空を見上げて
トップページ » 国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング

国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング


みなさんはご存知でしょうか、日本の風景が失われて行っているのを・・・

少し大げさかもしれませんが、本当の話です。
何が失われ、その原因は何なのか。

なかなか想像できないかもしれませんが、失われているものとは「松林」です。
景色を想像してもらうとわかりやすいかもしれません。
青い海と白い雲、そして曲がりくねった力強い枝ぶりの松の並木。
日本を代表するといっても過言ではない、とても美しい景色の一つです。

その景色を構成する重要な要素の一つ、「地松」(日本の松。外国産の松に対して内地松)が失われて行っています。

特に、日本海側の海岸沿いの景勝地などに多く自生する「雄松」または「黒松」はどんどんその生息数を減らしています。
俗にいう「松枯れ」です。

松の話になりますが、松にはたくさんの種類があり性質もそれぞれで、日本産も外国産もあるわけですが、今回の松は国産の松です。
地松(じまつ)と言ったり、内地松(ないちまつ)といって、外国産と区別していますが、優良で代表的な松として「赤松」と「黒松」があげられます。

どちらも材としてはとてもよく似ていますし、両者のあいのこの「アイグロ松」も存在しますが、今回はわかりやすく「赤と黒」に絞りたいと思います。

さて、その赤松と黒松ですが、生息数を減らしている大きな原因は「松喰い虫」による被害が激甚な地域があることによるものです。
こと黒松は赤松に比べ松喰い虫に対する耐性が低いようで(詳しくは研究中のようです。)、どんどんと優良な黒松がなくなっていっています。
もちろん赤松林も被害にあっているわけですが、黒松の被害はとても大きくかなりの問題になっています。

そもそもその松喰い虫、どういう風なメカニズムなのか、どんな虫が喰っているのか・・・・そこが問題ですよね。
よく木材にある虫食い穴、あんな感じでぐりぐりと木材を喰い荒しているのかと想像しがちですが、実は全く違います。
その名前からは想像しにくいですが、松喰い虫の正体は「マツノザイセンチュウ」という、ごくごく小さい「線虫」の一種です。

詳しいメカニズムは専門書に譲りますが、そのマツノザイセンチュウが「マツノマダラカミキリ」という虫に媒介されて松材の中に侵入し、松の生命活動の一つ
である通水活動を停止させる要因をつくり、通水できない松が枯死していくというサイクルです。

現在、研究が様々なところで続けられ、マツノザイセンチュウに耐性のあるハイブリッド種の苗木が試験的に植えられたりしていますが、根本的な解決法はありません。
もうひとつの虫害による悩ましい問題、「ナラ枯れ」(こちらはキクイムシによる食害によるもの)とともに今後対処が急がれる問題となっています。

そんな渦中にある木材である「黒松」。
建築利用するほど存在しているのかと思われるところですが、きちんと残っているところにはあるものです。

国産黒松(雄松)原木ごろんぼ(丸太) 国産黒松(雄松)原木ごろんぼ(丸太) 皮拡大






83年生黒松丸太

今回はその貴重な国産樹種「黒松」の50年〜60年生以上の材を、光り輝くフローリングに加工した商品のご紹介です。


国産黒松(おまつ・雄松・男松)無節











 国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング
















黒松、別名「雄松」または「男松」。それに対し赤松は「雌松」または「女松」。
元来日本では松は縁起の良い木材として使われてきました。

松=保(たもつ)というところから、「久しく寿を保つもの」とされたり、転じて「待つ」や「祭り」、「持つ」などからどれもおめでたいものを意味するものとされてきました。
また、お正月飾りの門松や、「松竹梅」という言葉からも想像できると思います。

特性としては、痩せた土地でも育つことと、塩害や風にも強いことから昔から防風林や防砂林として各地に植えられてきました。
それに加え葉を落とさない常緑樹の為、風雪に耐え緑を維持するところから「長寿延命」のシンボルとして縁起木として扱われています。(同じ松でも、カラマツは落葉樹なので葉を落とします。)

国産黒松(男松・雄松)原木丸太














生息地は、赤松が内陸地に多いのに対して、黒松はほとんどが海岸沿いに生息しています。
大径の古木になると、その材に樹脂分を多く含み「油木」と呼ばれるような状態になり、高級銘木として扱われます。
その油木のなかでも、材の木質部が確認できないほど樹脂がたまった、いわばヤニの塊のなったものを「神」と書いて「じん」と読んでいます。

材としては、既述の様に脂分があるためヤニの出ることに注意を払う必要はありますが、表面の仕上げを超仕上げ加工としていますので、塗装をせずとも磨き続けることで独特の光沢を出し、金色のように光る材面になります。


国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング 経年変化 1国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング 経年変化 2







三年経過後の経年での色変化(右が新材)


そして、材には節が多く出るものの杢がとても美しく、またその杢に艶があるためとてもなめらかな印象を受けます。

国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング節あり 拡大国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング無節 拡大







赤松に比べ芯材の色の濃い部分が少ないため、比較的材の表情は明るく印象としては軽快な感じを受けます。

材も広葉樹のように硬い印象はなく、針葉樹らしい軟らかい手触りと温かさを持っていますので、足にも優しく感じられることでしょう。
そして、節の多い材ですのでたくさんではないですが、無節材もご用意していま
す。

国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング無節国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング無節 木目イメージ







しかし、一本の丸太から取った板材のうちの、10%くらいしかでてこないという貴重品です。
節ありに比べとても清楚でありながら、杢の優美さは節あり材よりもはるかに高く、風雪に耐えてきた力強さとその材の持つ美しさをとてもよく表現しています。

一昔前は、日本の松に代わり「カンボジア松」や「ラオス松」といってその地方からの産出の、高樹齢且つ脂分の多く木目の細かい優良材がたくさん輸入され、日本建築や和室の縁側などに賞用されたもんですが、やはり輸入材。
現地の内政状況や貿易、その他原木事情などにより現在は優良なそれらの松を入手するのは難しくなってきていて、今は中国松がほとんどになっています。
残念な話です。

日本の松は衰退しているとはいえ今からまだ救うことができますし、計画的に伐採、使用すればきっと後世に残していける宝物になるに違いありません。
いや、大切にして、この縁起木を後世に伝えるべきです。
枯れていくのを見ているのではなく、次の世代のために伐採して有効利用、そして50年、60年後にまた次の代の原木を使える状態にする。
そうやって使っていく価値のある木材ですし、それが自然への恩返しです。

それを実行できるような、きちんと原木を管理し黒松を愛し有効利用しようとしている山の人たちがいます。
その方たちによるフローリングが今回、戸田材木店・セルバがお届けする「国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング」です。
和風といわず、男らしい雄大な空間を望まれている方や、使い込んだ時の艶々感を出すまで家にこだわる方にお届けしたい黒松フローリングです。

国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング無節 光る表面









国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング節あり イメージ


  節ありの表情





国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング無節



  無節の表情




*国産黒松(雄松)の注意点

・品質管理をしていますが、そのなかにも、若干の星割れや材の反りのあるものを含む場合があります。
 無垢木材の特性と、限りある材の有効使用としてご了承ください。

国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング節あり 節拡大星割れ


  星割れ拡大写真




・節ありの材にはパテ処理を施していますが、若干の星割れ部を含む為経年での変化でのストッキングや靴下の引っ掛かりが起こる可能性があります。節あり材の特性としてご理解下さい。

・節あり材は特に材面にヤニスジや芯材部が含まれます。

・材表面は超仕上げ加工となっております。浸透性塗料をご使用の際は、一度表面をサンダーにて生地調整をしてから塗装してください。そのまま塗装されると、表面のすべりの原因となり、転倒などの危険が生じます。

・無節材は稀少品のため必要数量、納期などの都合上ご用意が間に合わない場合もございます。単価共都度ご確認ください。

・節あり材は実の入りが多少きつい場合もありますが、施工の時にはスペーサーを使用し、たたきすぎの付き合わせに注意してください。


・国産黒松(雄松・男松)無垢一枚物フローリング  (寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×105×1950(通常)
           25×110×1950(厚物)

・形    状 :一枚物

・入    数 :105幅   16枚入り(3.276屐
          110幅    8枚入り(1.716屐

・エンドマッチ :あり(通常はエンドマッチ部に面取りはありません。ご希望の場合は別途加工いたします。お申し付けください。)

・価    格 :一枚物 無塗装 通常節あり 105幅 ¥50000(税込¥54000)
          一枚物 無塗装 通常無節  105幅 ¥72000(税込¥77760)
          一枚物 無塗装 厚物節あり 110幅 ¥63500(税込¥68580)
          一枚物 無塗装 厚物無節  110幅 ¥90000(税込¥97200)

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :無 節   材の特色を活かした稀少材グレード  

          節あり   節、パテ補修込み。      
         
・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせはこちらから                
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
        

・表情の違い 参考


国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング節あり 節大きさ比較


  青森ひば名刺ケースと節の大きさ比較





国産黒松(雄松)無垢一枚物フローリング節あり 丸節パテ補修


  抜け節のパテ補修部





トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星