空を見上げて
トップページ » ウリン を含む記事
ウリン を含む記事

日本の栗(クリ)を、身近な木製デッキ材へ!

弊社が今、力を注いでいるのは日本の広葉樹活用!

日本の広葉樹、とわざわざ付け加えているのは、杉や桧に代表される針葉樹の利用は良くも悪くもどんどんと進んでいますが、広葉樹は未だに需要と供給のバランスが整っていません。
それには、すぐに解決しづらい様々な理由があるのですが、いきなり大きなことはできなくても弊社の様な小さな会社だからできる活用法を考えよう、ということで取り組みを進めています。

そのうちの一つが、節や傷、そして曲がりや虫穴があるような「化粧材」にはなりにくい材の活用。
広葉樹材の多くは、節が無いものを利用するのが一般的です。
価格が高価なこともあり杉や桧のように、見えない部分に使われることがないことや、節がでるものは本当に大きな節になってしまったり枝分かれ部分になったりすることが一つの理由。
しかし、広葉樹材にも節が出たり虫に食われていたりという部分が必ずあります。

そういったものこそ活かしたい!
美しい広葉樹は、ほおっておいても流通しますし銘木として販売できます。
でも、だからこそ流通しにくいものを流通させ、その樹種のファンを作る。そういった取り組みを進めていっています。

その取り組みの一つがこれ。

日本のクリ(栗)節有デッキ材 4


う〜ん!雨に濡れて艶っぽい魅力が出てます!!

雨に濡れて、ということで使ってもらったのは屋外デッキ用材としてのクリ(栗)。
日本で生まれた日本のクリ材です。
無垢フローリングで流通しているものは、ほぼ中国などのアジア産の物。
弊社では日本のクリ材の無垢フローリングも製作しています(紹介していませんが・・・)が、今回はウッドデッキです。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 2


表面は、植物系オイル塗装で白くお化粧をされています。
素の状態では、もっと灰褐色っぽい印象ですが白粉(おしろい)のような状態ですね。

施工されて数週間後にお邪魔しましたが、オイルも馴染みながら着色塗装の下から本来のクリの木目がジワジワと滲み出るように現れてきて、針葉樹には絶対に見られない広葉樹特有の変化を見せています。
そうそう、滲み出るといえば灰汁。
クリ材は灰汁の出る樹種です。

熱帯産の高耐久木材と言われるような、イペウリン等の木材もそうですが樹脂や灰汁、樹液成分を多く含むために、雨の後などはデッキ材から濃い色の樹液の様なものが流れ出ることがあります。

綺麗なコンクリート面の上に、ダラダラと流れ出す樹液を「汚れ」として問題視される場合が多いのですが、樹木というのはそういうものです。
そういった成分で自己を守っているんですから、出て当たり前。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 1


なのでこのクリ材も、雨を受けた後は灰汁が滲みます。
それが、表面の木目が少し茶色がかっている部分です。
この灰汁の析出や、クリ材に多く見られる虫穴などが敬遠されることも、クリ材が活用されない理由の一つ。
しかし、このデッキのオーナーさんは「断然クリでしょ!!」と、ご理解を頂き(木のおもちゃ作家さんだから当たり前か!)、さらにイメージとして高価だと思っていたクリ材が断然リーズナブルに使えるとあって、大変喜んでいただきました。

こんな木目、でないもんね。熱帯産樹種でも、高樹齢の針葉樹でも。


日本のクリ(栗)節有デッキ材 3


これからさらに紫外線や雨を受け、大きくその表情を変えていくことと思いますが、劣化が進み使用不可能になるまでは数十年と考えます。
一時期の費用を抑えることで、10年もせずに取り替えなければならないような樹種を使うより、住まう人とともに長い月日を一緒に過ごせる日本有数の高耐久木材、クリ材で屋外にもっと木材を!日本の広葉樹を!


一般的には、節などの欠点と言われるもののない木材を販売することに重点をおかれている為に、どうしても高価になってしまう日本の広葉樹。
しかし、デッキ材などの屋外使用や欠点と言われる部分が気にならないところに用途を作ることで、考えているよりも非常にリーズナブルに日本の広葉樹を取り入れる事が出来ます。

もちろん、それは弊社がいつも日本の広葉樹に目を配り集材に協力してくれる方がいるおかげですので、いつでもどこでもできるわけではありません。
弊社では、今のところある程度の量であれば出荷できる体制を整えていますので、木目が見えることで木の質感をより感じやすく、さらに腐りにくい特性をもつ日本のクリ材を、取り入れてみませんか?!


デッキ材と言えば熱帯産の堅木材、という時代はそろそろ終わり!
これからは、日本の広葉樹!クリのデッキ材の出番ですよ!!



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

13年後のハードウッドデッキ材

急激に温かくなった2018年春。
気候が良くなってくると、寒いからと控えていた建築工事のほうでも少しづつ、動きが出てくるものですが、実際の気候には関係ないものの、温かくなると使いたくなる場所を綺麗にしておこう!という気持ちはでてくるようで・・・

近日続けて納品予定の木材の中に、「ハードウッド材のデッキ」があります。
ハードウッド材というのは、デッキ材の場合は一般的にいうと「硬くて耐久性の高い木材」を指します。
広葉樹も、針葉樹と対比してハードウッドと言いますが、それとは別。
主に、南半球や熱帯性気候の地方の木材の中で、非常に硬質であったり樹脂を多く含んでいたりして、屋外使用においても腐朽のスピードの緩やかなものです。
全てに触れると、非常にお話がながくなるので割愛しますが、代表的には「バツイペ・ウリン・マニルカラ」等々があります。
それぞれの樹種について触れていくのは次の機会にして、今回は材木屋サンがすすめる「腐りにくい木材」は、どれくらい腐りにくいのか?!の写真を見てもらおうと思います。

屋外のデッキというのは、とてもイメージ的にはいいものの実際は施工に意外と費用がかかるので、材料を安く済ませるケースが多く見られます。
よくあるのが、どこでも入手できる白っぽい木材に塗装をしているケース。
この場合は、手入れをきちんとしていれば、ある程度の年月使い続けることができますが、どうしても面倒な手入れを怠ると、数年うちにすぐに腐って原型をとどめなくなってしまいます。
その為、上記のハードウッドと言われる木材があるわけですが、もちろん、若干お高い・・・
では、その価格差の分耐久性は高いのか?!そう思うあなた!
今回は、高耐久の代名詞「ウリン材」の新品とその13年後を見てみる事にしましょう。

デッキ

綺麗な赤茶色。
施工仕立てです。
この色合いと風合いが一体どうなるのか。

13年後です。

デッキ8


ちょっとアングルは異なりますが、同じデッキ材の劣化の様子です。
これは、無塗装の状態ですので、正味木材の性質だけでどれ位の劣化になるのかというのがみてとれると思います。
色合いがシルバーグレイに変化しているのは、木材全てに共通するところ。
通常は、最も劣化が早くなるであろうと思われる木口部分も、腐朽などはみられませんし、劣化するとよく見られる「角が無くなって、木部が丸くなってくる」という様な事もありません。
強いて言うならば、ビスの方が早く劣化している様子・・・

もちろん、割れが入っていたり「ささくれ」があったりしますが、耐久性という意味では13年経過しても腐朽はありません。

デッキ4


木材は、入手した当初から経年変化が始まります。
無垢フローリングでも同じことですが、色合いの変化や表情の変化はお客様にはなかなかわかりづらいところ。
今回はちょっと極端な例ですが、屋外使用の木材がどの様に変化するのかを見てもらいました。

これを考えると、一般的な安価な木材を10年未満で劣化交換するとなると、書記と同じ木材費と再施工費(解体費とも)がかかりますので、初期の木材費は少し高くなるかもしれませんが、ハードウッドの選択肢も持ってもいいのではないかと思います。
もちろん、弊社取扱の杉正赤身デッキ材赤身勝ち日本のひばもいいと思いますけどね(笑)。

なかなか見ることのできない、木材の経年変化。
ハードウッド編、でした。



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

その木はいつまで・・・


お客様に聞かれることがあります。

その木はいつまで○○ですか?!

この「○○」に入る言葉は様々ですが、お尋ねになる心理はよくわかります。
よく聞かれる例では、耐久性についてでその中でも「何年位もちますか?!」ということ。
持つというのはつまり、外部に使用した場合などでの耐腐朽性を主に考えられている場合です。

木は腐る。

勿論です。しかしながら、それは使用用途や環境、塗装の有無、木材の性質と赤身なのか白太なのか、雨がかりの有無などで大きく差が出てくるので、一概にお伝えすることは難しいものです。
確かにスギやヒノキなどの針葉樹を雨ざらしのデッキなどに使用した場合は10年位での取り換えは必須になってきますが、イペやウリンなどといういわゆる「熱帯産の堅木」の場合は10年では変色はしますが取り替えまでは考えないでいい場合が多いものの、では何年で取り替えになるか、ということまで明言するのは難しいです。

いつまで・・・3


同じ様に、香木について頂くご質問の中に稀に「香りはいつまで持続しますか?!」というものがあります。
これも難しい。
芳香材などの場合は試験データで「香り○時間持続」などと言えるかもしれませんが、木材の精油など由来の香りがいつ消えてしまうか?というのは、少し大袈裟ですが「ガソリンはいつ枯渇するのか?!」という問題に近い様な気がします。
誰にもわかりません。

天気予報の精度は近年驚くほど確かになっています。
雨に降られると困る仕事でも大助かりです。

しかし、何百年何千年という時間を土中水中ですごしてきた神代樟(じんだいくす)神代桧(じんだいひのき)、また神代楢(じんだいなら)などは、その時を超えて現在でも香りを放ちます。
同じ様に社寺仏閣の修繕において、今まで使われていたヒノキなどの部材を一削りすると、またヒノキの良い香りがよみがえるともいわれます。

いつまで・・・1


そして、これらと同じくしてよく耳にするのが「キクイムシ*はいつまででるのか?」。
*主に乾燥辺材を食害するヒラタキクイムシなど
これは切実です。
私も今まで色々な現場を見てきましたが、発見したお客様にすれば聞きたい気持ちは良くわかるのですが、これもなんとも言い難い問題です。

一般的には、キクイムシが好む木材の辺材に含まれる栄養素は伐採後5年強程で減少する、と言われています。
その為、食害にあいやすいラワン系の合板に防虫処理加工をした合板の保証期間も5年と定められていたと記憶していますが、実際のところ、よほど美味しいのか、はたまた5年では栄養が抜ける事がないのか、10年経過後もキクイムシが現れるケースも見ていますので、残念ながらこれも「いつまで」と明言できないものの一つです。

いつまで・・・2


これを読んで、なぁんだ、木材ははっきりとしないからたよりないな・・・、なんて思わないでくださいね。
その為に私たち、材木屋がいるんです。

正確に耐久性について数字を表せなくても、含まれる精油量を知るすべがなくても、キクイムシと話が出来なくても、予算と期待する耐腐朽性に合わせた材種を提案しますし、成分の概略はお話できます。また、キクイムシをとめることはできなくても、予防に防虫合板を提案することが出来ます。(防虫合板は白太が少なく防虫処理をされています。)

木材は数字で性能をうたっている物とは違います。
一目でわかる性能も表示できないかもしれないですが、その補助が私だと思っています。
色々と尋ねてください。「いつまで、」ではなく「こうやって」というお話をしませんか?!



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

米杉(レッドシダー)幅広無垢一枚物羽目板(定尺材) 施工できました


先日、その優れた材質とともに、屋外使用されるケースの多い針葉樹として紹介しました米杉(レッドシダー)幅広無垢一枚物羽目板が施工されましたので、近くを通った時に見てきました。
レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 1
































まだ資材が残った状態でしたので、一部のみですが米杉(レッドシダー。以下米杉)独特の赤茶色い色合いが、建物に良いアクセントとなっています。
前回も色々と米杉材の特徴をお話しましたが、米杉材も木材であるからにはやはり癖もあり、伸縮もしてきます。
しかし、他の樹種に比べれば比較的安定していますし、南洋の硬木のように施工した直後から表面が乾燥でバリバリ割れる、という事が少ないと思います。

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 7




 そういった点も、この米杉材が屋外木部に専ら使われる理由の一部であることは確かだと思います。

 もちろん、室内でもその美しい木目や落ち着いた色合いは映えるんでしょうけれども、この樹種の場合はやはり針葉樹の中ではトップクラスの耐朽性に注目される方が多いですね。












ただひとつ、その素直さと細かく美しい年輪から織りなす木目も、屋外木部に使用された場合は、建て物から少し離れると年輪が細かすぎて綺麗な木目が見えづらいことが残念なところではありますが・・・

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 3




 これは、結構近づいている方ですが、それでも写真で木目がはっきり見えますか?!

 近づきすぎると羽目板が数枚しか映らないし、離れると木目が写らないしでカメラマン泣かせなヤツです。













羽目板の仕上げは目透かしという方法になっています。
つまり、上の様に壁や天井に貼っていった場合に、材料同士が付き合わさるところに溝が出来るような形、透かしているということで目透かしになります。

レッドシダー (米杉)羽目板 2


 断面でいうとこんな感じです。






リズミカルでデザインのいいポイントになりますね。

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 4











さてこの米杉材、意外なところにも使われていることを御存じではないと思います。
外装材として有名な米杉が、実は室内でも結構使われている。
どこかというと、化粧単板貼りの集成材の芯材として使われているのです。
といっても、ピンとこないと思います。

米杉芯材



 和室廻り縁(天井と壁の合わさる部分に取り付ける部材)の米杉芯材




それもそのはず、だって普通は、「芯材」だから施工してしまうと見えないからです。
化粧単板貼りというのは、米杉(その他)の貼り合わせ集成材の上に、0.2mm位の薄ーく仕立てられた紙の様な木材を表面仕上げ材として貼りつけるものですが、なぜ、米杉が好まれていたのでしょうか?
きちんと理由がありまして、どうも「軽くて狂いが少なくて接着性が良い」という事で多く用いられてきたようです。
表面にとっても薄いモノを接着するのですから、当然、曲がりなどは極力防ぎたいし、取扱上軽いにこしたことはない、また、接着性がよければ生産性が上がる、ということはコストにも反映できる・・・といったところでしょうね。

ただ、その一大用途も、米杉特有の濃く赤茶色い色合いがあまりにも薄い表面仕上げ材から透き通って見える、いわゆる「下地の色をひろう」という形で表に出てくる場合があり、敬遠されている場合もあります。

まぁ、勝手なもんですね。
工業製品というのは画一性が大切ですからそんなものでしょうか。

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 2










しかしながら、耐朽性の高い木材にとって一つ避けて通れないものがあります。
それは樹脂の流出や他の材との接触による反応で出てくる灰汁などです。
熱帯広葉樹材で一時多く使われた「ウリン」というとっても硬く重く耐朽性の高い樹種があるのですが、そのウリン材も、コンクリート面や石の上に建てた束(つか。短い柱の様なもの)などに施工後赤茶色い樹液を流し、着色してしまうので、コンクリート面が汚れた、という声も出ていました。
それと同じように、雨の後などには米杉にも少なからず樹液が流れ出ることがありますので、あらかじめ知っておいていただきたいところです。

もちろん、耐朽性の高い樹種というのは彼ら(彼女ら?!)自身の中に、腐朽や虫害などに対する抵抗性を備えているから長持ちするわけで、なにも理由なしに秀でているわけではありません。
それらの事に関しては、「木の勉強会」とともに後にお話しないといけませんが、耐朽性を得る為の木材の性質として考えてくださると良いかと思います。

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 5
 材質に関しては、殆ど節のない原板にて製作していますが、どうしても加工中に表面に現れる部分があります。
完全無節ではありませんので、見つけたらラッキー?!位に見ていただければ・・・



一般的には乱尺といって、指定寸法ではなく一つの梱包の中に色々な長さが入っていて「●○崙り」という扱いの多い米杉ですが、今回の材は4mと1.8mの定尺材です。
つまり同じ長さのものばかりということです。
そのため、施工の途中でつなぐことなく貼りとおせるのが大きな特徴。
米杉の細かな木目が流れるところを十分に楽しめます。

レッドシダー(米杉)定尺無垢羽目板 6
































因みに写真の中にちらちらと浮かんでいるのは、大木になる米杉らしく近くに大きな節があった部分の木目に変化を生じて、ある種杢のような柄に見えるものでしょう。これも面白い。

屋外に木材を使っていただくと、やっぱり温かい感じがすることと、家の中にも入ってみたくなりますね。
もちろん、いくら耐朽性が高いとはいえ、コンクリートや金属だって永遠ではありませんから、木材もメンテナンスが必要です。
塗装をするなり、定期的に洗うなどというメンテナンスで少しでも建て物とともに材の寿命も延ばしていってもらいたいものです。


*本商品は単体での防火性能を有している物ではありませんので、屋外などにご使用の場合はご注意下さい。

米杉(レッドシダー)幅広無垢一枚物羽目板(定尺材)はこちらから
弊社へのお問い合わせはこちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

積み木製作用材

実りの秋、食欲の秋、読書の秋、などなど。
朝晩の涼しさは少し肌寒く感じるくらいすがすがしくなってきました。
そんな秋に多いのが、様々なイベントです。

私たちの木材業界でも、大阪や神戸で大きなイベントがありました。
といっても、私は直接は関係していないのですが・・・

そんな私ですが、いっちょまえに小さなイベントに協力すべく、せっせこと動いています。
それは、例年の如くの「本物の木で作るお箸」と、「子供と遊べる積み木つくり」の材料の段取りです。

箸つくりは今までいろんなイベントで行ってきましたが、今回それに加え「積み木」を造りたいというお声をいただいたもので、その材料を見繕っているところです。

栗にタモに欅(けやき)に楢(なら)、日本松に中国松、国産栂や吉野杉、ブラックウォールナットやメープル、モアビという敷居に用いるものや、超高耐久木材ウリンなど・・・


本物の積み木用材




 出してる途中。
 なんか、ほんとゴミみたいですね・・・置き方悪かったかな・・・







出しかけてはみたものの、端材といわれるような適当なサイズってなかなかない。
それに、出した材料をまじまじと眺めては、「これは、○●につかえるなぁ・・・」なんて考えてしまうもんですから、更に集めにくい!!性格の問題でしょうね・・・

そこで、仲間内の材木屋さんにもお願いして、ほんとの端材(積み木サイズ)を集めてもらうことにしました。

今回は製作まではタッチしないんですが、近いうちに子供さんと一緒に大人も楽しめる積み木造りのイベントも催して見たいなぁと思っています。

一昔前のように、生活の中に当たり前に木があった時代ではなくなってしまっている現在だからこそ、大人も積み木や箸を作ることで木に触れ、感じ使うことで愛着を持っていただけると共に、木のくせを含めた長所と短所を理解しながら使うことになれていってもらえると感じています。

いつも、木材の普及には木造住宅だ!みたいなことを書いていますが本来はそれだけではありません。
住宅以外のところでも木の活躍の場はまだまだ数多く残っています。
そこに木材の短所長所についての誤解なく使っていただけるようにするために、木の事のあれこれをお話しながら、木の普及活動を進めて行きたいと思っています。

家庭でも、また学校でも、屋外でも木に触れ感じる機会を増やしたい。
そのためにもう少し努力を重ねる必要がありそうです。
先ずは、今回の積み木が喜んでいただける仕上がりとなることを祈ってまた明日も用意することにします。





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ウッドデッキのクリーニング&リフレッシュ 其の弐 動画付き実験編


水と‘公害性のない酸’だけで、灰黒色に変色し、劣化した部分をクリーニング&リフレッシュできる・・・・


そう予告しました。


今回は、その内容をご紹介いたします。


巷でもよく見かけるようになって来たウッドデッキ。

ですが、施工直後は木材の本来の色合いと風合いを出していて綺麗ですが、どうしてもすぐに表面は灰色化してしまいます。

最初は綺麗で、よく利用したデッキにも最近は黒ずんでいてあんまり出る気にならない・・・というような声を耳にしますが、この灰色化をリフレッシュできるのが、自然分解できる酸を使ったクリーニング法です。


それでは、実際に灰色化したデッキの一部をサンプルとして用いたクリーニング試験を開始したいと思います。


洗浄実験開始


  写真右の2枚は別実験で使用したものです。
 
  今回は左の2枚をクリーニングします。


実験後の中央との色の差に注目してくださいね。


先ず、バケツと水道、そしてデッキブラシと刷毛を用意。庭の一角オッケーです。

バケツの中に秘伝の?!‘自然分解する酸’を注ぎ、水道水で2〜5倍(汚れの程度によって変えます。)に希釈します。


これで準備オッケーです。


次に、灰色化したり、劣化した木材の表面に刷毛を使って秘伝の酸を塗っていきます。ここでこする必要はありません。きっちりと浸透させてください。


洗浄剤塗布開始


  




刷毛塗り出来たら、約15分ほどオープンタイム(そのまま放置する時間)を取ってください。その間に酸が劣化した木部に浸透していきます。


洗浄用酸を塗布後15分放置



  放置中、写真左端の2枚




15分経過後、デッキブラシでこすりながら十分な水で木材表面を洗い流します。


洗浄剤塗布 擦り取り開始擦り取り中擦り取り一枚終了









すると・・・・・


見る見るうちに、劣化していた木部や灰色化していた木部が洗い流され、美しい木部の色合いが戻ってきます。


擦り取り中2









劣化部が洗浄される様子を動画で確認してみてください。






一目瞭然、はっきりと劣化部分が除去できているのが分かりますよね。

これで、クリーニングは完了です。

さて、クリーニングされた木部ですが、このまま放置すると紫外線などの影響で再び劣化が始まってしまうので、クリーニング後、48時間ほど乾燥させてから表面保護を施してやる必要があります。

お好みの塗料で仕上げることも可能ですが、折角美しくなった木部は長持ちさせたいですよね。

ならばやはり、これ。

オスモデッキオイル。

オスモカラーウッドステインプロテクターもお薦めですが、高耐久木材であるウリンやバツ、イペなどのハードウッドをお使いの場合は、ハードウッドにより浸透しやすいデッキオイルがよいでしょう。


これを基材を乾燥させた後、薄く塗り広げてください。

乾燥までには約12時間ほど要します。触れるようになるのは5時間ほどですが、しっかり乾燥させてから再度上塗りを施してください。


そうすれば、施工当時の風合いを甦らせ、それを維持していくことが容易になります。(メンテナンスせずに持続するという意味ではありません。)


撥水性を持たせることができるので、耐久性も期待できますし、着色保護することにより紫外線劣化を防ぐことができますから、材面の美しさも維持していくことができます。


また、木材本来の色合いを活かしたい場合は、以前にご紹介している「オスモウッドステインクリヤープラス」を塗布して保護することもできますので、そちらをご検討ください。


これで、一気に外部の木材やデッキ材がクリーニング&リフレッシュできます。


そして、冒頭ご紹介したようにこのクリーニング材の優れているところは、無公害だということです。


たとえば、デッキ材には素足での歩行も考えられますので、有害な薬剤で洗い流すことは出来ませんし、もしそういう方法で処理を行った場合、庭の土壌も汚染してしまいます。


酸というフレーズからは、ガーデニングなどに影響を与えかねないと思われがちですが、本商品に使用される酸はほうれん草などの煮汁にも含まれる成分で、自然分解される蓚酸(しゅうさん)という成分です。

ですので、庭の植生に悪影響を与えるものではないので、安心してお使いいただけます。


これが大きなポイントです。


そして、蓚酸はカタバミという植物から発見されたため、その植物の英名をとって、オキサル酸ともいわれています。

因みにカタバミの花言葉は「輝く心」だそうです。

その花言葉どおり、「輝くデッキ」、「輝く木部」となるこの蓚酸をもとにした製品、外装木質部の灰色劣化などをクリーニングしたい方は、一度お問い合わせをお待ちしております。

焼き杉の塗り替えにもご使用いただけます。こちらもぜひご検討下さい。


*ご注意いただきたい点

・本商品は塗装剥離剤ではありません。そのため、ペンキなどの造膜塗料の上からは直接使用できません。

・デッキなどの木部の塗り替えは、基本的に元の色よりも濃い色での塗装が前提となります。










木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!