空を見上げて
トップページ » 無垢一枚物天板
無垢一枚物天板

久しぶりに納入、無垢テーブル材 栃純白+地栂共木脚

これにも流行りというものがあるのか、それとも弊社が売れていなかっただけなのか(汗)・・・
久しぶりにテーブル材の出荷がありました。(といっても、続いて3名ほどあったんだけど・・・)
ここのところ、特殊材にばかり集中しておたずねいただいていたのですが、続けてご近所から無垢のテーブルを探しに来ていただきました。

そのうちで、天板のみではなくテーブル製作までさせて頂いたおうちに、過日納品に伺ってきました。

その前に、出来上がりの材がこれです。

栃純白テーブル 3

おぉ、美しい。
中央に割れはあるものの、とっても白くて綺麗な栃の板材です。
栃というと、近年は非常によく知られる材ですが、手ごろな価格の良質材がとても少なくなっていて、たいていは中心部分に芯材である赤茶色の部分を含むものが多くなってきました。

それを考えると、今回のこの栃はとっても優秀。
なにせ、必要ないと思われる裏面にも芯材がなく裏も表も純白真っ白!
いや、もちろん裏ものぞけばわかるんで、私の様な偏屈ものがお客様として訪ねてきた場合には裏を除かれない様にしておかないといけませんが(笑)、これはその心配も無し!

栃純白テーブル 1

それに栃特有の縮み模様もあり、至れり尽くせり。
しかもうまく仕入れる事が出来たので、非常にお求めやすい価格で販売させていただくことが出来て、お施主様ラッキーです。

本当はもっと儲かる・・・基、高価になってもいいのですが、そこは気に入って下さった想いに応える気持ちで納品いたしました。

栃純白テーブル 4


納品前に、足を取り付けて仮組み。

実はこのテーブル、純白だけが売りではないのです。
この脚も売りの一つ。
いや、売りではなくこだわりです。

普通はテーブル天板にさかれる予算が大きいので、脚には大きくこだわることがないのですが、今回は私の方からお任せでさせてもらうという提案で、地栂の芯去り材の、それも共木と呼ばれる一本の木から取り合わせた木材で製作させてもらいました。

日本の栂自体が珍しいのに、一本の丸太のおなじ部分から4本の脚を採りました。
木目もめちゃ綺麗です。

これは意地というか、このテーブルに負けない陰のヒーローを作っておきたかったのです。
そうすれば、お施主様も天板以外のところでさらに自慢できますし、脚を見せつけてさらに、裏側も純白をアピールできるし(笑)。

栃純白テーブル 2

 

ここまでしたので、お施主様にはやはりそのルーツを知ってもらおうと、おせっかいながら少しだけ栃と栂のご説明をさせてもらいました。
家具屋さんではなく、入りにくい雰囲気の(汗・・・)街の材木屋を訪ねてきてくださったのです。

なんとかお気持ちに応えることと、ただの無垢材ではなく想いとストーリーのある天然木のテーブルになるように・・・

搬入で訪れたお宅は想像通りにとってもおしゃれ。

建築家さんにご依頼されたそうで、とってもすっきりなのにオークのフローリングや随所の木材が柔らかい雰囲気を出してくれる場所。

そこに栃のテーブルが仲間入りしました。

栃純白テーブル 5

想像以上だ、と喜んで頂きお子様もとっても嬉しそうにすべすべと触ってくれました。
これからご家族でオイル塗装されるそうです。

一層、栃の杢が光るのはもちろんのこと。

これから数十年、ご家族と末永く過ごしてほしいものです。
やっぱり喜んで頂く木の仕事って、素晴らしい。

そう感じる、久しぶりの無垢一枚板テーブルの納品でした。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

とっても貴重なスポルテッドの在庫

日本人は、自然の様々なものを受け入れ美しい、あるいは稀少であると大切にしています。
木材における「杢(もく)」もそのうちの一つ。
ケヤキやタモなどに出る、水玉模様のような「玉杢」やトチなどに代表される縮み杢など、通常の木目とは異なるものに美的感覚を刺激されるものですが、こういったものはどうでしょう・・・

スポルテッド 3


言うときますけども、ゴミとちゃいまっせ・・・
また、管理が悪くて「やってもたぁ!・・・・」というパターンとも違うんです。

ちゃんとした売り物、それもこれを求める人に向けた特別仕様!


ヨーロッパなど外国においては、こういった変色したものなどを「スポルテッド」などと呼び、オークやビーチメープルなどの樹種は日本での杢と同じ様に、珍重されているのです。
日本でも、黒柿という普通の柿に黒い筋が現れたものが、とても珍重されていますが、それと似た感覚?かもしれません。

といっても、こちらは杢というのとは少し趣が違うように思いますが、近年これに引き合いがあるんです。
普通の人が見ると、まるで「汚く」すら見えるかもしれません。

スポルテッド 2

しかし、これも自然の産物。
こんな模様が欲しい、と思ってもできる物ではないことから、「ほしい人は欲しい」ものになるんですね。

まぁ、杢の出た木材自体も「これが欲しい!」と思ってしまうから価値があるわけで、理屈は同じなんですが未だに私もスポルテッドには若干抵抗があるのも事実。
こうなると、木部自体の強度は殆どありません。
なので、やはり木材の性質自体も重視したいところが、見た目重視になってしまうところに抵抗が・・・・

もともと、このような「模様」が生まれるのは、木材を腐らせる菌糸のせい。
いつもは悪者の腐朽菌の仕業。
黒い線は、黒色菌が成長した範囲に残る「なわばり」みたいなものだといわれていますし、また2種以上の菌糸がぶつかった部分の境界だともいわれていますから、そうやって聞くとやはり、黒柿の模様の様に、なんかミクロの世界のロマンを感じてしまいますが、う〜む、やっぱり木質部がふにゃふにゃと腐朽してしまうのはちょっとなぁ・・・
(もちろん、使用するときは固めて使うのですけども・・・)

まぁ、私はまだまだ「境地」には達していないんでしょう。
これもまた、引く手あまたな材料のうちの一つ。
お好きな方、どれくらいあるでしょうか?!?

ナラのスポルテッドは少々残っていますよ。

スポルテッド 1


*写真の材は栃スポルテッド。現在の在庫とは異なります。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

 



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0) この記事をクリップ! 

流石にいい香り 天然木曽桧 柾目幅接ぎカウンター


私の性格上、木のものはなるべく手を加えず一枚一本のままの方が良いと思うのですが、デザインが優れていたり一枚一本ではなし得ないような物をつくる事が出来たりという場合があるので、固定観念にとらわれていると良いものを見逃すことがありますね。

今回ご注文いただいたこれもその中の一つでしょう。
これくらいの幅で柾目板というのは先ず切り出すことは難しいでしょうから・・・・

天然木曽桧柾目幅接ぎ天板です。

天然木曽桧柾目天板 2
























実物の幅は60cmあります。
これは、数本の柾目板を幅方向につなぎ合わせて接着しているものですが、柾目なのでつなぎ目もわかりにくい事もあり、柾目という綺麗な木の目の流れを楽しむ事ができます。
桧の中の桧である木曽桧の柾目ですから何しろ年輪の目が細かい。
見てください。

天然木曽桧柾目天板 3










糸を並べているかのような細さ。
これが木曽桧柾目の真骨頂です。

木曽桧については、金具不使用木曽桧木製名刺ケースのところや関連の記事にて触れていますが、同じ「木曽桧」という名前でも天然林のものと人工林のものがあることはしられているのでしょうか?
正確には、木曽桧も「人の手が入っていない天然林」というわけではなく、人の手が入って現在に残っている天然林、といった方がいいのかもしれません。
現在に残っていると言っても、聳え立つような大径木や数千年という高樹齢木があるわけではありません。
そのあたりは、日本の社寺建築を見てもわかる様に、自国の大型木造建造物を建てるのに、森林率世界3位(国土に占める森林の割合)の国が、諸外国から大木を輸入しないといけないというところに如実に表れているところです。

今まで有用な大木や高樹齢木を伐り尽くしてきたことと、反面それだけ日本人は木を利用してきた証だとは思うのですが、このあたりは、森林や木材林業にとってのこの先当面の大きな課題であります。

えらく脱線しかけました・・・

つまりは、たんなる「桧」というわけではなく、本物の天然木曽桧の柾目を使って製作しているという点が大きく異なるところで、それは材面からも伝わってくるのですが、視覚的に柾目の美しさを楽しめるという点以外に、天然木曽桧の良さは香りに現れます。
梱包の封を解いた瞬間に、これぞ木曽桧!という香りが放たれます。

人間は、様々なものを触角や嗅覚、視覚などといった感覚でとらえます。
もし、そこに塗料で塗り固めたベニヤ板と無塗装の天然木曽桧の天板が並べてあれば、その手触りや木目、香りといった点で殆どの方が木曽桧の天板を選ぶでしょう。
実際にイベントなどにおいても、その傾向は明らかに見られます。
しかしそこに、価格という要因が加わってくると話が変わってきます。
感覚で選ぶという概念は一気になくなり、価格の数字だけが判断材料になってしまう事もあります。
もちろん価格は重要な判断材料。ですが、それは永く使う自分の感覚を無視しても勝るものなのだろうか、と思いますし、本来用途は同じでも素材が違えば比較すること自体があまり意味のない事ですから、自分が良いと思ったものを使うことをお勧めしたいと思います。


ビニールに木目を印刷したものは10年もすれば剥がれてきます。
塗ったペンキはポロポロと落ちてきます。
大切に使おうと思っても、そこで寿命がきてしまいます。
それよりも、最初から愛着を持って大切に永く使えるものを選びたい、私はそう思います。

木材はもちろんそれに合致した素材。
親から子、子から孫へ受け継ぐことのできる素材です。
本来の素材の良さを活かして喜んでいただけるような木材をお届けできるように、まだまだ紹介していくものがたくさんあります。
良いと思うけども・・・・ではなく、いいものを使いたい、という想いを実現するためにどんどんと木材を広めていく使命はまた今日からも続くのです。


天然木曽桧柾目幅接ぎ天板はこちらから(節あり板目もあり)
弊社へのお問い合わせはこちらから

天然木曽桧柾目天板 1











ご注意:天然木曽桧は樹脂を多く含む樹種です。部位によってはその樹脂が表面にしみでる事もあります。
そのため、板の上に物を重ねておいたり建てかけたままの保管、などにより樹脂が滲みますが、水分と一緒に油を抜き取るような乾燥工程は行っておりませんゆえの事ですので、あらかじめご了承くださいませ。

またご紹介出来ていない天然木曽桧節あり無垢フローリング節あり無垢羽目板もございます。
近いうちに御紹介いたしますので、乞うご期待です。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

帯に短したすきに長し、ちょうどよけりゃ購入済み


まぁ、なかなかはまるもんじゃない、という例えといいますか・・・

ここ最近、よく木材の問い合わせいただきます。
珍しい材から天板材、かと思ったら杉でこんなのできるかなぁ?とか。
加工の場合は、機械さえクリアすれば何の問題もないわけですが、素材その物となると、いつも歯がゆく感じてしまうんですね。

稀少材などになると、ある程度使う方が木材の寸法や仕上がりに合わせないといけないと思うので、すり合わせさえすれば問題ないのですが、寸法ありきで探されている場合や、樹種限定の場合はこれまた大変です。
何が大変かって?
多くの場合は、丁度その寸法にちょっとたらんねやなぁ・・・というものか、ばっちりやん!けど、乾燥してないわ、、、、、のどちらかですね。

倉庫材 1










大きい材を所望の場合はちょっと小さいものしかなかったり、逆に小物の場合は大きな盤しかなかったり・・・
ほんとに難しいもんです。
「帯に短したすきに長し」とはよく言ったもんです。
人間が勝手に寸法を決めて木材を探すんだから、丁度いいものなんてなくて当たり前。
必要以上に工場規格品やカタログ品というものの便利さに慣れてしまって、規格に沿わなければ(その寸法でなければ)ダメだと思ってしまいます。
しかし、その規格にとらわれないのが木材であり、木の面白いところ。
帯に短いところは他の工夫をプラスして、たすきに長い場合も無駄にすることないように考えて使っていきたいものです。

しかし、たまにはおっしゃっていた寸法にばっちりの材を用意してお客様を待っていても、「これ、えぇーなぁ。まてよ、これやったらあっちでこうできるから、これくらいの方がえぇなぁ・・・」などと、話が膨らみ、結局全く違う寸法の物に決まったりします。
それはそれでいいんだけど、なんか恋人に振られたような感じが残ります。

倉庫材 2










そしてたまにあるのが、「うわぁ・・・嘘やろ。もう決めてしもたがな・・・・」という答え。
色々と探していらっしゃって、その末に私の様な零細材木屋の扉をたまたま叩かれたような方には多いお言葉。
適度な大きさの材料を求めていらっしゃったはずなのに、上記の様な驚き。
何かというと、さんざん探した揚句、これくらいしかないな・・・と購入を決めた後に弊社によっていただいてドンピシャな材とご対面、という具合です。

先日も、その「うわぁー・・・・」を聞きました。
こっちもうわぁーやで、と内心思いながらも、こればかりは出会いのものなので仕方なし!とくぎりをつけるのでした。

しかし、そういっていただけるのは有難いこと。感謝です。
できる限り、よい出会いを増やしていきたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

倉庫材 3











木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代桧の講義机


以前に御紹介していた神代桧、覚えていらっしゃいますか?!
神代桧と言うとラムネの様なサイダーの様な香りの漂う、神代(かみよ)の贈り物ですが、先日、その神代桧の厚板をお買い上げいただいたお客様が、わざわざ御足労いただき、完成後の机の写真を見せてくださいました。(以下写真はデータです。)

講義机 1














いかがです?綺麗な色合いと仕上がり具合です。

講義机 4
























講義机という形で使われるそうですが、平時はしまっておけるように足が取り外せるようになっている事も重要なポイント。
このように足をおさめる箱まであるのです。

講義机 2













開けると納品詳細一覧が・・・・

講義机 5















それにこの脚。
本漆を施してあるそうです。
すごく時間がかかったのだとか。
その値打ちあって、深い輝きが写真からも伝わってきます。

講義机 1














これら神代桧の様な特殊な材料は、いつでもあるわけでもなく、あっても寸法が希望に添えない場合が大半です。
そのため、このように隅々まできっちりと使っていただくと、神代の命も生きるというものです。

神代(かみよ)の時代の桧との相乗効果で、講義が更に有意義なものになる事を祈っています。


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代桧厚板が旅立ちそうである


最近は一時に比べて落ち着いていた「神代木」へのお問合わせ。
通常の木材であっても、お尋ねの寸法などにぴったりのものというのはなかなか無い場合が多いのですが、神代木となるとその物の数が少ないうえに避けられない反りや割れなどが入っている場合が多いので、なかなかすぐに採用決定とは行かないのですが、今回は意外な程にばっちりに近い寸法でした。

神代桧 1
























まぁまず出るものではないと思って、見つけた時にはいつも触手が伸びる神代木ですが、実はこの神代桧は他の神代杉に交じっていた為に、当初は神代杉だと思っていたものでした。
それもそのはず、神代桧などそおは出てきません。
以前に金具不使用神代桧木製名刺ケース(名刺入れ)をつくった事がありますが、その材料以外では出会っていなかったのです。
それが数年前に神代杉の材を仕入れた時に入っていたのが偶然というか、必然というか・・・
今回の厚板と柾の盤が含まれていたのですが、私も削ってみるまでまさか神代桧だとは思っていなかったので、気がついたときは「一攫千金」まさにこのこと!というような気持ちになったものです。

神代桧柾盤



 まだ手入れしていませんが、神代桧の柾盤です。割れはありますが、稀少ですね〜。







それから数年、貴重な神代桧が旅立つことになりそうです。
先日遠方より、加工をしていただく宮大工さんをお連れになってお客様がご来店されました。
厚さなどはご希望と異なっていたものの、長さや幅はほぼご希望寸法。
これぞ巡り合わせ。出会う運命だったのかもしれません。

神代桧 2














神代特有の目まわりという割れや、傷、その他は散見されますが、数千年の歴史にそれぐらいはあたり前!
それを受け入れるのが使うものの使命!!
といいたくなるような、貴重な材です。
生の桧の少し「ツーン」とした香りとはまた少し違う「甘いサイダーの様な香り」は所有者だけの楽しみです。

まだ正式ではありませんが、気に入っていただいているので是非嫁がせたいものです。
また仕上がりも気になるところ。記事で紹介できるかなぁ・・・
できればご紹介しますね。

神代桧 3


























木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然木曽桧 幅接ぎ集成カウンター 柾目と板目


先日の天然木曽桧風呂イスをみて、私も欲しい!!となったかた。
受け付けますので、お問い合わせください(笑)。
そうならない方がおかしい(逆か?!)と思ってしまいますが、子どもたちに相手にもされなかったので、この場を借りてもう少し天然木曽桧商品をアピールしておきましょう。

先ずはこの天然木曽桧柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 1














最初に言っておかないといけないですが、木材に詳しい方はすぐわかるところですが、柾目でこんなに幅が広いなんて!!と思われるかもしれませんが、その通りで、細い柾目板を幅方向につないであるのが、この柾目板集成カウンターです。

木曽桧柾目幅接ぎ 3














こんなに幅の広い柾目板、よっぽどの原木か、今は桧に似たものといえばスプルースや米桧(べいひ)位でしかないでしょうね・・・
だからこそ、小さな柾目ですが綺麗に接ぎ合わせて一枚の柾目板になるのです。
桧の柾目板というと神棚などにはもってこいです。
しかしなかなかそんなサイズは存在しません。そこでこの格調高い(?!)天然木曽桧を用いた集成柾目板を使っていただけると思います。
なぜ、天然木曽桧をすすめるかというと、この柾目板の場合はやはり目が美しく、ある程度揃っていること。当然赤白や若干の違いはあれど柾目のバランスが良いからです。
普通の桧だとそうもいきません。

木曽桧柾目幅接ぎ 2














香りも先日の風呂イスに負けず、木曽桧らしい芳香を放っています。

そしてもう一点は、柾目板に対して今度は板目です。
こちらも天然木曽桧節あり幅接ぎカウンターです。

木曽桧板目2枚接ぎ 1













先程は柾目の接ぎ合わせでしたが、今度は板目の材を2枚接ぎ合わせて一方の端には耳(みみ。木材の丸太の形を残した部分)をつけています。

木曽桧板目2枚接ぎ 2














こちらは一枚板の様に見える柾目集成カウンターに対して、節や木目からつないでいることははっきりとわかりますが、それでも端につけられた「耳」によって、切りっぱなしとは全く違った「当たりの柔らかい」印象を受けます。
こちらも当然持ち前の芳香は素晴らしいものですし、また柾目とは全く異なるところはその木目の細かさをじっくりと感じられるということでしょうか。

木曽桧板目2枚接ぎ 4














柾目だと、一方向にある意味規則的に流れている木目ですが、板目(いため)となると今度はところどころで変化があり、またその変化の内にもゆっくりと成長した後を見る事が出来る事が特徴です。
幅接ぎ集成だったら別になんでもいいじゃないか。
そうおっしゃる方は、それなりで。
しかし、あえて木曽桧をお勧めするのは今までの記事を見ていただければどれだけ特別な存在かが分かるはずです。
永く育ってきた貴重な木材を末永く使っていただく。
形さえあればよいのではなく、大切にできるものを届けるためにも幅接ぎ集成桧といえどこだわった物をお届けしたいという想いからです。
手にされたお客様が「これは、普通の桧ではなくて、木曽桧でね・・・・・・」と、ご友人にお話する姿を想い浮かべられる事を楽しみにしています。

木曽桧板目2枚接ぎ 3
















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

本屋久杉テーブル材(天板)ご購入御礼


やっぱり価値のあるものは、その物の価値をわかる人のためにあるものですね。
先日、弊社にお問い合わせを頂いたテーブル用の無垢一枚物天板をご希望のお客様に、価値ある一枚をご成約いただきました。
価値のあるとは・・・・・

これ。


屋久杉杢天板 8

























屋久杉です。(下はラオス桧です。お間違いなく・・・)
本物です。
その辺にあるような?!小杉ではありません。


屋久杉は、いわずもがな世界自然遺産の島(島全体ではありませんが)、屋久島にある杉の事ですが、樹齢の若いものは屋久杉とは呼びません。
勘違いしそうですが、ただ屋久島に自生しているのはやはり杉です。
そこから数百年(基本的には樹齢200年以上)を経て立派な屋久杉の候補「小杉」に、そして樹齢1000年を数えるようになり、この判別するのが難しい様な細かい年輪と、独特の油だまりを持つ、一種特殊な油の香りのする杉になってこそ「屋久杉」となのることが可能なのです。


屋久杉杢天板 1



 どうです、この油ののり具合。

 屋久独特な油の香りが心地いいです。







ですから、たとえ大径木であっても、屋久島からでていても、それは小杉でしょう。
木目も普通の杉の様な、板中央に板目がある大人しい杉になります。
当然自然の産物ですから、それでも十分に有難いのですが、やはり「本物の屋久杉」は風格と悠久の時を生きてきた味わいが違いますね。


屋久杉杢天板 4


 こんな杢、本当に貴重です。












といっても、それを感じられる人が見てこその屋久杉であり、そこが木の魅力と価値であることはいうまでもありません。
またその価値は、現在では伐採禁止であることと、良材の蓄積の希薄さに拍車がかかっている事も理由の一つです。
現在は風倒木や、昔に伐り倒した木の切り株や搬出しなかった残りの部分などを運び出している物だけが木材として出てきます。
昔は、あんな大径木を運び出す重機などなかった為、専ら野地板と言って、建築の屋根材料用に、山の中で薄い板に挽きわいて里まで降ろして利用していました。
油分が多い事で水湿に耐える事も、その用途にむいているんでしょうが、あんな大木をちっちゃな板にわいてしまうなんて、今から考えるとなんか勿体ないなぁ…とそんなことを考えてしまいます。


さて、今回そんな貴重な屋久杉の価値に気付いてくださったのが北摂からお問い合わせいただいたМ様。
数回足を運んでくださり、私の無理な日程依頼にも応じてくださって、そして一番重視します「その木についての説明・会話」に対しても貴重な時間を割いてくださいました。


屋久杉杢天板お客様




 今回は影のみのご出演で、М様お二人。









今回の天板が婚約記念に・・・というお話であり、また、屋久島や屋久杉の話で私の方も、このお客様にはこの屋久杉を使っていただきたい!と思うような出会いであったため、いつも以上に気持ちよくお渡しすることができそうです。
屋久杉につきものであるこんなのや、


屋久杉杢天板 6



 永い年月を耐え抜いた虫害による穴。

 無数の戦歴がその体躯に刻まれています。







こんなのも、


屋久杉杢天板 5



 目割れです。

 台風に見舞われることの多い屋久島。
 数百年前に強風をうけたのでしょう。年輪にそって割れが走っています。
 




これらも、理解していただいて、めでたく嫁入りとなりました。
決して安いものではありません。
が、数千年の年月の価値を考えると、そんな金銭では語れないものがあることをきっと見出して頂いたのではないかと感じています。

今回は、小杉ではなく正真正銘の屋久杉の証をお渡しして納品することにします。


屋久杉杢天板 9



 認定番号入りです。

 世界で一枚の屋久杉です。









当然、乾燥もきっちりとしていますよ。
生木を高値で売りぬくなんてことはいたしません。
一応証拠を・・・


屋久杉杢天板 2





 ほらね。









屋久杉杢天板 3




 といっても、油の近くはこれです。

 たんなる数字以上の違いがみていただけるでしょうか?!






杉の語源は「直ぐい(すぐい)木」だともいわれています。

結婚までに別々の様々な人生を歩んでこられたお二人が結婚という一つの道をまっすぐに目指していらっしゃいます。
日本を代表する樹種であり、様々な困難な環境に耐え長寿の大木となる屋久杉にあやかり、お二人が末永くお互いにまっすぐな想いを持ってお幸せに過ごされることを切に願います。

今回、婚約のお相手の女性(失礼乍お名前拝聴いたしておりませんでした・・)も遠路お越しくださり、私の話を聞いていただけた事、まことに感謝いたしております。
貴重な時間をありがとうございました。
これからまだ加工、搬入がありますので、またその時にはよろしくお願をいたします。
このたびはありがとうございました。


屋久杉杢天板 7










木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代木の素材について


木材を活用するにあたり、いろいろと知っておいて頂かないといけないことがあるのは、弊社からのメッセージや、今までの記事をご覧いただくとわかっていただけると思うのですが、しかし記載以上に木材は多種多様であり、生育環境や樹種による違いなどに起因する性質を有していることがありますので、その点も知っておいていただきたいところです。


今回一つ知っておいていただきたい事は、「神代木の性質」です。
神代木はその独特な色合いや稀少性などから様々な用途に使われていますが、用途によってというよりも、また、樹種によってでもない性質があります。
それは、脆さです。

とはいっても、SF映画のミイラが崩れるように急にボロボロ壊れていくというようなことはもちろんありません。
が、永年土中・水中にあったことなどにより、やはり現在の伐採された木材よりは粘りや硬さがありません。
材質が柔らかいとされる針葉樹の神代である、杉やだけではありません。比較的重硬な広葉樹の神代である欅(けやき)楡(にれ)タモ樟(くす)などもそうです。

ですから、同じ部分ばかり触るようなところや、用途上すり減るような部分には耐久性がない場合が多いので、注意が必要です。

私の自宅のパソコンカウンターも、残務整理やパソコン使用によりずっと肘が触れている部分のカウンター前面が、設置当初よりもかなり丸みを帯びてきたことと、通常の木材ならば丸くすり減ってきても肌触りは良いものですが、神代は(材質は神代楡ですが)減るというよりも、ボロボロと削れていっているというようなイメージを想像するような、少し引っかかりのあるざらついた減り方をします。


神代楡(にれ)カウンター1


 天面はそんなに変化はみられないのですが・・・











神代楡(にれ)カウンター3



 わかりますでしょうか?
 カウンターの角部分は、もともと直角からカンナで面(角をとること)をとっていたのですが・・・・・







神代楡(にれ)カウンター2


 だんだん面の部分が丸く削れてきて、少しづつボロっととれてきたところもあります。

 使用には支障ないですし、性質上の事なので、問題ではないのですが、少し服が引っかかったりはします。





当然、使用頻度や部位によりますが、神代特有の材質の暴れがきつく反るといったことや、乾燥の重要性とともに、使用部位を考えていただきながら加工をしていただきたいと思います。


せっかく入手した稀少な神代でがっかりしない予備知識として頂けますようにお願いいたします。



(本文中の「脆さ」は、科学的根拠に基づいた「強度」のことではありません。また、必ずしもすべてに当てはまるものではないと思います。)



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

北海道産 しな無垢耳付き板


弊社ページをご覧になってくださっている方の中で、建築関係や家具関係のお仕事のかたならば、一度は「シナベニヤ」を使用された経験があるとおもいます。

ですが、「ラワンベニヤ」は通常「ラワン」という木材で流通していますが、「シナベニヤ」の原材料の「シナ」という木材は流通上、ご覧になったことがないと思います。
といっても、どなたかの北海道土産で熊の彫り物を頂いたことはあるかもしれませんが、あれはシナでできていることが多いそうです。

今回はその「木材として目にすることのない珍しい、シナ」の板材を御紹介したいと思います。

しな無垢耳付木目 2

























まず、なぜベニヤ板の表面化粧材としては存在するのに、木材自体は見かけないのか・・・
というのも、それにはまぁ日本的な事情もあるのです。

結果からいうと、「木材として採算がとれないから」です。
御多分にもれず、桧や杉の場合と同じだということです。

山から出した丸太を製材して商品にしても売れない、売れても利益が出ないから売らない方がまし。
こんな状態です。

以前は家具用材や割り箸、製図板としてやアイスクリームの(昔の人はスコップといったりしますね)の材料としてかなりの量が使われてきたシナ材ですが、今は輸入代替え材で、性質などが良く似た同属の「バスウッド」という木材にその座を奪われています。

まぁ、似ていればいいといったところでしょうか。
他の業界でも同じでしょうが、似てりゃいいという状態ばかりでは、いろんなものが衰退していくと思うんですが、現状よければいいんでしょうか。
政治家みたいですね。
30年、40年後にはもしかしたらシナの木は使われなさ過ぎて、蓄積も少なくなり、あっても使い物にならない、取り扱いがわからない、なんていう時代がくるかもしれませんよ・・・
どこぞの原発施設みたいにね。


冗談はさておき、そのシナ材。
年輪の不明瞭な散孔材です。
シナノキ科の木材で、漢字に「級」や「科」をあてます。木材業界では「榀」という字が使われていますが、正確ではないようです。
私もずっと使っていますが・・・

また英名をjapanese lime又、japanese lindenといったりします。
学名はtilia japonikaです。
日本のシナノキという意味ですね。
因みに上記のバスウッドはtilia americanaだそうです。

確かに、正直これといって他の材に勝るセールスポイント!!というのがないのも否めないところではあります。
湿気に強いわけでもなくどちらかといえば弱いし、乾燥はとても難しくせっかくの白い材面に青い筋が入ることが多かったり、特別お求めやすい価格なわけでもないし、産地も限られている。
さらに、木材の抽出成分によって、尿素樹脂系接着剤は接着不良を起こすことがあり、気を付けないといけないといけないところです。
吸い込みが大きい事にも起因するようですが。

また、材中の酸により鉄を汚染することがあったり、セメントの硬化不良を起こすことがあるということもいわれるので、注意が必要です。



「んん〜、じゃぁ何がいいところなの?!」と言われそうですね。
そこです。

木材は良いところのないものなんてありません。
勝手に人間の都合で良い悪いといわれるだけですから、シナ材の特徴をたっぷりとお伝えすることにしましょう。

材の特徴は、当然第一には白太部分の材質が白く均質、というところでしょうね。

しな無垢耳付 4m
























通常なら赤身と白太の色の差がはっきりと出る木材が多いのですが、シナはその差が不明瞭。
ですがそこが優しい印象を与えるとともに、木目の用途を問わずに好まれるところだと思います。
ナラ(オーク)やタモ(アッシュ)の様に大きく強い杢があるのではなく、どちらかというと樺の木(バーチ)の様に、木目が優しく主張しすぎないところに、美しい色合いがあり、華美になり過ぎない装飾に向いているといえます。


しな無垢耳付木目 1

























実際、製作建具の表面材としてや、ベニヤの表面材として使用されていることでわかると思います。

また、キメが精で均質、狂いも少なく木目のおとなしい事から、彫刻材としても使用されます。
こちらも赤身ではなく白太を使えば、白く美しい作品ができますから朴や桂、一位などといった濃い色の材とはまた違った作品とすることができます。

またシナは別名を「マダ」といい、アイヌ語で「結ぶ」や「くくる」という意味合いを持った木です。
これは樹皮の繊維で織物などを造っていたことによるもので、今年はS社の開発した「夢叶う」という花言葉を持つ青いバラが有名になり、いろんなニュースで報道されていましたが、花言葉ではないのですが、結ぶという縁起の良い意味合いをもった木材であるといえます。

それは人と人の良縁なのか、結果として実を結ぶものなのかはわかりませんが、この樹木に何か特別な想いを託してみるのもいいかもしれませんね。

良質広葉樹材の宝庫北海道産のシナ板を、室内用の装飾看板や棚板、小さな接客カウンターとして使うともしかすると、思わぬ良縁に恵まれるやしれませんよ。
縁起担ぎに一枚いかがですか?!


しな無垢耳付 2m

























こちらより、お問い合わせをお待ちしています。

御検討前に、弊社からのメッセージをご覧ください。



北海道産 シナ(乾燥材)耳付き板

・寸     法 :長さ1.8m〜2m×幅20cm〜40cm(材の中央採寸で)×厚み3.5cm
          (一枚ずつ大きさが異なります。)
          長さ4m×厚み4.5cmも少量あります。

・形     状 :無垢耳付き一枚板

・価     格 :7000円/枚(税込7560円)〜

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :製材後天然乾燥し、後に人工乾燥済み。仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
                   
1、シナノキは小さな節の多い木です。材によってはぽつぽつと現れることがありますが、シナの特性として、上手に使い分けていただくことをお願いします。

しな無垢耳付小節















2、シナは乾燥がとても難しい樹種です。丁寧に乾燥させてはいますが、乾燥中にくる青い変色があります。
全てに出るわけではないですが、削ってみてからでているのがわかることがありますので、御留意の上ご検討ください。

しな無垢耳付青



                                                      
  白い線は桟木の跡  




     




3.また、同様に乾燥中の桟木の跡が残っているものも見受けられます。削っていって薄くなる物もありますが、目立つものもあるかもしれません。

しな無垢耳付桟跡















4.節の表情

しな無垢耳付 フシ





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

禁じ手! 神代欅(ボグケヤキ)の生材を加工しています。


今、弊社作業場にてしてはいけないことをしています。
何でしょう・・・

それは、生材の欅、それも「神代欅」の加工です。

神代欅(ボグケヤキ)加工中神代欅(ボグケヤキ)加工中 縞黒檀とカリン材と共に













基本、木材は乾燥させてから使うものです。
伐採したての木材には木の生命活動に重要な役割を果たした水分が多量に残っており、これをしっかりと抜いておかないと、加工後に乾燥した場合に割れや反り、隙などの狂いを出してしまいます。

特に神代木は、数百年や千年単位の永い年月を空気を遮断された状態で埋もれていたものですから、一気に空気に触れるような切削などの加工をしてしまうと、急激な寸法変化や割れを誘発することになると共に、激しく材が暴れます。
暴れるというのはねじれや反りが大きく出ることですが、特に栗や欅、楡(にれ)などの、通常の木材の状態でも乾燥に注意を払わないといけない「癖の強い樹種」は神代の場合も半端でなく暴れるので、木取りと乾燥は十分に配慮しないといけない項目です。


神代樟 暴れ1神代樟 暴れ2







神代樟の暴れの例です。
不自然に羽見たいになってるのがわかります?!
かなり強烈です。


といいながら、今回、殆ど生木状態の神代欅を加工して、ちょっと拵え物をしています。
生の神代を加工してみるチャレンジ!?ということと、「生木を使うとこんな風になりますよ」という見本?になるであろうという理由からですが、ほんと、いい実験台になってくれそうです。


神代欅(ボグケヤキ)加工中 何の部材!?神代欅(ボグケヤキ)加工中 割れ材








何を造っているかは内緒ですが、いいものが出来ることは間違いなしなので、出来上がったらまたご紹介したいと思います。
因みに、使用している神代欅は地中で過ごした年月が浅かったのか、土中の成分での影響でも変色が浅かったのか、正直色合いがそんなに深くありません。
ですので、「神代」というには少しピンとこないかもしれませんので、埋もれ木という表記がいいかもしれませんが、正確には埋もれ木も「5百万年前の水成岩層から出土する埋没樹林材」をいうものなので、意味合いは異なりますが言葉のイメージとしてはこちらが近いような気がします。
また外国では、数千年単位で沼地などに埋まっていたものが出土したもので、日本でいうところの「神代木」にあたるような「ボグ」と称するものがあります。
ボグオークやボグアッシュというものが存在するらしいのですが、今回の欅は神代というよりも、イメージとしてその「ボグ」の方が私としてはピンと来るので、「ボグケヤキ」と呼ぶことにします。

実際材質自体も、木目が大きい割には柔らかく材中の水分の関係もあるでしょうが、広葉樹とは思えない硬さの無いものでしたので、その点でも沼沢地帯で見つかりズブズブな状態で硬さの無い「ボグ」に似ていると思います。

数年後に乾燥させた状態で、天板材もご紹介するつもりですが、そのときはボグケヤキの命名を思い出してくださいね。

神代欅(ボグケヤキ)







木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木曽桧耳付き板と本キハダ赤身板の嫁入り


先日、「机を造りたい」とおっしゃるお客様のご来店がありました。

寸法などのご希望をお伺いし、とりあえず材料を見ていただくために倉庫にご案内して板材の説明をさせてもらいました。

机だけに、巾の広い物をお探しでしかも長さが短い物をということだったので、「巾が広くて短いのがなかなかないんですよ」とお話しながら進んでいたのですが、見ていただいているうちに話が広がり、「長いのであれば二つつくろうかな・・・、こっちのものもどうかな・・・」などと、あっち行ったりこっち行ったりを繰りかえしながら真剣に選んでいただき、結論節のある自然な表情と、木目の美しさから「木曽桧無垢一枚物耳付き板」と「本キハダ無垢一枚物赤身板」をご購入いただくことになりました。

木曽桧無垢一枚物天板とキハダ無垢一枚物板嫁入り写真 1木曽桧無垢一枚物天板とキハダ無垢一枚物板嫁入り写真 2













普通、何かを造りたいとご来店いただく方は一番に寸法を気になさる傾向にあるので、なかなかご希望に添えない場合も出てくることがあります。
ですが今回は、しっかりと各材の特徴や性質の説明を聞いてくださり、ご自分のなかでイメージをふくらませ、とても楽しそうに選んでくださって、こちらの方も嬉しくなるような出会いとなりました。

虫穴も曲がりも節も、無垢のもっている性質を理解して頂き、喜んでご購入いただく。
これが本来の木材をご購入いただく形だと思います。

無垢だからいいですよ、健康ですよ。

そんな単純な言葉や売り文句ではなく、なにかワクワクする様な喜びのもてる会話から始まる「木材の嫁入り」。
今回のお客様のように、無垢の木材を通していろんな方に喜びとゆとりの心を届けられるような、そんなお付き合いがしたい!と思った一日でした。

これからも宜しくお願いします。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

集中する桜材のお問い合わせ


なぜか今年は桜のお問い合わせが多い一年です。

弊社への入荷も当然あったんですが、それ以外に「こんな寸法ないですか?」とか、「桜の板ほしいんです。」というもの。
他にも用途がはっきりしていて、化粧柱用とか、玄関の式台(床面から一段下げて取り付けている、腰かけ板のような材のこと)も、お問い合わせいただいていました。

ただ、桜材はなかなか流通していないのと、乾燥材が少ないというのと、必要な寸法に不足な場合が多いので、なかなか御希望に添えないことが多い木材です。

そしてもう一点。

たいてい、一般のお客さんの場合、「桜」とおっしゃるとそのほとんどが「樺の木」を想像していらっしゃるものです。
といいますか、私たちの業界人でも樺と桜を明確に区別して御案内しているところはまだまだ少なく、その中のほとんどはその違いすら理解していない場合がほとんどです。
(その違いはまた真桜の天板材の紹介の記事で記すとします。)

先日も、テーブル天板材として、「桜」指定でお問い合わせ頂きました。
そして、その時も「材色や見た目が樺と桜ではまったく違いますが、よろしいですか?!」と御説明しました。
そのお客様はしっかりとこだわっていらっしゃったので、きちんと説明を聞いていただき、後日、天板材をご覧いただく運びとなっています。

いつも思いますが、木材は工場生産の規格品とは違います。
カタログや品番は通用しません。
一つ一つに持って生まれた特性というものがあります。
それをきちんと説明して販売できるか?!・・・・
正しく伝えられるか・・・・

いつも心がけていることです。

私たちの業務は木の大切な命を扱わせてもらっています。
たくさん売れなくてもいい。
その木の命を大切にしてもらえる方に出会うために、木材と一緒に地道にコツコツとやっていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。

近日、商談中の天板材も御紹介しようと思っています。
また、覗いてくださいね。
よろしくおねがいしまぁ〜す。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

国産ぶな正柾片耳付き板


現在弊社の門前でお客様をお出迎えしている木材「国産ブナ正柾片耳付き板」


国産ぶな片耳付き無垢一枚板店頭展示



特別分厚いわけでもなく、又特別幅が広く巨大なわけでもないんですが、国産のブナという木材が珍しいのか、たまに通行中の方が立ち止まってご覧になられたりしています。

世界遺産に指定されたりして有名な「白神山地のぶな」、あのブナです。



漢字で「木では無い木」と書いて「橅」ぶなです。
なんともかわいそうな呼び名だと思いませんか?!

これにはわけがあって、昔はブナは日本中に量的に結構な蓄積があり、しかも他の木材とは違い、切っても扱いによっては変色しやすかったり、材が曲がりやすかったりと、なかなか扱いの難しい木材だったため、「こんなのは木では無い(木材として有用ではない)」として漢字が充てられたそうです。

ですが、近年では蓄積も少なくなり、このブナの木のどんぐりが好きな熊が里に餌を求めて下りて来る、なんてことも増えているようです。

そして何より、今日本で出回っているブナといえば殆どがヨーロッパ産です。
ヨーロッパは森林認証(公的機関が伐採や植生をコントロールしている森林から出た材などがうけることの出来る公的認証システム。)をうけているブナが多く、蓄積も豊かな為、結構な量が輸入されています。

私たちはその外国のブナを使っているわけです。
森林認証材であるものなら安心なので、輸入が全ていけないものだとはいえません。それでも今回展示しているものは日本の山から少数ですがでてきてくれた国産ブナ。

それも、10年以上前のもので、正柾挽き(木目が綺麗に木材の縦方向に並ぶような製材の仕方)にとってあるので、オーク材のような虎斑が見て取れます。


ホワイトオーク正柾虎斑 1


 ホワイトオークの虎斑





ブナの虎斑はオークのような銀色の輝きとは又一味違った、燃える紅い炎のような虎斑です。

ぶな柾目の斑


 国産ブナの虎斑





一見の価値アリです。

この看板娘の仲間が2枚嫁入りしました。
丁度その形を活かせるらしく気に入っていただきました。

気に入ってくださったかたにお譲りするのは、いつもながら気持ちのよいもんです。
森の中で育った第一の命と、製材され弊社までやってきた第二の命、そしてお客様の元で愛されるであろう第三の命。三度目の命を生きようとしているのです。

とても素晴らしいと思います。
数十年、あるいは数百年の月日を生き抜いてきた、木の命・木の過ごしてきた時間を人間は使わせてもらうのです。
ありがたく、大切にしないといけません。

今回展示の国産ブナ片耳付き板は例外的なお手ごろ価格で提供しています。

展示ポップ







それは少しでも良い材を皆さんに知って、使って味わっていただきたい為です。
もっと身近に木材の良さを・・・
弊社からの材で、天然の木材の短所も含めた良さを感じていただきたく思います。


国産ブナ片耳付き板、まだ数枚あります。
是非こちらからお問い合わせ下さい。お待ちしております。







木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

天然乾燥 2m杉無節板


ここ数年で間伐材利用などを含め、再び注目を集めるようになってきた樹種「杉」。


日本が誇る優秀な樹木で、産地によって「吉野杉」、「秋田杉」、「屋久杉」などが有名です。


杉のフローリング材にすれば足腰に優しく温かみがあり、傷は付きますが味わい深くなっていきますし、室内に使用すれば安眠効果があるといわれていますので、日々の疲れを癒す我が家の内装材にはもってこいの材だと思います。

その杉の板材が入荷しています。

天然乾燥杉無節板







それも、無節材です。

そして、大切な点「天然乾燥材」です。

ここが大事。

近年は住宅建築に「スピードとクレームのなさ」、が求められるため、木材は大概は人工乾燥材です。(クレームといっても、木材の吸放湿による割れや曲がりの特性をお施主様に説明できていないだけのことですが・・・)

丸太を製材して板となった材を、桟積み(板を寝かして積み上げる場合に薄い木を挟み、通風できるようにする方法)して、何か月、または年単位で時間をかけてじっくりと自然の力で水分を抜いていく方法が天然乾燥ですが、時間と手間がかかるため、すべての材に行うのは実質難しい状態です。

天然乾燥後の水分量も、20%を切るところまではいっても、10%前後までは難しいところです。


それに比べ人工乾燥材は、釜に材を入れて強制的に水分を抜いていくので、時間も少なくて済みますし、乾燥場所確保のコストも少なく、含水率(木材中に含まれる水分の量)も安定します。

ですが、人工乾燥は特に杉材に関しては、含水率を低くしようとするとどうしても色艶が良くなく、香りもどこか、ぱっとしなくなる傾向があります。

といっても天然乾燥では、機械での人工乾燥のように完全に含水率を落とす(たいていは10%前後)ことができないので、施工後の過乾燥などでの反りや曲がりの可能性を残すこととなります。


では、どうするのか・・・

私は適材適所というか、人工乾燥が必要なところ(壁のなかで見えなくなる下地材など)には使い、そうでないところ(直接意匠性を問うところや、手足の触れるところ)は多少の材の動きがあっても、了承していただければ天然乾燥にするのがいいと思います。


今回の杉はほとんどが節がなく、比較的幅広なので様々な用途に使えると思います。

きちんと香りも残っていますし、赤身、白太もきれいな色をしています。

天然乾燥杉無節板 表情2天然乾燥杉無節板 表情1








杉の同じような寸法材で、節ありの人工乾燥材もありますが、やはり色艶、香りが少ないので、こちらはもっぱら塗装下地や、店舗などで、節をアクセントにできるところにお勧めしています。


天然乾燥材は岡山県産、人工乾燥材は大分県産です。

ちょっとした棚板としてや、ディスプレイ用の天板などにするのもいいかもしれません。


杉を使ってもらって、その良さを知っていただきたいと思います。


天然乾燥杉板在庫









岡山産 杉無垢一枚物板

・寸     法 :長さ2m×幅24cm〜37cm迄×厚み4.5cm
          (一枚ずつ幅が異なります。)

・形     状 :無垢一枚板 節なし

・価     格 :¥3,500〜(税込¥3,780)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :丸太乾燥後、2008年製材後天然乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから、人工乾燥材節付き(下写真)もあります。

人工乾燥杉節あり板人工乾燥杉節あり板 死節拡大


  抜け節が入ります。






・ご  注  意 :
                   
1、丸太の時の傷があるものがあります。これをすべて切り落としていると、かなりの部分を捨ててしまわないといけなくなります。有効活用できる方法でご利用ください。

天然乾燥杉無節板 トビ傷






          
2、入り皮や、節影(枝を切った跡を木自身が包み込んでいる部分。削っていくと節が出てきます。)が入っているものもあります。

天然乾燥杉無節板 表情3                                                                       
         


   
      

  

ちょっとしたカウンターにしてもいいし、水掛かりのある洗面の天板にしたりといろんな用途に活用してください。






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!