空を見上げて
トップページ » 無垢一枚物天板
無垢一枚物天板

天然乾燥 2m杉無節板


ここ数年で間伐材利用などを含め、再び注目を集めるようになってきた樹種「杉」。


日本が誇る優秀な樹木で、産地によって「吉野杉」、「秋田杉」、「屋久杉」などが有名です。


杉のフローリング材にすれば足腰に優しく温かみがあり、傷は付きますが味わい深くなっていきますし、室内に使用すれば安眠効果があるといわれていますので、日々の疲れを癒す我が家の内装材にはもってこいの材だと思います。

その杉の板材が入荷しています。

天然乾燥杉無節板







それも、無節材です。

そして、大切な点「天然乾燥材」です。

ここが大事。

近年は住宅建築に「スピードとクレームのなさ」、が求められるため、木材は大概は人工乾燥材です。(クレームといっても、木材の吸放湿による割れや曲がりの特性をお施主様に説明できていないだけのことですが・・・)

丸太を製材して板となった材を、桟積み(板を寝かして積み上げる場合に薄い木を挟み、通風できるようにする方法)して、何か月、または年単位で時間をかけてじっくりと自然の力で水分を抜いていく方法が天然乾燥ですが、時間と手間がかかるため、すべての材に行うのは実質難しい状態です。

天然乾燥後の水分量も、20%を切るところまではいっても、10%前後までは難しいところです。


それに比べ人工乾燥材は、釜に材を入れて強制的に水分を抜いていくので、時間も少なくて済みますし、乾燥場所確保のコストも少なく、含水率(木材中に含まれる水分の量)も安定します。

ですが、人工乾燥は特に杉材に関しては、含水率を低くしようとするとどうしても色艶が良くなく、香りもどこか、ぱっとしなくなる傾向があります。

といっても天然乾燥では、機械での人工乾燥のように完全に含水率を落とす(たいていは10%前後)ことができないので、施工後の過乾燥などでの反りや曲がりの可能性を残すこととなります。


では、どうするのか・・・

私は適材適所というか、人工乾燥が必要なところ(壁のなかで見えなくなる下地材など)には使い、そうでないところ(直接意匠性を問うところや、手足の触れるところ)は多少の材の動きがあっても、了承していただければ天然乾燥にするのがいいと思います。


今回の杉はほとんどが節がなく、比較的幅広なので様々な用途に使えると思います。

きちんと香りも残っていますし、赤身、白太もきれいな色をしています。

天然乾燥杉無節板 表情2天然乾燥杉無節板 表情1








杉の同じような寸法材で、節ありの人工乾燥材もありますが、やはり色艶、香りが少ないので、こちらはもっぱら塗装下地や、店舗などで、節をアクセントにできるところにお勧めしています。


天然乾燥材は岡山県産、人工乾燥材は大分県産です。

ちょっとした棚板としてや、ディスプレイ用の天板などにするのもいいかもしれません。


杉を使ってもらって、その良さを知っていただきたいと思います。


天然乾燥杉板在庫









岡山産 杉無垢一枚物板

・寸     法 :長さ2m×幅24cm〜37cm迄×厚み4.5cm
          (一枚ずつ幅が異なります。)

・形     状 :無垢一枚板 節なし

・価     格 :¥3,500〜(税込¥3,780)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :丸太乾燥後、2008年製材後天然乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから、人工乾燥材節付き(下写真)もあります。

人工乾燥杉節あり板人工乾燥杉節あり板 死節拡大


  抜け節が入ります。






・ご  注  意 :
                   
1、丸太の時の傷があるものがあります。これをすべて切り落としていると、かなりの部分を捨ててしまわないといけなくなります。有効活用できる方法でご利用ください。

天然乾燥杉無節板 トビ傷






          
2、入り皮や、節影(枝を切った跡を木自身が包み込んでいる部分。削っていくと節が出てきます。)が入っているものもあります。

天然乾燥杉無節板 表情3                                                                       
         


   
      

  

ちょっとしたカウンターにしてもいいし、水掛かりのある洗面の天板にしたりといろんな用途に活用してください。






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

地元、「茨木市産」丸太を製材しました。


まだ8月なのに、朝晩はすっかり涼しい日が続いている茨木市。

過ごしやすくていいのですが、季節感が少し薄いような気もします。


さて先日、昨年の秋に伐採した丸太を製材に持ち込んで、板材に加工をしてきました。


今から製材

 合計9本。

 立派な丸太です。





弊社にも製材機はありますが、さすがに丸太は挽けませんので製材所に持ち込みました。


その製材した丸太、実はなんと地元茨木産です。

しかも山ではなく、街中の木です。


それらは、私が子供のころから近くの雑木林に生えていました。

学校の通学路沿いだったため、ほぼ毎日見てきた木でもありました。

それらの木々が、マンション建設のために伐採されるのを知り、工事現場にお願いし、譲り受けてきたものです。

ずっとその木々を見てきた懐かしい想いと、伐採された後の用途を訊くと「全てチップに加工」ということだったので、何ともしのびなく若木で小径木以外のものを可能な限り(本数制限があったんです。)、譲っていただきました。


そんな丸太たちを製材へと持ち込んだわけです。


製材待ち







次々と台車に乗り製材機を通っていく丸太たち。


一丁あがり








一寸七分(50ミリ強)に厚みを揃えて製材をしましたので、乾燥させて一寸五分
(45ミリ)に仕上がればいいなぁと思っています。


さすがに街中に生えていたものなので、白太が多く色もそんなに良くなく、成長が早くて年輪も荒いので、通常はそんなに価値がある木材とは思っていただけない状態の原木もありました。

 綺麗になって帰ってきました。
  
  






ですが、そんな丸太からでた板材たちも、見た目は少し劣るかも知れませんが、私と同じ茨木に育ち身近に感じていたものなだけにとても大切に思えるのです。


一次乾燥準備たくさんあります。







 今からじっくり乾燥させて、大切に使っていきたいと思っています。





乾燥できたら、大事にしてくださる方にお買い上げ頂きたいです。

その日まで、少しの間眠らせることにします。

茨木産コナラ板材の記事がでることを楽しみにしていてください。


なかなかの板材コナラ材面











木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

店頭展示、やってます。今は国産ぶな耳付き板です。

国産ぶな片耳付き無垢一枚板店頭展示






戸田材木店・セルバ店舗では、こんな感じで店頭にて無垢の木材の展示即売をしております。(雨天は展示を控えております。)




今は国産のぶなの木の、片側だけ丸太時の皮部分の残った無垢一枚板を展示しています。


今まで、神代杉の杢出し敷板や、クスノキの耳付き板、木曽桧の幅広耳付き板などを展示してきました。

今回のぶなの木は、幅はそんなに広くはないのですが、柾目木取りのため「斑」がでているのが特徴です。

ぶな柾目の斑








ぶな科の木材によく見られるこの「斑」模様。

一番有名なのはオーク(楢・なら)「虎斑(とらふ)」でしょう。


さざ波のようにキラキラと輝くあの虎斑は、いつまでも眺めていたくなる様な美しさを持っています。

ぶなは板目では胡麻のような控えめな斑がでていますが、やはり柾目に挽くと綺麗な斑がでてきます。

そもそも、ぶな科の木材はどんぐりのなることで容易に見分けがつきます。

ぶなの木のどんぐりは、ほかのどんぐりよりも美味しい!??らしく、熊は好んでぶなの木のどんぐりを食べるといわれています。

一時期、熊が一里に下りてきて・・・というニュースをよく目にしましたが、ぶなの木や、その他のどんぐりのなる木が減少しているのも、一つの要因かも知れません。


ぶなの木は漢字で「木では無い木」と書いて「橅」です。

何と可愛そうな木だと思いませんか?!木ではないといわれる木なんて・・・


というのも、ぶなは昔は比較的たくさんの材があったのですが、なにぶん曲がり等が出やすい事と、感想が難しくカビがつきやすかったり、保存耐久性もそんなに高くないことから、木材としての用途があまり期待できないといわれていたそうです。

そこから、こんな用途の無い木は木ではない・・・といわれ、今の漢字「橅」があてられたそうです。

なんかかわいそうですよね。


ですが、そんなぶなの木も最近ではヨーロッパからの輸入のぶな(ヨーロピアンビーチ)が多く出回る様になり、昔のイメージから脱却しつつあります。


オーク材のように曲げ木にしてイスをつくったりする家具や、子供のおもちゃにもよく使われています。
輸入玩具などはかなりの確率でヨーロピアンビーチが使われているはずですから、注意してみてください。


さて、現在弊社で展示しているのは国産のぶなの木です。

しかも天然乾燥材です。

ですから、ぶなでは特に出やすい天然乾燥の印!?である、カビや若干のヤケ(普及の一歩手前の段階)跡があったりします。

急激な人工乾燥ではなく、自然のままに乾燥させた結果です。


少し珍しい材料ですから、小さいおもちゃを作るもよし板のままで控えめなカウンターとしてもらうもよし。

是非一度ご覧になってください。


材木屋というと、少し入りづらい雰囲気もあるかもしれませんが、木材についての疑問にお答えしますので、建材商品以外についてでもお話できればと思います。

お気軽にお立ち寄り下さいね。



*ぶな材の注意点

・ぶな材は散孔材のですが、白太がキクイムシの被害を受ける可能性があります。特に耳付き材ですので、白太部分を含みますので、あらかじめご了承下さいます様お願いいたします。

・カビやヤケのでやすい樹種です。用途によりご検討いただきたく思います。

節



  大きな節の部分






国産ぶな 柾目片耳付き一枚板


・寸     法 :長さ約2m×幅19cm〜28cm×厚み4.5cm
          
・形     状 :無垢柾目一枚板 節、カビ跡、ヤケあり

・価     格 :¥3980(税込)/枚

完売いたしました。ありがとうございます。

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。

展示ポップ









*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。



ぜひ一度お問い合わせください





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

国産タモ 玉杢耳付き薄板


私が木材の商売を手伝い始めたころは、その木目の美しさから窓の枠材やドア枠などによく使われていた材、それがタモです。
今でも板材を多数在庫しています。

一昔前はよく似た樹種の「シオジ」を含めてタモ材として多用していました。

近年では工場で仕上がってくる紙の化粧シート材の枠が圧倒的ですが、やはり使い込んだときの風合いや、触った感じなどは本物でないと味わえないものですので、これから建築なさる方はご検討を・・・


タモ材は、化粧単板(木材を薄くスライスしたもの。主にベニヤ板などに貼り付けて使用する。)にも使われていて、飽きの来ない木目とあいまっていつの時代も人気があります。

オーク材に似ていて、雄大な杢が人気です。


それ以外には昔から家具材にも使用されていますし、どことなく「ケヤキ」のよう
な雰囲気が出るので、洋風だけでなく和風家具にも使われています。


弊社がご用意している「タモ金具不使用木製名刺ケース」も装いを選ばずに使うことが出来、落ち着いた木目で好評を博しています。

タモ名刺ケース素材拡大









その他では野球のバットがやはり有名です。

近年では蓄積量が少なくなり、良材が減っていますが昔からバットにはタモ材が使用されてきました。

木材がいろんなものに加工される理由」の記事にもまとめましたが、タモ材は非常に強靭で、粘り気があり簡単に破断しませんが、ただ単に硬いだけではなく、ボールを打つ感覚を正確に手に伝え、それ以外の衝撃を緩和して、手への負担を軽減するという機能を持っています。

ね、すごいとおもいませんか?!

たかが木材、されど木材。

そんな長所を持ったタモ材のもう一つの魅力。

それは「杢」です。

縮み杢や、玉杢が現れるものがしばしばあります。


今回はその玉杢の出た板材ですが、又珍しく耳のついた状態で、薄板に挽かれていました。


タモ玉杢薄板耳付き板








  四国から来た材だそうです。

  材面を見るとふわふわと浮かぶような水玉のような模様が多数見られます。


タモ玉杢拡大1








  この杢が削ると一段と美しく、正に浮かんだ水玉なんです。



厚みが薄いので、敷板や壁にかけて装飾でもいいなぁと思ったり、いろいろとふくらんできます。

こんな杢はいつでも出るものではなく、成長の加減や環境に大きく左右されます。


天然木の天然の芸術です。


それを身近においていただけるチャンスです。

大きな材ではないので、何かと使えると思います。

当然、杢の観賞もありです。

まだ杢の素晴らしさを体験したことのない方、是非この機会に触れてみてはいかがでしょうか。

木材の不思議に、又一歩踏み出すきっかけになることまちがいなしです。


タモ玉杢拡大2 

 

 

 

 





*タモ材の注意点

・タモ材は環孔材のため、白太がキクイムシの被害を受ける可能性があります。特に耳付き材ですので、白太部分を含みますので、あらかじめご了承下さいます様お願いいたします。

・薄板の板目材で、杢木のため、ソリや狂いが出やすくなっております。
無垢薄板の特徴とご理解下さい。



国産タモ 玉杢耳付き一枚物薄板


・寸     法 :長さ約1m80cm×幅22cm〜30cm×厚み1.5cm
          
・形     状 :無垢一枚板 節なし

・価     格 :¥4000(税込¥4200)/枚

完売いたしました。ありがとうございます。

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。


*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


・ご  注  意 :
          
1、薄板のため幅方向の反りが避けられません。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。)  



ぜひ一度お問い合わせください



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

本キハダ 無垢一枚板

キハダ・・・

もちろんマグロ・・・・ではありません!

木材のキハダです。

漢字で黄檗。

読んで字の如く。黄色い木肌の木材です。


本当に黄色という色がはっきりと出るこの樹種はなるほどミカン科で、古来より、整腸剤(胃腸薬)としてこの樹種の内皮を乾燥させて服用していたようです。

漢方では、黄檗・黄柏と書いて「おうばく」と呼んでいるそうです。

めちゃくちゃ苦いらしく(私も未体験)、なんでも、長いお経をあげる際に眠気覚ましに口に含んでいたくらいとか・・・・

俗世でいう「ブラックブラックガム」みたいなもんでしょうか・・・
ちょっとちがうかな。
でも、そういった刺激なんでしょう。

私も般若心経は毎朝あげてはいますが、めちゃ苦な黄檗を含んでいなければいけない長ぁ〜いお経とはどんななのか・・・
また調べてみたいもんです。


話はもどって・・・

別の用途では、キハダのその見事な黄色を利用して染め物の色付けをしたりもします。


もしかしたら、材木屋さんよりも漢方に詳しい方や、織物をなさっている方のほうが身近に感じられる木材かもしれません。


建築では、構造材としてはよく水湿に耐えるため土台材に用いられたりします。

ですが、材質としてはやや軽軟なため、荷重のかかる構造材としては本来はあんまり向いていないとも言えます。


一方、装飾材としては優秀で、環境の良い場所で育ったキハダ材は、黄色というよりも、少し神代木に似たような(言いすぎかな!?)渋い緑褐色を呈し、老齢木や大木からの材は見事な杢をもっています。


そんなキハダですが、最近木材市場などでちらほらみかけるキハダ材は、樹種としてはキハダなんですが、何か木目がぼけていて、材色も白太は「真っ黄っ黄」で、赤身はオレンジ色をしています。

年輪幅も極端に広く素性も荒そうなことから、どこかの街中に植わっていたものが伐採されて持ち込まれたんではないかと想像します。

一見名前の通り「黄肌」をしているんですが、本当の良材の「黄檗」を知っていれば、その違いは一目瞭然。

いくら安価でも、製作ものや、道具などにはむきません。

標題に「本キハダ」としたのは本当によいものと区別するためです。

なかなかほんとの良材を手にする機会はないですが、今回短い板材が入手できましたのでご案内したいと思います。


本キハダ無垢板木表









建築よりもまた特殊な世界、「茶道」のお茶道具の製作などに用いられる「桑」の木に材色や雰囲気が似ているため、「女桑(メグワ)」といって珍重されているそのものの材色・木目の良材です。

御案内の材は幅は広いですが、極端に巨大でないため、比較的にさまざまな用途に利用しやすいんではないかと思います。

これからいろんな樹種で、良材の入手が困難になってくると予想されます。


この機会に、製作なり、少し変った棚や天板を検討されている方はぜひご覧になっていただきたいと思います。

本キハダ無垢板木裏









*キハダ板の注意点

無垢なので当然ですが、特にキハダ板は日焼けの激しい樹種です。

もちろん、もとより濃い色合いではありますが、日中の日差しをうけると簡単に変色しますので、取り扱い、用途は十分に検討してください。

また、天然材のため、原木からの虫穴も点在します。
切り落として使うより、そのまま活かせるような使い方をしていただければ嬉しく思います。




本キハダ無垢一枚物板

・寸     法 :長さ1m1cm×幅60cm×厚み3.5cm
          
・形     状 :無垢一枚板 節なし

・価     格 :¥16000(税込¥16800)/枚 

売り切れました。ありがとうございます。

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。


*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
          
1、キハダの木もケヤキやナラと同様に、出荷後キクイムシが飛来し食害をうける可能性があります。ご理解の上ご検討ください。
          
2、幅広板のため、幅方向の反りが避けられません。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。)  


欠点紹介。生きてきた証です。


本キハダ無垢板虫跡 



     木口への虫穴




本キハダ無垢板木表色ムラ



    筋状の変色





本キハダ無垢板木口虫穴



   木口の傷





本キハダ無垢板木裏虫跡


    大小の虫跡






本キハダ無垢板木裏変色 1


   大きな変色






本キハダ無垢板木口傷


    木口傷





本キハダ無垢板木裏変色


   広範囲な変色






その他の本キハダ在庫品(売り切り御免です。あしからず。)として、小さな耳付き板などもあります。


長さが短いので、ちょっとしたカウンターや棚にいかがでしょうか・・・
すべて乾燥材です。

ぜひ一度お問い合わせください。






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代木 新入荷

本日、また新たな神代木が入荷しました。

神代木厚板







天板用あり、また細工用ありと多彩です。

木材は当然全て自然の産物ですから(一部の集成材を除いては)、条件としては同じなのですが、神代はやはり経てきた年月と、その風合い、朽ちてしまうことなく神代木となった偶然・・・それらがどうしても心を惹きつけます。

ここで神代木についておさらいしましょう。


「神代朴木製名刺ケース」「神代桧木製名刺ケース」のところでも紹介しましたが、それも踏まえてお話しましょう。


『神代・・・・』とても魅力的なフレーズだと思います。

神様の時代の・・・というくらいに永い永い年月を経て、今の時代に眠りから覚めて我々の前にある。

そんな木材です。

1000年、1500年・・・あるいはそれよりもっと前に生きていた木が、火山活動や河川の氾濫で、土中や水中に沈み、空気が遮断され、土中や水中の化学物質により変色し、化石となることなく姿を現す。

その材は何とも雅な緑茶色〜濃灰黒色を発します。

色合いで大きく分けて薄い色合いの茶神代と、黒い色合いの黒神代の二つに分けられます。

掘り出された丸太を製材すると、今まで断たれていた空気に触れ、みるみるうちに上述した色合いに変色する様は生命の神秘というのでしょうか。素晴らしいものです。


神代となって見られる樹種としては、杉、桧、タモ、ニレ、ケヤキ、樟(くす)、カヤ、楢(なら)、桂(かつら)、栗などでしょうか・・・・

それぞれ色合いも違えば、神代になってもなお芳香を放つものもあります。
特に神代桧や神代樟、神代楢のあの香りは何ともいえないマニアにはたまらない?!香りがするんです。


そんな神代の中で今回の入荷は「神代楢」と「神代朴」、「神代杉」です。



楢の方は黒い色合いでとてもシックです。上述のようにしっかり楢の香りを残しているところがまたたまりません。木口面に輝く虎斑もたまりません。


神代楢平面神代楢木口虎斑








杉のほうは年輪も細かくつんでいて、広い柾目が取れそうなのと、板目の部分も美しいです。

神代木1.1m板








朴は節が含まれますが、滑らかな木肌が期待できそうです。


楢以外はもうひとつ乾燥が不十分なので、乾燥材としては販売できる状態ではありませんが、少し寝かせてからマニアが購入に来られるのを待つとしましょうか・・・・

未乾燥をご承知いただけるのであればお譲り致しますので、ご一報くださいませ。



神代木無垢一枚物板

・寸     法 :長さ1.1m〜1.8m×30cm〜65cm×厚み4.5cm〜12.5cm
          
・形     状 :無垢一枚板 

・価     格 :未乾燥の為不掲載

          但し神代楢のみ販売いたしますのでお問い合わせ下さい。
               * (3月2日売り切れました。ありがとうございました。)


・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :半乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


・ご  注  意 :

1、それそれに神代木としての傷や穴、目の割れが入ったものがあります。
貴重な材ですので、そのあたりも有効活用できるようにご検討下さい。

神代木1.1m板割れ神代木1.1m割れ2








2、神代木は相当な年月、空気を遮断された状況におかれてきましたので、それが空気に触れて、動き出し曲がったり、ねじれたりする「くせ」を出すことがあります。
特に広葉樹の神代は顕著です。
ご検討前に材質と使い勝手を十分ご検討下さい。












木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木曽桧一枚物耳付き板

桧といって思いつくのはどんなことでしょうか?

耐久性が高く腐れにくいので、住宅の土台や柱に使用したり、有名な社寺建築にもたくさん用いられていたり、はたまた「ヒノキチオール」成分が含まれるので、その効能を期待して使用されたり・・・・(ヒノキチオールについては後述します。)

日本人にとって、杉とともにとてもなじみの深い樹種であることは間違いありません。
名前の由来は、「火の木」からだといわれています。
昔は火を起こすのに桧を用いたことに由来します。

そんな桧のなかで、トップに立つのが「木曽桧」でしょう。

主に長野県から産出する、高樹齢で大径木がとれ、材が素直で美しく柔らかい、そんな特徴をもっています。

江戸時代には、「木一本、首一つ」と言われていたくらい伐採を厳しく規制し、守られてきた良材です。

材木屋の間ではこちらのほうがしっくりきますが、木曽桧は別名を「尾州」(びしゅう)といい、その昔、徳川家康が自身の子息と嫁との新婚費用を捻出するのに、高額な税金を納めることができるところを探した結果、自身の土地、遠方を除いては木曽以外に適地がなく、木曽が尾張藩ののものとなり「尾州の桧」という呼び名がついていることに由来するそうです。

今でも、材木屋はその名で取引しています。


材の用途として有名なのは伊勢神宮の遷宮に使用されるということですね。
その他には材が柔らかく素直なのと、年輪の詰まった柾目がきれいに取れることなどから彫刻用材としても人気があります。

材色は通常の桧よりも赤身のピンク色がやさしく、木目もつまっていてさわやかな印象です。
一方で、節の部分は成長を物語るがごとく大きく、そして真っ赤です。
これも一つの特徴です。

また、桧の中の桧ですので、まな板材としても一級品です。

弊社にも、割烹の方や、料理屋さんが木曽桧のまな板を求めてよくご来店いただきます。昔から割烹や、高級すし屋さんのカウンターやまな板には必ずと言っていいほど(例外もあります。朴の木だったり・・・)、木曽桧が使われてきました。

杢目がすっきりとしていて、色調も白く主張しすぎないという外観の要素もありますが、それよりも木曽桧のまな板は樹脂分が少ないので、拭いているだけで美しく保てますが、他産地の樹脂の多い桧を使うと、すぐに黒ずんでしまいます。

そういった理由からも、木曽桧は重用されてきました。

これらからわかるように、木曽桧はヒノキですが、扱いとしては特殊な材なので、価格も高価になります。
それだけ自然のなかで時間をかけ、200年、300年と育ってきたんですから当然ともいえます。
他の桧の板と比較にはなりません。


余談になりますが、日本の桧にはほとんどヒノキチオールはふくまれません。

ですので、冒頭に書いた効果はほとんど期待できないと思います。

以前、青森ヒバの記事で触れていますが、日本の木材では「青森ヒバ」に含まれている成分です。

では、どうして桧にないのにヒノキチオールなのか・・・・

答えは、台湾桧から発見されたため正式には「タイワンヒノキチオール」だったのですが、短縮が好きな日本人(だからかどうかは定かではないですが)、タイワンを取ってしまって、「ヒノキチオール」としたことが、間違いの始まりでした。

一時、しょっちゅう「日本の桧からとったヒノキチオール成分入り!!」といううたい文句の商品を目にしましたが、嘘ではないんですがほとんど含まれていないので、そんなに効果は期待できないことと思います。

材木屋さんでもこの事実を知らずに、いまだに桧を売る場合に、ヒノキチオールが含まれているので健康にいいです、などという話をしている方もいらっしゃるようですが、上記のようにあんまり期待できないので、不適切かもしれません。


脱線しましたが、ご紹介するのは木曽桧の耳付き板です。

木曽桧耳付き1.5m









自然の証、大きく赤い節も顔をのぞかせています。

ちょっとしたカウンターや、台、または節の入らないところで細工やまな板をとることも可能です。

乾燥で、節部分が少し板表面よりも盛り上がっているところもありますので、サンドペーパーなどで平滑に仕上げてください。

ぜひ桧の中の桧、木曽桧を生活の中の一つとして加えてください。



木曽桧無垢一枚物天板

・寸     法 :長さ1.5m×末口36cm×元口36cm×4.5cm
          (末口=木の先端に近い切口。根っこのほうは元口)

・形     状 :無垢一枚板 耳付き 節あり

・価     格 :¥14,600(税込15,768)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :2003年製材後天然乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
                   
1、木曽桧節あり材には大きな節がはいります。

木曽桧耳付き1.5m節1木曽桧耳付き節2木曽桧耳付き1.5m節3






          
2、耳付き材のため、幅方向の反りがあります。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。)
また、節が乾燥で板表面よりも盛り上がっている部分があります。サンドペーパーで平滑に仕上げてください。                                                                        
                    

このほかに仲間が存在します。

長さ5m×幅35cm〜40cm×厚み4.5cmの材です。

木曽桧耳付き   (平成21年7月現在4.5cm材売り切れ。6cm材になります。)







ちょっとしたカウンターにしてもいいし、水掛かりのある洗面の天板にしたりといろんな用途に活用してください。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

北海道産 栓幅広無垢一枚物板 

栓の木、ご存知でしょうか?

ケヤキに似た杢目のため、着色してケヤキの代わりに様々なところに使われていながら、ケヤキとして販売されることが多いためその名を知る方は少ないと思います。
ニセケヤキとか言われたりするかわいそうな材です。

着色しない木肌は薄い灰褐色で、ケヤキと見違えるくらいに木目がはっきりとしていて、知名度は低いですが、ホントは美しい材木です。


ウコギ科の木材で、別名がたくさんあり、代表的なところではハリギリとか、ミヤコダラと呼ばれています。
栓というのはもともとは、東北地方の方言の呼び方だったらしいですね。
今は主に木材として流通しているものを栓と呼んでいるようです。

本州にも分布しますが、なによりも北海道材が最も良材です。
芯材と辺材の色の違いがはっきりとしていないため、極端な濃淡がなく控え目で均整な外観を持ちます。

材質的にも軽すぎず、重すぎずで加工性、仕上がりとも良好ですので、材の柔らかいものは細工や、彫り物にも使用します。

時折現れる杢も美しく、ケヤキやタモでも見られる「玉杢」がでたりするのも大きな特徴でしょうか。


今回ご紹介するのは、もちろん北海道材の、それもかなりの幅広です。

栓の直径は、特別な巨木を除けば大きいものでほぼ1mです。

ご紹介するのはそれを超える、幅1m10センチです。10センチ大きくなるのにどれだけかかるか・・・貴重な材です。

道材栓幅広板
(照明の加減で少し黄色くみえています。)







ほぼ正方形のような外観になってしまうくらい、幅広です。

後方に移っているのは、幅90センチのベニヤ板の山ですが、大きさの違いがおわかりになれますか・・・・


ちなみに、私のスリム携帯(スリムは関係ないか・・・)と比較してみましょう・・・
栓幅広 携帯と比較








なんかお豆さんみたいに、上に乗っかっているんですが、みえますか?

とにかく大きいです。

これを初めて見たとき思いついたのが、「パソコンスペースの天板にどうだろう・・・」ということでした。

書斎があったり、広いスペースを確保できている場合は別として、部屋の一角をパソコンスペースに・・・・と考えていらっしゃる方がおられるんではないか?!

実は私自身がそうだからです。
家では、これも幅広で、1m正方形のような寸法の「神代楡」を天板として使用しながら、ブログを作成したりしています。

もう一つは、最近は集成材(小さな材のつなぎ合わせの木材)の階段がほとんどですが、この栓の幅広板を使えば余裕で階段の踊り場を一枚板で仕上げることができます。
なんて贅沢な階段となることか・・・・・


昔に北海道から秋田に移り、大切に保管されていた良材です。

しっかり乾燥もしていますし、こんな幅広なかなかお目にかかれないと思います。

ただ、天然ものとして避けて通れないところもあります。

幅広の宿命、反りです。

どうしても、どうしても反ってしまいます。

ですので、現在の寸法よりも出来上がり(仕上がり)は厚みが薄くなってしまいます。(15ミリくらい削って、40ミリ仕上がり位でしょうか・・)

そして、もうひとつ。自然と格闘した痕跡、「虫穴」が点在します。

栓幅広 右下虫穴栓幅広 木裏右上虫穴







大きな虫に貫かれたものや、小さなピンホールまで、ところどころに穴があります。

これも長年生きてきた証拠。よくがんばった!!、とさすってやりたいようなもんです。


こんな欠点も理解して接してくださる方にお譲りしたいとおもいます。
大事にしてくださる方、ご一報ください。



北海道産 栓幅広無垢一枚物耳付き板

・寸     法 :長さ1m×幅110cm×厚み5.5cm
          
・形     状 :無垢一枚板 耳付き 節あり

・価     格 :¥70000(税込¥75600)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。


*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
          
1、栓の木もケヤキやナラと同様に、出荷後キクイムシが飛来し食害をうける可能性があります。ご理解の上ご検討ください。
          
2、幅広盤のため、幅方向の反りが避けられません。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。)                                      
                           
3、 木の中心に近いので表面に少なからず割れが入っています。確認後にご注文下さい。

4、木肌の白い栓は、他の材よりも顕著にまた、急速に日焼けします。これも材の特性ですのでご理解のほどお願いいたします。                                                              
                     


その他の栓在庫品(売り切り御免です。あしからず。)

杢の出たもの、1mとはいかずとも幅の広い材、あります。長さが短いので、ちょっとしたカウンターや式台にいかがでしょうか・・・
すべて北海道材の乾燥材です。

道材栓 杢板


栓 杢板  1.4m×42.5cm×4cm





栓杢板木表 杢

栓 杢板木表杢






道材栓幅広杢板 木裏

栓幅広杢板  1.2m×75.5cm×5cm










木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

青森ヒバ 長尺幅広盤

そうそうみることがないと思います。

天然青森ヒバの長尺(4メートル)、しかも80センチオーバーという幅広材です。大径木になる、ケヤキやクスノキのような広葉樹ならいざ知らず、針葉樹の80センチ幅というのがいかに珍しいか・・・わかるかたはわかるとおもいます。


広い方


青森ヒバの解説は、以前の金具不使用木製名刺ケースを参照していただくといいとおもいますが、大きな特徴としては、リラックス成分と言われる「ヒノキチオール」を含んでいるということでしょうか。

名前は有名なこの成分。日本の桧には極々微量しか含まれていないそうで、青森ヒバこそがヒノキチオールの宝庫なんです。
とはいっても、天然青森ヒバの原木1本から採取できる精油成分は、その原木の重量の100分の1といわれています。しかもその中からわずか2%しかヒノキチオールが採取できないそうです!!

この貴重さ、わかりますかねぇ・・・

日本三大美林(木曾の桧、秋田の杉、青森のヒバ)の中でも比較的に蓄積量が多いとされていた青森ヒバもどんどんその量が減少しているらしく、近年ではなかなか大径木を産出しにくくなっているようです。(伐採量も計画的に制限されています。)

そんな中、青森の市場に出た国有林からの大径木を製材し、厚盤にとったものを入手することができました。

新聞と比較


大きさわかりますか?!
新聞の見開きと、隣は住宅の柱用の10.5cm角です。

耳付き(丸太の皮の部分の丸みが残った状態のこと)板として、長尺テーブルや、カウンター、または贅沢にまさしく一枚物の床材として使用する!!?なんてことも可能でしょうかね・・・


以前、その特徴的な香りの消臭効果と、防虫効果を利用する目的で、樟(くすのき)の、これまた幅広長尺材を洗面所と、お手洗いの床板に一枚まるまま敷きこんでしまった(言い方は不適切ですが、そんな言葉が出るくらい圧倒的な光景でした。)方がいらっしゃいました・・・
最初はどんなことになるのかと想像もつかなかったですが、出来上がっても想像を絶する?洗面所でしたよ・・・
その加工中、弊社の作業場には樟脳のさわやかな香りが立ち込めていたのを今でも思い出します。

樟はまたの機会に・・・

話をもどして、青森ヒバです。

この貴重な幅広の厚盤をさまざまな場所に活用していただき、人工物が多い中少しでも天然成分でリラックスできる環境を作っていただきたいと思います。



青森ひば無垢一枚物厚盤

・寸     法 :長さ4m×厚み8cm×末口69cm〜元口80cm
          (末口=木の先端に近い切口。根っこのほうは元口)

・形     状 :無垢一枚板 耳付き 節あり

・価     格 :¥260000(税込¥280800)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :2006年製材後天然乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
          
1、本商品は原木丸太から切り出したままの商品です。幅の広い商品は木の中心に近いところからきりだします。そのため、木の芯がはいっています。
          
2、また、大径木のため、大きな節がはいります。
          
3、幅広盤のため、幅方向の反りが避けられません。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。) 

広い方反り

新聞がすっぽりはいるくらいです。



                                                                          
                     
4、木の中心に近いので表面に少なからず割れが入っています。確認後にご注文下さい。

広い方木表芯割れ拡大







5、青森ひばは独特の芳香をもっています。天然の良い香りですが、香りに敏感な方や、極度のアレルギーの方は、事前にサンプルで、香りをきいてからご検討下さい。


このほかに仲間が存在します。

幅500前後の節なしや、上記幅広材の相方というか、同じ原木からのもう少し幅の狭い(といっても800前後ある・・・)材もあります。
それぞれ性格がありますので詳しくはお問い合わせくださいませ。

DSCF9732



木ぃクンmuku_mokuzai  at 18:36コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!