空を見上げて
トップページ » イスノキ
イスノキ

イスノキ(柞)フローリングの問い合わせ


私の記事をご覧いただいている皆さんは、相当勉強熱心な方なのでしょうね。
私がどうこうというのではなく、お問い合わせいただく木材の求めておられる樹種と用途が普通ではないですね。

というのも、以前から本当に何度も何度も頂戴しているのが「イスノキのフローリング」に対するお問い合わせです。
本当にこんなのどこで勉強されたんだか・・・
イスノキ自体、材木屋さんでも知らんのと違いますか?!
イスノキありますか?!、なんて聞くと「杉でいきはるの?桧の方がえぇのかな?!」なんていう答えが返ってきそうです。
私の様な、特殊な種類(ガン○ム風に言うとニュータイプ?!・・・いや、敢えてオールドタイプか・・・・)の材木屋なら話は別ですが、一般のお客様でイスの木を希望される、しかもフローリングにという希望がでるのは驚き以外の何物でもありません。

以前に黄楊の記事の時に少し触れていますが、イスノキはマンサク科の木で、別名をヒョンノキなどと呼ぶこともありますが、それはイスの木にできる虫こぶを吹いてならすと「ヒョーヒョー」となる事から来たといわれています。
英名も isu tree だそうです。和製英語のようですがなんかカッコいいですね。


漢字で柞、雅名で「結寿=ゆす」という日本の樹種らしい名前を持った木です。
その文字の通り、「寿を結ぶ」と書いて「ユス」と読むところから、縁起の良い木・お祝い木として用いることがあります。

イスの木 鈴


 イス(ユス)の鈴。硬質な良い音色が響きます。

 寿を呼び寄せてくれるのかな?!






そしてイスノキの最大の特徴?!は日本産材の中で最重量クラスの木材の内の一つだということです。
どれくらい重たいかって?!
ちょっと屈強な10代の男性でも、2m程の長さの15cm角の位になると到底運ぶことはできません。
寝かせてあるものを動かすことは何とかなりますが、自身で持ち上げて移動はできないでしょう。
肩に自信がある材木屋さんならば、なんとか肩に担いで運ぶことはできるでしょうが、かなりの重さです。。
ずっしりとした重さは私の様なマニアや、熟練の肩には心地よい刺激(?!)です。

材色はその重量に比例して、芯材は濃い色合いで、200年を超えるような樹齢の高いものは暗褐色で艶があり「スヌケ(*)」とよばれるものがあり、昔から木刀(樫の木も一般的ですが、その鑑賞用としての色艶ではスヌケが一番だそうです。)や櫛用材、装飾用工芸品、音響に影響する為密度のある木材が必要な三線の材料などとして珍重されていたそうです。
(*病気や傷などで芯材だけを残して立ち枯れした老木を指している事もあります。)


イスの木 1


 下に見えている薄板を見ると、白太と赤身の境がはっきりしている事が見てとれますね。








手にとって頂くとすぐに伝わるその重さと密度。
木じゃないように感じるのではないでしょうか?!
それにしても荒削りながら綺麗な艶です。

イスの木 2














また、佐賀の有田ではイスノキの灰をやきものの釉薬にするそうです。
その釉薬は、透明感があり風合いがとても良いそうです。
先のスヌケも、この柞灰を取る為に行っていたものだとも聞いています。
これはもはや、私ではなく弊社社長の出番ですね・・・

しかし、そんな優れた材料であるイスノキですが、どこにでも生えているわけではありません。
そりゃそうですね、どこにでもあれば皆さんにも知られているはず。
だから、材料として安定供給できるような種類の木材ではないということです。
杉や桧、松などの針葉樹は知っての通り日本に多くの蓄積がありますが、広葉樹でも特殊なものは、その樹種の林というものが無い場合もありますから、いつでも欲しい時に供給できないのが、建築やその他の用材になる樹種との大きな違いです。
また木材として出てきても、肝心の芯材の部分が非常に残念なほどに割れます。

イスの木 4
























なんでやねん!!と悔しくなるくらいに割れています。
アップにするとこんなんです。

イスの木 6
























自然のものだから仕方ないのですが、もったいなくてしょうがないですね。

話はもどってイスノキのフローリングですが、こんな状態ですのでまさか安定的に、または注文を受けて無垢のフローリングに加工するなど出来るような物ではない事がわかっていただけるかと思います。
もちろん、白太でも良いし幅寸法もバラバラでよい、というのなら出来ない事もないでしょうが、少し現実離れしていますね。
イスノキはフローリングに最適、という文言を目にする文献も多いですからもしかすると、そういったことを学ばれて探していらっしゃる方が多いのかもしれません。
しかし、確かに優れた特性を持っていても、原木が無い事にはどうしようもありません。
他にも、古い文献などには日本の優秀な樹種のお話が掲載されていたりしますが、それも時代錯誤、既に伐採されていないか数が少なく殆ど出てこない、というような状況になっている樹種もあります。
外国材ですが、台湾桧(タイワンヒノキ、タイヒ)もそうかもしれません。
巨大な丸太から、幅の広い柾目の盤や社寺建築用の大きな柱や構造材がとれたのですが、これも今は昔。
とっくに伐採出来ないようになっていますが、当時は稀少視されてはいなかったのでしょう。そこに行けばあるのだから・・・
それだけ今ほど森林資源に目を向けていなかったのかもしれません。

以前に、古いイスノキの無垢フローリングをみたことがありますが、5cm程の幅で長さも10数cmから60cmほどのものが点在していました。
樹種はイスノキなのかもしれませんが、皆さんのイメージで求めている「イスノキ」とは少し違っていました。

優れた特性を持った木材でも、枯渇してしまうような状況では利用することはできません。
タイワンヒノキや日本のネズコ、元祖ローズウッドの類や紫檀黒檀鉄刀木(タガヤサン)などなど・・・有名なお話では乱伐に次ぐ乱伐にあったというレバノンスギも・・・・

世界中にあり、人間に様々な恩恵をくれる木々達の天敵というのはもしかすると人間なのかもしれない、と何かの本で読んだ覚えがあります。
確かにそうかもしれません。
「あるうちに尊べ」、という精神が、一部の人間には足りない部分なのでしょうか。

適切に使えば枯渇することのない資源と言われる木材ですが、やはり需要が集中したり、植林や育林が難しい樹種は特に大切にする必要があります。

イスノキから脱線しましたが、それも含めて木材というものを啓発するのがこれからの材木屋の仕事の一環になってくるかもしれません。
大切に有効に使えるように工夫しながら、稀少な木材もできうる限りお届けしたいと思っていますので、頑張って集材したいです。
なかなか思うようにいかない、イスノキのお話でした。


イスの木 5















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(6)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

発見!!神代イス(ユス)


念ずれば通ず

以前に紅木紫檀を入手したときに実感した言葉ですが、やはり何でも心に決め思うことが大切だと、また改めて感じました。
それはこの出会いです。


神代イス(ユス)原木2














この原木、みたところ神代木だということはすぐにわかったのですが、杉などの針葉樹ではない・・・・広葉樹です。
でも、いままで見てきたような神代樟神代欅などとはどう見ても違います。


神代イス(ユス)原木1














なんだろうと土場の方に聞いてみたところなんと、「神代イス(ユス)」だというではありませんか!!
正確には土埋木(どまいぼく)で川から出たんです、ということでしたから、いつくらいのものかはわかりませんが、神代などの埋もれ木に見られる灰緑褐色の変色具合がありそうなので、材になったときが楽しみですが、それにしても、手頃なイスノキ(ユスノキ)を探していたところに、なんと言うタイミングで現れるんでしょう!!
ほんと、念ずれば通ずです。
でっかいものに通じましたね。

イスノキ(ユスノキ)については、近日入荷する予定ですので、そのときに詳しくお話したいと思いますがさてさて、この神代イス(神代ユス)の丸太。実はこれから競りなんですねぇ・・・
がんばって入手に勤めたいところですが、おそらくいい値段がつくだろうし、神代ですから材にした時のロスを考えるとあんまり高いと手が出ないし。強敵が現れないことを祈っています。
通常のイスの木以外に、もし入手できればまた、神代イス(神代ユス)についてのお知らせをしたいと思います。

皆さんも願い事、念じ続けてくださいよぉ!!




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!