空を見上げて
トップページ » 木?!それとも石?!

木?!それとも石?!

先日、用があり茨木市役所に行ってまいりました。

期待以上に職員さんが丁寧に応対してくださり、すいすいと用件を済ませ、エントランスまで降りてきたときのことです。

「やゃ?!」

「なぁ〜んか気になるぞぉ・・・」

近づいてみると、見てびっくり。「木の化石」のテーブルと丸太イスでした!!!

珪化木テーブルウッドストーン解説








いつも駐車場から入り、目的の部署へ直行してまた駐車場、そして帰る、というパターンなので、正面玄関にでかでかとありながら全く気がつきませんでした。

情けない。

木の化石・・・「珪化木」、または「木化石」というのですが、字のとおり木ですが、化石ですので石です。
なんかややこしいです。

珪化木はどこか神代木の成り立ちににています。

溶岩石の影響であったり、火山灰の成分の影響で木の組織内の成分を、二酸化珪素に置き換えてられて、何万年、何十万年かけて化石化したものです。神代木よりもずっとご先祖様の樹種かもしれません。


そんな木の化石ですが、アメリカでは、珪化木(木化石)の集中して存在している国定公園まであります。さすがアメリカ・・・


珪化木の外観は、石の部分があるのですが木の部分もある、そんな印象です。

イス部アップ


木の組織がみえますか?!






イス部アップ 木の外観


ここだけ見ると丸太イス。
でも・・・




イス部アップ 石の外観

なんじゃ、やっぱり石。






イス部アップ 石の外観2

ピッカピッカに光っています。






私も2つほど所有していますが、こんなに大きなのは初めてです。

珪化木 床飾り拡大


床の飾りにしています。






今回市役所で遭遇したのは、長さ約1350×幅1200×厚さ120〜150というところでしょうか・・・・残念ながらメジャーを持ち合わせていなかったため正確に計測できませんでしたが、とにかくでかかった。

大きさ比較珪化木 天板拡大
A4サイズの手帳と比べてこんなです。(左)


表面拡大です。(右)
わずかに木の片鱗が・・・



テーブルと丸太イスになっているんですが、何せもとは木でも今は石。

こんな時期(2月初旬)に、私以外好き好んで冷たい石のイスに座る方も、寄り付く方もいらっしゃらず、ゆっくりと写真撮影できました。

といっても、館内の案内所の眼前の位置にあるため、舐めるように見廻していた私は完全に不審者扱い一歩手前なぐらいに怪しいまなざしをうけていたことはいうまでもありません・・・・・

ひんやりとした手触りと、直感的に石であると認識させるに十分な化石質な外観とは裏腹に、よく眺めると、年輪(性格には導管の環)がきちんと残っているために感じる木質感がかもし出すアンバランスな世界に、しばし目を奪われました。

樹種までは不明ですが、かなりの大木の珪化木でした。

自然の産物が、悠久の年月を経て形や性質までを変えて現れる・・・・

そんな神秘的なことまで含めたのが、木材の生き物たる証拠ではないかと思うのですが、いかがなもんでしょうか・・・・・

ぜひ茨木市にお越しの際は、ごらんになってください。




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星