空を見上げて
トップページ » 新聞記事に関心と・・?

新聞記事に関心と・・?

今日は少しずれて、今朝の新聞記事からひとつ。

とても感心した記事がありました。

高校生がネットビジネスで年収を得ているというものですが、何が感心したのかといえば、お金を稼ぐのが大事なのではなく、ネットビジネスの成果はどれだけ社会を良くしたかだ・・というところです。

真似をする人も当然でたそうですが、皆失敗したという・・・・
他人のしている真似事だけではだめだということですよね。
どうしてもそうなりがちですが・・・・
自分も気をつけないと・・


話は戻って、若者が社会貢献していると書いてあるのがとても好感を持ち熟読しましたが、すこし疑問もでてきました。

ここからは単なる持論になってしまいますが、記事の最後に
「ビジネスと社会貢献の二兎を追う」
とありました。

ここで、ん????!!?・・・・です。

本来は、ビジネス(仕事)=社会貢献ではなかったんでしょうか?
バラバラではないように思うんです。

仕事=私の場合は商売、は当然自分の生活や会社の利益のためという部分もありますが、それも含めて「適正利益の商売で儲けて、様々な支払いをしたり、また投資をしたり、また納税することが社会貢献ではないか、皆それぞれが一所懸命に働き、奉仕した報酬である利益をまた社会にもどす。」

近頃は、きちんとした仕事で儲けるのではなく不当な利益を得ていたり、「手段を問わない金もうけ」が多く報じられます。

いつからか、仕事=とりあえず金もうけ、社会貢献=奉仕やボランティア(無償の・・・)
という感じで二分というか、何か違う方向に進んでしまっていたんではないかと思います。そこから、お金や物などの価値観や本当に大切なことへの配慮が欠落していったのかぁ・・・と考えています。適正価格で購入し、その代金がまた会社を通じて社会へ戻っていく・・・そんなサイクルがない今の社会だから、こんなに世知辛いのかぁ・・と思ったりします。


あくまでも私見ですが、このブログなどを通じて、正しい情報やお知りになりたい事をお伝えすることで、建築や資材に対する誤解や木材の本当の価値に対する、適正な価格のご案内をできれば・・・とまた決意を新たにした本日の記事でした。


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星