空を見上げて
トップページ » 高樹齢 百年杉柾浮造り無垢一枚物フローリング展示しています。

高樹齢 百年杉柾浮造り無垢一枚物フローリング展示しています。


大切な住宅の一部分であるフローリング。
一部分なのですが、家にいる間は、風呂や就寝時以外はほとんどずっと足に触れている、とても大事な部分です。

近年は、住宅に特別のこだわりを持つ方以外にも、「いつも触れる床だけは」というご意見や、またはきちんと木材の性質から理解された方は樹種指定で「床は温かみのあるこの木材で」、などの単純な見た目のデザインではない部分での御相談を頂くことが多くなってきました。
とても嬉しい事です。

何度か書いてきたように、「無垢だから・天然の木材だから」というだけの安易な理由や、ただの売り文句としての「無垢材」の独り歩きではなく、お客様自身が住宅の事、そこに住まううえでの生活上の心の豊かさや住み心地の事を考えて御採用いただくことが嬉しく感じます。

そんな無垢のフローリングに関していろいろとご意見をいただくなかで、予想以上の好評をいただいているものがあります。
何だとおもいます?
稀少樹種であるブラックウォールナットの幅広もあります、個性豊かな表情を見せるメープル)や、森林認証材から加工したホワイトオーク(ナラ。まだご紹介できていませんね・・・・)などの広葉樹が候補でしょうか?

実はまったく違って、正反対の針葉樹「杉のフローリング」なんです。

間伐材が安いから(全ての間伐材が安いとは限りません。)といって使われることはありますが、和室などの化粧材(木味を見せる木地の仕上げ材)以外は、ことフローリングに関しては軟らかく、比重が低いという特性からくる「隙間がすく、反る、傷がつく」などの理由で、なかなか人気が集中するということが少ないのですが、これだけは違います。

弊社の「杉柾浮造り無垢一枚物フローリング」です。


DSCF0540-1DSCF0542-3







柾目といって、板にしたときに木の木目が一直線に通って出る物の事で、杉の丸太から少量しかとることのできない特別な製材方法で切り出される原板を使い、特殊な加工工程を経てそんじょそこらにないような「深くてしっかりとした浮造り(木の硬い組織部分を浮きたたせる技法)」を実現しています。


DSCF0545-4DSCF0546-5








加工の詳細はご紹介できないのですが、通常の浮造り加工品はプレナー加工した原板をブラシのついた加工機に通して杉の板の軟らかい部分である夏目が削られて出てきた状態での出荷なんですが、弊社の杉柾浮造り無垢一枚物フローリング(節あり板目浮造りもあります。)はそこからさらに加工が進み、削るだけではない工程も含んで出荷になるのですが、見ていただけると一目瞭然、ブラシ後を残すことなく綺麗に硬い組織である冬目が立ち、さらに良質な杉の原木が持つ美しいピンク色の赤身(木の中心部に近い一般的に色の濃い部分)と、すがすがしい白さの白太(木の辺材部、一般的に薄い色合い)が際立ち、その物の持つ脂分によって艶を増していく味わいのある物に成長してくれます。

時間経過での艶の出方2

 赤身部分はこれくらい色付きます。
 塗装や人工乾燥では出ない風合いです。




その色合いの持つ味わいもさることながら、特殊な浮造り加工によってできる表面の凹凸は、なんともいえない気持ちのよい足触りを実現していますし、杉の軟らかい組織である夏目が削られていることで、傷も付きにくくなっていますし、刃物加工でピカピカにした杉材では出せない風合いを醸し出しています。

その百年杉柾浮造り一枚物無垢フローリングは弊社のショールームに約畳一枚分の大きさで常設展示していますから、実際に自分の足で十分にその質感を味わっていただくことができます。
当然、板目の古希杉板目浮造り無垢フローリングも展示していますので、ご来店いただいてどちらにしようか悩んでいただくことをお勧めします!!


杉板目節あり浮造りフローリング拡大1杉板目浮造り木口より拡大







その他の樹種も展示していますので、御予約の上お越しいただけることをお待ちしております。

無垢木材ショールーム 木志庵 内装







お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ。
無垢木材についてはこちらをご覧ください。


子供さんにも大人気!!
「これ、足気持ちいい!!」とはしゃぐこと間違いなし?!ですよ。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング












トラックバックURL
コメント
1. Posted by ももちゃん   2016年11月15日 18:23
2 杉のフローリングは、戦後の小、中、高校に使用されてました。雑巾がけするときに、手にトゲをさしましたし、素足で歩くと同様に足裏にトゲが刺さりました。針葉樹は、フローリングに不向きだと思います!柾目、板目のうずくり加工での足裏に適度な刺激は魅力ありますが、使用経過による劣化が、著しいと思います⁉️また、国産材の、トチ、サワグルミ、オニグルミ、ヤマグリ、ヤマザクラ等のフローリングは、メープル、ブラックウォール、オークなどの外国材よりベターかと判断します。また、本当の意味で、希少ですからね!
地方、それぞれの特徴が面白いです。
2. Posted by ももちゃんさま   2016年11月17日 17:07
こんにちは。
体験談を有難うございます。確かに針葉樹は、逆目があったりキズの部分からささくれることもあるので注意が必要ですね。
ご案内記事に記載しておくようにした方がよさそうですね。
針葉樹のラインナップは、様々なラインナップにお応えできる様にしていることと、近年はささくれなどがあっても許容される方もいらっしゃる事から、床に否定せずに掲載させていただいております。
国産材の広葉樹ももちろん、よいものがたくさんあり実際使っているものもありますが、安定供給や価格の問題で正直なかなかおもうようには出来ていないところです。
針葉樹も広葉樹もまだまだ活用できると思いますので、様々取り組んでいきたいところです。
コメント有難うございます。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星