空を見上げて
トップページ » ひば
ひば

普通ではない桧と栂に、普通は無いひばの柱


私が普通の材木屋ではないのは既にご存知のことと思いますが、普通ではない材木屋がすすめる木材というのは、やはり普通ではないのです。
その、普通ではない、は時間をかけ話を聞いてもらってこそ初めてわかる部分なので、こうやってお伝えしていかなければならないわけです。

今回の普通ではないは、桧と栂とそれにひばです。

正直、ひば以外はその名を聞いても特段普通に思えるかもしれませんが、そこが普通ではない材木屋の出番になったわけです。
まぁ、先に写真を見てもらいましょう。

天然の木の家3

桧の節あり幅広無垢フローリングです。
これが普通ではない理由。それは天然の木曽桧である尾州桧幅広無垢一枚物フローリングであるということ。
この文字だけでは普通でないことが伝わらないのがお施主様。
当たり前です。そんなこと知っておられたら材木屋、要りませんもの。
そこをアツく語るのが私の仕事であり楽しみ。
特段指定されることも無く、桧を希望されているというところにわざわざ尾州桧フローリングをおすすめしたのが一つ目の「普通ではない」ポイント。

天然の木の家8


見てもらえばわかる様に、若干の埋め節補修があるものの(補修なしも可)大きく赤い節とスゥーっと通る細かい木目、それに天然の尾州桧特有の香りが「普通の桧」との違いを知らせてくれます。

今回のお施主様は、きちんと材料である木の事を考えていらっしゃる方であったことから、お施主様からの声はないけれども同じ桧とはいえ、木に詳しい方が見えた時に「この桧のフローリングは普通ではないな・・・」と感じてもらうことこそが材料を真剣に考えておられるお施主様にとって一番だと考えて、おすすめしました。
「木曽桧」という産地のネームバリューというものは、古い木材業者(失礼)や社寺建築に興味のある方、彫刻をされている方には影響力があると思いますが、実際の住宅建築ではその姿も話も出る事が無いので、材木屋が思うほどの訴求力はありません。
ですが、やはりよいものは良い。

天然の木の家12


詳しい方が見ればわかりますし、目で見る質感も大きく異なります。
今すぐはわからないかもしれませんが、これからお見えになるお客様が「おっ・・・この桧、普通と違うな・・・いい材料を使っておられるな。」と感じていただければ、これしてやったり!
お施主様の株も上がるというものです。

フローリングと合わせて、同じく天然尾州桧丸面羽目板も腰板として使っていただきました。
和風の廊下にピッタリです。

天然の木の家13


さて、その次は栂ですが、普通はドアやアルミサッシ周りに使われる様な枠材としての用途のベイツガなのですが、普通ではない材木屋は国産栂(地栂・じつが)です。
そう、これも今まで多くの木の家で使っていただいた化粧梁としておすすめしたのです。

天然の木の家7

もちろんこちらも樹種の指定は無く、化粧梁ということでしたので他にも選択肢はあるのですが、敢えて国産栂です。
国産の栂は、決して産出量が多くない貴重な材。
だからこそ、今の世の中ベイツガは有名であれど地栂を見る機会はありません。
白く細かな木目と、時間の経過により晩材と呼ばれる部分が光る様に艶が出る様に感じる経年美は、他の樹種にはあまり見られません。
それに、先の様に材の供給量は物凄く少ないので、一般的には目にする事がありません。
やっぱり自分の家の中に「これ、ちょっと特別やねんでぇ〜」という部分って欲しいですよね。
床の間かもしれないし、無垢のフローリングかもしれないしドアかもしれない。
それが、今回は頭上にどっしりと構える国産栂だということです。
実際に見えている部分は少しですが、きちんと材成30cmオーバーの大きな盤としてリビングの構造材の役目を果たしていますから、決して「見える部分だけの化粧」ではないのですよ。

天然の木の家6

実は施工される大工さんに構造としての加工をしてもらったのですが、大工さんですら、その材の良さと稀少な国産栂が使われる事を驚かれていましたから、お施主様にも自慢してもらいたいポイントです。

尾州桧も国産栂も、貴重な天然林から産出する木材です。
「あぁ、桧か。あぁ、栂か・・・」とは決して言われない、普通じゃない家になっています。

最後の普通ではないのは「ひば」。

以前の記事でもお伝えしていますが、近畿地方で、特に大阪でいうとひばというのは殆ど知られていないと言っても過言ではないほど、材は見かけません。
その為に、材木屋も扱いが無く材自体も知らない場合があるので、使われることはまずないのですが、ここも普通ではない材木屋の出番です。

雨のかかる和風住宅の玄関ポーチの柱ですし、玄関を開けると見えるのが尾州桧のフローリングですから広葉樹というのも少し違う。
そこで登場、「ひば」です。
正確には能登あてという樹種ですが、針葉樹の中では耐朽性が高くまた桧に似た節目も綺麗で、私の大好きな芳香を発する木材。
ポーチの柱には耐朽性の高いものを、というご希望により提案したものですが、能登あて(ひば)に親しみの無いこの地で受け入れられるのか?!という心配もよそに、私のアツい能登あて推しが伝わり、採用していただきました。
それに大きさがすごい。

天然の木の家1

全体はお見せできないもののお宅も立派ですが、負けない位に太い。200×250というサイズです。
存在感満点。良い香り。

もちろん、永久に腐らないのではなく表面の紫外線劣化や、防ぎきれない割れからの雨水の侵入などで変化はしていくことと思いますが、その時間を共に過ごすことができるのも、無垢の木材だから。

もうここまで来ると、材木屋の矜持。
自身の家に想いを込めるお施主様に対して、全てが伝わるかどうかではなく後によかったと思って頂けるような贅沢な提案を全力でぶつけたつもりです。
無垢の木材を選ぶにも様々な理由がありますが、やはりその樹種ならではの持ち味を感じられることは大きな理由になります。
足に触れ、香りを感じる尾州桧、落ち着いたリビングの掘りごたつで仰向けに天井を眺めた時に目に映る国産栂の美しい木目、毎日の往復で目にする玄関で少しづつ年をとる能登あての柱。
無垢の木材ならではの変化をも感じてもらえるであろうと思います。

普通ではない材木屋の、普通ではない提案を受け入れてもらえる有難さを今日も感じ、次の普通ではない家のお客様を探しているのであります。

天然の木の家2


・天然!尾州桧(きそひのき)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・天然!尾州桧(きそひのき)幅広無垢一枚物羽目板はこちらから
・国産栂についてはこちらから
・国産栂幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・柱以外 能登あて幅広無垢一枚物フローリングはこちら、羽目板はこちらから

弊社へのお問い合わせはこちらから



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

青森ひば 無垢一枚物フローリング・羽目板


独特な芳香とヒノキチオールと呼ばれるとても有用な成分を多く含有することで有名な青森ひば。
その天然林の美しさも、桧、杉林とともに「日本三大美林」と呼ばれるくらいよく知られています。
その材の約80%が青森県内に蓄積されているといいますから、まさしく「青森」ひばなのです。

弊社でもオリジナル木製名刺ケースの素材としてや、長尺幅広盤の在庫などのご紹介でたびたび登場している樹種ですが、今回は、無垢の一枚物フローリングと、壁材である羽目板のご紹介です。

青森ひば無垢一枚物フローリング 3


前回までで、ある程度の特性や特徴をご紹介してきましたがここで再度紹介したいと思います。

よく水質に耐え、シロアリの食害にもあいにくいことなどから、建築用途では専ら住宅の土台に良いとされる青森ひば。
現在森林大国とまで言われる日本ではありますが、その蓄積量の多くは人工林が支えています。先人が頑張って植えてくれた(杉に偏った植林などの事情は考えないとして)その人工林利用は大きなテーマですが、それとは違いこの青森ひばは、実際に利用できる天然生の樹木としては珍しく樹齢200年を超えるものも残っており、現在でも1300万㎥という、想像しにくいほどのボリュームの蓄積をもっているという、「利用できる天然林からの木材」としてもっと注目されてもいい材料です。
特に、大阪をはじめとする近畿エリアではほとんどその名前を聞くことはありませんし、先の天然美林の行で名前は聞いたことがあっても、その素晴らしい特徴的な材を見たことのある人が少ないのが現状です。
自宅の土台にも青森ひばを取り寄せるほどの、ひば(ひのきあすなろ)ラバーの私としては、近畿圏の多くの方に良さを伝えたい一番の樹種かもしれません。

青森ひば無垢一枚物フローリング 5


少々材質が暴れん坊なものもあるので、ねじれや曲がりに注意が必要なために、その素性を知る大工さんには「ひばかぁ・・・ひばなぁ・・・」と曇りがちなコメントをもらうこともしばしばですが、クローズアップされる上記の性格以上に優秀な材料です。
優秀だというのは、何も建築材として利用される長所があるからというだけではありません。
ヒノキチオールをはじめとする有効成分を多く含む精油がもたらす効能は、様々な試験でリラックス効果や抗菌作用などの有用性がはっきりと実証されていますし、ひば油を加工した抗菌繊維の利用によるアレルギー疾患の予防やせっけんなどのスキンケア用品としても使用されています。

丸太を加工して利用する「木材」という分野だけにとどまらず、加工中にでた木切れおがくずからも有能な精油である「ひば油」が抽出できるという、まさしく無駄にするところのない樹種である点が優秀である、といえるところであるでしょう。
もちろん、建築材としては土台のみにとどまらず言うまでもなく水気の多い浴室の壁や、浴槽本体にも用いられるほどの耐朽性を備えています。

ひば材建築にまつわる昔のいいつたえでは、「総ひば造りの住宅には蚊が寄り付かない!!」といわれてきました。
輸入材やベニヤ板の普及が進むまでの住宅では、総青森ひばつくりの住宅も建築されていたんでしょうから、そんな事実も証明されていたんでしょうか。
真贋は定かではありませんが、化学防虫剤を使用しなくてもそんな効果があるって、すごいとおもいませんか?

青森ひば無垢一枚物フローリング 11

そうです、木材としての利用で忘れてならないのが先に軽く触れた「天然林からの高樹齢木がある」ということです。
もちろん、出てくる木材のすべてがそうであるというわけではありませんが、ヒノキをはじめとする有用樹木は一部の天然記念物などの大木を除けば天然の豊富に使用できる高樹齢木の蓄積は決して多くはありませんが、その中でも青森ひばは天然林を木材として利用できる数少ない樹種のうちの一つであることは間違いないでしょう。

どうしてそんなに「天然林」と強調するかというと、育て方や環境にもよりますが、一般的には人工林の原木を木材に加工した場合よりも、天然林の原木の方が気味(木目や色合いなどの木の持つ味わい)が相対的に良いと材木屋目線で感じるからです。
それは、のちの記事に出てくる木曽桧についても言えることですが、ただおとなしく端正で無欠点な人工林の木材よりも節の雰囲気や色、香りなどが違うと感じられます。

そしてそういった個人の感覚的のみならず、高樹齢の天然林の原木から製材できるメリットの一つには「柾目材がとれる」という事があります。
柾目材は木材が持つ規則的である不規則なリズム「1/fゆらぎ」という、人が落ち着くリズム感を感じさせるスラッとした木目を見せてくれるものですが、柾目の木材を原木から切り出すのはそう簡単ではありません。

杉柾浮造り(うづくり)フローリングにてもお伝えしていますが、木材の丸太の中から柾目をとることのできる部分や取り方は限られています。タケノコのような模様の木目である「板目(いため)」は丸太の直径方向で製材すれば得られるので、小さな径の丸太からでも比較的幅の広い材が得られますが、柾目は半径方向でしかも丸太の中心を外して製材しないと得られませんから、丸太の直径の1/3よりももっと少ない幅のものしか得にくいことで、とても貴重です。
その柾目材も少量ながら含んでいることが青森ひばフローリングの大きな特徴です。(製材時の状況によりますので、必ず含むものではありません。)
丸太の歩留まり(ぶどまり。ロス率)の悪い柾目挽きはもちろん珍しいものですから、通常のヒノキフローリングなどではなかなか真似できない特徴といえるかもしれません。

高樹齢材とはいえ、赤身の中にも少し白太の入るところがありますので、若干の色目の違いがあることと、当然ながら同じ赤身でも若干の色合いの変化があるものの、端正でありながらも、その香りとともに天然林からやってきた存在感を感じる事ができるはずですよ。

青森ひば無垢一枚物フローリング 6


因みに、梱包されていた新品のフローリングの上に、弊社の事務所内にて展示中の青森ひば木製名刺ケースを置いてみると、その色の違いに驚きます。
フローリングも名刺ケースも無塗装なのですが、日中は冬以外は殆ど日光の当たらない場所にディスプレイしている名刺ケースにもかかわらず、こんなに黄身がかっています。
もちろん、初めはフローリングの様に涼やかな黄白色だったことはお伝えせねばなりませんが、ブラックチェリーの色合いの変化と同じように、初めの黄白色がずっと続くというわけではないのも特徴の一つ。
この色合いの変化も含めて楽しんでいただければ、嬉しいものです。


青森ひば無垢一枚物フローリング 12

新品当初の外観は優しく黄色がかった木肌は美しく、針葉樹フローリングの代表的に利用されるスギの様な大きな節のない木目もきつく主張しないので、柔らかい雰囲気のお部屋に仕上げることができるとおもいます。

フローリングにすれば、針葉樹なので足ざわりが温かく、足にかかる負担も少ないですし、ヒノキチオール成分を含んだヒバ油がダニや菌などの繁殖も防いでくれる効果も期待できると思われます。
また、羽目板と言われる壁材を使えば、室内の床面積に比べて青森ひばの表面積がより一層多くなるので、香りの好きな方にはたまらない空間になることと思います。
(ただし、多ければよい、というものでもありませんので、他部とのバランスを考慮して施工してくださいね。)

壁材である羽目板は、目透かし加工という処理をされています。

青森ひば無垢一枚物羽目板 目透かし4

羽目板同士をつなぎ合わせた時、写真のように透かしができるという加工です。
そんなに木目の個性が強く無い青森ひばですが、この目透かしが入る事によって板と板の連続性が生まれて、壁にリズム感が出ます。

壁の場合も、節のないやさしい木目のため他の家具や調度品ともバランスよく調和するでしょうし、湿気の多い洗面室や浴室の壁材などにも、その耐湿性を発揮するとともに芳香によるリラックス効果が期待できるのではないでしょうか。
一日の疲れをとる為の入浴の前に、脱衣場でヒノキチオール成分で癒される。
そんな毎日なら、翌日の仕事や、勉強もはかどるかも・・・・しれませんよ。

そんな素材のいいところを味わっていただきたいので、基本的に無塗装で販売いたします。そのため注意点として、硬い木材ではないので表面には使うにつれて傷が付いていきますし、その日の湿度などの状況で多少なりとも伸縮しますので、その点は十分にご理解いただきたいと思います。

青森ひば無垢一枚物フローリング 4


もう一点、上述しましたが他の針葉樹材に比べ少し材の暴れ(ねじれや反り、曲り)が多くみられます。これは青森ひばの性格なので、人間とおんなじで、こういうやつなんだ・・・とご理解ください。(当然ですが、すべてがそういったものばかりではありません。)

同じ日本の木材でも、桧や杉とは一味違った楽しみ方と効能をご自宅で実感してください。

青森ひば無垢一枚物フローリング 2


この様に、とても優秀な樹種であるひばについて更に詳しくのめり込みたい方は、こちらの記事をご覧ください。
ややこしくも素晴らしい?!ひばの世界を知ってもらえますよ。
また、木材だけでなく、そこからとれる「ひば油」自体を楽しみたい!という方には抽出ひば油をご用意していますので、お問い合わせください。


無垢一枚物フローリング貼り上りイメージ

青森ひば無垢一枚物フローリング 1

無垢一枚物羽目板 貼り上りイメージ

青森ひば無垢一枚物羽目板 目透かし1



*青森ひば無垢フローリング・羽目板について

青森ひばは上記のとおり、多くの有用な精油成分を含んでいます。そのため、フローリング同士が長時間束に結束されたままなどで密着していると、下写真のように表面に析出したひばの油分が、別のフローリングに写ることがありますので、到着しましたらできるだけ早く開梱し、施工していただく事をお勧めします。
(また、写真ではわかりづらいですが、材面は若干黄色みを帯びています)


青森ひば無垢一枚物羽目板 目透かし5

*永く開梱して置きすぎることも寸法精度変化につながりますので注意してください。


・青森ひば一枚物無垢フローリング・羽目板 板目柾目込み(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×90×1820(フローリング)  
          :10×90×1820(羽目板)
 
・形    状 :一枚物 無塗装

・入    数 :10枚入り(1.63屐法

・エンドマッチ :あり(羽目板は切りっぱなし)

・価    格 :一枚物床 ¥22600(税込¥24408)/1.63 
         :一枚物羽目板 ¥15000(税込¥16200)/1.63

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :プルミエ(多少の白太、微小な節を含みます。)
          
・納    期 :お問い合わせ下さい。

*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


フローリング・羽目板の表情参考

変色部分

青森ひば無垢一枚物フローリング 10

軽微な節

青森ひば無垢一枚物フローリング 9

葉節

青森ひば無垢一枚物フローリング 8

入り皮

青森ひば無垢一枚物フローリング 7

木目の色違い

青森ひば無垢一枚物羽目板 目透かし3




木ぃクンmuku_mokuzai  at 17:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!