空を見上げて
トップページ » シャムツゲ
シャムツゲ

素晴らしい作品 黄楊のヤモリ


気がつけばもう1月も半分過ぎているではありませんか・・・
早すぎますよね。お正月気分が抜けたころだというのに(笑)
それは冗談ですが、皆さんは毎年の年賀状は楽しみにされていますか?!
お年玉付きの年賀状の当選発表も楽しみですが、私は子どもの頃から、年賀状を見るのがとても楽しみです。
その人その人、それぞれの個性や昨年の出来事などが凝縮されている気がして、ひとしきり見終わるまでに、少し時間がかかります。

今年、弊社にいただいた年賀状のなかで、昨年お買い上げいただいたお客様から頂戴したものもあるのですが、その中で「おおっ!」と驚いたものがあり、紹介したくなりました。

黄楊のヤモリ














まるで生きているみたいでしょ。
実際、本物かと思ってしまったくらいです。

これは、黄楊の木(つげのき)で製作された作品ですが、お買い上げいただいたときには半割丸太だったものが、このような形に生まれ変わり、まこと「第二の命」をもったヤモリとなった事に、嬉しく驚きました。
私の自宅でも、数匹のヤモリ君が元気に活動しています。そのおかげか、アブラムシ(方言的なのかな?関西では?!ゴキブリのこと。)はほとんど見かけませんね。
たまに寝室に現れたりして、可愛い顔を見せてくれます。そのヤモリ君にそっくりです。

国産黄楊 4














近年は、趣味で彫刻などを楽しむ方でも、黄楊やイスノキなどの特殊な材料を求められる事が多くなったのですが、まさか嫁いだ黄楊がこんな素晴らしいものになっているとは思いもせず、自分の作品ではないのですが何か誇らしげな気分に浸ってしまいました。

木材は、本来はきちんと循環させれば枯渇することのない、素晴らしい材料なのですが、人間の手やその時代の環境によって枯渇する場合もあります。
現在でも、諸事情で入手が困難な樹種が多くありますが、今後もこのヤモリの様な素晴らしい作品が生み出される為にも、有用な樹種を大切に扱っていきたいと思います。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まだまだ知らない木材の用途 黄楊の木


まだまだ知らない事がたくさんあります。
木、木材ということだけをとっても、まだまだ「その道」は深いですね。
先日黄楊の木の問い合わせをいただきました。
問い合わせというか、電話だったのですが受話器の後ろで聞き覚えのあるメロディーが流れています。
このメロディーはもしや・・・・と思い、どちらからお電話頂いてますか?と聞いたところ「今、阪急電車の茨木市駅です。」との事。
弊社の最寄り駅です。徒歩でも15分位。
その日は丁度社内作業中だったので、お越しいただく事が出来ましたが、通常はお手数ですが、ご来店予定をお知らせ願います。留守にてかえって御足労をかけますし、なにより倉庫やショールームの準備と、他のお客様の予定もあります。
きちんとお話させていただくためにも、ご予約おねがいしますね。

さて、お電話からほどなく御来店。
お話で「黄楊の木」という事をうかがっていましたので、早速見ていただきましたところ、「大きいですねぇ・・・」と、普通とは違うお返事。


国産黄楊 1














普通は「木」というくらいですから、皆さん20cm位は幅のあるもんだと考えていらっしゃる方が多いので、「こんなに細いんですか?」といわれる事がありますが、今回は全く逆。

というのも、用途を聞いてみると「ヴァイオリンのバックピース(テールピースかな・・)」という部分に使用するので、小さくてよいのだということでした。
カチカチな材木屋頭では、ヴァイオリンに使われる木材は良質なスプルースとメープル、それから黒檀などの唐木類の指板位しか思いつかなかったですが、意外なところに黄楊が使われるようです。

その理由を伺ったところ、緻密でそこそこ硬いからではないか?!ということでした。
なるほど・・・

ただ、そんなにたくさん必要というわけでもないので、今回は御蔵島産の黄楊半割ではなく、材質の似ている「シャムツゲ」が大きさとご予算に合うとの事で、そちらを購入頂きました。

シャムツゲ 2














製作をされているとのお話だったので、どんなヴァイオリンができるのか、どんなふうにシャムツゲが活躍するのか楽しみです。

それにしても、木材にはまだまだ知らない用途があるようです。
しっかり勉強しておかないといけませんね。
特殊な木材をお探しの場合は用途とサイズをお知らせくださいね。それにより材の条件が変わる場合がありますので、よろしくお願いします。

次回は御蔵島産黄楊をお願いしますねぇ・・・・・・


国産黄楊 3














木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!