空を見上げて
トップページ » カバ
カバ

ロシアンバーチ幅広無垢v溝フローリング 大工さんご自宅へ

他の記事のアップロードに押されていて少し前の話になりますが、私一押しのフローリングであるロシアンバーチ幅広無垢v溝フローリングが、いつもお世話に
なっている大工さんのご自宅のお部屋改修に使っていただきました。

普段は、たくさん時間をかけて無垢のお話から選定していただいた樹種についてのお話をしていくのですが、今回はお施主さんが大工さんだということもありながらも「大丈夫、イメージ違う!とか文句言いませんから(笑)」というお言葉もあり、弊社の記事を見ていただき即決していただいただけに、いつも以上に貼り上がりやイメージがどうなのかということが気になっていたのですが・・・

ロシアンバーチv溝150セレクション1

もちろん、お住まいになりながらの工事なので、ゆっくりと写真撮影というわけにもいかないので、貼り終えてすぐの写真がこちら。
今回使っていただいたのは、貼り上がりの美しい幅広無垢v溝フローリングのセレクショングレードです。

実は、ネイキッドグレードやプルミエグレードの場合だと、そう大きくイメージが変わることはないのですが、セレクショングレードはその時の丸太の性格が最も如実に表れるグレードと言っても過言ではないくらいに、ある意味差があるグレードなので、どんな感じかと思っていましたが、ご満足いただけたようで・・・

グレードの特徴を、言葉で表現するのは大変難しいのですが、ロシアンバーチのセレクショングレードの通常は、ほぼ白太の材であるところに、軽微な変色や黒っぽい筋、若干の赤身、小さな節が入ってきたりするのですが、ほぼその説明にあったような内容になっているように見受けられます。

そして、気に入っていただいたフローリングにお勧めさせていただいたオスモカラーのフロアークリヤーにて表面保護を施してもらいました。

ロシアンバーチv溝150セレクション2

うぉー、めっちゃいい感じ!!
普段は無塗装派な私も、この輝きには心揺らぎますねぇ。
これがセレクショングレードのいいところでしょうね。素直なところばかりではないために、ちょっと個性の強いところがオイル塗装によって輝く「杢」として個性を発揮し、まるで栃(とち)のような、美白的美しさ!!
通常のグレード分けとしては、木材において重要視される赤身(芯材)の部分がプルミエグレードに、そして白太(辺材)の部分がネイキッドグレードになることが多いですが、板谷楓ロックメープル)やロシアンバーチにおいては反対で、白太の部分がプルミエグレードに分類されるのです。

この写真をみると、どうして白太がプルミエグレードに分類されるのかが理解していただけるかと思います。
この光るような白さこそ、ロシアンバーチの底力。
もちろん、表情豊かなネイキッドグレードの赤身と白太のコントラストもいいですが、透き通るような白太の美しさはやはり特筆です。

もちろん、150mmの幅広で貼り上がりが乱尺一枚物フローリングのように見えるつなぎ目v溝であることも、さらに表情の良さに花を添えていると思います。
一枚物でも、通常のUNIでもないつなぎ目v溝フローリング。
お勧めのラインナップです。
次はあなたのお家へ是非!!

ロシアンバーチ150幅V溝 4

・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングはこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングO様着色塗装施工写真は
こちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングN様着色塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ130幅広無垢ユニフローリングネイキッドグレードの施工現場は
こちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢一枚物フローリングネイキッドグレードとV溝フローリングネイキッドグレードH様無塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ幅広無垢一枚物フローリングは
こちらから

ロシアンバーチ以外にも、ブラックウォールナットロックメープルホワイトアッシュカスクオークノルデストウォールナットブラックチェリーの各樹種につなぎ目V溝フローリングをラインナップしていますので、是非各記事の写真も見てくださいね。

弊社へのお問い合わせは
こちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

土足歩行店舗向け オークハーテイド・バーチハーテイド幅広無垢一枚物フローリング 


少し前に試作の状況を報告していた弊社オリジナル一枚物無垢フローリング、ハートグレードフローリングが出来上がってきましたので、紹介しておきましょう。

オークハーテイドフローリング 4

といっても、既に施工第一号店の様子を先に紹介してしまったので、イメージはそちらをご覧いただくのが一番手っ取り早いと言ってしまえばそれまでなのですが、念の為に御紹介しておきましょう。

というのは、施工一号店はオークをふんだんに使っていただきましたが、そのオークとともにバーチもご用意していますので、そちらもご覧いただければと思います。
その名も「オークハーテイド(ナラ)幅広無垢一枚物フローリング」と「バーチハーテイド(カバ)幅広無垢一枚物フローリング」です。

バーチハーテイドフローリング 12

先ず最初に申し上げておかないといけないのは、オークハーテイド・バーチハーテイドフローリングは「土足用のフローリング」であって、室内上履き用としてはお使いいただけないこと、です。
幅広無垢一枚物として室内用に使っていただけないのは実に残念?!なところではあるのですが、とてもキャラクターの味わいが深い表情をもっているのですが、オークハーテイドとバーチハーテイドフローリングは、これからお伝えする諸所の理由があり室内用には向いていません。

バーチハーテイドフローリング 2

本当はいいところばかりを見せていればいいのかもしれませんが、それでは誤解を招きますし、元々のこのフローリングのコンセプトから外れてしまいますので、敢えて先に申し上げておきます。

バーチハーテイドフローリング 3

オークハーテイド並びにバーチハーテイドは幅広一枚物のオークとバーチのフローリングをとることを前提とした、製材木取りの中で生まれるフローリングです。
もともと、無垢のフローリングにおいて「一枚物フローリング」をとるというのは、想像以上に難しいものなのです。
幅広一枚物フローリングの記事にて幾度もお話してきましたが、一般的には無垢のフローリングというのはUNIタイプ(ユニタイプ)で構成されています。
その理由は、色々とありますが何よりも一枚物をとることの難しさがある事からUNIタイプが圧倒的に多いのです。
一枚物の無垢フローリングは、丸太も厳選しないといけないのは当たり前ですが、製材の木取りの仕方から乾燥の注意、養生(落ち着かせる期間)等にも配慮しなければなりません。

その厳選された中からも、全てがフローリングになれるわけではありません。
やはり無垢の木です。
中には大きな節の出るところや傷のあるところ、乾燥による割れが入ってしまうところ等がどうしても出てきます。
そんな部分を、室内用としては基準に沿わなくとも、多少の段違いや加工のキズ跡、割れなどを含めてなんとか活躍させてやりたい!木のもつ本来の豊かな表情を見せる部分を是非見てもらいたい!という想いから製作したフローリングが、オークハーテイドとバーチハーテイドです。

オークハーテイドフローリング 15


そういった理由なので、いつものようにその加工精度や仕上げの美しさ、木目の均整さなどを紹介するものではありません。
どちらかというと、一般的には欠点とされて不合格と言われるような部分を多く含むものですから、注意点の方が多いのかもしれません。

たとえば、室内では補修して使われる割れですが、極端に大きいものも含まれます。

オークハーテイドフローリング 10

また、反りや曲がりによって加工中に機械の加工跡の残っている物。

オークハーテイドフローリング 11

バーチハーテイドでは木目に反って割れるような部分が見られます。

バーチハーテイドフローリング 8

原木時に強度の落ちた部分の目彫れ

バーチハーテイドフローリング 11

等など。
室内のフローリングの基準から見ると「使えない」とされるかもしれないこれらの原板ですが、よく求められるアンティークや使い古した表情に求められる粗さというものも、やはり、こう言った原板の表情に通じるところがあると思います。

バーチハーテイドフローリング 13


しかし、室内用フローリングの基準も使うシーンに応じて決められたもの。
日本のような靴を脱ぐ生活をしている国と、土足の国では同じ室内用でも全く基準が異なりますし、基準というのは使う人が判断するべきものですから、本来はその人がしっかりと理解して使う事が出来れば、厳しい基準を設ける必要もないのではないでしょうか。

オークハーテイドフローリング 3


室内用の化粧フローリング(印刷や表面化粧単板のフロアー材)に、土足によって使い古されたような古木調や、冷たささえ感じるような石目調が多くデザインされている事を考えると、そういったデザインを受け入れているということですが、いざ本物の古木や石を使うとなるとそのままもってくるというわけにはいきません。
しかしながら、住宅ではなくお店や商業空間で、オークハーテイドやバーチハーテイドの特徴を理解していただければ、わざわざ印刷に頼らなくとも、本物の使いこんでいける味わいのある仕上がりをつくることができます。

因みに、このような部分もあります。

オークハーテイドフローリング 14

私が指で押さえている部分、フローリングの角の部分の大きさが途中から大きくなっています。
これは、原板の乾燥中の反りによって、加工機にかけた時にまっすぐに加工しきれなかった部分です。
それを施工するとこんな状態になります。

オークハーテイドフローリング 13

段違いです。
室内用ならば原板の時点で細かく切り刻まれていたようなものですが、折角の貴重なナラとカバの一枚物の原板です。
使える場所があるなら、その場所に使ってもらおうというスタンスで、とりいれていますよ。

ぴったりとくっついて仕上がらないといけない、少しの段差も許されないという条件での木の表情ではなく、木のもつ本来の姿をそのまま楽しむことのできる状態で見せる木の質感は、何とも言えない雰囲気です。

オークハーテイドフローリング 5


綺麗なフローリングに、無理矢理アンティーク加工やダメージ加工を施したモノとは違い、かなり個性と特徴があります。

バーチハーテイドフローリング 10


こんな紹介で採用頂けるかどうかは、共感していただけるかどうか・・・・です。
それでいいんです。木材は。
均質で美しく、似たような表情で大人しいだけがいいのであれば、木であるものの必要がありません。
貴重なナラとカバの原木から生まれる一枚物の原板です。
こんなのは使えない、この状態だと納まらない・・・
そう思われる方が大半かもしれないけれども、なるべくそのままの状態で無駄にすることなく木を使うことができないか、という観点で製作したフローリングです。
勝手な事かも知れませんが、共感理解して使っていただけるお客様の手元に届き味わっていただく事を前提に・・・


こんな柔らかい雰囲気でお茶できたら最高ですねー。

バーチハーテイドフローリング 15



貼り上りイメージ オークハーテイド

オークハーテイドフローリング 1


貼り上りイメージ バーチハーテイド

バーチハーテイドフローリング 1

(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


オークハーテイド幅広無垢一枚物フローリングの施工はこちらから


*ご検討いただく前に・・・

オークハーテイド並びにバーチハーテイドフローリングは店舗など土足歩行に向けた一般の室内用フローリングの製作基準とは異なるフローリングです。
そのため、採用に当たっては注意していただく点が多くあります。
下記表情例をご覧いただき、決定頂きますようによろしくお願いいたします。
(記事内、下写真以外にも様々な特徴がありますので、施工写真も合わせて必ずご覧下さい。)
また、写真にもある様に大きく割れている部分や、貫通割れなどを含みますので、必ず厚物合板などで下地をして下さい。
力のかかる部分や重量物の載る部分には、割れや節の大きなものを避けて使用ください。

こちらのフローリングは梱包を一つづつ解いて、端から全て同じ様に使っていけるような工業製品のようなものではありません。
丸太の中の「使えない」と選別されてしまう部分を、なんとか活かそうと取り組んでいる商品ですので、趣旨を理解していただき選定頂きたく思います。
施工に際しては必ず全てを開梱し、施工使用部分ごとに板の状態を確認してから貼りこんでいただきますようにお願いいたします。


   ****************************

お問い合わせを頂いており大変申し訳ありませんが、現在こちらの商品は工場の都合により生産をストップしております。
再開出来次第再度紹介させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

   ****************************


オークハーテイド・バーチハーテイド幅広無垢一枚物フローリング (寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×120×1820(5枚)+910(4枚)
15×120×1450

・形    状 :一枚物・OPC

・入    数 :1820×5枚+910×4枚入り(1.52崙り)/ケース
1450×9枚入り(1.56崙り)/ケース

・エンドマッチ :あり

・価    格 :無塗装  ¥7500(税込¥8100)/ケース(1820、1450共)

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :ハートグレード    土足専用補修なし、平滑性不問グレード

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから       


・荷姿

室内用ではないため、コストを抑える観点からもフローリング自体に梱包を施していません。
簡易なバンド結束状態でのお届けとなります事をご了承ください。(オークハーテイド・バーチハーテイド共通。)

オークハーテイド荷姿


・表情の違い


割れを伴う大節

オークハーテイドフローリング 6

抜け節

オークハーテイドフローリング 7

欠け節

オークハーテイドフローリング 8

割れ節

オークハーテイドフローリング 9

逆目

オークハーテイドフローリング 12

実部の欠け

オークハーテイドフローリング 16

表面から裏にかけて目割れ

オークハーテイドフローリング 17

節部の星割れ

バーチハーテイドフローリング 6

偽芯材の割れと変色

バーチハーテイドフローリング 7

加工中の節周辺の彫れ

バーチハーテイドフローリング 9

節周辺の目まわり

バーチハーテイドフローリング 14

表面割れ

バーチハーテイドフローリング 16



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

オークハーテイド幅広無垢一枚物フローリング お化粧ののち・・・


さて、前回お化粧前のスッピンそのままのオークのフローリングを見てもらいましたが、いかんせん、肉眼で見るほどのアピール力が無いように感じるのは親心?!でしょうか・・・
お前にはもっと魅力があるはずだ・・・
その想いが届いたのか・・・
いや、お施主様と工務店様の波長があっていたからでしょう。とってもいい感じにお化粧していただき、私も納得の仕上がりに変身していました。

オークハーティドフローリング 施工 6





















どうですか?!
いやー、スッピンも可愛いオークちゃんでしたが、こうやって着色塗装をされるとまったく異なった印象。
大人しく写っていたカメラ写りが一変。大きくうねる木目や主張する節、住宅では考えられない様な割れが混在し、本当にこれが「木そのものなんだ。」と思わせるような表情です。

そう、もともとインテリアや家具などで使われているオークも、殆どは塗装が施されています。
そして、この店舗のインテリアも、とても落ち着いた雰囲気の塗装がされた家具があったりしますので、そこにもとても溶け込みやすい顔つきに大変身です。

もちろん、家具に使われるオークをはじめとするビーチなどのブナ科の木材は、その木目や堅牢性以外にも、「曲げ木に適する」という特徴があるために用いられるものですが、やっぱりその美しい仕上がりは、世界の人々を魅了したのでしょう。

オークハーティドフローリング 施工 2





















お化粧によって表情がゆたかになっただけではありません。
オーク・ナラの最大の特徴である虎斑(とらふ)が綺麗に浮き立ってくるのが、塗装をした場合の大きな魅力でしょうね。

オークハーティドフローリング 施工 5





















炎のほとばしりというか、九頭竜のいななきというか、とても力を感じますね。

もちろん、曲げ木もそうですがそれ以外にも雷の象徴としてやギリシャ神話の主神ゼウスの神木と言うだけあって、風格はたっぷりです。
それも含めてカスクオーク無垢フローリングの記事で少し書きましたが、ヨーロッパではオークは実りの象徴とされます。

ということは、オークハーテイドをふんだんに使っているこの店舗は実り多い事間違いなし!でしょうね。
木材に力があるかどうかは、信じるか信じないかの違いでしょうけれども、やはりその木の魅力でお客さんをひきよせられるかどうかは、大いに関係するところだと思います。

こちらのお店も最初は、杉やレッドパインを使っていく予定だったのですが、雰囲気を伺うと、オークが似合いそうなお店!ということで急遽ハーテイドオークを提案した次第です。
大人しすぎないその表情がぴったりとハマるだろうという思惑通りに、この仕上がりになりました。

オークハーティドフローリング 施工 7





















もちろん、全体を見ていただければもっと納得いただけるのでしょうが、そのあたりは実店舗にて確認いただきたいところです。

オークハーティドフローリング 施工 4





















前回では見つける事が出来なかったこんなのも入っていますが、これくらいの木目にまぎれれば、全く気になりませんね。

オークハーティドフローリング 施工 3





















癖の材が加工機を通る時に跳ねたり、歯がくい込み過ぎたりする時にできる加工跡ですが、ワイルドでいいじゃない!!とすら思ってしまうのも親心?!でしょうか・・・

この弊社オリジナルのオークハーテイド幅広無垢一枚物フローリング。
一枚物の120幅広材であることも大きな特徴なのですが、そのあたりは紹介記事にて後日お伝えすることにしましょう。

国産のナラ材を使った一枚物のフローリングです。
こんな味のあるナラを多数の人の目に触れるところに使いたい!
木の虫のエゴかもしれませんが、これから年々味わいを増していって、より存在感を発揮してくれることを楽しみに見守りたいと思います。


オークハーテイド幅広無垢一枚物フローリングは後日の記事を乞うご期待です。

オークハーティドフローリング 施工 1























木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ここまで味わってこそ・・・


日々木材と接していると、もったいないなぁ・・・と思う事がしばしばあります。
一般のお客様が来られて、それなら無料で差し上げますよ、と言って驚かれることもあります。

つまり、定尺や規格寸法で木材を使っていると、どうしても端材や切り無駄、あまるけれども寸法が不足になってしまうもの、などが出てきてしまいます。
建築設計の勉強のなかでも、「木材は切り無駄を考えた数量で発注する」という教えがあって、試験にもひっかけで出題されたりしています。
もちろん、工場規格品ではない木材は、実質必要数量では不足が出てくる場合があるので、その分をたしておかないといけないのですが、いざ実際にその「切り無駄」部分を目の当たりにすると、冒頭の「もったいないなぁ・・・」が出てくるわけです。

この勿体ない部分を如何に活用できるかも材木屋の使命のうちの一つだと考えていますが、実は勿体ないところは他にもあるんです。
その部分をなんとか活用できないかと只今試作中です。

試作品 1

手前がナラ、奥がカバ。
どちらも国産広葉樹材に無垢フローリングとしての加工を施したものです。

無垢フローリングと言っても、これがさっき言った勿体ない部分から試作しているフローリングです。
どこがもったいないのか・・・

試作品 2

こういうところです。
この割れ、裏面まで貫通しています。補修を施しても室内での使用には厳しいところがあります。

試作品 3

そしてこんなとこも。
どうしても節や芯材(偽芯材含む)の部分では割れる事がありますが、ささくれ立って集中して割れてしまうこともしばしば。
ささくれでは、素足では歩行できません。

一本の丸太から部材を取っていくと、必要な寸法には合致しても乾燥の過程で割れたり捩れたり、ささくれるところが出てきます。
中には蛇の様にグニャっと反ったりすることもあります。

試作品 5













反りや曲がりの癖のきついものは、仕上げ加工でも削り取る事が出来ず表面が平滑になりません。
指で囲っていることろは削りきれないところです。
飛行機のプロペラをまっすぐな板にすると考えてください。
もちろん、成型しなおすのではなく木材の様にねじれたプロペラをまっすぐになるまで削るとしたら・・・
多分、まっすぐになる前にそのものが無くなってしまうでしょう。
プロペラの様に捩れると、強制的にまっすぐにすることはできないということです。

試作品 6


 また、写真ではあんまりわからないと思いますが、写真下の方はぴったりと双方くっついているのに、上の方は離れている。

 これが反り。あるところからコキっと曲がってしまっています。なんとか嵌合はできますが、ちと苦しいところがあります。








無垢のフローリングとはいえ、「商品」として見られますから室内用としてこれらのまま出荷したのではもちろん「不具合」とされてしまいます。
それにより、フローリング製作の中では少なからず勿体ない部分が出来てきます。
丸い丸太を四角い板にするんです。
赤身もあれば皮もある、傷もあれば節もある。そんな丸太を「フローリング」という人間の用途に合わせるわけですから、使えない!とされるのはあまりにも可哀想です。
彼らを活かせる場所を模索中です。

木のすっきりとした美しさもいいものですが、それを紡ぎだすために共に出来てくる彼らまで使い切ってこそ、木を知り木の事を味わいつくすことが出来るのだと思います。
数十年、数百年育つ樹木を利用させてもらうんです。

出てきた表情に合わせて用途を考えないといけません。
活用に向けて、もう少し・・・・・




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング


リフリーバーチ、それは柔らかく光をとりこむことのできる塗装済み無垢フローリング。

バーチ無垢フローリングというと、弊社ではロシアンバーチ(樺・かば幅広無垢一枚物フローリングをよく施工していただいているのはご存知のとおりですね。

バーチ150P














が、今回のバーチ無垢フローリングは少し趣が異なります。
異なる、といっても「これがバーチ?」という違いではなく、質感の違いです。

一般的に、無垢のフローリングといえば先日も書いたようにウレタン塗装(一般的に言うUV塗装)ですが、弊社では無塗装とウレタン塗装の双方扱ってはいるものの、木の質感を少しでも感じていただくために、無塗装のものを使っていただくか天然無公害塗料を塗装していただく方法をお勧めしています。

しかし今回紹介のバーチ無垢フローリングはその意向とはまた別のニーズの為の一品(逸品?!)です。

リフリーバーチ 14










なんだ?普通のバーチユニフローリングじゃないか。しかも90幅だから何も変わったところないじゃないの。グレードも特別なものではないし。
というお声がすぐに聞こえてきそうですので、耳をふさぎましょう(笑)。

リフリーバーチセレクション9


確かに、この写真での見た目は普通に一般流通しているバーチフローリングとなんら変わりない様に見えるかもしれません。
しかぁーーーし、全然違います。
なにが違うかというと、表面が違います。

リフリーバーチ 1










違い、わかりますか?!
樹種もサイズも同じためわかりにくいですが、上に乗っている白っぽいのもバーチの90幅無垢フローリング、そして下のものが今回紹介のリフリーバーチ無垢フローリングです。

実はこの2つ。表面の塗装が違うんです。
塗装?!ということは、リフリーバーチは天然塗料をつかっているんだな?!、という詮索をいただいた方、ありがとうございます。
思惑どおりです(笑)。
でも、そうではありません。もちろん、浸透性の塗料を使うのは理想的ですがそうではありません。
リフリーバーチの正体は、「低光沢ウレタン塗装」無垢フローリングです。

リフリーバーチ 10











低光沢?!どこが違うの?!何がいいの?!!(今回は疑問符が多いなぁ…)

リフリーバーチ無垢フローリング M様 6


光沢が増す、光沢のある輝き、ピカピカ・・・・
これらは如何にもすごいモノの形容詞の様に聞こえますが、殊更無垢フローリングにおいては必ずしも良いとは限りません。

ピカピカや光沢のあるものが良ければ、合板のフローリングで「鏡面塗装」とうたっておられる商品がありますからそれらを選べばよいし、無論それらを求めるのならば木である必要もなく、石や石目調のフローリングでいいでしょう。

無垢のフローリングにおいて、ピカピカに光っているということは光るほどの塗膜のできる塗料でコーティングされているということ。
元々木材は、木の床の不思議 〜視覚編〜にて書いている様に、自身が持つ細胞組織によって光の反射を和らげ、人の目に優しい光を届けるのが天然木の持つ素晴らしい性質の一つ。

リフリーバーチセレクション3


でもどこで間違えたか、床にはキズのつきにくさが重要、いつもピカピカでワックスフリーでお手入れ簡単、という事が床に求められピカピカなフローリングがエライような印象を受けるようになってしまいました。
普通に考えて、日中の太陽の光の反射は眩しくないですか?!目を細めますよね?!
お住まいのリビングでくつろいでいる時、大開口の窓から日の光が差し込んでゆっくりと過ごす、というのは理想的ですが、ピカピカに光を反射する床材ではとても眩しくて、カーテンを閉めたくなるはずです。

折角の日の光、おうちにとりこみたいですよね?
前置きが長くなりましたが、そこに登場するのがこのリフリーバーチ(樺・かば)無垢フローリングです。

リフリーバーチ 11










わざわざ、光沢云々というお話をしたのは、このリフリーバーチ(樺・かば)無垢フローリングもウレタン塗装を施されているので、ある程度の光沢はあります。
しかしながら、リフリーバーチはウレタン塗装フローリングでありながらもピカピカとした光沢を抑え、無垢の木材その物の様な優しい表情を見る事が出来ます。
先のシチュエーションの様に、日差しの気持ちのよいお昼間のダイニングにまぶしすぎない柔らかい日の光が届く、というイメージが私はふくらみます。

実際にどれくらい違うのか?!
直射日光の当たる屋外にて、通常のウレタン塗装無垢フローリングと、リフリーバーチ(樺・かば)無垢フローリングを比べてみましょう。

リフリーバーチ 2










向かって右が通常のウレタン塗装、左がリフリーバーチ。もちろんどちらも材質はバーチです。

リフリーバーチ 3










如何ですか?!
比較の為、屋外の直射日光の元で撮影していますが、太陽の当たる同じ角度で並べて撮影していますが、どう見ても右側のウレタン塗装は直射をかなり反射させているのがわかるはずです。
木目が光ってんのと違うやろな?!という声もありそうですが、角度を変えてみればどうですか?

リフリーバーチ 4










お分かり頂けると思います。
もともと木目のはっきりしない木材の部類に入るバーチでしかも塗装を施されているにもかかわらず、左側のリフリーバーチの方は、木目が確認できるほどに目視する事が出来ます。

リフリーバーチ 12
























室内に差し込む光では、影の部分に差し込む為少し光が立ちますが、通常のウレタン塗装に比較すれば、とても柔らかなものです。

リフリーバーチ 8










この違いは子ども部屋などにも現れるでしょう。ピカピカとした光が直接視界に入るよりも、木目の見えるくらいの柔らかさがある光の方が、目にも優しいであろうと思います。

また、光沢を強くしていないおかげで木そのものの表情がはっきりと感じられることと、その外観は一見すると浸透性のオイルを塗装しているかのような落ち着いたナチュラルな質感に仕上がっています。

リフリーバーチ 7
























ピカピカが当たり前のウレタン塗装だったものが、無塗装やオイル塗装程ではないにしろ、それに近い落ち着きの低光沢塗装という選択肢が出来ました。
いや、近いというか外観はオイル塗装と区別がつかない程の仕上がりですから、何も情報がなければ「オイル塗装のフローリングにしたの?!」と聞かれることと思います。

リフリーバーチ 5











塗装済み無垢フローリングの新しい選択肢、低光沢無垢フローリングリフリーバーチ。
太陽の光を当てて確かめてください。
塗装を通しても、木部が柔らかく光を透過してくれることを実感できることと思います。

是非ショールームにてその質感を体験してくださいね。


*2018年、プルミエグレードに床暖房向け商品を追加しました!!
無垢フローリングにとっていつも不安視されがちな防汚性と、求められることの多い床暖房との併用というご希望への選択肢が広がりました。
是非、活用してくださいね。

(床暖房向けではありますが、急激な温度上昇その他によっての大幅な伸縮や割れが生じる場合もありますので、使用状況に注意して下さい。また、無垢材特有の性質は、他の商材とは変りません。床暖房使用における伸縮しないことを保証するものではありません。) 


ネイキッドグレード貼上りイメージ

リフリーバーチ 6



 






プルミエグレード貼上りイメージ

リフリーバーチセレクション1



*リフリーバーチネイキッドグレードは心材部や変色部も含むグレードですので、写真よりも大きな節や変色部が多く含まれる場合もありますので、下記表情の違いを参照ください。


また、リフリーバーチの仲間にリフリーオークも準備しています。
後日紹介しますので、そちらもよろしくお願いいたします。

リフリーオーク 6



リフリーオークプルミエグレードイメージ







弊社へのお問い合わせはこちらから。

リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング子供部屋施工写真はこちらから
リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング居間施工写真はこちらから

(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情が異なりますので、ご注意ください。)


低光沢ウレタン塗装 リフリーバーチ(樺・カバ)無垢フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×90×1820
15×75×1818(*長さ注意)

・形状

UNI

・エンドマッチあり

・品番と価格

FB-21P UNI 低光沢ウレタン塗装 15×90×1820 プルミエ
¥12,420(税込)/10枚入り(1.63屐

FB-21N UNI 低光沢ウレタン塗装 15×90×1820 ネイキッド
¥9,612(税込)/10枚入り(1.63屐

FB-24UP UNI 低光沢ウレタン塗装床暖房向け 15×75×1818 プルミエ
¥18,360(税込)/12枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

リフリーバーチ 9



皮の巻き込み部や立木の時のキズ後による変色 1






リフリーバーチ 13




同上2






リフリーバーチ施工 4


 節の部分








ネイキッドグレードの変色部

リフリーバーチ無垢フローリング M様 7


ネイキッドグレードの大節

リフリーバーチ無垢フローリング M様 5

セレクショングレードの入皮 1

リフリーバーチセレクション4

セレクショングレードの入皮 2

リフリーバーチ セレクション 6


セレクショングレードの変色

リフリーバーチ セレクション 7

セレクショングレードのバーチ特有の斑点

リフリーバーチセレクション2

セレクショングレードの色むら

リフリーバーチセレクション8


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ!