空を見上げて
トップページ » ニレ
ニレ

神迎える楡から続く伝説の木 楡(ニレ) 神話編


前回の最後の方は、どこか感情的な表現になってしまっていたかもしれませんが、良いところがないとか長所がないとか言って、一つの樹種の個性を消してしまう事のない様に大切にしたい、そんな思いがつい出てしまったような気がします。

さて、「神迎える楡」というなんともありがたい名を与えられた古巨木から始まったニレのお話ですが、今回はそのニレにまつわる様々な伝説や神話を取り上げて締めくくりたいと思います。

神話という言葉を聞くと、私の脳裏に浮かぶのはやはりヨーロッパ。
横文字の神々の名前の神秘的な事には、小さなころからのあこがれも含まれて未だに魅力的に感じます。
以前、カスクオーク幅広無垢V溝フローリングのところで、オークは雷のシンボル「ゼウス」と関係が深いと言うお話をしましたが、それとは違い、美しいエルムの神に遠慮をしてニレの木には雷を落とすことが無いと言われているそうです。
カミナリおやじも、美人にはめっぽう弱いってな感じでしょうか(笑)。

女神


そして、海の向こうの神話の一つには神が作った人間の種族の祖とされている男性「アスク」はアッシュタモの仲間)の木から、女性「エンブラ」はエルム(ニレ)の木から生まれたとされ、天と地下(おそらく冥界)の間=この地上に住むようになったそう。
あくまでも神話ではありますが、人間と木の密接な関係をにおわせるには十分想像力をかきたてるお話です。
もっとも、「宇宙樹」なる考え方があるくらいですから、人間の祖先が木と関係があっても不思議ではない?!かもしれません。

更にここからは私と同じ「昔の子供」、つまり現在30代後半から40代位の方にはドンピシャな神話が登場します。
おそらくいくらかの男性は、今日の記事の冒頭の神話という言葉が琴線に響いていたのではなかろうかと邪推しています。
というのは、ニレの木は「冥界」とつながりがあるからです。

ニレの木は英国では棺桶の材に、古代ギリシャでは墓地に植えられ古代ローマの詩人ウェルギリウスによると「ニレは黄泉の国に生えている」とされる為に、英語での別名がelfin wood (妖精の木)になっているといいます。
ドイツ北部の町では、農地の守護者であると同時に人間界と大自然の霊との間にある「門」を守る番人であるといいます。
これらは妖精や半獣人、神々の神話などのお話が多く残る地においては人間以外の者への畏怖や畏敬の気持ちとともに、自然やそれを含めた命とのつながりを樹木と関係づけた結果のお話ではないかと推測しますが、それは日本でも同じ。

霊験あらたかな巨樹を訪れたりすると、日本各地において「弘法大師の立てた杖が根付き巨樹になった」なんて話はどこでも聴きますし、「どんなけ杖もってんねん!!」(というか、育つか?!の方か)とつっこむのではなく、その逸話を有難く受け止めて、そんな時代にうまれた巨樹との接見のひと時に華を添えるデコレーションと感じるのがマナーです。
だから、神話の中のニレも同じ・・・とおもいきや、神話にはまだ続きがあるのです。
お待たせしました。昔の子供のお時間です。
私はこのお話ができる日を心待ちにしていました。(というか、自分の更新の都合なんだけれど。)多くの男性諸氏、往年の名作漫画「聖戦士星矢(セイントセイヤ)」をご存知でしょう。
星座になぞらえた「聖衣(クロス)」と呼ばれる鎧をまとい、海の神ポセイドン・冥界の神ハーデスなどのギリシャ神話の神々をモチーフにした登場キャラと戦うという、とても世界観の広い漫画です。
その名作のなかに、ニレの木に関連する人物が出てくるのをご存知か?!

古代ギリシャの伝説によると、アポロの息子で竪琴の名手であるオルフェウスが愛する妻の死を悲しんで竪琴を弾いていると、その音に惹かれニレの木立がわき起こり、オルフェウスは妻を追って冥界に降りて行ったといいます。
しかしながら、彼は妻を連れ戻すことができずに地上に戻りニレの木立の陰に隠れ竪琴を弾いた、というお話。

これは正しく、あの琴座(ライラ)のオルフェの事ではあるまいか?!

オルフェ3

漫画では彼女は毒蛇に噛まれて死にますが、死を受け入れられないオルフェは冥界の王ハーデスに会いに冥界に向かい、ハーデスの前で竪琴を奏でてそのあまりの素晴らしさに、彼女の魂が地上に戻る許可を得、喜んだ二人は共に地上に戻っていくのですが、その途中地上に着くまでは絶対に振り返ってはいけない、という約束を果たせず振り返ってしまい、冥界に縛られてしまった彼女を生き返らせることができなかった、というストーリーでした。

オルフェ2

ニレの神話と聖闘士星矢の原作にどこまでの関連性があるかは作者でしかわかりませんが、オルフェウスの名や冥界に赴くところなどはある程度の共通性がありますし、神話というものは語り継がれることによってより美しく、大きな話になっていくものですから、その関連性を想像して萌えるのは個人の楽しみの世界ということにしましょう。

オルフェウスが竪琴を弾くことによってニレの木立がわき起こる、というのは元々ニレが黄泉の国に生えると言われることから、竪琴の音色に魅せられたニレが地上に枝を伸ばして、オルフェウスを冥界に導いた、と考えられますから、漫画にはニレは描かれていませんが、神話の世界においてはニレは重要な樹木の一つであったことは理解できます。


さて、ヨーロッパでの神話以外にも「神迎える楡」でもさわりをお話したアイヌの伝説に多くのお話が残っています。
ハルニレのアイヌ名は「チキサニ」といいこれは「こすって火をもみだす木」という意味だそうです。
それは、材面が粗く摩擦が効くので発熱しやすいという事と、神が人間に火を授けるのはこの木によった、というところに由来しているということ。
また、神が人間の国を想像したときにハルニレとヨモギが生じたというのですが、これはその両者が生えるのは、耕作の適地だからということと、やせ地や乾燥した土地にはあまり生育しないという性質に由来するものだと推測でき、そのことは、前々回の「北海道移住問答」の記述を参照しても同じことだという事がわかります。
(因みにアイヌ神話で最初に生えたのはドロノキで、次にハルニレだそうですが、両社とも北海道では多くある樹種ですし、ドロノキは神代木でも出てくるくらいに古くからある樹種だということが分かります。)

万葉集では「モムニレ」という言葉で登場する内皮をはがして乾かし、臼でついた食べ物として登場していますが、「もむ」という言葉は古くから木材としてだけでなく樹皮からもみだす利用もしていたことを示唆している一つに例だと感じます。


最後に前回、ニレの名の由来は「ネレ・ネリ」から転じたものだといいましたが、漢字の「楡」は少し違います。
木偏を取った「兪」は、「そうである、そのとおり」などの肯定やその字の通り「癒す」という動詞の意味があります。
知名度がない木材、として書き始めた記事ですが実は何事も否定することなく受け入れてくれる「癒しの木」なのかもしれません。
ケヤキほどの知名度や、タモほどの使い勝手の良さはないかもしれないけれど、神話の時代から人間の近くにあった樹種は、これからも目立つことはなく私たちのそっとそばにいてくれるのでしょう。

オルフェ1

 




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神迎える楡から続く伝説の木 楡(ニレ) 樹木編


楡(ニレ。以降カタカナ表記)という樹種について、興味を持っていたり詳しく知っているという方はあまりおられないのではないかと思います。
街路樹の世界でこそ、プラタナスマロニエ・リンデンバウムとともに「世界4大樹木」と称され、街の景観づくりに貢献しているのですが、殊木材の世界に限っては多く語られることの無い「裏役」であるように感じます。

先日に少しさわりをお話しましたが、私が木材のことを深く知りたいと思うきっかけになった樹種の一つがこのニレで、それこそが「裏役扱い」されている者への興味といえば失礼かもしれませんが、だからこそ知りたくなった経緯があるものなのです。

楡(にれ) 英名を elm (エルム)、学名を Ulmus Davidiana (ハルニレ)

ニレ 1


英名はケルト語でニレを意味する言葉で、ハルニレを指す学名の Ulmus はケルト語の elm に基づくラテン語に由来しDavidianaは植物採集家の A.ダヴィットの名前からきているといわれるもの。
北半球に約45種、又は70種分布するニレ科ニレ属の落葉又半常緑ともいわれる樹木で、比較的大木になる(主にハルニレ)ことで知られている樹種。
日本語の「にれ」は、方言である「ネレ、ネリ」に由来しその樹皮を剥がすとぬるぬるしていて、その粘液を和紙をすく時の糊にしていた事からきていると言われます。

そしてニレというくくりの中にも正確には大きく3種にわけられていて、先のハルニレ以外に「アキニレ」と「オヒョウニレ」があります。
アキニレというのは、まさしくハルニレに対して花の時期が初秋であることから季節が接頭語として用いられている樹種で、学名 U.parvifolia といい「小型の葉の」という意味を含んでいる通り、葉っぱが少し小ぶりなのが特徴。
英名を chinese elm とし中国名も学名のとおり「小葉楡」(他あり)と称していますから、地域が変っても名前はある程度の共通性を持っている(学名などを元にしている場合があることも一因ですが)ということですね。
仲間であるケヤキに似る事から、イシゲヤキ、イヌケヤキ、カワラケヤキなどと称されることもあるのは、材木屋からするとちょっと可哀想に感じます。

ニレ 3

もちろん、ケヤキやハルニレの程の大きさにならないことや大きくならないと言うことは、代用される場面も少ないことも影響してでしょうが、木材の世界では「イシ○○」や「イヌ●●」という名は、決して良い印象では受け取られません。
「●●」に当てはまる部分の材種が優秀であり、それに対して劣っている(材質が硬くて加工しづらい、色や形は似ているが性質は異なるなど)というような場合に用いられるのが「イシやイヌ」の接頭語である場合が多いからです。

本当のところはそんなこと、使う人が気にかけて使えばいいわけで、一般的に劣っているという印象を与えるのはやはり残念です。

そしてもう一種はハルニレに混じって出てくることの多いオヒョウニレ。
英名 manchurian elm 学名をU.laciniata 学名は「割裂した」という意味で、オヒョウニレの葉が他のニレやケヤキなどの仲間に比べて割裂することがその由来です。割裂している様が矢羽根の様に見える事から、別名を矢筈(やはず)ニレとも言われます。対比して中国名も裂葉楡です。
葉っぱ以外の「オヒョウ(アイヌ名アツニ)」というのは樺太の土名が由来だといわれています。
ニレの中でもオヒョウニレの樹皮は強靭なため、その繊維を利用して丈夫で肌触りのよい厚司(あつし)が作られます。
そうです、前回の伝説に登場するアイヌラックルも来ていたという厚司です。

日本以外にもヨーロッパやアメリカでもニレの仲間は見ることができます。
ヨーロッパは西洋ニレ(elm)と一括されているようですが、アメリカではメープルと同様、ソフトエルムとハードエルムという分類があるそうです。
アメリカは国民性なのか、「硬いか柔らかいか?!」という二極分類が好きなようですね。それはそれで、一言で分かりやすくていいかもしれません。

ニレ 4


さて、ここで話を木材としてのニレに移しましょう。
はじめに、建築や木材においてのニレの知名度は低い、と書きましたがそれには理由があります。
それは単純に、科目上「ニレ科」と言われているものの、その中にはニレ当人(当木?)よりもはるかに著名で有用とされるエース、「ケヤキ」が存在するからです。
いや、もちろん古くは他の理由はあれど 、ケヤキの方が大径木に育ちはっきりとした力強い木目に時として特殊な杢の現れる魅力などが、ニレをはるかに上回っていたのでしょう。
ニレは建築や木材の世界ではいつの世も存在する影武者である「似た木材や同種の木材」として、薄い灰褐色の木肌をケヤキ色に塗装をしてケヤキとして販売されたり、無垢の一枚板はケヤキなれど、ケヤキでも単板の製品になるとはニレの単板を接着して「ケヤキ貼り」として出荷されるのは当たり前のこと。
高価なケヤキの代用品、または影武者として実は裏の舞台で活躍しているのがニレなのです。
この様に、多くは薄い単板として利用されていたために、木材としての利用が多くないことから、私が「ニレの木材」を探していた時に入手できなかった理由でもあります。
木材というのは、利用方法が異なればたとえ山に生えていようとも、必ずしも塊の材料となって市場に出てくるとは限らないのが利用の難しいところでもあります。

塗装をしてケヤキとして出荷されるものに「栓(セン)」という木材も存在し、正確にはこちらの方がよりケヤキに近い、というか塗装するとほとんどわからなくなってしまいますが、簡単なケヤキとニレ、栓の見分けは、「木肌の色と道管」です。

ケヤキとセンは、木口から材を見た時に道管という組織が年輪状に並んでいる「環孔材(かんこうざい)」と言われるグループの中でも、道管の配列が(ほぼ)一列であることが特徴です。
その為、板にした場合の木目が非常にはっきりとしていますし、木口の年輪状の道管の配列をみると、小さな道管の孔が2列〜3列に重なることなくほぼ1列に整列しているのが見て取れます。

ケヤキ道管


それがニレでは1列ではないので、木目も少し幅ができて伸びたような感じに見えます。
これが大きな点ですが、木肌の色としてはケヤキの赤身は顕著な橙色のような発色ですし、ニレも遠からずですが大半はくすんだ灰褐色に近くなり、センはタモやナラのような薄い灰色に近い外観になるのでわかると思います。

その他では、一昔前によく見られたものに「赤ダモ」という表記があります。
赤玉、ではありません。アカダモ・・・
これは何によく見られたかというと「階段材」です。
特に細い木材を接着して作られる集成材の階段材ではこのアカダモなる樹種が多くみられました。

赤ダモ



実はこのアカダモはニレのこと、なのです。
この「タモ」という言葉を引用しているのは、東北・信州地方ではニレのことをタモと称することがあったそうで、赤っぽいタモ、という事から来ているともいわれますが、これがまた木材・建築業界の分かりづらいところで、商品上の位置づけとしてはタモという樹種よりもリーズナブル乍も見た目は殆ど同じで材の硬さなども近しい、ということで、手の届きやすい「赤いタモ材」という意味あいで販売されていました。
この業界では「米松(べいまつ)」や先の「イヌ○○」のように、その樹種ではないものでも、似ているものを代用しているケースが多いので、私も初めはタモだと思っていましたが、実は探していたニレが身近で活躍していた驚きのケースです。

それぞれの樹種は、人が決めた価値によって差がうまれスポットライトの当たる「光の樹種」と重要ではあるが裏役に回ってしまう「影の樹種」に分けられてしまいがちですが、それは言うように人が決めたこと。
それならば、また同じように人がその価値をあげてやる工夫をしてやればいいだけのこと。

よし、ケヤキにも負けないニレの良さをアピールだ!!
と勢いづくものの、実際のところはやはりむつかしいのです。
ケヤキに優っていると言われる部分は、「柄」の材としては材面が粗く摩擦が生じることからケヤキよりも良材とされているそうですが、他の材としてのニレは比重平均0.63とやや重硬な木材でありながら、上記の単板としての需要は相当数あったそうですが、ケヤキよりも反りなどが多く(ケヤキもたいていですが・・・)材が柔らかで、表面の仕上がりもケヤキには劣る、材の保存性はよくなく挙句には古い書籍によると「ケヤキ・タモの劣等材」という表記があることで、表舞台には出てこなかったようです。
現在では乾燥や製材技術の進歩によって、利用の難しさから「木で無い」と形容された橅(ぶな)でさえ、さまざまな用途に活用されていますから、ニレも負けてはいられません。
他には、比較的大径木になるので「臼材」として利用されていたり、昔の北海道の防腐処理せずに使う2種枕木の材として使われていたといいます。
それに世界では仲間の樹種は活用されていますし、日本で人気のケヤキも輸出計画があったものの、日本で好まれる特有の橙色っぽい赤身の色合いが、ヨーロッパなどでは受け入れられなかったために、海外には出て行かなかったという経緯がありますから、少なくとも海の向こうではニレの方がポピュラーだということです。

それとは別の価値あるもの、というと神代木がありますね。

神代ニレ 1

これに限っては、魅力は無限大。
樹種の個性に神代という価値が加わり、稀少性や所有感という面を満たすには十分なアイテムであることは言うまでもありません。

神代ニレ 2

特別、ニレの良いところ、と宣伝するのは難しいと思われていると思いますが、よし悪しではなく、あくまでもその表情を活かせる可能性がある使い方をするかどうかの話。
もちろん、様々な杢が出ることもありますが、それ以外にケヤキではあまり見かけないようなこんな模様があったりすることがあるので、上手に活かさないともったいない。

 ニレ 2

こういった味を活かすことこそが、材としてのニレを活かす道で知名度を上げる方法の一つだと思います。
もちろん、無限に資金のある人は別ですが、無垢の木材でリーズナブルなものを・・・と求める人にも強い味方であることは言うまでもありません。
このニレの板も、ダイニングテーブルにとお客様の要望のあるものです。
ニレはコミュニケーションのシンボル。
このテーブルを囲んで会話が弾みよい人間関係が築けると、ニレにも明るいスポットライトが当たったということになります。
影武者ではなく、明るいコミュニケーションの使者。
それがニレの本当の姿・・・



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2) この記事をクリップ! 

北の大地は松に非ず 神迎える楡


ついこの前、お正月気分を吹き飛ばす「とんど焼き」が地域の神社にある公園で行われました。

とんど

近年は住宅街の中に、とんど焼き出来るほどの広い場所が無くなったりしたことで、見る機会も減っているといいますが、我が家も会社もご存知の通り毎年年末に注連縄をする習慣が残っていますので、以前から年明け15日にはそれを私自らが焼くことになっています。
そしてその焼いた灰をとり、敷地に盛る事で年末から続く注連縄行事の一つが終わるわけですが、そもそも注連縄を焼くのは、お正月に迎えた神様を、天に昇る炎の煙に乗せて戻って頂くと言う意味もあるそうですが、とんど焼の行われる公園では、その後に配られる焼き餅を待っている人が殆どで、子どもなどは家から持参のおしること合わせて楽しんでいるのですから、神様というよりは地域の一行事、といった位置づけになっているようです。

そもそも神様が帰られるということは、一度お迎えしているわけですがそんな事を意識されることありますか?!
注連縄や門松を殆ど見かけないことから、残念ながらそういった事を考える機会も無くなっていくのかもしれません。
門松も、ただのお正月飾りと思われているかもしれませんが、という樹種は神様の拠りどころになる木である為に用いられているもので、いわばそれをもって神様を迎え入れる様になっているのですよね。

門松に限らずそんな神様を迎える木も、ところによっては様々でその土地に根差した木が、そうなっている場合も珍しくなくて、北の国では実は「ニレ」でした。

神迎える楡 4

この雪をかぶったニレの木は、「神迎える楡」と呼ばれるハルニレという木の古巨木です。
樹齢は300〜400年。
ちょっと数字に開きが大きい様な気がしますが、そんな事はちょっとした驚きの種だけの話で、こういった樹木はその言い伝えや由緒、そしてその存在に有難みを感じるものですから、気にしない気にしない。

神迎える楡 1


解説板の由緒によれば、明治25年に発見されたとあります。
屯田兵の練兵場開設のため密林を伐採中との事ですが、屯田兵の言葉も小学校?で習った事を思い出すと同時に、その時に用いられる「開拓」という言葉が頭に浮かびます。
「密林」という文字のある由緒書きを見ると、開拓という言葉が当てはまるような状況が明治時代の北海道には残っていたのだと言う事を、改めて実感します。

しかしながら、北の広大な大地を「開拓」に来ているわけですから、大切に残そうと思う様な心があっては、作業という意味では進まない筈ですが、このニレを禁伐木として残したという名の知れぬ中隊長の行動には有難さを感じます。
明治時代の北海道庁植民課により編集された「北海道移住問答」なる入植者向けの手引書があったそうですがそこには、「水辺の開墾適地の簡易判定にハルニレやヤマグワが育ち、林床にコゴミやイラクサ(ニレもイラクサ目)の生えているところがよい」とされていたそうなので、この場所の開拓は必至だったのでしょう。
その中の禁伐木です。しかと拝みましょう。

神迎える楡 5

ただ、訪れた時はご覧の通り一面雪化粧だったので、もちろん葉がないために余計に巨大さというものは感じられませんし、ケヤキやクスノキの著名な巨木ほどの大きさもないのですが、ニレという樹種は北海道らしくアイヌの人々との関係が深い樹種であり、もしかすると先の中隊長もそのあたりの事情を知っていたか聞いていたかしたために、わざわざ禁伐木にしたのではないかと邪推してしまいます。

また、北海道大学の寮歌の一節「雄々しく聳える楡の梢・・・」というのは有名ですし、更に有名な、かのクラーク博士も「後々の開発の世になっても、このハルニレだけは残してほしい」と言い残して去ったといいますから、北海道においてのニレのポジションは、もしかすると同じニレ科の看板樹種である本州でのケヤキとはまた違った意味で大きな存在なのかもしれません。

そして洋の東西や時代を問わず、樹木はいつも精霊の宿るものや神の拠りどころ、または神そのものとして考えられてきましたが、北海道においても同じでここではニレがそうなのです。
特に大木になるニレはアイヌの伝説と関係が深く、いくつかの伝説がありますが、そのうちの一つはこの様に語られています。

伝説ではエルムは美しい女神で、エルムの女神に恋した雷神が、足を踏み外して女神の上におちうまれたのが人間の祖であるアイヌラックルである。
しかもそのアイヌラックルは、後述するニレの樹皮の繊維を利用して作られる「厚司(あつし)」を来ていた、と言われますから驚きです。

神迎える楡 6

さて、この「神迎える楡」以外にも北海道には開拓記念木というものが存在します。
それはやはりこの広大な大地が木々に覆われていた時代、切り拓かれていく中で何かを残そうと考えられたのではないかと思います。
どんどんと進む開拓の中で、神社やその当時からのご神木以外のところで、それに携わった人たちは何かを感じたのでしょう。
そしてそこに立つ1本の木を記念木とした。これも神様ではないにしろやはり心の拠りどころの一つだったのかもしれません。

さて、最後に神様を迎えるニレと有難く記念撮影。
足元が埋まる様な雪の為に、なかなかよいアングルで撮影することができなかったのは、雪国の巨樹を冬尋ねるという無謀な試みに慣れている身とはいえやっぱり冷たい。

神迎える楡 2


ニレはケヤキと同じ科目に属する樹木ですが、銘木の一級品として扱われるケヤキに比べ、その扱いや認知度は非常に低いように感じます。
関西圏に限ったことなのかどうかはわかりませんが、私が初めてニレという樹種を知った時に、ケヤキとの違いがわからず実物を見比べてみたくて周りを探してみたものの、ニレの木材を扱っているところがなく挙句には「そんなんもってるところないでぇ。つこてる(使ってる)とこ無いんちゃう。」と言われる始末。
同じ様に「タモとシオジ」、「モミとツガ」の違いなどにぶつかっていた時分だったので、「ニレとケヤキ」が入る事で疑問の袋ははじけてしまい、それ以来「木材探しの沼」に入り込んでしまうことになるのでした・・・・

次回以降は、その「沼」の入り口となったニレについてのお話をしていきたいと思います。

神迎える楡 3


神迎える楡(ハルニレ)所在地

北海道旭川市東旭川南1条6丁目3-26

旭川神社の参道にあります。境内も広いので駐車可能。(といっても、雪の為駐車表示も見えないのですが、おそらく大丈夫です。)

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!