空を見上げて
トップページ » 天然植物性無公害塗料オスモカラー
天然植物性無公害塗料オスモカラー

木材表面に塗膜を作る、樹脂系塗装のめくれ


木材を使用する環境は様々です。
屋内でも、水かかりのある場所や、床などの摩耗の多いところ、また屋外のデッキやフェンス、外壁などその用途によって、それにあった塗装が必要になります。

弊社は以前から無公害塗料の「オスモカラー」を様々なシーンでお勧めしてきましたが、その理由もお伝えしてきたとおりです。
詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、木材保護と木材の風合いをいかすこととを両立させることは、簡単なようでなかなか難しいものです。

一般的には樹脂で木材の表面を覆ってしまう塗装が多く使用されています。
簡単ですし、塗料で覆われたその木部は一見、とても厚い膜で覆われて耐久性が高そうに見えますが、そうではないのです。


オスモカラーの事をご説明するときに、木材の呼吸(と称されている吸放湿の事)をお伝えしながら進めるのですが、この吸放湿ができるかできないかで、数年後?の木材の状態や塗装の状態に大きな違いが出ます。
当然、塗装した表面は、樹脂の厚い膜があるので木の手触りはなくなることも樹脂塗装の大きなポイントですが、それは塗装直後にわかります。

時間が建った時にどうなるのか・・・
これが五感に触れられない塗装面の質感とともに、お勧めできない理由の大きな部分である、「塗装のメクレ」です。


オーク上り框1















これは、5年ほど前に樹脂塗装完成品として購入した、オークの無垢上り框(玄関の上がり口に取り付ける部材)なんですが・・・・・


オーク上り框4















不自然に塗装が浮いて、見事に剥離しています。
それも数か所あちこちに・・・


オーク上り框2



 こんなのが一杯、てんてんと・・・









オーク上り框5




 気泡をつぶすと、パリパリといいながら、剥がれていきます。








寸法加工しての出荷依頼でしたので、段ボール梱包を開けてびっくりです。



オーク上り框6


 こんな感じでまぁーるい気泡になっているところも多々あります。










オーク上り框7


 周辺も白く濁ってきています。
 更に剥がれてくるんだろうか・・・・









この材は暴れも出てきていることから、まだ乾燥していない状態でコテコテに塗装されたのではないかと推測します。
それに加えて、取り付けた際に見える2面部分しか塗装していないので、余計に未塗装の部分との吸放湿バランスがとれずにねじれを助長したものとも考えます。


お客様のところに渡っていなくて良かったものの、こんなものを素知らぬ顔で売る材木屋がいる(弊社がこの材を購入したところですね・・・・弊社も段ボール梱包だったので、中身確認していませんでした。)ことが、お客様の信頼を落とし、また、材木屋の信頼を失うことになると何故わからないんでしょうか・・・・
悲しくなります。


今回の材でもわかるとおり、木は水分を持っています。
その水分の出入りがあるため、木の表面に塗膜を作ってしまうと、一時は綺麗に仕上がるのですが、後々に写真の様に膨らんできたり、または剥がれてきたりするわけです。(原因としては、塗装工程不良ということも十分にありえますが・・・)
当然、塗膜があると吸放湿できないので、木の大きな欠点とされている(特徴であり、欠点ではありませんが…)収縮による寸法変化などは抑えられるでしょう。
しかし木の風合いは失われますし、経年変化によっての変化や材の古びていく姿を見ることもなく、美観を損なってしまいます。

この違いを知らずに塗装してしまうから起こることがほとんどですが、それとは違い、早く商品化するために今回の様に、生木(水分の残った状態の木、未乾燥材)にコテコテに塗装して出荷するといった事も稀にあります。
受け取ったお客様が、このような塗装の劣化が原因で、木材は劣化するからとか、後で手間がかかるとか、といったような悪いイメージが木材に定着している一つの要因なのではないかと思います。

樹脂の塗装が必要な場面もあるでしょう。
ですから、適材適所であり、その材やその状況によって塗装なども変えていかないといけません。
だからこそ、いろいろな話を通じて木材を扱うべきだと感じます。
そうすれば、塗装のお話や木のお話もできますし、よりその物の価値を引き出せるのではないかと思います。

今まで、時間短縮や削りに削った部分を少しずつ取り戻していかないといけない時代だと感じます。
必要性の低い部分から削っていくのではなく、その部分も含めて必要とされる様に時間をかけないといけません。
削っていって、はたして想いのこもった良いものができるのか・・・
課題となる部分ですが、今回のような事は、いくら安くても早くても、一時綺麗でもあってはならんことですから、減らしていく様に努めていきたいところです。


それにしても、残念な商品です。
これから、バリバリ削っていく作業に入ります。もったいないなぁ・・・・・・・・・・



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

待望の屋外木部塗装用クリヤー塗料 オスモカラー ウッドステイン クリヤープラス


近日紹介予定としていた、屋外木部用クリヤー仕上げ塗料の登場です。

「オスモカラー ウッドステイン クリヤープラス」です。


オスモカラーウッドステインクリアープラス












設計者、施工者ともに待望の商品が発売となりました。

ただし最初にお伝えすべきことは、クリヤーといっても、正直厳密にいうと100%無色透明ではありません。

屋内用の塗料でも、クリヤーという表示ですが多少濡れ色になったり、原料成分に起因する色(黄色っぽくなったり)がついたりしますので、厳密にはクリヤー(無色)というわけではないので、気を付けてください。


さて、商品のご紹介です。

ウッドステイン・クリヤープラスは、ほぼ無色に近い透明度で着色せずに屋外木部を保護できる、天然由来のヒマワリ油を原料とした塗料です。

今まで、どうして屋外木部を着色しない形でのクリヤー塗装仕上げ材がなかったのかというと、木材の生き物たる所以のお話になります。


「木の床の不思議ー見え方編ー」で、木材は生き物で、細胞組織を持ちその凹凸による光の反射で見え方が違うとお伝えしました。

そして、木も紫外線により日焼けする・・・と申しあげました。

人間でも、あまりの直射日光は肌に刺激が強すぎて、赤くなって皮がむけたり、ひどい場合は細胞組織がやられてシミになったりしますよね。特に女性は気になるところです。

それと同じことが、屋外木部にも起こるわけです。

雨風にさらされ続ける屋外木部は、湿気と急激な乾燥の繰り返しや直射日光による紫外線の影響を受け続けます。

そうすると、木部は次第に表面が灰色化し湿気による不朽菌で朽ちてきたり、紫外線で細胞が破壊され、表面からぼろぼろと崩れていきます。

そして、放っておくと木材内部まで細胞が破壊されて、撤去せざるをえない状態となるのです。


それを予防するのが塗装です。

女性のお化粧の様に、木部に塗装して保護する訳です。

主にペンキや、樹脂系の塗料では、木の表面に塗装によって膜を作り(造膜という)、雨や、紫外線を木の細胞に届かなくする方法。

又は、オイル系の浸透性塗料では、塗膜を作らず木の細胞にオイルを浸透させて雨水を防いだり、顔料(着色成分)によって、紫外線が木の細胞に入り込まなくする方法などがあります。


前者は当面の仕上がりもきれいですし、材料の調達も比較的容易ですが、何分造膜するため雨水は通しませんが、その反面、木材自体の吸放湿の水分も逃がすことができないため、経年により塗膜がポロポロと剥がれ落ちてしまいますし、再塗装には旧塗膜の剥離作業が必要です。

それに、塗りつぶし仕上げになるので、せっかくの木の風合いを活かすことができません。

では後者では・・・

後者は材の調達はしにくいところもあるかもしれませんが、造膜せず木の呼吸を妨げることなく塗装でき、オイルがしみ込んで雨水から木部を保護しますので塗膜がはがれる心配がありませんし、塗り替えも旧塗膜の剥離作業なしで上塗りできます。(下地洗浄必要。)

当然、木の風合いも活かすことができます。


前置きが長くなりましたが、主に外装木部の保護は腐朽を防ぐ塗装の撥水性以外に、紫外線をいかに防ぐかで決まるということがわかると思います。

「木の虫、戸田材木店・セルバ」が紹介する商品ですから、木の風合いを活かす浸透性の塗料に話を集中しましょう。

今までに、浸透性塗料(オイル系)において「屋外木部塗装用クリヤー仕上げ」がラインナップされていなかったのは、そうです、クリヤーでは木部の大敵紫外線を透過させてしまうからなんです。

顔料による紫外線からの保護ができないので、今までは軒天(屋根などの軒の天井部分)などの直射日光の当たらない部分の使用に限られていました。


それが今回発売された「ウッドステインプロテクター クリヤープラス」は特殊材料(企業秘密だそうです。)配合で、クリヤー(無色ではありませんが)塗装を可能にしています。

試験結果はヨーロッパ規格 EN927-6(1000時間促進耐候試験)に合格しています。

表記上正確には無色ではないといっても、従来の軒天用クリヤーなどと比較しても塗装面はほとんど変わらず、材の色合いをとても自然に反映しています。

これで、外装材全般に木部の素地の美しさを引き立たせることができますし、和風の建築においても、早期に灰色化することなく桧や杉の美しい白木の色合いを保っていくことができそうです。


野外暴露試験中



 杉材で屋外試験中。
 カラー塗装、従来のクリヤーと、新「ウッドステインクリヤー」の比較


また、新塗装でのクリヤー仕上げは勿論、既存の半透明の着色塗装に上塗りすることで、塗装を長持ちさせたり、色ムラのできやすい樹種の塗装の下塗りなどの用途があります。


ただ、メンテナンスフリーというわけではないので、定期的なメンテナンスをお勧めします。


ご注意として、この外装用の「オスモカラー ウッドステイン」はヒマワリ油主体ですが、外装用のため防腐剤などの成分を含んでいます。

そのため、木材の防腐性能を求められる部位にご使用ください。
(環境に対しての生物学的に危険を及ぼす化合物を揮発することはありません。)


・オスモカラー ウッドステイン クリヤープラス

・缶内容量    :0.75L、2.5L、10L、25L

・価   格    :¥4905(税込¥5151)/0.75L
           :¥13662(税込¥14345)/2.5L
           :¥52110(税込¥54716)/10L
           :¥127710(税込¥134096)/25L

・色 合 い    :液体は若干乳白ですが、塗装面は基本的にクリヤーになります。

・納   期    :ご注文確認後にご連絡。目安2日〜3日程です。

・目安塗装面積 :2.5Lで約30屐2回塗り)


オスモカラーについてはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらから

*基本、2回塗りで仕上げてください。


オスモカラー ウッドステインプロテクターは
日本建築学会 建築工事標準仕様書 JASS18 M-307 木材保護塗料塗り(WP)品質規格適合 です。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

オスモカラーは安全?!


オスモカラーは無公害塗料なので、健康塗料として使える。

はい、間違いではありません。

今までのオスモカラーの記事にもあるとおり、環境負荷も、勿論人間への悪影響も極力減らして性能を追求した、優れものです。

ひまわり油を原料として、室内用は天然ワックス成分であるカルナバや、カンデリラを豊富に含み撥水性や耐摩耗性に優れ、屋外用でもひまわり油を丁寧に精製し、他社塗料では3回塗り仕上げだったりするところを2回塗りで仕上げられ、耐久性も当然優れていながら、天然木外装ではどうしても避けられない塗り替えの時でも、旧塗装の剥離を必要としないという利点があります。


ただし、ご注意いただきたい事が2点あります。


1つは、基本的にはシックハウスに関わる基準の規制対象外か、F☆☆☆☆(規制値の基準の中で、もっともシックハウス原因成分の放散が少ない等級。だが、完全に安全なわけではない。)等級なので安全なのですが、絶対に無害というわけではありません。


極微量の石油由来成分を含むからです。


こういうと、「安全ではないじゃないか・・・」と思われがちですが、そこはオスモです。

食品衛生試験に合格していますし、なにより、その石油由来成分というのも、「化粧品に使用されるような純度」であったり、「医療用の薬を包んでいるカプセルくらいの純度」迄精製されていますので、一概に石油と聞いて警戒するほどではないことが分かっていただけるかと思います。

実際、使用されている成分は無毒といわれているんですが、分類上は石油系に分類されるため、完全自然系といわれてはいないのはこういった理由からです。

そのため、アレルギーなどをお持ちで敏感な方の場合はごく稀に、アレルギー症状が出てしまうことがあります。

これは、他の天然塗料に含まれる天然成分である「オレンジ油」や「テレピン油」でも、同じことが言えます。
いかに天然原料でも、その天然成分に肌などが負ける場合があります。
極限まで精製した石油系でも、天然成分でも起こりうることです。

ですからアレルギーをお持ちの方や肌などが敏感な方は、ご使用前の段階で試験的に一部分に使用していただいて、揮発分による影響や手肌などへの影響を見ていただくことをお勧めします。


そしてもう1点は、屋外用で使用されるであろう「オスモ ウッドステインプロテクター」は、防腐剤を含んでいる、ということです。


もちろん原料はひまわり油ですが、屋外環境において、防腐性能が求められる塗装が必要な場合に使用するので、誤解のないように十分注意をしてください。

とはいっても、木部塗装で木材に含浸し表面に塗膜を作らないという性質は変わりませんので、ペンキをたっぷり塗布して、10年もたたずにボロボロと塗膜が剥がれ落ちて、塗膜を削ってから塗り直し・・・といったことがありません。

木材を活かす塗料に変わりはないということです。


そんなオスモカラーに待望の新商品が仲間入りします。


屋外木部用のクリヤー(無色)塗料、「オスモ ウッドステインプロテクター クリヤープラス」です。

詳しくは近日お伝えしますが、今まではクリヤーの外装用塗料というのは、直射日光を受けない場所の使用に限られていました。

そのため、外装木部には必ず着色が必要だったわけです。

それがなんと、無着色が可能になったんです。

今まで、探しておられた方にとっては、待ってました!!の商品です。

近日ご紹介予定ですので、ご期待ください!



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木部塗装にオスモカラーをお勧めする訳 動画付き

木材を使用して工作なり、造作をすると必ずと言っていいくらい必要なのが塗装工程です。

和室など白木で使用する部分を除き、木部はその美観保護と木材自身の耐久性の維持の観点から塗装は必須です。

そこで是非知っていただきたいのが、無公害塗料「オスモカラー」です。

天然植物由来のオイルですが、詳しくは前回の記事を参照していただくと致しまして、今回は実際にそのオイルの優位性を動画で示してみたいと思います。

実験には2種類使用して、比較したいと思います。

一方は量販店で購入した自然塗料として販売されているものです。

もう一方はオスモカラーの「エキストラクリヤー」です。

通常の刷毛塗りで使用する、「ノーマルクリヤー」よりもワックス性能は少し落ちますが、粘性が低く、のびがいいので塗りやすいタイプです。

どちらも一回塗りで仕上げています。

そこへ、しみこみ汚れと仮定して醤油をこぼして、2時間経過後の汚れの残り方を比較したいと思います。
(動画中の画像の乱れは撮影中のものです。)


実験開始


   実験開始時間です。





一般自然塗料に醤油をたらす


   まず、一般塗料に醤油をたらします。





オスモ エキストラクリヤーに醤油をたらす

   次はオスモカラーの方にも・・・






時間経過待ち 


   ここから実験開始です。





以下動画です。





いかがですか?!

汚れの残り具合。

違いがみえましたか?!

この違いがお勧めする理由です。



画像が粗いので、少しわかりづらいかとはおもいますが、オスモカラーの優位性はその保護性能です。

数多ある天然由来塗料の中でも、原料成分がより多く含まれ(溶剤が少ないのでしっかりと塗装できる)、オイル成分だけではなく、ワックス成分に優れています。

そのため、水分や汚れをよく弾きしっかりと木部を保護してくれます。


某社 オイル塗装面の、汚れのしみこみ具合


   某社塗料の醤油シミのできた部分です。





オスモエキストラクリヤーのふき取り後


   オスモエキストラクリヤーはほとんどシミがみえません。




これくらい違います。

(今回はあくまでも実験です。現実には汚れが付着しないように、醤油などは速やかにふき取ってください。また、シミのなさを保証するものではないのでご了承ください。)


木材保護塗料を使用されている方はたくさんいらっしゃいますが、まだまだ「オスモカラーは高価だ」、というイメージが定着しています。

確かに、単純な内容量の価格のみで比較すれば高価です。

ですが、動画にあるような性能の高さと塗料成分の純度の高さを理解していただければその価格が、決して高価ではないことがお分かりいただけると思います。

一時の金額の高い・安いに気を取られて、大切な木部の保護がおろそかになることがないように気をつけたいものです。


天然成分と表示していればなんでもいいのではなく、それぞれ長所、短所があり自分は保護性能を重視するのか、保護性能よりもとにかく人体に無害であり塗れるものであればよいのか、目的別に使い分けなければならないということです。


再度申し上げると、塗装の目的は木部の保護です。

ただ単に、天然塗料を塗っているというだけでは劣化を早めてしまいます。

本当に価値ある木材を保護するなら、最もバランスのとれた「オスモカラー」をお勧めします。


商品のお問い合わせはこちらから


もう一つの撥水実験をご覧になたい方は下記、「続き」へ・・・・

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

― 木材塗料には植物性無公害オイル、オスモカラーをおすすめします ―

・木材に塗装は必要か・・・?

悔しいながらもYES!です。悔しいながらというのは、私自身あまり塗装をするのは好まないからです。何故なら、樹種が持つ独特の色が少し濡れ色になり、芳しい香りが若干のオイル香に包まれてしまうからです。
ですが、それでも塗装する理由・・・それは、愛着のある木自体を保護するためです。木材はあらゆる生活環境に耐え、水分や紫外線等により、植物がもつ細胞が破壊されていき老朽化します。
それをなるべくおさえ、保護するのが塗装の役割です。ですが、近頃は無垢の木だから自然の塗料を塗ればいいというだけの考えから、純天然成分のみのもので塗装本来の役割である木材保護の役割を果たせないものや、自然とうたっておきながら、粗悪なものまで様々乱立しています。そのような物の中にあって、材木屋がすすめるのは、植物性無公害塗料「オスモカラー」です。


 なぜオスモカラーなのか?

1、大きな違いは、主成分とその内容です。
  一般的に植物性の自然塗料は亜麻仁油などが主成分で、液体に対してシミ汚れが残りやすかったり、メンテナンスサイクルが短かったりするのですが、オスモカラーの主成分はひまわり油、大豆油、アザミ油です。これらを幾度も精製して純度を高めていますのでコストや手間はかかりますが、汚れが付きにくく木によく浸透し木目が美しく際立ちます。また、植物由来のカルナバワックス、カンデリラワックスを高純度で配合していますので、磨耗にも強くシミ汚れが残りにくくなっています。

  また、亜麻仁油などが原料のオイルはそれ自体が黄色みを帯びていますので、桧や杉その他の白っぽい樹種に塗装した場合、素材の白さがオイルの黄色みに負けて、仕上がりが元来の風合いよりも黄色くなってしまいます。
  その点、オスモカラーはひまわり油ですので、若干の濡れ色とオイルの色は乗りますが、原料の色を極端に変えてしまうようなことがありません。


2、優れた耐水性と、透湿性。
  オスモカラーは、水分が付着してもきっちりとはじいてくれます。(放置はしないで下さい)動物性の自然塗料にあるような変色や、白化がありません。
また、水分はとおしませんが湿気は通すので、木本来の呼吸を妨げることがないので、木材に最適でありなおかつ呼吸ができることで、樹脂塗装にありがちな塗装面が剥離する、ということもありません。

image002



  イメージ図





3、メンテナンスが容易である。
  塗装面の仕上がりは塗りむらが出にくく、木部によく浸透し皮膜を作らず曲面等も容易に塗装可能です。
また、一部塗装面が傷ついても、その部分だけサンドペーパーをかけ、塗るだけでムラなく、また塗り継ぎが目立たず塗装出来ます。合成樹脂塗料のように、皮膜を剥がす必要がありません。


4、無公害なのでおもちゃにも安心です。
  オスモカラーは、食品衛生試験に適合していますので、お子様の遊具や玩具の塗装にも安心です。
誤解があるといけないので注意してください。
食品衛生試験に合格していても、オスモカラーは食べ物ではありません。乾燥した塗装面を万が一口にしても安全ですが、人為的に飲むようなことは避けてください。よく、自然塗料は舐めても安全!と宣伝されていますが、なめないでくださいね。22








*ただし、屋外木部用に関しては防腐剤などを含んでいますが、環境に対して生物学的に危険を及ぼす化合物を揮発することはありません。


5、主剤の比率がだんぜん高い!
  通常の水性塗料に比べ、単純な価格は高価ですが、オスモカラーは主剤の配合比率が高く、水性塗料に比べ約2〜3倍多く塗れます。一缶でよくのびます。他の塗料は同じ内容量でも、溶剤といって乾燥するときに蒸発してしまう部分が多いので主剤が少なく、あまりのびないものが多いです。


6、豊富なカラーバリエーション
  用途により様々なラインナップから商品を選んでいただけます。また、着色仕上げも、内外装とも豊富なカラーから選択していただけます。内装と外装を近似色で仕上げることができます。


7、無垢フローリングに最適、速乾床用ハードワックス
  塗装工程は一回の部位もあれば、床などで常時摩擦がかかったり、汚れが付着しやすかったりする部分は二回のところもあります。通常はどの部位も二回塗装していただきたいですが、フローリングは施工した後で塗装することが多いので、意外とこの二回塗装が時間をとってしまいます。

そこで、お勧めするのがフロアークリヤーラピッドです。通常なら約12時間で乾燥するところを、4〜5時間で乾燥します(気温約20度の場合)。これなら、一日で2回塗りが可能です!!(床に塗装される場合、表面仕上げが平滑すぎると滑りやすくなることがあります。超仕上げやカンナでつるつるに仕上げず、#180程度でサンディングして木地調整を行ってください。)


このように、様々な利点を持つのがオスモカラーです。


ここまでみると完璧なようですが、きちんとお伝えしないといけないことがあります。

自然塗料全般にいえることですが、空気中の酸素を取り入れて乾燥する酸化重合という過程で、オスモカラー自体にはホルムアルデヒドは含まれていないのですが、微量ながらホルムアルデヒドの発散が確認されます。原因などははっきりとはしていませんが、植物油を原料とする自然塗料には切り離せないもののようです。
とはいえ、塗装後は乾燥が進むと徐々に発散は減退しますし、塗装10日後には国土交通省の告示F☆☆☆☆の基準値内に納まります。
それでも強いアレルギーをお持ちの方や、自然のオイルにもまけてしまう方もいらっしゃるので、必ずご使用の上で問題がないか確認下さい。


そして、取り扱いについて、1点のみ注意していただきたいのが、塗装使用後のウエス(布)の処理です。塗料の付着したウエスを放置しておくと、乾燥過程で熱を持ち自然発火の恐れがあります。使用後はすぐに償却処分するか、十分水に浸しておいてから処分してください。


オスモカラー価格表

オスモカラー定価表(税別)

クリックして拡大をご覧ください
各送料別途

カタログを用意しております。お問い合わせ下さい。

カラーカタログ















木ぃクンmuku_mokuzai  at 22:00コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!