空を見上げて
トップページ » ヒノキ
ヒノキ

「施工しない」無垢フローリング 〜Shikiyuka ヒノキ〜 貼り上り順調です!

DIYで無垢フローリング。

施工の大工さんが見つからない、、、そうじゃありません。
御承知の通り、「施工しない」無垢フローリング Shikiyuka ヒノキの事です。

Shikiyuka ヒノキ1


先日、お買い上げ頂いたお客様からの御感想をいただきましたので、施工しない無垢フローリングを施工した?!写真とともに御紹介しましょう。

shikiyuka ヒノキ施工4

うほっ!めちゃ綺麗に仕上がってる!!

shikiyuka ヒノキ施工5

今回は、節の少ないもので賃貸物件の床に使えるもの、という照準で出会いを頂いたのですが、実際は節が少ないから、というよりもやはり、「Shikiyuka ヒノキ」自身の「ウリ」の一つでもある「脂気を残すこだわりの乾燥」と「ヒノキ脂の香る本物のヒノキの床」に共感していただいたのが大きかったのだと思います。

shikiyuka ヒノキ施工3

今回は色々なところに登場するネコちゃん。
彼女(彼?!)にも満足していただいた様子で、私も嬉しいです(笑)。

お客様からもお声を頂きましたが、やはり人間よりもフローリングとの距離が近いネコちゃんに合わないのではないか?!という心配もあったようですが、なんとか気にいってもらえて一安心。

Shikiyuka ヒノキは並べ方は自由。
様々なパターンを、自分の好みや気分で組み換え敷き替え、または取り外し・・・
そんな楽しみ方ができる床。

shikiyuka ヒノキ施工1

今回はネコちゃんのトイレの心配などもあり、オイル塗装を選ばれたのですが、オイルによって折角のヒノキの香りが隠されてしまうのでは?!という贅沢な悩みもあり、実は手元に無塗装を数枚残されたそうです(笑)。
いぃ!実にいいです、それ。

もう、ご友人などの訪問の際には是非、自慢しちゃってください。
「ウチの床はさぁ、これを使ってるんだけどいい香りするよねぇ・・・・」なんて。

「えぇ?!これを貼ってるの?!え?敷いてるだけ?!」

ってな展開を期待しております。

Shikiyuka ヒノキについては、紹介ページで特徴を十分にお伝えしていますが、今後も増えるであろうリノベーション向けの商品として、また、完全に固定して施工する無垢フローリングに変わる木材製品として、まだまだ多くの皆さんに体験してもらう機会があると思いますので、特別な300mm角のフローリング、是非インプットしておいてくださいね!!!


それでは、恒例のお施主様アンケートです。

・今回の弊社の対応について(メール、電話回答の内容や対応はいかがでしたか?!)

返信が早く、とても助かりました


・担当について(印象はいかがでしたか?適切に対応できましたでしょうか?説明は理解できましたでしょうか?)

オイルや無垢材の知識がほとんどない中で、ネットで調べて不明だった点を質問させて頂きましたが、とてもわかりやすく丁寧に回答していただき嬉しかったです。 

・インターネット記事について(弊社記事で商品御理解いただけましたか?お探しの物が見つかりましたか?記事内容はいかがでしたか?)


今回購入した敷くだけのヒノキの床の商品は、ショップのトップページからは見つけにくかった(アクセスしにくかった)です。

ブログは、商品選びや商品購入後のケアの参考になったので良かったです。

・商品について(この材料を選んで頂いた感想と、貼りあがりの感想をお聞かせください。) 

敷くだけの無垢材で、木の節が少ない商品を探していました。

特別ヒノキにこだわっていたわけではありませんが、肌触りも滑らかで香りも良いヒノキで良かったです。

 

敷いた後、部屋の雰囲気がナチュラルになって、かつ明るくなりました。

以前は木目調のクッションフロアが敷かれていたんですが冷たい感じで、横になろうという意欲がわきませんでした。けど、ヒノキの無垢材を敷いてから、むしろ床でごろごろしたくなりましたし、掃除も楽しくなりました。 

到着してからはオスモカラーのフロアクリアのつや消しで塗装しました。つやが出ず、ナチュラルな雰囲気が残せて良かったです!

1週間くらいしたら気になっていたオイルの匂いもなくなりました。

少し余った床は、オスモを塗装せず、ベットの下や頭側の隙間に置いて、香りを楽しんでいます。

また、敷いた床も、一部はオスモを塗らないで無塗装で残しておき、普段はその上にラグを敷いて、ごろごろする時はラグをとって、ヒノキの肌触りを楽しんでいます。

 

今、敷いてから一ヶ月ほど経っています。飼い猫の爪で傷ついている床も増えてきましたが、それほど気にはならず、許容範囲です。

・弊社を選んで頂いた理由を教えてください。

木の節が少ない商品が欲しかったので

・今後このようになればよいのに、というご希望あれば参考にさせていただきますので、教えてください。

 

特にありません。

タイル床のサイズも大きすぎず敷やすかったように思います。



単なる敷物ではない、本物の「木の床」を感じる Shikiyuka ヒノキ。
探して出会っていただいてありがとうございます。
そこにある、足が触れていることが普通になるその日が来ても、いつまでもその香りに癒されることを願っています。
ありがとうございました。

shikiyuka ヒノキ施工2


・「施工しない」無垢フローリング ~Shikiyuka ヒノキ~ はこちらから
・「施工しない」無垢フローリング ~Shikiyuka ヒノキ~ 地栂テーブルとともに、の施工例はこちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

施工しない無垢材の床 〜Shikiyuka ヒノキ〜の施工例(?!)と地栂のテーブルDIY

販売当初から、想像通りに女性ウケが非常に好評な施工しない無垢フローリング Shikiyuka ヒノキ
弊社は意外にも(?)女性のお客様からのお声掛けも多くいただく中で、やはりこの商品の一番最初のお買い上げは女性でした。

しかも、施工しない無垢材の床+施工はしないが脚を取り付ける必要のある無垢のテーブル材を作るという双方DIYな場面に使っていただきました。

Shikiyuka ヒノキと地栂 6


因みに、テーブル材も弊社にて購入いただいた稀少樹種「地栂(じつが)材」を使用しています!!
地栂(じつが・じとが)幅広無垢一枚物フローリングや、廻り階段まで無垢一枚板で仕上げた地栂階段のある国産栂普請の家、また旧家の塀で存在感を発揮する地栂天井板などの施工例でおなじみのアレです。
今回はワケアリだったために、その材を弊社スタッフが特別に寸法調整を施し、なんと表面仕上げまでしてお渡しするというサービス付きでお渡ししました。
そしてそこに、オイルインワックスを塗装していい感じの「濡れ色」になったことで、柾目の細かな組織や縮み模様が際立ち、とってもいい感じ。
無垢の一枚物のテーブルの存在感がありながらも厚みがないことと、鉄製の別誂えのシンプルな脚のおかげで部屋への圧迫感がなく、とってもすっきりと綺麗におさまっています!

Shikiyuka ヒノキと地栂 4


さて、今回採用していただいた Shikiyuka ヒノキ はおよそ一坪分。
つまりは畳二枚分。
大きな新築一軒家ではなく、女性の一人住まいのお部屋。
白とベージュ基調で綺麗にまとめられてはいますが、ちょっとひんやりとした印象も否めない室内空間ですが、そこにたった畳二枚分の Shikiyuka ヒノキ が敷き詰められただけで、とってもあたたかな印象を受けるのはやはり、無垢の木材の秘めたるパワー!!
視覚にとってもいい感じ。

Shikiyuka ヒノキと地栂 5

いや、視覚だけではありませんよ。
商品詳細記事でもおつたえしたとおり、 Shikiyuka ヒノキ はそこらの乾燥バリバリのヒノキではありません。
若干の寸法誤差や伸縮を気にして、ヒノキ本来の良さをなくすような仕上げではなく、ヒノキのもつ精油成分をたっぷりと残しているために、「これぞヒノキ!!!」という香りを全身で感じる事が出来ます。
それこそが、巧妙に出来上がる印刷シートや合板では決して味わえない無垢針葉樹の醍醐味!!

こんなところに腰かけて仕事できると気持ちいいだろうなぁ、、、、
こんな天板での上に並べられる食事もきっとおいしいはず。

Shikiyuka ヒノキと地栂 3

もちろん、このお部屋は一時住まいですから、いつもの無垢フローリングのようにずっと大切に、というわけではなくお引越しの際にはそのままめくって一緒に引っ越し!ということも可能なのも大きな特徴。
今回の様に、賃貸住宅にいながらもやはり無垢の木材の質感を感じたい!という場面には本当にもってこい。
しかも、施工を必要としないので女性一人でも簡単に、届いたその日に無垢フローリングのあるお部屋にリフォームすることが出来ます。
もちろん、クリーンながらもちょっと殺風景になりがちなオフィスにもぴったりですよ。

Shikiyuka ヒノキと地栂 7

節ありのヒノキの板を使用していますが、乾燥によって抜けたり欠けたりする節の部分は全て埋め木処理されていますから安心。
それに、節ありグレードではあるものの中にはきれいな節無しのピースも入っているので、ランダムで自然な表情ですがそれでいてヒノキの清廉さも感じられるのが、またお勧めのポイント。

さぁ、それでは最後に購入いただいたお客様自身の女性目線で撮影いただいた、「グラビア写真」を掲載してさらなるファン発掘をしたいと思います。

Shikiyuka ヒノキと地栂 1

どぉだぁ〜!!!

写真の撮り方と光の加減などなどで、こんなに印象が変わるものなのね。
めっちゃえぇ感じ。
そこのお嬢さん、もう明日には注文したくなったでしょ?!いや、なんなら今すぐ問合せメールを!!(笑)

この盛り上がりが、私の独りよがりではないことを証明する、いつものお客様アンケートを添付して、記事の締めくくりといたしましょう。

 

・今回の弊社の対応について(メール、電話回答の内容や対応はいかがでしたか?!) 

 

急なお願いにも関わらず、早急・丁寧に対応いただけました。

 

 ・担当について(印象はいかがでしたか?適切に対応できましたでしょうか?説明は理解できましたでしょうか?)

 

大変満足です。

 

商品説明としてくださった戸田さん、商品の加工(サンダーがけ、あてぎの制作ぴったり!感動です!!)をしてくだったスタッフの方、お二人ともとても感じが良かったです。

こんなに時間をとってもらっていいものか・・・と言うほど時間を割いて、丁寧に説明・加工をしていただきました。 

 

・インターネット記事について(弊社記事で商品御理解いただけましたか?お探しの物が見つかりましたか?記事内容はいかがでしたか?)

今回、テーブルの天板を購入しましたが、HPではフローリング材以外はあまり記載がなかったように思います。
ですので、天板などにも使用できる材があることも一筆記載されても良いのかなと感じました。 

 

・商品について(この材料を選んで頂いた感想と、貼りあがりの感想をお聞かせください。)

 

予算を少しオーバーしましたが、オーバーした以上の満足が得られました。

一生大事に使います、という気持ちでいっぱいです。

 

 

・弊社を選んで頂いた理由を教えてください。

戸田昌志さんと面識があり、今回の相談に対しても真摯に対応してくださると考えたので。 

 

・今後このようになればよいのに、というご希望あれば参考にさせていただきますので、教えてください。 

 

今回、戸田さんと面識があるものの材木屋さんで木材を購入することには少し勇気がいりました。理由としては、どのような材があるのかがわからないことと、値段がまったく想像できないことの2点でした。

 

上記は、購入希望のものがフローリング材ではなかったためHPから情報を得られなかったというところも大きいかと思いますが、この点が少しでも解決出来れば、より気軽に材木屋さんで木材を購入しようという気持ちになれるのではないかと思いました。

 

戸田材木店さんは、「木材のことは木材のプロに聴くのが一番だなぁ」が実感できるお店だと思うので、より多くの方に足を運んでいただきたいと思います。


ありがとうございました。
いろいろと改善して、またより一層喜んでいただけるようにしていきます!!

Shikiyuka ヒノキと地栂 2


・「施工しない」無垢フローリング ~Shikiyuka ヒノキ~ はこちらから
・地栂幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ふんだんに地栂を使用した栂普請の家はこちらから
・綺麗な地栂の木目が映える地栂天井板使用の塀施工はこちらから



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

「施工しない」無垢フローリング 〜Shikiyuka ヒノキ〜

固定観念。
これにとらわれると、意外とよいものも見落としてしまいがちです。

建築工事において、無垢フローリングの施工には必ず接着材と釘止めをしっかりとしてください、とお願いしているので、フローリングとなると必ずその工程があるものだと思ってしまいます。
しかし今日紹介する無垢フローリングは、そんな接着や釘止めの必要の無い無垢フローリングです。

Shikiyuka ヒノキ1

論より証拠といいますが、写真を見れば一目瞭然なこの商品。面白い並びだと思いませんか?!
そうです、ヒノキの板を30cm角の一枚のタイル状にし、それを並べていく無垢フローリングです。
洋風建築などでは、古くからモザイクフローリングやパーケットフローリングという名で、建築業界には親しまれてきたものがあります。
市松模様などとも言われて、一時は合板フローリングにも多く採用されたりしていたものもあります。
(写真は弊社事務所の30年?!以上前に施工のオーク市松合板フローリング。合板ながら、えぇ感じに枯れている?!やはり湿気もなく太陽のあたりも少ない上に、2階施工というのもあるだろうなぁ。)

市松フロアー

これと同じように、30cm角のヒノキのブロックを順に「並べていくだけ」のフローリングです。
市松模様のフローリングなどは、大抵広葉樹であるナラやカバが殆どです。
しかし、今回は日本人になじみの深いヒノキを用いて味わいのある市松模様を作ることができるのです。
また、施工に関して最初に触れた「ボンドと釘を使わない」というのがとっても大きなポイントです。

Shikiyuka ヒノキ3

「Shikiyuka ヒノキ」の材の裏面は、この様にクッション材がはってあり、このクッション材によって小幅なヒノキが連結された状態になっています。
このクッションがポイントです。
今までも、この様なクッションがあるフローリングが無かったわけではありません。
いや、むしろ古くからあったと言った方がいいかもしれません。
主に、商業施設の店舗向けのフローリングなどは、一般的に木造ではなくRC(鉄筋コンクリート)造やS(鉄骨)造などの場合が多いので、木質のフローリングをコンクリート面に直接接着できるようにクッション材がついており、それを接着して仕上げていたので、広葉樹を中心にこのような模様は特段珍しいものではありませんでした。

しかしながら、今回の様に「接着剤を使わず敷きこむ」というような発想の転換は無かったのですね。
冒頭の「接着必然!」という施工のイメージがあったのでしょうか。私もそうですが無垢フローリングを敷きこんでいくだけというイメージはありませんでしたからね。
そして敷きこみに容易に対応できるように、ある程度サイズがコンパクトで尚且つ印象深いインテリアの一部分になることができるもの、それがこの30cm角サイズだったんですね。
ただ、敷きこめるだけでカッコいいインテリアの一部分になる無垢材。
そういうカテゴリーに入る事が出来たんだと思います。

Shikiyuka ヒノキ4

接着なしのメリットは手間がかからないだけではありません。
施主様自身が必要な部分に必要なだけ敷きこんでいくことや、敷いてあっても場合によっては簡単に移動することができることで、スペースや部屋の使い方を制限されないことが、とても大きな利点!!
さらにいえば、近年注目の「リノベーション」。
リノベーション工事においても、既存の床を活かした上に敷きこんでいくことや、賃貸住宅や賃貸アパートに敷きこんであっても、入居者が退去された後の修繕の際には、不要であれば下地を傷めずに撤去出来ますし、一部分のみを新品と入れ替えることも可能です。
壁際や、寸法が中途になる部分は、1ピース毎にシートごとカッターで切り取れば、簡単に75mm幅単位での寸法調整が可能なので、家具などの見えない部分を少し残して調整するか、意図的に一部分だけの印象を与えられるように周辺部分から一段上がった様な敷きこみ方にするか・・・
自由に、そして何度でも敷き変えてください!!

8Shikiyuka ヒノキ

私はこんな感じも好きです。
ずらし、です。
他にも色々と並べ方を編み出す楽しみもあるはずですよ!

そして忘れてはいけません。この Shikiyuka の素材は無垢のヒノキですよ!
無垢材は高い、施工が面倒、伸縮によるクレームがある、入居者が変わると好みがわかれる、キズがついても修繕しにくい、等などで私の廻りの工務店さんレベルの賃貸アパートなどへの採用は殆ど見られません。
そりゃそうでしょうね。
無垢材はいわば嗜好品。
木の質感や香り、性質を重んじる方もいらっしゃれば、入居当初はピカピカで汚れがつきにくい合板フローリングを好む方もいらっしゃいますから、かなりの少数派である前者の為に、無垢フローリングを採用するオーナーさんはなかなかいないでしょう。
近頃は、大手住宅メーカーさんがこぞって賃貸住宅にも無垢の木材と無垢フローリングの採用をアピールし始めましたが、やはり捉え方は善かれ悪かれ、無垢材の需要があるということでしょう。

そこに向けて、リノベーションもし易く取り扱いが簡単で、今までにはない発想の温かみのあるヒノキの無垢フローリングを取り入れてほしいものです。

Shikiyuka ヒノキ5

この Shikiyuka ヒノキで私が一押しするポイントは更に二つ。
一つはその寸法。
一枚の大きさが30cm角であるということ。
現在の寸法表記規格のcmであらわしていても、普通は気がつかないとは思いますが、私たち建築の業界の中では気がつく人もいるかもしれません。
30cmというのは、古くから日本で使われてきた寸法規格である「尺貫法」の中の「一尺(いっしゃく)」という規格とほぼ同じサイズです。
ほぼ、というのは正確には30,3cmほどになるのですが、概ね30cmとして理解されています。
この一尺という寸法に近い事で、大きくもなく小さくもない、絶妙な寸法感覚が視覚的な安心感を与えてくれるんだと思います。

一つのピースはこれくらいでも・・・

Shikiyuka ヒノキ7

やはり30cm角の一枚を並べていくと、しっくりと来るのは、やはり一尺という寸法がどこか日本人の感覚にぴったりとはまるからなのかもしれません。

そしてもう一つ、梱包のケースを開けた瞬間に立ち上る「まさしくヒノキ!!」という香り!
これがとっても大切です。
いくら表面の仕上がりが良くても、いくら寸法が揃っていても、やはり人間の感覚に訴えるものの中で木材を感じるのは「香り」という成分を外すわけにはいきません。
特にヒノキの香りはとても爽やかで、気分がすっきりとする若しくは落ち着く作用がある上に、人工的な成分では出すことのできない「精油の香り」を感じる事ができるのです。
実は、この「ヒノキの香り」がしっかりと残っているのは大きなポイントです。

木材を綺麗に見せようとするならば、色の良いところを集めたり表面の仕上げを工夫したり、艶を持たせたりする方法がありますが、本物の香りが残るということは、ヒノキの成分がしっかりと保持されているということを意味しますし、そうするには、むやみやたらな乾燥工程ではなく、しっかりと管理され、ヒノキの香りの事を考えていなければ出来ないことです。
いってしまえば簡単ですが、本当はそんな事関係無く乾燥させた方がコストも安くなりますし、なにより伸縮の心配が少なくなります。
木の成分が残っているということは、伸縮のリスクも残っているということ。
だから、できる限りリスクを減らす乾燥にしたくなる・・・・

という理由で、如何に30cm角の状態といえども通常の無垢フローリングと同じように反りや伸縮などの無垢材の特性を残していますので、無垢材としての取り扱いは必要ですが、それよりも「香りとヒノキの成分」を残すということに注力している、その配慮が嬉しいではありませんか!!

Shikiyuka ヒノキ6

私はこれを見るとちょっと懐かしくなります。
小学校の床、樹種は違えど、こんな感じではなかったですか?!
ちょっと段差ができているところもあったり、不規則な木目になっていたりでしたが、今となればそんな感覚が懐かしくなる、そしてそんな感覚を思い出させてくれる、ほんわかとした「交わるリズム」がある様に思います。

広葉樹ではなく軟らかな針葉樹である為もちろんのこと、足触りは柔らかで、無塗装なので触れているとすぐに冷たさを感じなくなりますから、視覚的温かさとともに無機質なものが多くなりがちなオフィスや、既存の床を傷つけられないクッションフロアーなどの上に敷き詰めていけば、届いた瞬間からヒノキの無垢フローリングでの生活と同じような状態が生まれます。
足元の触れる温かさと、そして心にしみるヒノキの香りでご自身なりの気持ちのいい無垢材の空間を作ってみてください。


・Shikiyuka ヒノキ 施工していない施工例(?!)1はこちらから
・Shikiyuka ヒノキ 施工していない施工例(?!)2はこちらから


Shikiyuka ヒノキ貼り上りイメージ

Shikiyuka ヒノキ1

*)ご注意

*本製品は、固定をしない使用方法ですので、製品の上でとび跳ねたり走ったりしない様にしてください。
また、ヒノキの成分をふんだんに残していますので、敷きっぱなしではなく適度な感覚で下地との通気をしてください。
*ヒノキの成分(油分)が表面に析出することがあります。特に、敷物をした場合や家具を置いたままの部分、また表面に密着する様なものを置いていた場合に油がつきますので、密着する様なものを避け通気をよくしてください。
*使用においては、ピース間への指などの挟まりにご注意ください。

・Shikiyuka ヒノキ以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


Shikiyuka ヒノキ無垢フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×300×300(厚みは裏面シート込み表記)

・形状

一枚物幅方向シート連結

・300角四方面取り、75mm幅毎溝あり

・品番と価格

SH-300N OPC一枚物(シート連結) 無塗装 15×300×300 ネイキッド
¥12,960(税込)/18枚入り(1.62屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

かけ節への埋め木補修(一部にパテ補修とも)

Shikiyuka ヒノキ2


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

 



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

神域に至る一里塚 大塚丘のヒノキ


北口本宮さんのヒノキの林の香りに誘われて境内をうろうろ・・・

地図で見てもどうも少し離れている。けれども境内外は道路で、それを辿っていくと富士登山道の一つ吉田口へと続きます。

大塚丘のヒノキ 7


ここで頭をよぎるのは距離。

携帯で表示される地図は特にですが、拡大縮小がスムーズなだけに、安易に考えていると結構距離が離れている場合があります。
ましてや歩いて向かおうという時は要注意。行けども行けどもたどり着かない場合は、もう少しか?という淡い希望を持っていくのですが、不発だった時の戻りのしんどさと言えばたまりません。
今回はしっかりとタクシーの運転手さんに聞いておきました。
北口本宮さんからは歩いて5分程で次の目的地、「大塚丘」にたどり着くということ。

一安心して歩きだすと、予想よりも早く大塚丘に到着。
看板もありすぐにわかりました。

大塚丘のヒノキ 2


緑の続く道路の端にあるため、車だともしかすると通り過ぎてしまうかもしれない位、こじんまりした静かな場所です。
今まで北口本宮さんのスケールに慣れた体には小さすぎると感じますが、華美ではないことが廻りの森にもよく馴染んでいると思います。

大塚丘のヒノキ 1


先程、スケールが小さいなどといいましたが基。
解説板を見てみるとなんと、日本武尊が東征の折この丘より富士を遥拝し・・・・とあります。
えぇー、そんなに昔のお話なの?!
昨年、お伊勢さんと出雲大社の遷宮が重なる大遷宮年だったこともあり、日本に伝わる神話のお話も盛んに語られていたので、日本武尊のお話なども耳にされたこともあるかと思いますが、遥か神話の時代にこの丘に最初に浅間大神を祭り、その後に北東に社殿を創立したとあります。
そんなにスケールの大きな丘だったのね。

おみそれしました。どんな丘やねん、と思っていた自分が恥ずかしい。

そんな由緒正しい丘にはやはりヒノキが似合うのか・・・
「スサノオノミコトの胸毛」が飛んで来ていたのかどうかは定かではありませんが、北口本宮さんの社殿裏を始め大塚丘にもヒノキがあります。
そのなかでも一番大きいと思われるのがこの大塚丘のヒノキ。

大塚丘のヒノキ 4


急斜面にしっかりと根を張ってまっすぐに伸びている紅い羅針盤、と言ったところでしょうか・・・
ガイドさんから聞いた話だと、富士山の「1合目、2合目」の”合目”とは、登山道で登ってくる道中で持参しているランプの油一号が無くなるところが「○●合目」とされているらしいです。
つまり、いくつかある富士山登山道ごとに、1合目や2合目の場所が異なるそうなのです!!
知っていましたか?私は知らずにビックリです。
ただ、登山道を山頂まで10分割しているだけだと思っていました。お恥ずかしや。
無知とは罪なものですね・・・
他にも諸説あるそうですが、こういうお話は興味をかきたてられて日本一の山にふさわしいとも感じますね。

それと同じ?!く、道中の目安というのは昔から存在するもので、今のように携帯のナビやマップなど勿論無い時代には、その道中の道しるべになるものが必要でした。
街道の約4キロ毎にエノキ等の木を植えて目印にされていた歴史が残っていますが、まさしくその役割をこの大塚丘のヒノキが果たしている様な気がします。
もちろん、実際にそんな意味合いはないでしょうけれども、丘にスクッと立つヒノキの紅い木肌は良く目立ち富士の山頂の雪や雲の白と合わせて紅白の色合いがとても印象的です。

大塚丘のヒノキ 5


最初に書いている様に、ホントに小高い丘に小さなお社のあるだけという立地ですし、丁度ヒノキの立っているところが急斜面ということもあり、カメラを据える場所とアングルが限られるので、あまりいい写真がとれていません。
廻りの緑の木立にひきたてられるように存在するヒノキの美しさがつたわるでしょうか・・・

大塚丘のヒノキ 6


このあたりも雪が降るからなのか、それともやはり大樹の貫録か。
大塚丘のヒノキも散在する枝が触手の様に伸び、少し垂れ下がっているのです。
もちろん、自重によるところが大きいと思いますが、下から見上げる自分に覆いかぶさるような印象はどの巨樹にあっても心に残ります。

今回の北口本宮さんからの巨樹巡りは、本当に五感で楽しめた(といっても食してはいませんが・・・それは宿でのお楽しみ・・・)ものでした。
静かでいながら枝や葉がこすれる風の音、その間に流れる鳥たちのさえずり、そして目の前には巨樹が立ちどこからかヒノキの甘い樹液の香りが漂ってくる・・・
スギとは違いヒノキの巨樹というのは、なかなかお目にかかれるものではないものですからこの五感で感じる森の存在は、流石に富士のお膝元!と、妙に富士に敬意を表したい様な気持ちになりました。

もし、吉田口登山道によることが出来る方はリラックスがてら寄ってみてください。
日本武尊の御利益もいただけるやもしれません。


大塚丘のヒノキ所在地

山梨県富士吉田市上吉田5619

北口本宮さんの駐車場より徒歩約5分




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

切越の夫婦ヒノキ


前回の記事で、手作業による移行の悪戦苦闘をお伝えした「星印」ですが、その後も作業を続けるも、地図が固まったり、住所表示が出なかったりする上に、所在地の詳細を拡大しようとするとぼやけたまま拡大できなくなったりするので、まぁ、ほとんど上手く進みません。
夜中に目をこすりながらの作業なので、自分の目が見えていないのか画面がぼやけているのかもだんだんわからなくなってきます。

この「星印」の移行にこだわる理由は前回少し触れましたが、「星印=巨樹との想い出」であり、その星の場所を見ると頭に風景が浮かんでくる場合がほとんどであるとともに、それ以上に「住所で表示できない場所」を地図上に残したいからにほかなりません。

もちろん、樹齢数百・数千年という巨樹巨木が人間のあてはめた住所という表示に全て納まるわけがないのは当たり前のことなのですが、やはり出会った場所を残しておきたいことと、もし、他の方が向かわれる場合に説明できるように、と思う気持ちがあってのことです。


さて、そんな場所を残しておきたい巨樹のなかでも、説明がしにくく更にもう一度行けと言われても躊躇する様な場所にある巨樹を、ここに紹介しておきましょう。
こう言った巨樹達の所在地を残したい気持ちが大きいのが手作業に向かう原動力なのです。

切越の夫婦ヒノキ 3



































 で、でたぁーお化けぇ〜。(古いか・・・汗)

巨樹にはどれも独特の雰囲気や空気がありますが、この切越の夫婦ヒノキはまた違った意味での雰囲気に満ちています。

その理由の一つはその道中(あとでじっくり・・・)と所在地、そしてやはりその姿からでしょうか・・・・
巨樹に限らず、どうしてこのようになったのかと、無粋な質問をしたくなるものが多くありますが、この夫婦ヒノキもその筆頭。
よくもまぁ、ここまで見事に二本も仁王立ちしているもんです。それも社殿に通じる階段を挟んで枝ぶりまで左右に、計算された様に振り分けて・・・

しかしこの景色を見て、敬虔な弊社の読者(笑)ならピンとくるところがあるはずです。

そう、少し前に巖石神社と夫婦ヒノキとして紹介した宍粟市のヒノキと似ています。
もちろん、そのスケールや迫力は違いますが、少し重なるところがありますね。


切越の夫婦ヒノキ 5

































社殿への階段を上って眺めると、意思をもって触手を伸ばしている様にしか思えないような様相を見せています。

切越の夫婦ヒノキ 7

































おそらく、この枝の多く出ている方は現地にいた感覚からの方角で言うと南に向いていると推測するのですが、まさしく、木の南側には枝が多くなるという説を地で行く格好になっています。
とはいえ、その「南向きに節」説は完全ではないという話もあり、言いきることはできませんが、そんな理由をつけて納得したくなるくらいに見事に集中した枝は、夫婦ヒノキの巨樹の意思を伝える手段なのでしょうか・・・・

切越の夫婦ヒノキ 1













綺麗な案内板が据えられています。
岡崎市の指定文化財であり、天然記念物指定されているものです。
各地にある「須佐之男」の名を冠したお社の中の一つだと拝察しながら、頭上から降り注ぐ様な枝がやはり気になっています。

切越の夫婦ヒノキ 10


































近くで見ると、その太さにも驚かされます。
実際、私も杉の巨樹というのは多く見てはいますが、ヒノキは用材として利用されてきた事なども理由にあるのでしょうが、あまり巨樹として出会った経験がありません。
もちろん、このように(いや、これ以上の)山中には天然記念物指定を受けているヒノキがまだあるのですが、それでもヒノキを多く利用してきた風土から言うと圧倒的に数が少ないように思います。

切越の夫婦ヒノキ 6













上手くカメラを据える事が出来ず、大きさ比較はしづらいですが、この夫婦ヒノキに関しては、大きさとともに一対に揃っている事に大きな意味があると思われるので、私の記念写真程度にご覧ください。


しかし、この夫婦ヒノキ。その巨躯と枝ぶりもさることながら、もう一点凄いところがあります。
それは・・・・

切越の夫婦ヒノキ 4













ぎょえーーーー。
エイリアンに追いかけられたらこんな感じか?!!と思うような襲いかかるかのような根っこ。

切越の夫婦ヒノキ 2


































土が流れてしまったのか、はたまた自身の力で出てきたのか・・・
聞いてみましたが、答えは聞こえず・・・
しかし、もしかするとエイリアンなのは私たち人間なのかもしれません。
自然を侵す私たちからその社を、神仏を守る様に張り出した枝と根なのかもしれない。そんな気持ちにさせられます。

とはいえ、大阪の流谷八幡宮のイチョウが2本揃ったようで、まぁ、気持ちのいいものではないですね・・・・
というのは、冒頭にも書いている様にこの場所が大きなポイントです。

切越の夫婦ヒノキ 8


































しっかりとしたお社のある写真に見えますが、実はここ、相当な林道を結構な距離登らないと来られない場所にあります。
物凄い説明ですが、それこそ例の「星印」がないと途中で挫折してしまいそうな道のりを登ってこないといけません。

私もある程度の予備知識を入れていきますし、運転にはかなりの自身がある方ですが、それでも、何度戻ろうかと考えたことか・・・・
因みに古い地図ではこの先は行き止まり・・・民家の様なものが見えたりはするのですが・・・

そんな山中を登り続けること20分・・・
もちろん、対向車を交わすスペースなど皆無ですから前方を確認しながらなので、時速・・何キロかゆっくりとしたペースですが、もう40分ほど走っているかのような気持ちになりました。

切越の夫婦ヒノキ 9
















少し広いところでこれくらいです。
車の後方が夫婦ヒノキに通じる道(これは帰り)ですが、細くなっていっています。
落ち葉のせいで、側溝があるのかどうかも分からず、あまりよせ過ぎるのも怖ろしくなります。
もちろん、携帯など使い物になりません。
万が一のことを考えると・・・・・

という道中が、夫婦ヒノキに出会った時の畏怖の心を大きくするとともに、襲われそうな異形を更に増幅する仕掛けの様に感じてなりません。

しかしお話はこれで終わりではありません。
夫婦ヒノキに別れを告げて先の写真の道を下ること5分。
登る時にももちろん車には会いませんでしたし、行き止まりの道から帰るわけですから後方など気にしていなかった、いや、気にする必要が無かったはずなのですが・・・・・


ぎょえーーーーーー。
バックミラーに車の影がぁーーーーー。。

一瞬卒倒手前でした。
私もゆっくりとは走っていましたが、後方から車が来るなんて思いませんし、ましてや来ないと決めつけているところにいつの間にか現れた恐怖は、もう言葉がありませんでした。

念の為数度ミラーを確認しましたが、襲われるような気配も突然消えてしまうような気配もなかったので、安心しましたが心臓に悪い巨樹訪問となりました。


そんなこんなで、皆さんにも会っていただきたい巨樹ですが、それ相応の覚悟で向かって下さい。
車対向不能と、追われる恐怖!(これは無いか・・・)。

これが是非とも「星を残したい巨樹」であることをお伝えし、今日も星の移行に追われるのでした・・・・・


切越の夫婦ヒノキ所在地

愛知県岡崎市夏山町ソラ16という表示になります。
検索すると、少し東側の国道沿いが表示されますが、それよりも西に須佐之男神社の表示が出ると思います。
須佐之男神社が2社表示されますが、南の県道(?!)37号線を桜井寺方面に登る道の先にあるほうですのでお間違えなく。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!