空を見上げて
トップページ » 木は鉄より火に弱い!?

木は鉄より火に弱い!?

木造住宅は火災ですぐに燃えてしまうので、危険である。

そりゃ、薪にするくらいだから鉄よりは火に弱いにきまってる。

そう思いますよね?!

確かに、薄い板状の木材はよく燃えます。

ですが、一定の大きさ以上の木材になると、表面が焦げるだけであとは燃えにくくなります。

表面が焼けて炭化して酸素を遮断するからです。


鉄は800度近辺で変形し始め、10000度で溶けてしまいますが木材は、炭化した後は10000度以上になっても内部までは燃えません(一定の断面積が必要ですが)。

鉄骨の梁は、500〜800度の熱をうけると自重で垂れ下がってきます。そして、崩壊してしまいます。

ですが、木材の梁や、柱は表面が炭化しても焼けて崩れ落ちることはありません。
良い例えではありませんが、火災現場でよく木造アパートなどがテレビに映って、「木造アパートは燃えやすいですから・・・」などという言葉を耳にしますが、
確かに燃えます。

でも大火の中、梁や柱はおおかた崩れずに残っているのを見られると思います。

木材だから焼け落ちずに構造体が残り、下敷きになったりすることが少なく、救出もできるのだということを知ってください。


必ずしも、木材は火に強い訳ではありませんが、決して木材がだめなわけではないことを知ってもらい、良さを見直していただければ幸いです。




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星