空を見上げて
トップページ » 2020年08月
2020年08月

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜

実は、以前からロシアンバーチ施工記事追加商品の記事を書いているときに、いつかは書いていかないといけない樹種であるミズメについては、できるだけ触れない様にしていました。
それは決して嫌いだからではなく、反対にこだわりたいからこそ非常に複雑なお話になってしまうことから、自分以外の皆さんにわざわざ見てもらうようなネタにするべきかどうか・・・そう思っていたからです。

そのネタこそ、ミズメの古名とされる「梓」。
書物によると、この名称が使われるのは関東、そして中部地方が多いとのことですが、方言がもとになったという説もあります。
この「梓」ですが、実は非常にややこしいお話のタネでもあるのです。
ミズメザクラは桜なのか?!、というような素朴な疑問とは異なった、トリレンマ的な紛らわしさを孕んでいるのです。

梓1


文章にしていると、途中で自分でもわからなくなってくるので、考える上で重要な点を挙げてみます。

・梓という名称は、ミズメ以外にキササゲやアカメガシワ等の樹種にも用いられている。
(その上、キササゲは楸と表記される場合もあるが、楸に用いられる読みのヒサギとは異なる。また、楸はアカメガシワをさすこともある・・・)

・中国では梓はノウゼンカヅラ科で中国原産の(トウ)キササゲを指し、現地では古来より百木の長とされてきたが、和名では楸の字をあてられていることがある。

・日本の歴史や古書に登場する「梓弓」はミズメ材の弓であるとされることがあるのは、梓弓が真の弓であるということで、優れた木を意味する梓の字があてられていたのではないか。確かにミズメを弓の材として利用することもあったようですが、しかしこれも、真の弓=真弓=マユミという樹種であるという説もある。
古来の弓は丸木弓であることが多いことと、儀式用の弓であれば強靭で粘り強くなくとも構わないことなどからも、マユミが用いられていたということも、関係しているよう。
(正倉院の弓を削って調べたところ、梓であった=ミズメであった、というお話もある。)

要点を上げてもピンと来にくいけれども、上記の様に他の樹種でもみられること、中国で用いられる漢字が意味するところの樹種と、日本の漢字がさす樹種が必ずしも同一ではない場合がある事(少し以前の「樟と楠」も似たような感じ)と、古書などに正確な樹種の記述が無かったりすることもあり、様々な樹種が混同されて伝わったことが原因で、「梓」の名が迷走し、分かりづらくなっているようです。

樹木としての「梓」と木材としての「梓」、場面によって樹種が変わる名称である、という理解の方がいいのかもしれませんね。


弓


梓という樹木が表すのはいずれにせよ、優れた樹種を意味していますからミズメにとっても非常に良い呼び名ではあるのですが、これらの事が混ざり合っているという理解が必要ということですね。
あぁ、ややこしい。

シラカバの記事で、美智子上皇后のお印について書きましたが、梓のお印は今上天皇である徳仁天皇の物です。
そして、その梓がミズメであるかのように書かれているものもありますが、この場合は記念品などのデザインから見ると、残念ながらミズメではなくキササゲの様です。
これには先の「百木の長」の意味が濃く反映されているようです。
このように、梓は非常に貴重で有用な樹種を意味すると思われますが、もう一つミズメに関係するのではないかと思う梓のお話があるのです。
それは、私もいつか・・・と思っている出版に関係する言葉「上梓する」です。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

本シリーズの始まりは、私がどうしても気になって仕方がない名称の「カバザクラ」でした。
もうすでに1ヶ月半以上も続いているシリーズとなってしまいましたが、まだもう少し、樺(カバ)のお話しを続けたいのです。
なぜかというと、あと二つは取り上げたい仲間があるからです。
そのうちの一つは、このシリーズが始まるきっかけとなった「カバ桜」とおなじく、カバの仲間なのに「桜」の名称がつき、名称だけではなく桜の仲間であるかの如く流通している樹種。
それが「ミズメ(水目)」です。

樹皮に傷をつけると水の様な樹液が流れ出ることから、その名が付いたと言われます。


ミズメ 1


ミズメはカバの仲間ですが、水目桜(みずめざくら)と呼ばれ流通しています。
若しくは、単に桜とされている場合も多くあります。
木材業界では、材質や樹皮が似ていることからそう呼ばれるようになった、とマカバなどと同じ理由なのですが、
面白いことに英名も japanese cherry birch となっていて、やはりサクラカバ、という直訳になるんですね。

ただし、木材としてみると他のカバ同様、サクラには似ていない様に感じるのは私だけでしょうか。
マカバには似ているのですが、さらに緻密な性質とマカバよりも若干重硬なことが特徴。
生育環境の大きな違いは、ミズメは北海道には生息しないと言われていることが最も大きな違いかもしれません。
四国や九州まで分布するという、カバの仲間としては非常に珍しい生息環境を持っているので、数としては多くないものの、私の住んでいる大阪近辺の山でも、少し標高の高いところに行けば他の樹種に紛れてひっそりと立っていたりします。

平均的なものとしては、樹高20m、直径70cmほどだそうですが環境によっては巨木となり、兵庫県綾部市では直径132cmという個体もあるとか・・・
銘木の中にも稀に、カバとして出品されるテーブルになるようなサイズのものがあります。


ミズメ 2


木目も美しく、特に縮み等の杢が出ているものは非常に見栄えがするのですが、これらはカバの仲間の中では太い材が存在するからこそのなのかもしれません。
これらもやはりミズメザクラと表記されていたりしますが、北海道の方からすると「マカバに似た桜があるもんだ!」となるのでしょうか。
確かに、サクラと言ってイメージするピンク色とは異なりますが、その美しさは特筆ものです。
徳島県ではモウカザクラと呼ぶそうですが、モウカの意味は定かではありません。それでもやはりサクラなんですね。

また、こんなに美しいミズメは実は、「カバザクラ」と同じく非常に間違われやすい名称と、不本意な名称の二つを保持していることでも特筆なのです。
秀逸な樹種には別名があったり、様々な地方名があったりしますが、ミズメの場合は混同されたり間違われたりという、少し残念なもの。
私の様な材木屋にとっては、サクラの名を借りずとも非常に優秀で美しい樹種なんですけども・・・・


因みに、皇室においての身の回り品の判別用に用いる「お印」で、徳仁天皇陛下のものが「梓」。
この梓は、ミズメの別名でもありさらに、神話の時代から登場する物語などにも関係してくることから、ミズメがサクラと混同される以上に紛らわしい名称のループに入っていってしまうことになるのです。



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp











木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

ある意味、シラカバには本当に申し訳ない思いです。
木材の中での、マカバ>雑カバ>シラカバという序列から、どうしてもスポットライトを浴びる機会がないことは、前回まででお伝えした通り。

メジロカンバであれば、近年やっとのことでその白さが好評を得ているのですが、高樹齢木のない小径木が中心のシラカバにとっては、メジロカンバで見られるような積極的な白太(辺材)利用を見込むほどの、材料木取りが出来ないことも、未だにマイナーな点なのかもしれません。


メジロカンバフローリング


しかし、そんなシラカバもところ変われば大違い。
特に北欧やヨーロッパにおいては、まったく異なる評価を得ています。
第一、シラカバを形容して「森の貴婦人」と呼ぶほどですから、その評価のほどが知られることでしょう。
若干、あの樹皮からは貴婦人とは思えない部分もありますが、きっと北欧では貴婦人たる姿なのでしょう(汗)。

フィンランドでは、国民が国樹と考えるほどに浸透しているシラカバ。
フィンランドでは、5000年前!!からシラカバの樹脂をチューインガムとしてきたと言われます。
それは、樹脂が持つ抗菌作用から。
口腔衛生という意識があったのでしょうか。まさかおしゃれではないでしょうから、昔の日本人と同じく木の有用性を知っていたのかもしれません。

その樹液から抽出する脂は外用薬として利用されるということも、有用性の一部。
樹液や脂などの抽出成分は時に、樹木の木質部分よりも枝葉に多く析出する場合があります。
それを利用していると思われるのが、北欧でのサウナにおける肩の筋肉をほぐす「シラカバの枝」です。
シラカバの枝で肩をたたくことでコリをほぐすそうですが、慢性の首・肩コリの私ですから試してみたいものです。

それ以外では、実は私位の年代以前の方には非常になじみのある部分にも、シラカバを見ることが出来ます。
それは、マトリョーシカ!

マトリョーシカ

若い人たちにはなじみがないかもしれませんが、私には非常になじみ深いもの。
この何の変哲もない描かれただけの民族お人形風の置物が、「ふた」をあければ・・・というものですが、私の小さなころは、その木材のことよりも「中にいくつ入っているのか、いつ蓋が開かなくなるのか」に興味があって、最後の小さな一つが出てきても、もしかするとどこかに開けるところがあってもう一つ出てくるかも!?、と思って捻ったりしていたことを思い出します。

その名残で、この記事用に写真を撮る時にも一応、最後の一つを捻って確認してしまうのは、三つ子の魂百まで、的なものでしょうかね・・・


マトリョーシカ1

中から幾つも同じようなお人形が出てくる、このマトリョーシカ。
実はそのルーツは日本だというお話もありますが、私はもう少しロマンチックに考えたくなります。
アイルランドの神話では、シラカバは保護の象徴であり、それ以外の北欧の国々でもシラカバには「世話をする」という意味合いを持っていると考えられていることから、ヨーロッパ西部では赤ん坊のゆりかごがシラカバの枝でできていると言います。
赤ん坊を邪悪なものから守る、という意味合いがあるそうですがもしかするとマトリョーシカも、幾重にも重ねられたその中に民族の種である子供を守り続ける、という意味があるのでは・・・
そんな穿った、いやロマンチックな考えをしたくなるのは私だけでしょうか・・・

それ以外にも、西洋では年末になると白い箒で古い年を掃き捨てて新しい年を迎える風習があると聞きます。
その白い箒こそがシラカバであり、シラカバは再生と保護の象徴であり、新しい年に向けて自分を新たにする、再生する意味を込められているようです。

上記のマトリョーシカは、一つめくるとまた一つ、もう一つめくるとまた一つと、新しいものが生まれ再生続ける象徴のように思えてなりません。


マトリョーシカ2


素材こそ違えど、このモデルになったとされる入れ子人形もマトリョーシカも、命の限りのある人間としての永遠の命や再生を夢見る気持ちの具現化ではないかという、そんな考えすら浮かんでしまいます。
古事記においても、もともとは寿命という概念の無かった神様から寿命の起源になったストーリーが描かれていますが、ところ変わってもやはり、人間の生きる事への想いは、そんなところにも込められているのではないかと思ったりするのです。

特に早世なシラカバの生き様に、その想いを託したのかもしれませんし・・・・(この物語はフィクションです。笑)

いや、現実に戻るとすると日本の様に世界に類を見ないほどに四季に富み、気候風土に差がある地域は珍しく、寒冷で生育している樹種の限られる北欧においては材色の白い樹種が多いことも、シラカバに多くの謂れがある一因でしょうし、生活や文化に深く浸透していたからかもしれません。
日本人にとってのヒノキがそうであるように・・・

日本人にとって、というとシラカバの面目躍如の舞台があります。
それは、皇室にて使われるお印。
後にも少し出てきますが、上皇后美智子さまのお印がシラカバ。
上皇さまとの出会いの地である軽井沢に因んだそうですが、白く美しい純林を思わせるすがすがしさがあります。


日本だけではなく、世界中で木材や樹木というものは非常に重要な素材であり地球上の生き物の一つです。
ところ変わっても、その重要性と人とのかかわりは変わることはない。
シラカバを見ると、そんなふうに思えてなりません。

日本では小さな存在も、実はとても大きな意味合いを持つシラカバ。
機会があればぜひ、汗の体を冷やす時には冷たく冷やされたアイスクリームとともにシラカバの「スコップ」を探してみてください。
きっと疲労した体をクールダウンしリスタート(再生)してくれるに違いありません。


シラカバの匙


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

とある人に、「カバシリーズは、10回までで終わる予定です」と言いましたが、あっさりと超えてしまいました。
まとめる力が乏しいことが原因ですが、まぁそれだけカバという樹種が魅力的で話題が豊富だということだとご理解ください(汗)。

さて、前回の終わりにまるで「和釘」のような模様の写真を掲載しました。
話題にしていたピスフレックについてですが、ダケカンバにも稀に多く含まれてしまうことで、「マカバに含まれずに雑カバになったり、白いものはシラカバになる」原因の一つでもある、厄介者。
いえ、私にとってはそんなもの、メープル)やホワイトアッシュなどにも見られますから、まったく気にならないのですが、カバ材が仕分けられる大きな要因の一つとして、大きく関係しているのです。

白樺(シラカバ)幅広無垢一枚物フローリング 3


このピスフレックの形成要因は、樹木の成長に大きくかかわる形成層という層に入り込む虫の幼虫の活動により、異常組織として発するもの。
樹木ももちろん生き物。
だから、ピスフレックに限らずとも虫にかじられたり、土中の水分や栄養分に含まれる成分などの影響で、木質部分に色素や樹脂などが沈着するものがあります。

あ、そうだ。
脱線しますが、香木として名高い沈香もある意味そうですね。
菌や虫害の影響を受けて樹脂をため込んだ部分でもありますから、これもやはり使う側の意識の問題。

昔から非常に珍重される黒柿も、虫害の影響で発するのではないかともいわれていますし、最近日本でも非常に注目され、弊社でも入荷の度にすぐに売り切れてしまうスポルテッド(過去分は売り切れ。近日、再度紹介予定)も、通常であれば廃棄処分となる腐朽した部分です。
それらが、とらえ方ひとつで非常に稀少材として扱われるのですから、このピスフレックも考えようによれば・・・
と思っていたら、古い木材活用の文献の中に、ピスフレック(又は髄斑とあり)の「模様の優れたものは指物に」との記述がありました!!
やっぱり、そう思います。

美意識、とまでは言わなくとも自然の産物の捉え方をどのように考えるか。それだけのこと。
ただし、用途によっては強度や樹種ごとの性質を利活用する場合がありますので、そこは仕方ない部分ですから、それ以外のところには積極的に使いたいものです。

白樺(シラカバ)幅広無垢一枚物フローリング 5


現在は関西、特に大阪近辺においては住宅や施設の構造材において、杉が多用されています。
もちろん、「増えすぎた」とか「伐採適齢期」などと言われていることで使用が推奨されていることもありますが、昔の人であれば「スギを梁や桁に使うなんて!!」と驚いたのではないでしょうか。
地方の風習で使っていたことや、杉が多くあった地域などは別ですが一般的には構造材の中の横架材は地松だったはずです。
もちろん、曲げ強度やヤング係数などの横架材に必要とされる強度が非常に優れているからです。

しかしながら、松枯れで強制的に伐採されたり、他の樹種に転換するなどの理由で伐採されたりしているにもかかわらず、地松は活用されず杉が使われている。
決して杉が悪いのではなく適材適所であれば地松があってもいいもの。
弊社でも以前から力を入れてご紹介しているように、横架材用の地松材があるのですから。
これは、適材適所であってほしいところ。

それと同じように、以前はよく「お叱り」を受けていた杉をフローリングにしていることもそうです。
現在、非常に多く流通している杉の無垢フローリング。
昔の感覚では「床には硬い木を」ですので、「杉のような柔らかい木を床に推奨するなんて!!」と幾度となくご意見を頂きました。
それは弊社だけではないのでしょうけども、適材適所でいえばある意味正解でもありそうでもない。
なぜならば柔らかいということは、足腰への負担が軽減されるでしょうし、何よりも足裏に感じる質感が非常に良いからです。
杉といっても、価格重視で造られているものもあれば、理由があって杉で造られているものもあります。弊社の場合は後者で、杉の床に関しては「足触り」と「香り」と「木目の視覚的美しさ」に重点をおいて、好評をいただいている高樹齢杉シリーズ(柾目浮造り板目浮造り埋め節)を製作しています。
床に関しては、適材適所でいえば杉も選択肢であると言えます。


いかんいかん、杉の話になるところでした。
だから、フローリングにする場合も本来は、樺の中でも強度や硬さ、そして磨り減りにくさや芯材の色合いの美しさなどから、適材適所としてはマカバが最も優れているところだと思いますが、ピスフレックがあろうが辺材部分が多かろうが、強度的に劣るとしても、重量物を保管するわけでもなく摩耗する用途でもない、そして辺材の白さを求める場合は、シラカバがフローリングであってもいい場面もあると言えます。


白樺(シラカバ)幅広無垢一枚物フローリング 1

同じく白い肌が美しいものの、腐りやすいことや変色しやすいこと、芯材部分が多いものが含まれることなどで敬遠されてきた栃(トチ)が、近年非常に人気がでて高値取引されていることを見ても、そう感じるのです。
時代が変わると、用途や感性も変わる。
それに合わせていくことも、木材として樹種の個性を活かす一つの道かも知れません。

だって、日本では非常に軽視され、カバの仲間の中でも最下級とされているシラカバですが、諸外国では全く扱いが異なります。
180°・・・いやもう360°異なって、まったく違うものになってしまった、位違うことを、次回にもう少しだけ取り上げます。
シラカバの名誉のために・・・・・・


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!