空を見上げて
トップページ » 2019年11月
2019年11月

天は二物も三物もあたえるのか?! チーク超幅広!無垢フローリングの原板出荷

本当に、今年の弊社の地元以外の「府外出荷」は変わり種が多かった一年でした。
前回のスポルテッドにしても、一年で5人の方にお尋ねを頂くとか通常では考えられないのですが、いよいよ弊社が全国的に変わり物材木屋として認知された!ということか・・・(良いのか悪いのか・・・)

 そんな変わり物の在庫の中でも「正統的な異彩」を放つのは、もしかしたらこれだったかもしれません。

ミャンマーチーク 超幅広無垢フローリング原板 5

いつもの巨樹写真でもそうですが、やはり写真では木材を伝えるのは難しい。
色合いも木目も雰囲気も、自分の思ったように伝えたいのですがうまくいきません。
そういう意味で言えば、やはりプロやコマーシャル製作の方ってすごいなぁ、と思ってしまいます。

その異彩を放つ材は「チーク」です。
弊社レギュラーで取り扱いの無垢フローリングの中にも、ネシアンチーク幅広無垢一枚物フローリングを紹介していますが、今回はそれとは違います。
フローリングとしての加工はこれからですが、なんとその幅は300mm!!
数字だけではピンとこない事でしょう。
ですので、比較をしてみます。こちらです。

ミャンマーチーク 超幅広無垢フローリング原板 3


白いものが上にのっているのは、弊社の欧州楓(ヨーロピアンメープル)幅広無垢フローリングのつなぎ目V溝150mm幅です。
小さく見えますが、150mm幅ですよ!
無垢フローリングで150mmというとかなり幅広なのですが、それがまるで90mm幅品のように・・・いやそれよりも頼りなくすら見えてしまう存在感。

もちろん、両者は幅だけではなく厚みも倍ことなるので、同じ土俵で見ることはできないにしてもフローリングとしての300mm幅は相当な迫力間違いなし。
しかもチークです。

世界三大銘木と言われるだけあって、色合いもとっても落ち着いていますし、同じく木材としては珍しい黒っぽい色合いで人気のあるブラックウォールナットよりも木目が引き立ち、さらに寸法安定性が高く湿気に対して抵抗性があるという性質。
木材に求められる全てを兼ね備えている、唯一の木材ではないかと最近つとに思います。

見た目が気になる装飾性、屋外や湿気の多い場所での耐朽性、木質材料として求められる寸法が取れること、そして木材として利用する時の乾燥後の寸法安定性。
全てを高い次元で兼ね備えているのが、チークではないでしょうか。
一つ一つの特徴では、他の樹種が秀でているものも多くありますが、優秀な性能を高次元でバランスさせることの難しさ。

現在の人に例えるならば、やはり大谷翔平選手か!

大谷さん1


野球選手の資質の中の、走る・打つ・投げるを一人でこなせる選手。
打者での三拍子である「走・攻・手」が揃った選手は稀にあります。3度のトリプルスリー(打率3割以上、ホームラン30本以上、30盗塁以上)を達成している山田哲人選手はその代表格。
しかし、投手を兼任することはありません。
ましてや、160km/h超の速球や多彩な変化球を操り、メジャーリーグでも投打で活躍するなんて、どんな才能なんだ?!と驚きを感じます。

よく考えると、チークも驚きの性質を備えている点で共通しているとは思いませんか?!


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

ぶなスポルテッド 旅立つ

弊社はホームページでは、無垢のフローリングをメインに掲載させて頂いていますので、フローリング屋さんかと思われる方も少なくないようですが、実は(?)一般建築材から無垢板材、テーブル用天板やカウンター材、そしてベニヤ板や集成材までを扱う、「材木屋さん」です。

海外でつくられた商品をそのまま流通させるフローリング商社、というような形態ではなくて店舗に木材の在庫を抱えている状態です。
ですので、無垢フローリングに付随する部材であったり、またはフローリングとは関係のない「こんな木材でこんなのができないか?」というようなおたずねも頂くことがあります。

そんな中で、今年は例年とは少し違ったもののおたずねと出荷が続きました。
代表的なものの一つがこれ。

スポルテッド 4


スポルテッド材と言われます。
興味の無い人には、とっても汚れてた板材、もしくは腐りかけの廃材と映るようなもの。
実際、もくざいとしては結構ボロボロだったり虫の穴があったりという状態ですし、それ以前に本当に腐朽している材ですから、普通に考えれば廃材なのかもしれません。

しかしながら、人の好みは千差万別・十人十色。
見方によっては素晴らしい材料、ということでこの板材をうまく活用して商品を生み出す方がおられるのですね。

今年に入って5人の変わり物(失礼・・・いい意味で、です。)の皆さんからお尋ねを頂きました。
最近出荷したものは、家具になるのか小物になるのか分かりませんが、人の手によって「腐った板」から「模様の綺麗な家具や小物」に変わるのです。
そうなると杢のある木材と同じように、もう立派な作品に変わります。


私たちはどうしても視覚的情報や、今までの経験等をもとにした判断で物を見ることが多いと思います。
しかし、考え方や捉え方、見方を変えれば新しい価値が沢山あるという事に気がつくのが、このスポルテッド。
黒柿等と同じですが、自然にできる特異な模様ですので、在庫が無くなったからと言って丸太を買って製材してつくる、ということのできないものだけに、非常に貴重。
自然の産物だからこその、綺麗な模様だと思うとものすごく良いものにみえてくるのは私だけではないはずですよね。

スポルテッド 3


まだ、弊社から出荷した材での作品にお目にかかったことはありませんが、是非一度見てみたいと思っています。
まだいくつかはブナスポルテッドとトチスポルテッドの在庫があります。
お探しの方はあるうちにどうぞ(笑)。

また、それらとは別に、小さな板材スポルテッドもいくつかありますので、こちらは小物製作等に使ってもいいかもしれません。

スポルテッド 1


丸太が細いので芯材部分が少なく、中心まで模様があるのが良いですね。
ちょっと太めのものは芯材部分には模様がありません。
そう考えると、芯材って耐久性あるのね・・・改めて実感。

スポルテッド 2


無垢フローリングもとっても大切なのですが、こんなものも扱う(このなものの多い?!)変わった材木屋です。
(もちろん、普通の材も沢山ありますけど・・・)

芸術的センスの変わり物たち、集まれ!!

 
・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

白赤はっきりつける?! 木ーワードは源平合戦

赤と白の色合いのはっきりした境目を持つ材を指す、「源平材」という言葉。
どうも歴史と関係がありそうですが、だれが言い出したのかは知り得ません。

前回の続きで、白旗といえば「降伏・降参」をあらわすもの、という認識もあります。
源平の合戦では白旗の源氏方が勝利しているにもかかわらず、なぜこのような認識になったのか。
もちろん、その後の歴史上での源平両者の関係などもあるのでしょうが、不思議な点も多いものです。

源平の合戦


木材には全く関係ありませんが、私が好きだった自動車レースでも白旗が存在します。
それと共に、自身がサーキットへ走行に行っていた時は、赤旗とオレンジボールと言われる日章旗デザインににた色違いの旗がもっとも嫌でした。
赤旗は事故やアクシデントなどで走行中止、オレンジボールはオイル漏れや機械トラブルなどで車両に問題があることを指しています。
前者の場合は、限られた走行時間が無くなって行くこと、後者はコース内にオイルが出て滑りやすくなる(事故の危険性大)か、愛車が故障しているという合図なので、どちらもいいものではありません。(写真は黄旗)

サーキット旗


それに比べて白旗は、コース上に遅い車両がいることなどを示しているので、この場合は大きな心配は入りません。

このように、旗はいろいろな場面で物事を伝える役割をしています。
サーキットではなくとも、赤白の旗を振ればそれは手旗信号になります。

映画やドラマで目にしたりしてきましたが、美しい姿勢でキビキビと旗を振り、一文字一文字相手に伝えていく様は、とても凛々しく勇敢に映ります。
籏を使った赤白は、それを振るうだけで意図したことを伝える力がある。
源平材と言われるスギの木材も、もしかしたら大きなメッセージ性をもっているのかもしれない、と思うとまたスギが好きになってしまいそうです。
しかし、語源の通りであるとするならば、スギの赤身(芯材)である平氏と白太(辺材)である源氏の間には、「白線帯」という水分やアルコールなどを通しにくい部分があるはず。

白線帯


もしや、歴史上でその役割を担う事になっていたのが「源義経」だったのだろうか?!!
白線帯とは、辺材が役割を終えて芯材に変わっていく境目に僅かにできる境界線。

源氏方である義経が、最後は白である身を追われていくそのストーリーが、どこかスギ材の「源平材」という言葉に込められているのではなかろうか!!と想像以上の妄想を膨らませてしまいそうです。


その真偽は別として、何かしらの歴史にも関係のある、日本人になじみの杉。
私も旗を振り、スギの良さをもっと伝えられるように頑張らなければ!!!
 

源平の合戦 滅びゆく平氏



 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

白赤はっきりつける?! 木ーワードは源平合戦

スギ材の材質を表す時に多く使われる「源平(げんぺい)」という言葉。

もちろん、杉だけではなくヒノキであっても同じ理屈で言えば「ヒノキ源平材」となるはずですが、それはあまり聞きません。
芯材の色合いが、スギよりももっと淡く優しいからでしょうか。もしくは、ヒノキは白い辺材のみという使い方はほぼしませんし、通常はなにもしていしなくても「源平」な材なので、使われないのか。

木曽桧幅広無垢一枚物フローリング


近年では、私も勧めていることもあり屋外使用の場合にはヒノキでも芯材の部分が多い「赤身勝ちや赤身」という指定で使って頂ける場面が多くなりました。
いくらヒノキとはいえ、辺材部分は容易に腐食しますし虫害を受けます。
一般的にはヒノキは万能と思われていますが、全くそんなことはないので注意が必要です。


桧赤身デッキ材


脱線しましたが、とくに芯材と辺材の色の差が「赤白」で顕著な杉に関しては、「芯材(赤身)のみ」、「芯材と辺材両方入る部分」、「辺材(白太)のみ」という使い分けをしてきました。
この中の「芯材(赤身)」と「白太(白太)」の色の差がきっと、今回のテーマである「源平」を生んだのですね。

説によりますと、その語源は源平の合戦だと言われています。
源氏が白旗、そして平氏が赤旗を掲げたことが由来の様です。
白い旗と赤い旗、そのはっきりと2つに分かれる様は、さぞかし「源平材」に似ていたものなんでしょうね。
おそらく、ヒノキではその色が想像できなかったのでしょう。


しかし、この説が本当であれば、木材の世界では先にも出したように芯材部分を多くすることを「赤身勝ち」と言ったりしますが、私が想像する源氏と平氏の戦いである源平合戦では、白旗の源氏が勝利していますよね。
木材の性質でも、芯材である赤身が重要視される場面が多い。
源平の合戦では白旗が勝っているのに、どうしてでしょうかね。
(源氏と平氏とした場合は、さらに後年へも影響があるので、どちらがどうともいいにくい。)

言葉は面白いものです。


 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 22:34コメント(0) この記事をクリップ! 

白赤はっきりつける!? 木ーワードは源平合戦 

深い傷を負ったあと、永い眠りから醒めたルパンの様に、「今日は何日だ!明日は何がある?!」的なバタバタ感のこの頃。

驚くルパンの様に・・・


予定の前日でしか用意ができないような、自分担当の授業の用意すらも前日まで全くできていない状態(本当の話・・・)の毎日から少し落ち着いたある日。
次男が期末テストに向けての勉強予定を立てている(自分の時には考えられん・・・偉い!我が息子。)ときにふと、「源平の合戦でな、、、あれ?!あのほら、、、、あの谷なんやったっけ・・・義経がな・・・」と家内と話をしています。
私としては一瞬で、「それはあそこやろ!」と神戸出身の父の血を引く身としては答えたくなるところだったのですが、それ以上に血を沸かせたのは「源平」という言葉。


源氏と平氏


私の時代は「源氏と平家」と記憶していたのですが、正確には異なり息子世代には「平氏と源氏」になっているようです。
軽いカルチャーショックの様でしたが、学生時代に勉学に励まなかったせいで、奥深い歴史の正確な情報には言及できませんので、是非とも割愛させてくださいませ(涙)。
さて、話は戻って私がどうして「源平」に反応したか。

木材業界の方ならば、普通にピンとくると思うのですが、それが大切な木材の状態を表す言葉と一緒だからですね。
その状態とはこれ。

百年杉柾浮造りフローリング


もっとも身近ではっきりとしていて、今でも取引の上で使用する業界用語で使う場面が多いのは、やはりこのスギの「源平(げんぺい)材」。
スギに限るわけではないですが、芯材部分である赤身と辺材部分である白太の「赤白」のコントラスト。
一つの木材に、その芯材と辺材の混在した状態をさして、私の近くの木材業界では「源平材」と言います。
全国でそのような意味をもって使われているのかを検証したことはありませんが、少なくとも近畿では「赤白材」とか言わずに、「源平材」と言うのではないでしょうか。
もちろん、最近では自身が化粧用のスギ材を発注する機会が少ない(広葉樹や他の材を使ったり、諸事情もあり)こともあるし、それ以上に化粧用のスギ材の流通量が一時に比して減少していることもあって、その言葉を聞く機会もめっきりとなくなりました。
今の若い材木屋さんは知っているんだろうか・・・

そんなレベルのような。
もしかして死語か?!・・・



 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

地松(赤松)長尺上小無節階段材 完成!!

季節のよい11月は、各イベントや講習会への出席に加え、自らのイベントや出張も重なって、非常にスケジュールがタイト。
会社にもほとんどいない日が多く、業務もたまるばかり・・・

さて、そんな中でも納品をした現場は進んでいるわけで、施工して頂いたところを見せて頂きに行ってきました。
今回は私のこだわり樹種の一つ、地松で、階段を作っていただいたところです。
それも、踏み板(階段板)の長さが4mという長ぁ〜いもの!!

地松階段材2

こんな特殊な階段を作られたのは、お寺さん。
本堂に上がる為の階段なので、非常に間口が広く必要。
それで、4mもの踏み板長さになるのです。

さて、ここで思い出してもらいたいポイントが一つ。
それは地松の原木の姿です。
弊社の記事を見てもらうと分かると思いますが、ほぼすべてがギューっと、またはクネクネと曲がっているのです。
普通、丸太と言えばスギやヒノキのまっすぐに伸びた姿を想像すると思います。そんなまっすぐな丸太であれば、4mの板を作ることは容易ですが、地松の曲がりくねった丸太から、まっすぐな板を作ることは、想像以上に難しいのです。
その上、地松は節が多く出る樹種でもあります。もちろん、ヒノキの様に枝打ちという作業をして節の無いものを育てているわけでもありません。
それなのに、今回使って頂いたものには4mの間に節が無い!いや、少〜しだけポツッと出ている位。

地松階段材4


石山赤松幅広無垢一枚物フローリングもそうですが、この階段板も地松では非常に貴重な節の無い部分を厳選しているから、このような仕上がりになるのです。
節の多い樹種からそのようなものを作り出すには、どのような原木が必要か・・・如何に貴重か・・・


地松階段材7


お寺さんなので、もちろんヒノキも候補ではあったのですが、工務店さんから「地松ではできんか?!」とのお言葉があり「もちろん、できますよ!!」のお返事で使って頂くことになった今回。
近年では非常に珍しい、地松の長尺階段を作ることができました。

地松は神様の拠り所となる木。
門松や松竹梅と形容されるように、とっても縁起の良い木でもあります。

その生育条件は、厳しい環境にこそ適応し後に育つ植物の生育環境を整える役割を果たしてくれます。
今回新調された階段によって、今後もお寺と檀家さんの発展が期待できることと思います。

見事な地松長尺階段に、すがすがしい気持ちでお参りできることと感じました。


地松階段材1



 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

親子杉?!否、分身杉! 〜伏条更新の見本 切山の大スギ〜

日本の樹種のお話で、ある意味話題が尽きないと思うのが杉。
様々な文献で「日本固有種で」とか「日本の隠された宝」とかいう枕詞で始まる、とっても愛されている樹種。
一方で、花粉症の元凶であるとか、人工林が増えすぎて「害木である」と言われているとか・・・

その他に、よく話題になるのが「オモテスギとウラスギ(アシウスギ)」。
私も今までにいろんなところでお話ししてきましたし、簡単に言うと日本海側に多く生息し伏条更新するものがウラスギということを言ってきました。
こういうと非常に分かりやすく、ある意味当たらずも遠からずですが、植物ってそんなに簡単に分けられるものでもなくて・・・

日本海側に近くなると気候も雪が多く深くなりますから、枝が地面について伏条更新するウラスギが存在する、という誠に信じられる理由で説明してしまうのですが、今回紹介するスギを見ると疑問が生まれてくるのです。

切山の大スギ 2

高く太くそびえるのは、切山の大スギ。
きれいに伸びた幹と、若干卵型にみえる枝の付き方。
遠くからでもそれと分かる杉の巨樹です。

周囲にほとんど樹木がないことと、正面?!が広場のようになっていて、その姿は眺めたい放題。
そのため、少し離れてみるとなおさら立派で、近づくと大きさ太さを感じることができるという、一粒で二度おいしいタイプの杉です。

いや、これに関しては二度ではなく三度おいしい、が正解かもしれません。

切山の大スギ 1


愛知県の指定文化財である切山の大スギ。
樹齢1000年を超えるといわれるようですが、今回注目したい「三度おいしい」ポイントは大きさや樹齢ではなく、その本体をよく見てもらうとわかると思います。

全体写真の大スギの右を見てください。
石碑のもう少し右に、もう一本小さな杉が育っているのが見えるでしょう。

実はこれが大きなポイントです。
その解説は上の写真の解説板にもあるように、「アシウスギ」であること。
ご存知の通り、アシウスギは雪の多い日本海側に分布するといわれる種で、垂れ下がった枝が地面について、そこから根を出して独立した別の主幹を構成するという、樹木というか竹のようなイメージを持ってしまうものです。

そのアシウスギの特徴そのままを、巨樹としてみることができるのが非常に珍しいのではないかと思います。

切山の大スギ 5


奥に見える二股に分かれた枝の先が、いったん地表についてその先に大きな根曲がりを作りながら、空に向けて伸びているのが、それです。
それもかなりしっかりとしたスギとして成長しつつあります。
写真を見ても分かる通り、周囲にはその成長を阻害するような存在も殆どありませんし、親木(?)のほうが文化財指定されていることで、この子(?!)もすくすくと成長できることと思うので、50年後くらいには双方並び立って「切山の親子杉」なんていう名称に変わっているのかもしれません。

その時には、解説板も「実はこの2本のスギはもともとは同じ樹木であり、アシウスギという樹木の典型である伏条更新という状態を・・・・」なんていう風に書き換えられるかもしれません。
それもある意味楽しみです。

切山の大スギ 4


しかし、たまに見かけますがどうしてこのように激しい集中枝なのか、それも枯れ枝の様に見えるものがおおいものの、それぞれも太さがありメデユーサの頭のようにニョロニョロと動き出しそうに見えます。
枝をたくさん出すことが出来たのは、周囲の環境によるとことも大きいと思いますが、これらが「垂れ下がる」というよりもむしろ、「地表を目指して伸びている」様に感じるのは、私だけでしょうか。

まるで意思があるように、いやきっとそうに決まっている。
自分の存在を残す方法を少しづつ遂行している、そう見えます。

しかしながら、その状況を目の当たりにして理解はできるものの、疑問も残る。
それがキーポイントです。
先に書いているように、伏条更新が特徴的なアシウスギは「雪の多い日本海側」に分布するはず。
もちろん、私も多くのアシウスギを彼の地で目にしてきました。
と言いながらも、この切山の大スギがあるのは愛知県。
完全に太平洋側。

えぇ?!どうして?
アシウスギなのに太平洋側?!という疑問が出るのです。

それはどういうことか。
これ、完全に特徴的なアシウスギではないのか!!
そう思ってしまいます。

切山の大スギ 7


スギを大きく分類するときに使われる「オモテスギ・ウラスギ」という呼称のウラスギと同義として扱われるアシウスギですが、スギという樹種の多様性(変種や地域ごとの違い、栽培品種など)を考えると、完全に同意ではないはずなので、解説板にあるその表示は「伏条更新する種である」ということを指しているのでしょう。

実際に、オモテスギではこのような性質を表す個体は見られないのかもしれませんが、枝を使って増やしていくことは可能なはずなので、決してオモテスギは枝から更新することはない、とは言えないでしょうから、違いはある中で、伏条更新の性質を顕著に表しているものであり、日本海側にしかありえない、ということをいっているわけではないのだと推察します。

もちろん、全ての人がこんなことを想像するかどうかは分かりませんが、思い込みが決めつけになってしまっていろいろな考え方や見えるものを見えなくするのかもしれないな、と自戒する機会になりました。


大スギの傍に立ち、その枝が異なる命を生み出している直下にいると、命の流れの中にいるかのよう。
お母さんのへその緒から、大切な栄養をいただく赤ん坊の様に。
普段なら、異様にすら感じるその「アシウスギの触手」すら、温かく感じてしまう、不思議な感覚を覚える場所。
それがこの、切山の大スギでした。

切山の大スギ 3



切山の大スギ所在地
愛知県岡崎市切山町大ゾレ

広場に駐車可能


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ! 

私としては濡れてほしい、木のコースター 皆さんはどっち派?!

木は水に弱い、シミになる、腐る、、、、
ふつうはそう思いますよね。
もちろん、条件が悪いと最終腐ることもあります。

だから、無垢フローリングも無垢テーブルも、無垢の木の表面を水分から保護するために、様々な塗装をします。
弊社は植物性のオイルをお勧めすることが多いですが、それらを施すと少々の水分や汚れをはじいてくれるので、ちょっとくらい水にぬれても大丈夫!になるわけです。

なんですが、今回ばかりは濡れてほしかったわけで・・・

夜に自宅の机で書類を作る私に、「なんかいれる〜?!」の家内の声。
仕事の書類とはいえ、勤務時間外の夜ですから、ちょっとは飲みながらするわけで(汗)。
そこで家内がもう一言、「コースターいるよね?!下に敷くものもいるよね?」と。

おぉ、さすがは私の家内。無塗装の机天板が輪染みになるのを嫌がることをよくわかっている。
ちょうど持ってきてくれたのは、カボスの果汁入り焼酎のロックです!なかなかすっきりしてよいのですが、、、

むむ?!
なんじゃこりゃ。

木製コースター 1

さっきの一言、最後を聞き逃したけども「敷くものいる」とはこういうことか!!

いただき物のおしゃれなヒノキのコースターなのですが、美しく塗装がされていて、グラスの結露水がまったく吸い込まない。
吸い込まない=水滴がそのまま残る=どんどんと濡れる水滴が広がって、天板にこぼれる。

おいおい、和染みはできないけど、水滴垂れるやないか!!
天板のシミを防ぎたくて使おうとしているコースターの意味がない。
もちろん、コースターをきれいに使うにはとてもいいのですが、きれいに保ちたいのは天板の方であって、この場合は無塗装にしてもらっといて、このコースターで十分に水滴や結露水を吸い取ってほしいところ・・・

木製コースター 3


商品としてはとっても優秀。
しかし、私が求める用途とは少し違いました。
せっかく意匠的なヒノキコースターなのに、この上にもう一枚布のコースターがいるなら意味ないかなぁ・・・・

しかし、一般的にはどうなんだろう、、、やっぱり、ちゃんと汚れない方がいいのかな。水滴が表面に残っても。
私は特殊なほうなのかも?

皆さんはどっち派?!


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30コメント(0) この記事をクリップ!