空を見上げて
トップページ » カラマツ
カラマツ

黄金色のフローリングの民家には、黄金に比するお宝あり! 


前回にお見せしたピュアラーチ、施工直後からもとってもいい色合いですが、これから生活とともにどんどん色合いが深まり、黄金色の木目が浮き立つような仕上がりになっていくことと思います。

ピュアラーチ幅広無垢一枚物フローリング セレクショングレード 1


写真をご覧になってもわかるように、今回施工いただいたところはいい感じの民家です。
都会のような、敷地面積=建物+駐車場というような環境とは異なり、良い建築とゆったりとしたスペースのある環境ですので、見るべき場所は家のなかだけではないんです。
というよりも、私にとってはむしろ、家の外の方が見るべき場所である、といっても過言ではない状態なのでした。

その理由はこれです。

黄金に比するお宝 2

え?!
木に関しては、並々ならぬこだわりがあるとは思っていたけど、今度は石にまで!!?
巨木巡りをしている記事は見かけるけど、巨石?!にも興味がうつったのか?!

そう思われるかもしれません(汗)。

いや、そうではなくてこの石、実は木なのです。

またわけのわからないことを言っている、と思うかもしれません。
もしくは、すぐに「あぁ、あれか・・・」と思われる方もわずかにはいらっしゃるでしょう。

木が大好きな私が気になる石。
それは、珪化木や木化石といわれるものです。
つまりは木が化石になったもの、です。
木であり、石である。いや、石だけどもともとは木である、というんだろうか。

恐竜の化石、というと古代の恐竜の姿がそのまま残っている状態で、今にも骨が動き出しそうなほどに美しい状態で、「石になった骨」が出土します。

恐竜


恐竜のように「見事に樹木」ではありませんが、写真の石は珪化木だそうです。

次回に続く・・・

・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリングにて、改修をしてもらいました!

先日、民家の改修工事にピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリングのセレクショングレードを使っていただきました。

ピュアラーチ幅広無垢一枚物フローリング セレクショングレード 2

使っていただいたのは、写真左の建具をみてもわかるように立派な古建築のおうち。
今時、こんな建具ないですよね〜。
細工といいガラスといい、めちゃいい感じです。

そのいい感じに色が変わった木製建具のある空間が、明るい黄金色の木目をもつピュアラーチに変わりました。
通常、和風住宅や古い建築を改修する場合は、どうしても和風だからとや桧などの針葉樹がメインになり、それ以外となるとロックメープルのような白っぽい木を使いたくなります。
しかし、今回は針葉樹ではありますが白や赤などの和風の色ではないと思われがちなピュアラーチ。

それでも、とてもきれいに納まっていると思いませんか!!

一般的なイメージで、和風の家には明るい色合いの杉・桧が最適と思われがちですが、ピュアラーチのはっきりと浮き立つような木目や、明るくもありしっとりとした落ち着いたイエローの色合いは、以外にも和洋を問わずに合うものです。


ピュアラーチ幅広無垢一枚物フローリング セレクショングレード 1


今回、この現場を施工いただいた大工さんは、以前から弊社の記事をご覧になっていただいていて、お問い合わせをいただき、ご来店下さいました。
もちろん、以前までのピュアラーチの記事もご覧になっていただいていたようで、大きな面積にプルミエグレードを採用いただいた保育施設の記事もチェックして頂いていて、イメージを非常に早くつかんでいただいていましたので、お施主様へのご説明もスムーズだったようです。

うれしい限りです。

弊社としては、自身が自信を持ってお勧めする古希杉浮造り埋め節フローリング百年杉柾浮造りフローリングなども非常にお勧めではあるのですが、このピュアラーチでしか出すことのできない独特なひかり具合や、黄金の輝きのような美しい木目は、おすすめをしておきたいところなのです。

いつの日か、周囲の建具の様に建築に調和して、温かく美しい飴色の変化していくことと思います。
今からその贅沢な時間の変化を共有してくださいませ!
採用ありがとうございました。


さて、時間の変化というとこのお宅のお施主様が、かなりの年月の変化によって生まれたお宝を所有されているとの情報を、施工の大工さんよりいただき、この度写真を送っていただきました。
これが、ウソっ!!!と思うようなもので、、、、

その正体を次回、ご紹介したいと思います。
個人所有とは考えられない代物です・・・・・


・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング、135mm幅セレクショングレード施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)無垢UNIフローリング、90mm幅ネイキッドグレードオイル塗装、施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング、90mm幅プルミエグレードオイル塗装の保育園施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング、90mm幅セレクショングレードオイル塗装個人宅施工写真はこちらから


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ピュアラーチ無垢一枚物フローリングとオークD・Dウォールのおうち、完成! 


前回オーク乱尺D・Dウォールはいかがでしたか?

本来様々な表情をもっている木材の個性を最大限に活かす、とでもいえるような、板の一つ一つに厚みの違いを持たせることで、より一層立体的に木のもつ個性を引き立たせ、壁面を浮き立たせる役目を果たすものでした。

今回は、そのD・Dウォールとともに採用いただいたピュアラーチ無垢一枚物フローリングの、セレクショングレード(オイル塗装)をご紹介します。

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 4


針葉樹特有の、伸びやかにつながる木目を楽しむことができるピュアラーチ。
一般的には、針葉樹フローリングといえば杉を採用されることが多い近年ですが、杉よりもしっかり感がありより一層木目もくっきりと表れるのがピュアラーチ。

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 3

今回は90mm幅の一枚物セレクショングレードを使って頂いているので、ちらほらと「小指の先」位の小さな節や軽微な節補修が見られますが、その節の存在が気にならないほどに気持ちよく木目が伸びています。
その上に、オイル塗装をかけて仕上げてある為に、「金色の木目」とも称されるピュアラーチの個性的な木目が引き立っていることは言うまでもありません。

今回は当初、弊社の定番であるロシアンバーチのUNIタイプとノルデストウォールナットのUNIタイプも含め、3種で提案をさせてもらいました。

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 2


インテリアの流行の一つとして、オークなどの広葉樹材の節を表現したり、パイン材の古木感を表現した印刷シートのフローリングがあります。
それも時代の傾向の一つかと思いますが、そのような傾向も含めてバーチやウォールナットも見てもらおうと思っていてところ、早々に決定いただいたのが、ピュアラーチでした。
杉や桧などの針葉樹野見せる節の表情もたしかに「無垢の表情」ではあるものの、「節であればなんでもあり」というようなグレードもあったりしますので、それに比べると、このすっきりと木目の通るピュアラーチの特別さが、お施主さまにも伝わったことだと思います。

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 6

セレクショングレードには、節のほとんどない白太(辺材部分)や小さな節を含みますが、適度な「無垢の存在感」があって、私はお気に入りです。
施工当初のインパクトでは、広葉樹の華やかな色合いや優しい木目が目立つかもしれません。

しかし、歳を経ていくにつれて変化する無垢材においては、当初の風合いと共に大切なのは経年での変化。
だんだんと色濃くなり、一層木目が光るであろうその姿を想像すると、今から楽しみになります。
人間の成長と共に家の表情も変わる。
共に変わっていくのが無垢材の家。
少しづつ変化していく様を楽しみに見続けてもらいたいものです。

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 1



今回紹介のピュアラーチ(カラマツ)フローリングのそのほかの施工例は、下記のリンクからご覧になれます。
黄金の輝き!見てくださいね!



・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング、135mm幅セレクショングレード施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)無垢UNIフローリング、90mm幅ネイキッドグレードオイル塗装、施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング、90mm幅プルミエグレードオイル塗装の保育園施工写真はこちらから
・ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)無垢一枚物フローリング、135mm幅セレクショングレードオイル塗装、民家改修施工写真はこちらから


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


表情の特徴

表面への脂の析出

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 8


・色目の差

ピュアラーチ無垢一枚物フローリング セレクショングレード 施工 7


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!