空を見上げて
トップページ » 高樹齢 百年杉柾浮造り(うづくり)無垢一枚物フローリングを縁側に使っていただきました。

高樹齢 百年杉柾浮造り(うづくり)無垢一枚物フローリングを縁側に使っていただきました。


先日、好評を頂いている「高樹齢 百年杉柾浮造り一枚物無垢フローリング」を縁側に御採用いただいたお宅に伺いました。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真1
























杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真2
























和室基調のお宅の縁側の張り替えだったため、3坪ほどの施工でしたが、長さ方向の縦に伸びる木目の伸びやかさがとても際立った、すっきりとした仕上がりとなっていました。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真拡大1














杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真拡大3














いつもながら写真は難しいです。
光の当たり具合で色合いが目視より異なることをご了承ください。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真3
























杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真4













 どうですか?!
接写にも耐える加工の良さですが、全体を見たときにもさすがに高樹齢の厳選材からの商品であることがおわかりになると思います。

 



主に80年から100年生の大径木を中心にこの通った柾目を製材していくわけですが、その中でも全てが合格するわけではありません。

目は通っていても節があるものもありますし、逆に大径木でも色がよくなかったり、目が通っていないものもありますから、いかに杉といえどもほんの一握りしかできない商品であるということです。
だからこそ、材を妥協なく厳選し丁寧に加工して出荷されます。
接写が美しい!!


杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真5

























杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真拡大2















今回納品させていただいたものは、製品開発当初よりも若干浮造りを浅く改良したため、全体的にも目が立ちすぎずに落ち着いているような印象を受けます。
というのも、浮造りを深くすることは簡単です。
強い圧力で機械に通せば、一回で浮造りになります。
が、それでは当然彫れ過ぎる部分がでてくるのと、冬目といわれる浮造り加工で残ってくる硬い部分がとても「強く」印象つけられ、見る人の目が少し疲れます。

杉柾浮造りではそれを防ぐため、ゆっくりと丁寧に、送材スピードや圧力をそれぞれの材によって調整しながら通して行きますので、一発でオッケイ!なんてことはなく、数回に分け、少しづつ加工をしています。
これは柾目に限ったことではなく、高樹齢古希杉板目浮造りフローリングにも同じ加工が施されています。

柾目の浮造り無垢フローリングは類似加工品がない為、板目の加工サンプルの以下の写真でみるとよくわかります。


他社 杉浮造りフローリングサンプル


普通の浮造り製品です。













他社 杉浮造りフローリングサンプル拡大


拡大すると、見えますか?
柔らかい夏目の部分が削られているブラッシングの跡が・・・




















普通はこうなるんです。
普通です。
が、弊社取扱製品はこれくらいの仕上がりです。


弊社杉板目節あり浮造りフローリング

 板目の節あり浮造りフローリングの一部分です。
これを拡大してみます。











弊社杉板目節あり浮造りフローリング拡大



 どうでしょう。
先の写真と比較して、「削られた跡」の違いが見てとれると思います。

 まったくないというわけではないのですが、浮造っていながらも、荒い削り面を残していません。

これが簡単そうに思えてなかなかできないことなんです。

両者を見比べる機会がないと気づいていただけないかもしれませんが、これが生産者のこだわりです。






そのあたりのこだわりが、手間と時間のかかることながら、製品への情熱としてあらわれ、お客様に喜んでいただけるところだと思います。
実際、今回施工していただいた大工様も、またお客様も足触りも良く綺麗な良いものを勧めてくれた、ととても喜んでいただきました。
これが私にとっての喜びでもあり、林業家の喜びでもあるとおもいます。

決して表示の価格は安いものではありません。
が、その物の持つ価値や、それにかけている手間や想いを感じて使っていただけると、それはお金の価値以上の喜びとなって帰ってきてくれるものと思います。

これからもこんなお付き合いが増えるような商品を提供していきたいとおもいますので、御愛顧よろしくお願いいたします。

御紹介した百年杉柾浮造り一枚物無垢フローリングは、弊社無垢木材展示スペースにて常時畳一枚分の大きさにて展示しています。
実物をご覧になって、その足触りや香りを感じてみてください。


杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真6














*ご注意

上柾という厳選した材料をもちいていますが、当然の如く一枚ごとに同じものが存在しない無垢の木材です。そのため、下の写真の様な木目の揺れや色違い、一枚ごとのジョイント部分での赤身と白太の割合などは、印刷の様に完全に調和させることはできません事をご了承ください。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真 木目ゆれ





 木目の揺れ








杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真 色違い




 各枚の色違い










・高樹齢! 百年杉柾浮造り一枚物フローリングはこちらから
*一枚物施工例はこちらから
*UNIタイプ、書斎への施工例はこちらから
*UNIタイプ、寝室への施行例はこちらから

・高樹齢! 古希杉板目浮造りフローリングはこちらから
*2017年仕様変更後の施工例はこちらから

・高樹齢杉 純白浮造り羽目板はこちらから
施工例はこちらから

 
・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星