空を見上げて
トップページ » 青森ヒバ 長尺幅広盤

青森ヒバ 長尺幅広盤

そうそうみることがないと思います。

天然青森ヒバの長尺(4メートル)、しかも80センチオーバーという幅広材です。大径木になる、ケヤキやクスノキのような広葉樹ならいざ知らず、針葉樹の80センチ幅というのがいかに珍しいか・・・わかるかたはわかるとおもいます。


広い方


青森ヒバの解説は、以前の金具不使用木製名刺ケースを参照していただくといいとおもいますが、大きな特徴としては、リラックス成分と言われる「ヒノキチオール」を含んでいるということでしょうか。

名前は有名なこの成分。日本の桧には極々微量しか含まれていないそうで、青森ヒバこそがヒノキチオールの宝庫なんです。
とはいっても、天然青森ヒバの原木1本から採取できる精油成分は、その原木の重量の100分の1といわれています。しかもその中からわずか2%しかヒノキチオールが採取できないそうです!!

この貴重さ、わかりますかねぇ・・・

日本三大美林(木曾の桧、秋田の杉、青森のヒバ)の中でも比較的に蓄積量が多いとされていた青森ヒバもどんどんその量が減少しているらしく、近年ではなかなか大径木を産出しにくくなっているようです。(伐採量も計画的に制限されています。)

そんな中、青森の市場に出た国有林からの大径木を製材し、厚盤にとったものを入手することができました。

新聞と比較


大きさわかりますか?!
新聞の見開きと、隣は住宅の柱用の10.5cm角です。

耳付き(丸太の皮の部分の丸みが残った状態のこと)板として、長尺テーブルや、カウンター、または贅沢にまさしく一枚物の床材として使用する!!?なんてことも可能でしょうかね・・・


以前、その特徴的な香りの消臭効果と、防虫効果を利用する目的で、樟(くすのき)の、これまた幅広長尺材を洗面所と、お手洗いの床板に一枚まるまま敷きこんでしまった(言い方は不適切ですが、そんな言葉が出るくらい圧倒的な光景でした。)方がいらっしゃいました・・・
最初はどんなことになるのかと想像もつかなかったですが、出来上がっても想像を絶する?洗面所でしたよ・・・
その加工中、弊社の作業場には樟脳のさわやかな香りが立ち込めていたのを今でも思い出します。

樟はまたの機会に・・・

話をもどして、青森ヒバです。

この貴重な幅広の厚盤をさまざまな場所に活用していただき、人工物が多い中少しでも天然成分でリラックスできる環境を作っていただきたいと思います。



青森ひば無垢一枚物厚盤

・寸     法 :長さ4m×厚み8cm×末口69cm〜元口80cm
          (末口=木の先端に近い切口。根っこのほうは元口)

・形     状 :無垢一枚板 耳付き 節あり

・価     格 :¥260000(税込¥280800)/枚

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :2006年製材後天然乾燥、仕上げ加工別途。

*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから


・ご  注  意 :
          
1、本商品は原木丸太から切り出したままの商品です。幅の広い商品は木の中心に近いところからきりだします。そのため、木の芯がはいっています。
          
2、また、大径木のため、大きな節がはいります。
          
3、幅広盤のため、幅方向の反りが避けられません。厚みを落として、平滑に仕上げてください。(実際の仕上がり厚は若干表示より薄くなります。) 

広い方反り

新聞がすっぽりはいるくらいです。



                                                                          
                     
4、木の中心に近いので表面に少なからず割れが入っています。確認後にご注文下さい。

広い方木表芯割れ拡大







5、青森ひばは独特の芳香をもっています。天然の良い香りですが、香りに敏感な方や、極度のアレルギーの方は、事前にサンプルで、香りをきいてからご検討下さい。


このほかに仲間が存在します。

幅500前後の節なしや、上記幅広材の相方というか、同じ原木からのもう少し幅の狭い(といっても800前後ある・・・)材もあります。
それぞれ性格がありますので詳しくはお問い合わせくださいませ。

DSCF9732



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星