。
杉のフローリングは300mm幅などもできますが、そういった針葉樹を除くとやはり基本的には90mm幅になります。
そして広葉樹のフローリングというのは、ほぼ国外から輸入されているものです。つまり日本の広葉樹では90mm幅すら珍しいということです。
その珍しいづくしのフローリングですが、更につなぎ目の無い一枚物がとれるとなると、これはかなり貴重なものだと思いませんか?!
いや、思って下さい。
下の写真の90mm幅と比べると、幅の広さ歴然!!120mm幅はもちろんのこと、数量は少ないながらも貴重な150mm幅もありますからこの写真のような違いを実感してもらうこともできます。

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 12


また、この清涼樺幅広無垢一枚物フローリングは、敢えてユニタイプにはしていません。
定乱尺も含めて全てが一枚物です。
尚且つ、1820mm長さの幅広一枚物(もちろん無塗装)があることが最大のポイント。
それも日本の広葉樹です!

ちょっと脱線しますが、広葉樹というのはそんなに珍しいものなのか?!
お花見の時期は少し過ぎましたが、桜も日本各地にたくさんあるし、栗などもある、テーブル板が取れる事で人気急上昇の栃(とち)もある。もちろん、街路樹でも見かけるケヤキはお寺にも使われている。
そんな日本でなぜ広葉樹が珍しいのか?

要は、安定的に供給できないからです。
価格も生産量も、です。
もちろん、定番商品とするにはスギヒノキなどの針葉樹とは加工ロスや乾燥ロスの量が比べ物にならないから、というのも理由の一つ。
それに、細い丸太が多いので、清涼楢と同じく一般的には見栄えを考える仕上げ材には使いづらい場合が多いので、それならばいっそのこと、まとめてチップに・・・・
というような現状も無きにしも非ず。
もちろん、全てではないですが多くの広葉樹がそのような道を辿ります。
まぁ勿体ない。
山から出てくる広葉樹の細い丸太には、楢や樺の他にも色々な樹種がありますが、用途が決まっていないと人眼には全てチップか燃料にしか見えない。
残念でなりません。
日本の山からでる広葉樹の活用と、日本の広葉樹のフローリングを待っている方の為に、清涼楢と清涼樺はあるのです。

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 6


こんな節・・・いや、枝別れか幹別れか、もちろん含みます。
200年、300年と経過した大径木から良い部分だけを選別するわけではありませんから、こういう部分も当然あります。
だからこそ、幅広一枚物が可能になっている理由でもあるのですけども。

とはいえ、もちろん乾燥・検品はしっかりとされていますからご安心を。
どうしても乾燥割れや捻じれ、その他が現れやすい広葉樹。最後の製品になるまで、しっかりと見届けています。(もちろん、真面目に日本国内加工。)

検品 1


しかしながら、一見穏やかな木目で地味に思える樺という樹種ですが、実は楢にも負けない様なアピールポイントもあるんですよ。
ほら!

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 2


まるで漣・・・
水面に映る太陽の煌めきの様に(ロマンチックすぎますかね・・)キラキラと見る方向によって光り方を変える照りのある表情。
集中する部分は「栃の木の縮み杢」にも似ています。
楢の虎斑も見事な美しさですが、この広葉樹の照りや縮みという木目はとても優しくも綺麗な表情で、うっとりとしてしまいます。
もちろん、必ずしも含まれるわけではありませんが、幸運にも入手できた方は是非、貼り上げの際に光の入る「ここぞ!!」という場所に使って下さいね!!

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 5

本来なら広葉樹はそんなに背が高くもなく、まして針葉樹の様に通直な幹でもありません。
太くなりそうだと幹別れし、枝をたくさん伸ばし傘の様に広がっていきますが、板材や角材の様な木材にしようと思うと、どうしても通直な幹が必要。
だから、本当のところは生産性を考えると反りや割れの出にくい、なるべく寸法の小さな材料にしておいて、幅や長さ方向に接着して板を形成するFJL(エフジェイエル)という方式にするか、板材の欠点のある部分だけ切り落し、残った部分を長さ方向につないでつくるUNI(ユニ)タイプという方法で製品にする方がいいんです。
だけれども、わざわざ限られた日本の広葉樹原木から乾燥工程での割れや反り等による材料ロスにもくじけずに、一枚物の幅広無垢フローリングが真面目につくられています。
定乱尺のフローリングも含めて、こだわった無垢一枚物フローリングです。

日本の広葉樹無垢フローリング。
日本で育った樺の木で、本当の木の表情を満喫してもらいたいです。


注)
清涼樺(かば)フローリングは湿度の比較的低い北国の寒さの中で育っています。また、製材や乾燥工程も同じ環境で行っていますので、施工頂く地域によっては稀に吸湿して寸法の伸縮が大きくなる場合もありますので、施工環境にはよく馴染ませてから施工していただくことをお勧めします。

*清涼樺無垢フローリングを採用頂くにあたって

清涼樺無垢フローリングはグレードに関係なく、赤身(偽芯材)と白太の混合梱包となっています。
そのため、プルミエグレードにもネイキッドグレードにも一枚の中に赤身(偽芯材)と白太の混在したものを含みます。
樺材は、赤身(偽芯材)と白太の収縮寸法の変化の違いが比較的大きな樹種です。
その為、同じ梱包種類のフローリングでも幅寸法変化の大きくなるものもあるかもしれませんが、これも無垢の樺の特徴そのままですので、御理解の上活用頂きますようにお願いします。

また、プルミエグレードにも、下記表情の違い参考例の様な変色や変色部分を含むものがありますが、貴重な日本の広葉樹を一枚物フローリングとして活用する上で必要ですので、御了解ください。



・弊社へのお問い合わせはこちらから。
・その他無垢フローリング。羽目板のラインナップはこちらの記事下段から


清涼樺幅広無垢一枚物フローリング プルミエグレード貼り上りイメージ

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 13


清涼樺幅広無垢一枚物フローリング ネイキッドグレード貼り上りイメージ

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 9



清涼楢幅広無垢一枚物フローリング 定尺 ネイキッドグレード貼り上りイメージ

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 4



(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


日本の広葉樹 清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリング
(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×120×1820
              :15×150×1820
              :15×120×910(定尺)
              :15×120×455,607,758(定乱尺)
              (状況により、150幅定尺、150幅定乱尺、長さ303定尺もあり。)

・形    状 :一枚物無塗装

・入    数 :120幅 1.53崙り/ケース
:150幅 1.64崙り/ケース

・エンドマッチ :あり

・価    格 :120×1820 プルミエ 無塗装 ¥16875(税込¥18225)/1.53
              :120×1820 ネイキッド 無塗装 ¥14000(税込¥15120)/1.53
              :150×1820 プルミエ 無塗装 ¥20000(税込¥21600)/1.64
              :150×1820 ネイキッド 無塗装 ¥16875(税込¥18225)/1.64
              :120×910 プルミエ 無塗装 ¥15000(税込¥16200)/1.53
              :120×910 ネイキッド 無塗装 ¥12250(税込¥13230)/1.53
              :120×455,607,758 プルミエ 無塗装 ¥13125(税込¥14175)/1.53
              :120×455,607,758 ネイキッド 無塗装 ¥10500(税込¥11340)/1.53

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :プルミエ    材の特色をいかしたトップグレード
              :ネイキッド   節、源平(赤身白太)、パテ補修込み。強度的に問題のない節や若干の欠けを含みます。 

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから                


・表情の違い 参考


節部補修パテ

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 7


白色変色部

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 8

黒筋着色部

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 1

赤身の白色部分

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 3


黒色変色部

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 10


斑点上の筋目

清涼樺(かば)幅広無垢一枚物フローリング 11



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリングをつかっていただきました


ピッカピカで木肌が見えないよりも、本来の木材の持つ光を優しく届けてくれる性質を引き出すことのできる低光沢塗装がなかなか好調です。

それはリフリーバーチ無垢フローリングです。

リフリーバーチ無垢フローリング M様 2

前回は子供部屋に使っていただきましたが、今回は相当広い一部屋も含めたおうち全体に採用頂きました。
冬の日差しが差し込むフローリングの表面は眩しさを感じることなく、また表情豊かなバーチ(樺・カバ)の木目を楽しむことが出来ます。

リフリーバーチ無垢フローリング M様 3

一昔前は、無垢材というと節や欠点と言われる割れなどの少ないものや若干の補修程度のものが多く好まれましたが、近年は合板や印刷のフローリングとの違いが明確にわかる、リフリーバーチやロシアンバーチの様な木の神髄まで見ることのできるような木材が好まれる傾向にあります。

それを如実に語るのが合板のフローリングの色柄の傾向。
一昔前は美しい本物の木目を追及したものが多かったのですが、最近ではリフリーバーチの様な節や変色の跡をわざと表現した合板フローリングが多く登場しています。

印刷節ありフローリング

結構リアルです。
テカテカしていることと、やはり立体感が少し薄い事以外は遠目ではわかりにくい仕上がりです。

これは木の表情を求めるニーズとそれに伴って、単板では表現できない節などの表情を印刷でうまく表現している点にあります。
0.数mmの単板では節は表現できませんし、補修もできませんので単板のフローリングでは表現できなかった部分です。

とはいえ、本物はやはり本物。

こんな節や、

リフリーバーチ無垢フローリング M様 5


こんな変色、

リフリーバーチ無垢フローリング M様 6


こんな筋状の変色、3本も並ぶと普通は不自然ですが、かえって自然。

リフリーバーチ無垢フローリング M様 7


などなどが混じっています。
バーチは芯材の色と辺材の色の違いがとても顕著で、心材部分には黒っぽい筋や変色が入ることが多いので、ネイキッドグレードはそういった部分が中心になってきます。
写真では紹介していないセレクショングレードやプルミエグレードでは見られない部分ですから、上手に活用してもらいたいですね。

リフリーバーチ無垢フローリング M様 8


通常の無垢フローリングウレタン塗装との光の反射具合の違いはリフリーバーチリフリーオークの各記事を見ていただければ、室内ではなく屋外の直射日光での比較をしていますからよくわかることと思いますが、ネイキッドグレードの様に無垢フローリング本来のキャラクターを楽しむものは、やっぱりピカピカよりもこっちを選んでもらいたいものです。
印刷でも艶のあるウレタン塗装でもなく、リフリーバーチとリフリーオークのフローリングを是非ご自身の視覚で確認してみてくださいね。

リフリーバーチ無垢フローリング M様 1



お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・リフリーバーチ無垢フローリングはこちらから
・リフリーバーチ無垢フローリング子供部屋施工写真はこちらから


リフリーバーチ無垢フローリング M様 4


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp
続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板


前回の能登あて無垢フローリングはいかがでしたか?!
今回はその能登あての無垢一枚物羽目板の紹介です。

表情の比較的豊かな広葉樹に比べ、針葉樹を写真で紹介するにはなかなか苦労します。
特別に色合いに特徴があったりすると視覚的に伝わりやすいのですが、そうはいきません。

もちろん、実物を見れば桧や杉との違いはわかっていただけると思いますが、念の為、並べてみましょうか・・・

桧・能登あて・杉

左から、桧・能登あて・杉、の順です。

こうなると違いが見えますよね。
と言ってもそれぞれが赤身や白太で表情が変わるので、一様に比べられない為に、どうしてもそれだけではわかりづらい。
そんな時、見分ける大きなポイントはやはり香り!
能登あて(ひば・ひのきあすなろ)は桧などとは全く異なる、特有の芳香があります。
すぐにそれだとわかるはっきりとした香り、その一番の識別ポイントを室内のワンポイントに使うと樹種の個性を活かすことができ、無垢のおうちを際立たせてくれると思います。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 2

その香りは、おうちの顔である玄関まわり、一日の始まりを迎える洗面所や、芳香材を使いがちな御手洗いの壁材として使うと、日によって仄かに香る「能登あて材」の香りが心落ち着けてくれるのではなかろうかと思います。

そしてもう一つ、能登あて幅広無垢一枚物羽目板の特徴があります。
能登あてフローリングもそうですが、それは「節あり材がとれる」こと。

ここで、どうして節あり材がとれることが特徴なんだ?!と思われるでしょう。
いや、思って下さい。
一般的に木材というのは、節(枝の部分)のある方が板材・角材共に木取りし易く、価格も抑えられるので、市場流通しやすいというのが通常なのですが、そこはやはり生き物である木のこと。

ここでいう「能登あて材」は先の記事でもお伝えした通り、「ひのきあすなろ」です。
そしてひのきあすなろでもうひとつ有名なのは「青森ひば」ですが、その青森ひばは、天然林や200年生を超える木々を多く持っているのが特徴で、大径木やそれを活かした節の無い和室用材やその他の仕上げ材で美しいものを切りだすことが出来ます。

ひば


ただ、その反面節ありの材を主に切り出すことは得意ではなく、また節ありの材があったとしても節が極端に大きく、欠けていたり、薄板にすると抜け落ちてしまったりするためにフローリングや壁板は節の少ないものが大半です。
もちろん、大径木から節ありの部分だけを取り出せ、というのはなんとも勿体ない話になりますから、適材適所として節なしのものが得意な青森ひばには、その用途の時に活躍してもらうのが一番よいのです。

しかしながら、節のある板材も使いたい!
そうなった時に活躍してくれるのが、実は「能登あて」なのです。

青森ひばに隠れて知名度は決して高くない(大阪ではどちらもおんなじか・・・)かもしれませんが、同じ仲間の能登あては、フローリングや羽目板の様な薄板でも生き節の状態で木取りすることができるのが大きな特徴。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 6


針葉樹の節なしは確かにとても凛として美しいものですが、無垢板の表情としては大人しすぎると感じる方も多いでしょう。
その為に、わざわざ節あり材を指定される場合もあるほどですから、能登あてや青森ひばでも節ありの表情を見たくなるというものです。

もちろん、能登あてと青森ひばでどちらがいい、ということではなく使う場所と用途によって上手に木を活かすことが出来るかどうかの違いですからね。
無理矢理優劣をつけようとして「明日は桧になろう」のような個性の無いことにはならないようにしましょうね!

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 5


能登あて幅広無垢一枚物羽目板の形状は角面目透かし、つまり板と板を合わせた時に隙間が出来るようにし、その部分が目地に見えるように加工しています。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 4

フローリングの付きつけ(ピッタリとくっつく)に対して目透かしは、リズミカルで、尚且つ節ありの材でありがちな「節目ばかりですこしうるさく感じる」という感覚を目地で和らげてくれる効果があります。
その為に、より一層節ありの能登あての表情を楽しむことができるので、お勧めの羽目板であること間違いなし。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 3


特有の芳香がお気に入りで節の表情を楽しみたいとなったら間違いなく能登あて幅広無垢一枚物羽目板です。
の高貴な香りももちろんいいものですが、私は「あて・ひば」系のちょっと色気のある香りに惹かれてしまいます。
針葉樹の最高峰と思われている桧ですが、もっと生き節材においても知っておいてほしい樹種、それが能登あて幅広無垢一枚物羽目板です。


弊社へのお問い合わせはこちらから。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから


貼り上りイメージ


能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 1


(写真は羽目板現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


*能登あて(ひば・ひのきあすなろ)節あり幅広無垢一枚物羽目板を採用頂くにあたって

・能登あてフローリング(羽目板共)は原木の有効活用もかねて、若干の白太も含みます。厳密には赤身と白太の耐朽性には差があります。
また、能登あてを含む「ひのきあすなろ類」は唐松と並び強い旋回木です。
そのため、如何に乾燥をしていても、吸放湿によってねじれや反り、曲がりの生じやすい部分も少々ふくまれますことをご了承ください。
(表情の違い部写真参照ください。)

・能登あてを含む「ひのきあすなろ」の仲間は、本文中にある様にヒノキチオールなどの「有効」とされる成分を含みますが、その成分においても体調や体質によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、敏感な方は検討の際にはサンプルを枕元に一晩過ごしてもらう、手で長時間触れる、などのテストが必要な場合があります。(桧においても同じです。)

・能登あては多くの有用な精油成分を含んでいます。そのため羽目板同士が長時間束に結束されたままなどで密着していると、表面に析出したひばの油分を含む節の跡などが、別の羽目板に写ることがありますので、到着しましたらできるだけ早く開梱し、施工していただく事をお勧めします。
(永く開梱して置きすぎることも寸法精度変化につながります。)

*本文中のフローリング写真の一部分が赤っぽく見えていますが、表示の関係上の様です。実際はそうではありません。

・材の有効利用の為、一部木裏加工も含みます。ご了承ください。


能登あて(ひば・ひのきあすなろ)節あり幅広無垢一枚物羽目板
(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :9×120×3900

(エンドマッチ加工が無い為、商品の長さはまちまちで、伸びのあるものも含まれます。)

・形    状 :一枚物 角目透かし

・入    数 :7枚入り(3.27崙り)/ケース

・エンドマッチ :無し 突きつけ施工となります。ご注意ください。

・価    格 :一枚物 無塗装 ¥17500(税込¥18900)/3.27

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :ネイキッド  節、源平(赤身白太)、パテ補修込み。強度的に問題のない節や欠けを含みます。 

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから 
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
             


・表情の違い 参考


節割れ部のパテ

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 8


節の表情例

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 7


反りの大きいものの例(1820mm間で)

能登あてフローリングの反り 1



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング


少し前の記事はご覧いただいたでしょうか?!

ややこしいからこそ面白い?!木材の分類から見る樹種の細かな違いを綴った「ひばあてあすなろ」の記事。
そこまで追求せんでもえぇんちゃうの?!ほとんど同じやろ?!、と言われそうですが、そこが木の奥深い世界。
一つ知ってしまうとその仲間がわかり、その仲間を調べていくと更に分岐し、様々な名称があり、その違いを知りたくなる。
そんな世界ですので、趣味みたいなものになっていく手前・・・

いや、いかん仕事です。
そう、上記の記事を書いたのには樹種の違いのコラムの意味合いと、もうひとつ、これを紹介するためにそれぞれの違いを比較して知ってもらう必要があったからです。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 1

ただの節ありフローリングと思うなかれ。
前ふりの通り、「ひば材」の生き節幅広フローリング。その名も「能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング」です。

写真で一見しただけではやはり桧の節ありフローリングの様に見えてくると思います。
節も若干赤っぽいですし、見た感じは似ていますね。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 7

しかしながらその木材としての性質は大きく異なります。
この能登あてフローリングは、青森ひばで有名な樹種「ひば」のフローリングです。
ひばの優位性は「ひばあてあすなろ」の記事でもお伝えしている通り、その耐朽性の高さと含有成分ヒノキチオール。
針葉樹はどうしても水かかりの部位に使用するには腐れやすい、虫害にあいやすいという概念の中で、トップクラスの耐朽性を誇り、風呂用材や風呂の内部の壁材、そして何よりも住宅の土台としての用途には頼りになる樹種です。

あて

もちろん、フローリングとなった場合にはそこまでの耐朽性は必要ない、と言われそうですが、いままで住宅の改修現場などを見てきていると、湿気のたまる場所の床や、水かかりのある洗面脱衣室等の床はかなりの腐朽具合で、ボロボロになっている場合も珍しくありません。
それを考慮すると、やはりフローリングにも適材適所でその樹種の持っている個性を活かせる場所に使っていくのが一番だと思います。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 5

私も子供達の生活をみていると実感しますが、子供にとってお風呂って楽しい!!
兄弟で入ったりしているとおもちゃで遊んでみたり、湯船に顔つけをして競ってみたり、大人の様にゆっくりと、というものとは縁遠いもの。
だから、いくらきちんと体を拭いて出てきなさいと言っても、ずぶぬれで洗面脱衣室に飛び出してくるのはおそらく日常茶飯事。
そうすると、足ふきマットがあるにしても水分は浸透し、毎日の水かかりによって床を傷めてしまいます。
端的に表しているのが、殆どの住宅では洗面所や御手洗いの床はCFといってビニール製のシートになっていること。
木質フローリングを使いたくない位に水気が心配だということ。
しかし、いくらCFでもその下地はベニヤ板。
わずかな隙間からしみ込んだ水分がベニヤ板にかかり、経年によって接着層が剥がれ、床がフカフカになってしまいます。
同じことですね。

そう考えると、洗面脱衣室の床はやはり耐朽性の高いものにしたいと思うのです。
リビングのフローリングは外観や好みの樹種で選んでもいいかもしれません。が、小さいながらも毎日使うスペースである洗面脱衣室には適材適所なこの「能登あて(ひば・ひのきあすなろ)フローリング」を使っていただきたいものです。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 2


いやいや、何も使う場所限定というわけではありません。
もちろん、その綺麗な節と、広葉樹に比べ針葉樹特有の柔らかな足触りは普段の生活上も眺めていたくなるものです。

木肌は桧の様な白とピンクの対比ではなく、どちらかというと黄白色とでもいえそうな、すこし黄色みがかった色合いで、爽やかな印象です。
もちろん、無垢の木材の色目は経年による変色退色によって変化しますから、もしかすると数年後には桧の板のように見える?!かもしれませんが、それでもその特有の爽やかな香りだけは残っているはずですので、能登あてのフローリングであることを主張するには十分だと思います。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 6


関西、とりわけ大阪近辺では知っている材木屋さんも少ないのかも・・と思うくらいにほとんど話を聞かない樹種である「あて(ひば)」。
ご自宅のフローリングに採用してもらって、その名に由来する「当たり」があるか否かはわかりませんが、古くからずっと伝えられてきた耐朽性にはあやかれることと思います。
イメージとしての桧もとてもいいものですが、「明日は桧になろう」と頑張っている?あてを適材適所に使ってもらうと、千差万別の無垢の良さを更に感じていただけることと思います。

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 8

青森ひば木製名刺ケース(名刺入れ)とともに


能登あてフローリングについて

・能登あてフローリング(羽目板共)は原木の有効活用もかねて、若干の白太も含みます。厳密には赤身と白太の耐朽性には差があります。
また、能登あてを含む「ひのきあすなろ類」は唐松と並び強い旋回木です。
そのため、如何に乾燥をしていても、吸放湿によってねじれや反り、曲がりの生じやすい部分も少々ふくまれますことをご了承ください。
(表情の違い部写真参照ください。)

・能登あてを含む「ひのきあすなろ」の仲間は、本文中にある様にヒノキチオールなどの「有効」とされる成分を含みますが、その成分においても体調や体質によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、敏感な方は検討の際にはサンプルを枕元に一晩過ごしてもらう、手で長時間触れる、などのテストが必要な場合があります。(においても同じです。)

・能登あては、多くの有用な精油成分を含みますので、フローリング同士が長時間束に結束されたままなどで密着していると、表面に析出したひばの油分が、別のフローリングに写り、節の形の跡などが残ることがありますので、到着しましたらできるだけ早く開梱し、施工していただく事をお勧めします。
(永く開梱して置きすぎることも寸法精度変化につながります。)


*本文中のフローリング写真の一部分が赤っぽく見えていますが、表示の関係上の様です。実際はそうではありません。


次回には同じく能登あての幅広無垢羽目板をご紹介します。(下写真)

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 1



弊社へのお問い合わせはこちらから。


貼り上りイメージ

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 4


(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


・材の有効利用の為、一部木裏加工も含みます。ご了承ください。


能登あて(ひば・ひのきあすなろ)節あり幅広無垢一枚物フローリング
(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×120×3900
(エンドマッチ加工が無い為、商品の長さはまちまちで、伸びのあるものも含まれます。)

・形    状 :一枚物

・入    数 :7枚入り(3.27崙り)/ケース

・エンドマッチ :無し 突きつけ施工となります。ご注意ください。

・価    格 :一枚物 無塗装 ¥19600(税込¥21168)/3.27

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :ネイキッド  節、源平(赤身白太)、パテ補修込み。強度的に問題のない節や若干の欠けを含みます。 

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから                

・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から

・表情の違い 参考


節部補修パテ

能登アテ(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリング 3


反りの一例(1820mm間で)

能登あてフローリングの反り 1

中央部拡大 関節一つ分程の反りもあります。

能登あてフローリングの反り 2



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!