空を見上げて
トップページ » 二年経過後の金具不使用木製名刺ケース(名刺入れ)の様子

二年経過後の金具不使用木製名刺ケース(名刺入れ)の様子


ご好評頂き販売から早1年半が経過しました、「金具不使用木製名刺ケース」。


DSCF0788








よくお問い合わせをいただきます。

少し変った樹種(一般的によく見かけるものと違ったもの)があるため、少量ずつしか生産できていませんので、売り切れや在庫の少ないものも出てきている現状です。
ありがとうございます。


さて、それくらいの年月が経過して、実際の名刺ケース自体の現在の状態はどうなのか・・・・


説明書きに、永久的ではありませんとか、傷がつきますと明示しているが、どんなふうになるのか・・・・


私がお客様でもそう思うと思います。


そこで、私が2年間使用している実物をここでご覧に入れたいと思います。


樹種は「青森ひば」と「神代朴」です。


2年経過後の金具不使用青森ひば木製名刺ケース2年経過後の金具不使用神代朴木製名刺ケース








特に「青森ひば」のほうがハードユースなので傷も目立ち、何より2年経過での変色が大きいことに気が付きます。(写真n2枚映っている左が2年経過品、右が新品です。右端の写真は傷の様子。)


2年経過品と、未使用品2年経過後と未使用品・22年経過後の木製名刺ケース3







その他、開閉感は若干柔らかくはなったものの、閉じる際の「パチン!!」という小気味の良い竹ひごの音は健在です。


どちらも無塗装で使用しているため、汚れは目立ちますが、汚れてきても木の素材感は抜群で、愛着が増します。


それに、「青森ひば」の記事でご紹介している特有の「芳香」ですが、2年間使用し続けても香りは衰えず、気候や湿度によっての差こそありますが、いまだに芳しい香りを放っています。


その芳香が嫌いでない方には、お渡しした私の名刺から漂うほのかな青森ひばの香りをとても気に入ってくださいます。

因みに、愛用してくださっている方の名刺ケースの色の変化の具合の良い例がこれです。


一年経過後のホワイトオーク正柾虎斑木製名刺ケース








ホワイトオーク正柾虎斑の木製名刺ケースですが、左が一年経過後のもの、右が新品です。
使い込んでいただいている味わいが良く出ていて、とても渋い輝きを放っていました。


そんな名刺ケースもやはり木材です。不具合がないわけではありません。


説明書きにもあるように、吸放湿を繰り返しているため、使用環境によっては不具合が生じる場合もあります。


この例は、私と同じ2年前にご使用いただいていたものですが、半年ほど経った頃「少し開いてきたよ。」と報告をいただき見せていただいたものです。


開いてきたタモ木製名刺ケース1開いてきたタモ木製名刺ケース4








よくよくご使用環境を聞いてみると・・・・・・・


・一日20回以上は必ず開閉作業をする(営業マンのため、頻繁だそうです)。

・胸ポケットに夏入れっぱなしで汗で濡れることがある。


ということが開いてきた要因かとおっしゃっておられました。


確かに開閉回数は、一年を350日で計算しても「7000回/年」になるわけで、大した回数なんですが、それはそんなに問題にはならないと思うのですが、それより胸ポケットに入れっぱなしで濡れる、というのが気になりました。


といっても、ご使用いただいていたのは「金具不使用タモ木製名刺ケース」だったので、オスモ社のオイル&ワックス塗装をしていましたので、多少の濡れは問題ないはず・・・・というのが私の見解でした。

そしてそのあと、一つ質問をしました。


「帰社されるとき、名刺ケースはどうなさっていますか?!」

お答えは、

「机に置いてるよ。寝かせてね。」

ということでした。


私は、汗などで日中に湿気にさらされていたものが、急に事務所の空調機の冷気で冷やされ、材の急激な収縮の原因になったのではないでしょうか、それも片面だけが急激に乾燥して、もう片面との湿度の差がもたらしたものではないでしょうか、と申しあげて、再度新品をお渡しました。(といっても、それもご購入くださいましたが・・・)


そして、開きが出たものと同じ用途で使用し、ただ、帰社の際の保管は「立てておいてください。」とお願いしました。


すると、「全く問題ない、順調順調」と今でも愛用していただいているご感想をいただきました。
それ以降は、他からも反りなどを聞くことはありません。


いくら素材を乾燥させていても、「木は生き物」。伸縮します。
あえて不具合を掲載しましたが、見ていただければ木材製品というものを、よくお分かりいただけるものと思います。


木製名刺ケースだけではなくすべての木材製品について、性質を理解し、正しくお使いいただけるようにお願いをいたします。


今後も、正しい知識をもって木材が普及しますように。


金具不使用木製名刺ケースはこちら

無垢木材の注意点はこちら







トラックバックURL
コメント
1. Posted by ミツ   2009年11月04日 17:58
名刺入れ
毎日快調に使用しています(^O^)
接客業で、お客様にも「かわってますね!」といわれます!環境に優しい営業デス なんて会話もはずむこともありますよ。まだ一年たってませんが良い味でてきてます
2. Posted by muku_mokuzai   2009年11月05日 10:59
> 名刺入れ
> 毎日快調に使用しています(^O^)
> 接客業で、お客様にも「かわってますね!」といわれます!環境に優しい営業デス なんて会話もはずむこともありますよ。まだ一年たってませんが良い味でてきてます

ミツ様

毎度ありがとうございます。
嫁いだ木製名刺ケースがご好評で、活躍中との事嬉しい限りです。
今後とも宜しくお願いいたします。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星