空を見上げて
トップページ » 一年後の所信表明

一年後の所信表明


早いもので、弊社のブログ「本物の無垢木材」を開設してから一年が経過します。
少しずつ閲覧していただく方が増えていくようで、嬉しく思っています。

ですがそれとともに、一年間でどれだけの方に情報を伝えられたか、どれだけ興味を持って見ていただけたか、又有益な情報として提供できたかという思いもあります。
大切な住まいの計画に木材を取り入れてもらうのは当然嬉しいのですが、ただ入れていただくだけでなく、ずっと住み継ぐ住まいなのに、20年もたたないうちに合板部分や樹脂シートで化粧された部分をリフォームしないといけなくなり、お客様に後々負担がかかるような材料を「売り易いから・クレームを減らすため」という理由で勧める業界を変えていくためにも、自然由来の木材を取り入れていただきたく思うのです。

家は売るものではないですし(買うものでもなく)、クレームというのも材料が不良なのではなく、お客様とコミュニケーションをとらず、商品説明もせずに売りっぱなすから生まれる誤解が殆どです。
その業界の怠慢の犠牲になるのは大金を使いマイホームを建設するお客様です。相当な負担です。
それなのに、どこからもその怠慢を改善し、本当にお客様のため、ひいては「本当の意味での」地球環境のための住宅なんてできないと思います。
そんな思いが一層強くなった一年でした。

また、様々な情報が限りなく存在するインターネットの世界で、正しく情報を伝えていくことの難しさも実感します。
実店舗の存在しないお店が、いかにも店舗を構え販売しているように装っていたり、扱ってもいないものを紹介してみたり・・・

実際この私も昨年、一件そんなお店に出会いました。
話をしてみた末信用したのですが、物の見事にいい加減な内容の取引になってしまい、対面販売でなく商品の情報が限られている中でのやり取りの難しさを改めて痛感しました。


そういった状況の中で、インターネットの記事を使いたくさんの方の注目を集めようとは思いません。
ただ、木材についての素朴な疑問を尋ねてみたいが、大学教授のような専門家に聞くわけにはいかないし、といったことや、実際に店舗のある会社で商品を見てみたい、感じてみたいというようなこと、そして「こんなものさがしているんだけど・・・」というようのもの、こういった「どこに聞いていいかわからない」ことに応えるのが、弊社の役割だと思っています。

是非お尋ねください。
すべてとは言いませんが、街の材木屋としてのご回答をさせていただきます。

もっと皆さんにとって有益な木材関連情報を、「難しくならないように」お伝えしていきたいと思っていますので、ご愛読並びにご愛顧よろしくお願いいたします。


マガモちゃん







上高地のマガモ。
たまに思います。
あんな自然の中にいられたらどんなにいいだろうなぁ・・・と思ったりします。
でも、鳥にも鳥の苦労があるんでしょうけども(^_^;)









トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星