空を見上げて
トップページ » 木材名クイズ −回答編ー

木材名クイズ −回答編ー

さて、前回のクイズの回答です。


正解は2番と5番です。


いかがでした?!

正答できましたか?


では解説。


1番の米松はアメリカの松ではなく、正確には日本でいうところの「とがさわら」の仲間です。

2番の米桧は桧の仲間で正解。

3番の米杉はアメリカの杉ではなく、これも日本でいうところの「ねずこ」にあたります。

4番の米ヒバも、アメリカのヒバではなく何と桧の仲間です。
このブログでは、何度か書いていたので分かった方もいらっしゃると思います。

では、最後の5番はというと、米栂は、アメリカの栂であるんです。


ということで、米桧と米栂が正解でしたが、ではなぜ違う樹種をそんな名前で呼んでいるのか?!

一つはわかりやすさ。

見た目や、香りや色がにていると、一つ一つ「これは〇〇の仲間の××で・・・・」なんて説明しなくても似ている樹種の名前をかぶせれば、業界の方も一般の方も受け入れやすい(とされてきた)から。


そして売りやすさ。

輸入製品として性能を説明するよりも、昔から優れているため有用樹種として扱われている日本の樹種と同じ名前をつければ、輸入木材も日本の樹種と同じようなイメージで売れる。

当然、まったく性質が似ていないものもありますから、ほんとのところは似てようが売り易かろうが、きちんと本来の名前で扱いたいものです。

余計にややこしくなっちゃいますしね。


当然、性質や外見が似ていることも大きな要素です。

が、やはり木材自身も本来の名前で取引した方が喜ぶだろうし、類似した名前で取引しなくても、その木材の持つ本来の良さは十分活用できるはずですから、ネームバリューや風潮に流されることなく、正確な情報で材を無駄なく使っていくように心がけたいものです。

真贋が善悪のすべてではありません。

だから、そのものを使おうとする方が、その価値を判断して決めるべきだと思います。

その決断を良いものに、またスムーズに判断できるようなお手伝い情報をまた発信したいと思います。

よろしくお願いします。







トラックバックURL
コメント
1. Posted by 義妹   2009年04月14日 22:14
やった!バンザイ!!
2. Posted by muku_mokuzai   2009年04月16日 21:03
> やった!バンザイ!!


ご名答。

頭の体操?になりましたか?!

また、いろいろととりあげていきますので、乞うご期待です。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星