空を見上げて
トップページ » 2013年01月
2013年01月

天然!尾州桧(木曽桧・きそひのき)節あり幅広無垢一枚物フローリング


以前からちょくちょくとお問い合わせいただいていた樹種があります。
どうしてないの?!普通は一番最初位に掲げてあるのに・・・といわれてきました。
いや、ないわけではないのですよ。載せていなかっただけで・・・普通に販売はしていたのですが、紹介していなかっただけです。

一般的なお店で取り扱いの無垢のフローリングというと、先鋒「杉」次鋒「パイン」中堅「桧」、そして副将「カバウレタンユニ」、大将「ナラウレタンユニ」、といったラインナップでしょう。
リーズナブルで近年イメージのよい杉から入って定番のパイン、そして少し高級な桧ときて、広葉樹で木目の優しいカバと広葉樹フローリングの王様といってもいいナラのウレタン塗装のユニタイプ90幅という形ですね。

だから、弊社のページに桧が掲載されていない、というのは確かに疑問だったようです。
しかし、弊社は普通の材木屋ではありません!!(御存じですね・・・・・・・・)
だから掲載していなかったのです。少し大げさですが・・・
最近も、御社で掲載されている様な無塗装一枚物のカバフローリングが、地元の建材店で入手できない事に驚いた、という御意見をいただいた事からもわかるように、普通のものはあえて掲載していません。(もちろん、普通のウレタン塗装なども扱ってはいますが・・・・)

先程の団体戦(?!)でいくならば、先鋒の杉でさえも「よそでは○?!×%&位ですよ、高いですね・・・」などと大工さんをはじめお施主様からも言われますが、そもそも違うんです!!
全く違うんです。
弊社で扱う高樹齢 古希杉板目浮造りフローリング高樹齢 百年杉柾浮造り無垢フローリングも、同じ杉という樹種でも、樹齢も産地も選別も、そして加工も。
全てが違うから価格も違うんです。
価格だけしか判断材料が無いのなら、わざわざ紹介しません。
価格だけ掲載して、かごにポイッとで終わりでしょう。

それと同じ。
桧も普通の桧と違うんです。だから、普通に載せていなかったのです。
すみません、遅くなりました。

前置きが長くなってしまいましたが、そんな理由で紹介していなかった樹種「桧・ひのき」の無垢フローリングをやっとこさ御紹介しましょう。

桧・ひのき 学名を chamaecyparis obtuse 英名を hinoki cypress
学名の由来は、chamai(小さい) cyparissos(イトスギ) obtusa(丸みを帯びた、鈍形の)という意味を持つところからきているそうです。

和名の桧・ひのきは、よく知られている「火の木」の転訛というものや、「ヒ=良い」という意味があり「ヒの木=良い木」という意味合いを持って使われたという事も言われています。
関東地方から屋久島にかけてみられる、杉とともに日本を代表するヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。
ヒノキ属は日本のヒノキ以外に世界に6種。
アメリカ大陸の米桧(べいひ、white ceder)、米ヒバ(yellow ceder)、ヌマヒノキ(white cypress)、そして台湾の台湾桧(たいひ)、紅桧(べにひ)と日本のサワラです。
木目が美しく油分に富んだ「ラオスヒノキ」や樹脂の塊の様な針葉樹「オーストラリアヒノキ」などはヒノキ属ではないヒノキ・・・和名命名のややこしさ。


尾州幅広フローリング 4














もし、木材の事を少しでも知っていらっしゃれば一目でわかる節の大きさと赤さ、そして年輪の細かくやわらかい事。
そうです、これこそが桧の中の桧である尾州桧()=天然木曽桧(てんねんきそひのき)幅広無垢一枚物フローリングです。

わざわざ「天然」、と銘打ったのはいうまでもなく人工林もあるからです。
そして、きそひのきとして出ている角材などの多くはその人工林からの丸太を使用している場合が多いです。
ここで、天然は良くて人工はダメ、というような議論は不毛です。
そうではなく、同じ木曽桧(きそひのき)といっても2種類あるということと、一般的にイメージされる(情報として浸透している)のは、圧倒的に天然木曽桧のお話であろうということが大事なところです。

それは、私の実体験に即しています。
かなり昔に弊社倉庫を整理していた時に「木曽桧」と銘打った木材が多くありました。
もちろん、盤物や角材など様々なものがあり、昔々に社寺建築に使っていただいた名残を感じられたりしたわけですが、比較的入荷の新しいモノの中に少し木目の異なるものが入っています。
当時の私の頭の中で、木曽桧といえば超一級品。
年輪は細かく赤身が美しく・・・と想像するわけですが、どうも違う。
白太が中心で年輪幅も広い。普通の大人しい(素性の良い、という意味)桧という印象だけで、どうも一級品というには少し違うような印象を受けました。
実はそれが上記の「きそひのき」であって、木曽で産出されたヒノキ、と理解した方が正しいものでした。

材木屋で働く若手だった私でもそう感じた位ですから、各種文献や記事で紹介されている桧、特に木曽桧の印象を持ったお客様には、やはり同じ感覚を持たれるのではないだろうか、と感じ、表示をしているまでです。
決して「良い悪い」ではなく、判断材料として表示ができること。
それが、結果としての尾州桧幅広無垢一枚物フローリングです。

尾州幅広フローリング 2














さて、「天然」といって、木目の細かさなどを強調してはいますが、実際のところは樹齢400年などという、本当に社寺の御柱になるような丸太はフローリングに加工していくというような勿体ないことはできませんので、それらと同じ環境に育った天然の丸太である、と解釈してくださいね。
それにしても、やはり普通の桧とはわけが違います。

それは、一歩間違えば鼻をつくようなきつい匂いになりがちな桧ですが、木曽桧は比較的香りが柔らかく、それと同時に木肌も他の産地の桧よりも柔らかなため、やはり感触や触れた時の印象が異なる事は大きな違いです。

木曽桧といって思い浮かぶのはやはり社寺建築。中でも持統天皇の時代より1300年間の歴史を持つ20年に一度の遷宮という儀式を執り行う伊勢神宮の御用材は、この木曽桧です。
昔は美濃や伊勢の西山、三河地方に材を求めたそうですが、江戸時代からは現在と同じく木曽地方(尾州・びしゅう)に御用木が定まったといいます。

日本書紀にある様に、「檜を以て瑞宮(みずのみや、宮殿)を為る(つくる)材にすべし」という言葉通りですが、説によると一回の造営で使われる材は実に一万㎥、=大まかに一万本位の原木になるそうですが、その中の最大径のものは1m30cmにもなる樹齢400年の巨木であり、その原木の選定も様々な条件(聞くところでは近くに沢があり、2本立ち並んでいる事などがあり、非常に難しいらしい・・・)をクリアしないといけないということで、材積以上の大変さを知る事が出来ると思います。


そんな貴重な天然木曽桧からつくられる尾州桧幅広無垢一枚物フローリング。

尾州幅広フローリング 3














通常の桧無垢フローリングと並べてみてみるとこんな感じです。

地桧と尾州 1










左、地桧(通常の桧)無垢フローリング、右、尾州桧(木曽桧・きそひのき)幅広無垢一枚物フローリング。(地桧の色が濃いのは、サンプルとして頑張ってくれている勲章として勘弁してください・・・)
それぞれで見てみましょう。

先ずは地桧。

地桧と尾州 2



指一本の木目と端の柾目の数も見えそうです。





一方尾州桧は

地桧と尾州 3



中央にほっそりとした木目と端の方も細い柾目が綺麗ですね。




こういった違いがあるのが、国土に対しての日本の森林と樹種の妙でもあり、日本の木の面白く素晴らしいところですね。


また、如何に天然物とはいえ、天然であるがゆえに少々性根の曲がったヤツや変化球を投げてくるような曲物も含まれる場合もありますが、使用上問題のあるものは避けていますので、広葉樹の様にピシッと揃っているということはないかもしれないですが、それでも、この美しさにはどこか惹かれるものがあると思います。

もちろん、節のない部分も清楚で綺麗ですが、あまりにも綺麗過ぎて印刷の様?!に感じてしまう事もある一方、この尾州桧節あり幅広無垢一枚物フローリングは、他の桧には無い大きな節が特徴ですし、その節こそが天然の木曽桧を物語る目印でもあります。

尾州幅広フローリング 8














手の平に乗る?位の大きさは当たり前です。
また、ある程度集中している事もありますが、赤いアクセントが白い生地に映える「紅白」のアクセントに感じられます。

尾州幅広フローリング 5














もしも、桧のフローリングで迷ったら一度振り返ってみてください。
天然の木曽桧から伐り出された赤い節のフローリングを・・・

優しい桧の香りと視覚的にも温かな足触りが、広葉樹フローリングには無いほっこり感を与えてくれると思います。
とっておきの針葉樹フローリング、尾州桧幅広無垢フローリングです。
次回は同じく尾州桧(木曽桧・きそひのき)幅広無垢一枚物羽目板のご紹介です。

尾州幅広フローリング 9














・貼上がり施工写真はこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから。


尾州幅広フローリング 1




貼り上りイメージ









(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


*尾州桧(天然木曽桧・てんねんきそひのき)節あり幅広無垢一枚物フローリングを採用頂くにあたって

・尾州桧は、他の桧よりは少ないかもしれませんが、それでも桧特有の精油成分を含みます。
天然木曽桧幅接ぎカウンターのところでもお伝えしましたが、施工前後問わず材面に物を密着させたり、カバーをかぶせたり、到着後開封せずに板同士を密着させたままにしておくと、その部分に脂分が滲み付着します。
これは、天然の桧が持つ有効な油分を極力逃がさず乾燥させているからです。
桧の特徴として御理解下さい。
また、密度の低い針葉樹フローリングですので、幅方向での規格寸法からの多少の誤差を含む場合がありますので、仮並べの際に確認いただいてからの施工をお願いいたします。(密着されていなくても出てくるものもあります。)

天然の木の家11


・尾州桧(天然木曽桧・てんねんきそひのき)幅広無垢一枚物フローリングはエンドマッチ加工(長さ方向のつなぎ目の実加工)をしておらず、突きつけ施工となります。そのため、商品の長さは長いものなどを含み、その伸びの部分で乾燥割れのあるものなどもを含みますので、現場にてカットして施工いただきますようにお願いいたします。
(エンドマッチ加工も別途可能です。お尋ねください。)

・桧がもつ「有効」とされる精油成分は、体調や体質によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、敏感な方は検討の際にはサンプルを枕元に一晩過ごしてもらう、手で長時間触れる、などのテストが必要な場合があります。

・材の有効利用の為、一部木裏加工も含みます。ご了承ください。


尾州桧(天然木曽桧・てんねんきそひのき)節あり幅広無垢一枚物フローリング
(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×120×1900又は2900
(エンドマッチ加工が無い為、商品の長さはまちまちで、伸びのあるものも含まれます。)

・形    状 :一枚物

・入    数 :1900mm 15枚入り(3.42崙り)/ケース
               2900mm 9枚入り(3.13崙り)/ケース

・エンドマッチ :無し 突きつけ施工となります。ご注意ください。

・価    格 :一枚物 無塗装 1900 ネイキッドグレード ¥25500(税込¥27540)/3.42
              :一枚物 無塗装 2900 ネイキッドグレード ¥25500(税込¥27540)/3.13

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :ネイキッド  節、源平(赤身白太)、パテ補修込み。強度的に問題のない節や欠けを含みます。 

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから                
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


・表情の違い 参考


尾州幅広フローリング 7





実付近の節と節部補修パテ








尾州幅広フローリング 6




針葉樹の節星割れ









埋め木補修も可能です。

天然の木の家9

軽微な死節はそのまま活かしています。

天然の木の家10




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

枕木と景観を兼ねた庭づくり


少し前に木製デッキ材のお話をしましたが、建て物の外に使う木材の用途としてはウッドデッキだけではありません。

もともと特殊用途であったものを利用する事で、一味違った雰囲気を出すことのできる素材。
それがこちらです。

注入枕木 1










そう、鉄道枕木。
近年ではそのほとんどがコンクリート製となり、見る事が少なくなってきたのですが、昔はこんなところにも木が活用されていたのです。
古くは栗が適材と言われ、私も枕木といえば栗材であるものと思っていましたが、近年は国産の栗などの硬木類か輸入硬木のケンパス材が主流です。
今でも、コンクリートではダメで木の枕木を使うところがある、と聞いた覚えがあるのですが、理由までは定かではなく、鉄道関係者の方か車掌さんにでも「乗り味」を伺ってみたいものです。

このような、本来の用途とは異なる物をあえて使う事で、意外性や固定観念では想像できない様なものが出来る事がありますが、この枕木も同じですね。
やはり庭のデザインを兼ねて、支柱その他に使われます。

一時のガーデニングブーム(?!)の時には、かなり消費されたと思いますが塀や門柱、アプローチの材料としては木材でありながらも耐久性は抜群ですし、なにより木材という素材であるために、どこか柔らかな雰囲気があることが好んで使われる大きな理由だと思います。

注入枕木 4











屋外利用が前提の材料ですので、インサイジングという表面にキズをつける加工をすることで薬剤を注入し、防腐性能を確保。
鉄道などは、しょっちゅう腐れて取り替える、というわけにはいかないですものね。
しかし、だからこそ、少し・・・いや、出荷当初はかなりの匂いがします。
ちょっと触っていたり、衣服につくとなかなかとれません。
すごい匂い、といった方がいいかもしれませんね・・・
ですので、新品の場合は少し気をつけて施工していただく必要があります。
若しくは、匂いを抑えた注入材(匂いが少ない、というだけです。薬剤注入です。)か、素材のままという選択肢もあります。

また、内装材の様にきっちり角がついているという事もなく、丸い部分もあります。

注入枕木 2











そして、傷や虫跡なども含まれますから念のため・・・

注入枕木 3











そのあたりは、内装材の規格の様に考えてはいけないところですので、注意してくださいね。
こんな真っ黒になっていても、なんか雰囲気を醸し出す木材。うーん、すごい。
近隣からのお宅の景観を左右する御庭の雰囲気をグッと押し上げてくれるに違いありません。

木材といえば、日頃内装に目が向きがちですが、デッキを始め樹種固有の特性を利用し、メンテナンスをしていけば風合いよく長持ちさせる事が可能です。
もっともっと、外装にも木材を使っていただけるように、外装用羽目板なども紹介しないといけませんね・・・
レッドシダー(米杉・べいすぎ)や国産唐松などあるんですが・・・・
うー、やることいっぱい!!

ボチボチで勘弁してくださいね。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

まとまるか?!黒檀(こくたん)無垢フローリング


皆さんは好きですか?黒。

黒というと、少し暗いイメージがある半面、お部屋の内部に使うと意外と映えるものです。
というのも、住宅などの建物の中の場合は壁面や天井が白系色で明るい色合いである事が多く、また特に足元に黒い色を持ってくると全体的にシックで「腰の据わった」といいますか、落ち着いた雰囲気になります。

さて、ここで足元に・・・としたところに注目です。
もちろん、天井が黒いと流石に少し頭の上が重く感じますが、足元のフローリングが黒い場合は不思議と空間にしまりを持たせてくれるものです。
ブラックウォールナットなどがそうですね。

しかししかし、如何にブラックウォールナットといえども黒ではありません。
では、黒い木材は何か・・・
言わずもがな、黒檀ですね!

BC 130-Nユニ 3




 ブラックチェリー幅広無垢フローリングに横たわる縞黒檀名刺ケース







黒い檀木(檀木=別記事を参照)ということで、黒檀。
英語でエボニーと称され、古くから唐木とも言われて珍重されてきた木材です。
もちろん、黒いと言っても「真黒材」というモノ以外は真っ黒一色というわけではないので、茶色い縞があったりしますが、それでもその深い黒さは他の無垢の木材ではなかなか現すことはできませんね。

その稀少材である黒檀の無垢フローリングのお問い合わせを受けておりまして・・・・

黒檀無垢フローリング 1











材自体が稀少なため、まとまって御案内する事が出来ないのですがそれでも御希望の方はいらっしゃるものです。
今回は、建築工事が5月ごろの予定らしく、しっかりと日数をとっていただけそうですので、準備ができそうです。
さて、決定していただけるか否か・・・
後は、お客様の想われている黒檀のイメージに合うか否かのみ。

黒檀無垢フローリング 2










一口に黒檀といってもいろいろとありますから・・・
それにしても、ほんと黒檀の仕上げ面はスベスベ・ツルツルです。
硬木だから、触れると少し冷やっとするくらいですが、それでもこのツルツル感はさわりたくなりますね。

是非決めていただきたいなぁ…・
フローリングも含め、見どころのあるおうちになる事間違いなしですので・・・
期待に胸ふくらませながら、硬いサンプルに頬をすりあてる今日この頃です。

黒檀無垢フローリング 3












木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング


前回紹介のロックメープル幅広無垢一枚物フローリングはいかがでしたか?!
たまたまではありますが、一枚物の写真はネイキッドグレードまで白太の多い材だったので、白いフローリングのイメージを持たれたかと思いますが、もちろん無垢の木材ですので、違う梱包には赤身の部分が多いものも含まれます。
それが一番わかりやすいのは、この幅広無垢V溝フローリングかもしれません。

ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード6














弊社の紹介する幅広無垢V溝フローリングについては、ロシアンバーチを始めノルデストウォールナットなどでも、その存在感と幅広150だからこそ見せられる木目の表情は、価格重視の「とりあえず製材した」フローリングとは異なることは当然ながら、150mm独特の存在感を醸し出してくれます。

ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード5































近頃は、合板フローリングの中でも表面の化粧板(つまりはフローリング表面)が150mm位の、幅が広く厚みも厚い挽き板で拵えてあるものや、印刷技術の駆使によって「当然無垢の木材」と勘違いさせるほどの仕上がりを見せる紙のシート貼りのフローリングが多く存在します。

それらは機能的にも優れ、ワックスの必要がなく貼り工事の手間が少なく、床暖房に使えて・・・・などなどのセールスポイントとなる特徴を多く持っています。
ですから、床にはそれらの機能が必要!という方にはとても選択肢が多くおしゃれ感を出せるようになってきたと思います。
では、今紹介のロックメープル幅広無垢V溝フローリングなどはどうなのか!?というと、無垢で幅広の商品をお探しで、コストとのバランスを考えると一枚物ではなくともユニタイプも検討したい、というお客様には是非!といったところでしょうか。

今までの記事でご覧いただいている事と思いますが、わざわざ「V溝」とうたっているのは、通常のユニタイプは貼りあげた時に長さ方向のたて継ぎのジョイントが、筋になって見えてくるのですが、このV溝フローリングはそのつなぎ目にV溝をつけている商品で、施工後に見るとユニタイプのつなぎ目にV溝の目地がつく為、全てが長さの異なる一枚一枚を現場で貼りあげたような仕上がりにする事が出来るのが大きな特徴です。

ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード2


 この部分ですねー。この溝のある無しで、印象が大きく変わります。





貼り上りは一枚物の150幅一枚物の外観ですが、実際はユニタイプになるので、一枚物よりは価格がグッと抑えられるのも大きな特徴。
ということは、一枚物だとおうちの全てをプルミエグレードで揃えるということが難しい場合でも、V溝フローリングのプルミエを取り入れる事で、1820mmの一枚物と乱尺(長さの様々なピースのもの)のどちらも一枚物を貼っている様に見えますので、通常のユニタイプとは全く印象が違いますね。

ロックメープル150 V溝 プルミエグレード3














芯の部分以外の赤身では、どこか温かで仄かなピンク色がかってみえる印象を受けるロックメープル。
プルミエグレードでは顕著ですし、セレクショングレードでも濃淡は大きくなりますが、「色違いによる無垢の質感」も楽しんでいただける事と思います。

もちろん、ネイキッドグレードは、一枚物と同じくロックメープルの特徴を隅から隅まで味わえる楽しみがある事を忘れてはいけません。

ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード1











その材質の堅牢性などは先の記事で述べましたが、その時に触れた「スプーンをつくって愛する女性に送る」ということを想像すると、「ロマンチックやけど苦労するんやろなぁ・・・・男ってそんなもんか・・・」などと想像してしまうのは、私を含め少数の人たちかもしれません。

実は以前、夏休みの工作にメープルのお箸をつくった事があります。
もちろん、私の子どもがです。
その時、一人はメープルもう一人はタモだったのですが、タモは年下が削ったにも関わらず先に完成、メープルは必死にしていたにも関わらずなかなか削れない。
最後には太さに妥協して終了しましたが、それ位摩耗しにくいということを実感しました。
それと同時に、その特性を使い分けた先人とそんな性質を持つ様々な樹種に感激したことは言うまでもありません。

ともあれ、今までのV溝フローリングのラインナップに新たに加わったロックメープル幅広無垢V溝フローリング。
他の樹種とともに、どんどん「幅広の特権」を魅せていってもらわねばなりません。
特に、プルミエはお勧めですから、一度ショールームでご覧になってくださいね。


ロックメープル150 V溝 プルミエグレード1



 サインはV・・・なんちゃって・・・







弊社へのご予約はこちらから


ロックメープル150 V溝 プルミエグレード4




 V溝150プルミエグレード






ロックメープル150 V溝 セレクショングレード4



 V溝150セレクショングレード






ロックメープルV溝150ネイキッド7



 V溝150ネイキッドグレード







(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)

ロックメープル幅広無垢一枚物フローリングはこちらから


ロックメープルの他にもつなぎ目V溝フローリングがございます。下記も是非ご覧ください。(樹種によっては、グレードの限られるものがございます。)

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング


・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×130×1820
15×150×1820

・形状

UNIつなぎ目V溝加工

・エンドマッチあり

・品番と価格

RM-32VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥18,144(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-33VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥20,304(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VS UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥17,280(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VN UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥12,960(税込)/6枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

ロックメープル150 V溝 プルミエグレード2




 プルミエグレードの小節






ロックメープル150 V溝 セレクショングレード3


 セレクショングレードの隠れる実部分の割れ(表面は補修済み)。材料を無駄にしない為に・・・





ロックメープル150 V溝 セレクショングレード1



 セレクショングレードの節周辺






ロックメープル150 V溝 セレクショングレード2



 セレクショングレード一部変色






ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード3



 ネイキッドグレード端部補修






ロックメープル150 V溝 ネイキッドグレード4



 ネイキッドグレードの変色とパテ埋め







木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ロックメープル(カエデ)幅広無垢一枚物フローリング


メープルと聞いて思い浮かべるのは何でしょう?!
甘ぁーいメープルシロップでしょうか?それとも装飾に用いられるバーズアイという木目でしょうか?若しくはギターなどの弦楽器に使われる材料としてでしょうか?野球が好きな方は、一番にバットを思い浮かべるでしょう。

人それぞれ、自身の印象によって全く異なると思いますが、それだけ世界中で様々な用途に使用されている優秀な樹種だという証ですね。

メープルとは日本語で言う楓(かえで。正確には槭。)の事で、以前に板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリングの記事にて、「楓(かえで)・メープル」に関しては、200〜300種程あるとお伝えしましたが、そんなカエデ科 Aceraceae の中でもカエデ属は200種に上るそうですから、いざ材料としての木材を見た場合には、性質の同じ様なものや、仲間の物は広義でひとくくりにされるところは、広義のアッシュやオークなどと同じです。

今回紹介するロックメープル幅広無垢一枚物フローリングの原材料となる丸太は、前記のメイプルシュガーなどを絞る物の仲間です。

ロックメープル一枚物150 プルミエグレード3














脱線しますが、一般的にメープルシュガーとして認識されていますが、「本物の」メイプルシュガーをとるためにはそれを1Lつくるのに、40Lの樹液を煮詰める必要があるといいますから、おそらくそんなに簡単に流通するものではないようです。
多くは、メイプルシュガーにその他のシロップ類を混ぜて販売されているそうですが、もしかすると、私も含め、皆さんがいままでメイプルシロップとして口にしていたものがもしかすると違う味だったのかもしれません。
それだけ、自然のもたらしてくれる物は貴重だという良い例でしょう。

また、メープルの中でも木目が細かく硬質なものは彫刻に用いられたりすることがあったり、もちろんのこと装飾品にもされます。
イギリス・ウェールズ地方では、青年が愛する女性にメープルの木彫りの装飾用スプーンを贈る風習があるそうです。
男性が一生懸命彫ったスプーン。うれしいでしょうねぇ・・・

そして材の特性である音の振動を伝える優位性があるため、楽器に用いられるのは周知の事だと思います。
装飾性も兼ねているので、楽器としての機能と美観を両立しているということですね。

様々な特徴をもつロックメープル。
無垢フローリングとしてはどうなのか?!
それはもちろん、美しいものです。さすがに装飾に用いられるだけあって、色目や杢目でどんどん印象に訴えかけてくる樹種とは全く違い、とってもあっさりしているんだけどもそれでいて無機質にならないのは、やはり無垢の木材そのものだからでしょう。

ロックメープル一枚物150 セレクショングレード4













ネイキッドグレード以外では、ツルンっとしたような木肌が印象的。ネイキッドグレードになると、今度は書いて字の通り「ロックメープルの芯まで味わえる」かのような、赤身の部分や大きな節目を楽しむ事が出来、自然のなせるそのままを見る事ができるでしょう。

ロックメープル一枚物150 ネイキッドグレード4














ロックメープルやロシアンバーチなどの木の辺材(白太)部分を賞用する木材は、芯材部の色合いが極端に濃い場合が多く、辺材の白さが好まれる場合が多いので、プルミエグレードほど白太木取りになっています。

ロックメープル一枚物150 プルミエグレード1














もちろん、赤身である芯材部分に価値が無いのではなく、木材を芯までしゃぶりつくせる(失礼!)かどうかの問題であり、それは使う人の問題。
つまり腕の見せ所であり、そこも楽しむべき部分。
上手に丸太一本を料理したつもりで、プルミエとセレクション、ネイキッドグレードを使い分けるのも楽しいかもしれませんね。

ロックメープル 2



ネイキッドグレード。バーチの様に更に赤身による濃淡の多い部分もあります。








赤身と言えば、ロックメープルはその独特の手の平のような形をした葉っぱが紅葉する美しさも有名です。
ターニングリーフ(紅葉)というワインもアメリカにあったような・・・・

ロックメープルの紅葉については、北米のイロコイ族に巨大熊退治の伝説が残るそうです。
4兄弟が巨大熊を追跡した末に、その大熊ニヤハグワヘーを山頂まで追いつめて倒したそうです。
火を焚いて肉を食べ満腹になった時、ふと天を見ると一面にちいさな光が輝いていていつの間にか夜空にいた。その時、熊の残骸が夜空に逃げ出したそうです。
そこを4人が追いかけていき、今もその追跡が続いていてそれが夜空の大熊座の4つの星になり、毎年大熊を倒す秋になると天から熊の血が降り注ぎ、メープルの葉を赤く染めるのだそうです。

ロマンのある伝承ですね。
紅葉の見方が変わります。

そんなロマンのあるロックメープル。
フローリングとして見た場合にも、耐衝撃性に優れる事が大きな特徴です。歩行というのは、想像以上に大きな力ですし、それに伴い足にも負担がかかります。
床材が衝撃に強い性質があるのは良い事ですが、木以外の素材でも単純な硬さや強さはありますが、それだけでは反対に足で衝撃を吸収する形になり、意味がないのですが、木の場合は素材自体がある程度の耐衝撃性と適度な耐摩耗性を持っている事が大きな特徴ですね。
ダンスホールやローラースケートリンクなどにも使われる、といえばその堅牢性は想像できると思います。


その白く美しい材にばかり目を奪われがちですが、ロックメープルは拡張や発展のシンボルともいわれています。
これからの新居の生活から住まう方がますます発展できますように、またはお店の新規拡張や発展の想いを込めて、というのもいいかもしれません。
もしかすると、天の4兄弟とニヤハグワヘーが応援してくれるかもしれませんね!

もちろん、今回もいつも通り130幅広に加え150幅広の二つの幅広一枚物をご用意していますし、130幅に関してはユニタイプもラインナップしていますので、選択肢が広がります。

さらに次回、ロシアンバーチ幅広無垢V溝フローリングで大変喜んでいただいている、つなぎ目V溝フローリングを、ロックメープルにも設定しましたのでご紹介いたします。


ロックメープル150 V溝 プルミエグレード4

150V溝プルミエグレード









ロックメープル150 V溝 プルミエグレード3





こちらも是非体感していただきたい無垢フローリングです。






150幅のフローリングがつなぎ目にV溝のある事によって、一枚物を貼りあげたように仕上がる優れ物です。
これはショールームにて一見していただくべきものですよ。

ロックメープル以外にも幅広無垢V溝フローリングがラインナップされています。下記記事よりご覧ください。

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢V溝フローリング
・カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング

・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・弊社へのお問い合わせはこちらから。


ロックメープル一枚物150 プルミエグレード1




プルミエグレードイメージ










ロックメープル一枚物150 セレクショングレード1



セレクショングレードイメージ










ロックメープル一枚物150 ネイキッドグレード1




ネイキッドグレードイメージ(写真より赤身の多いものも含みます。V溝フローリングネイキッドグレードを参照してください。)






(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


・ロックメープル以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


ロックメープル幅広無垢一枚物フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×130×1820
15×150×1820

・形状

一枚物、UNI

・エンドマッチあり

・品番と価格

RM-12P OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥30,240(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-12S OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥22,723(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-12N OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥15,984(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-13P OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-13S OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-13N OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-22P UNI 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥16,416(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-22S UNI 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥入荷待ち(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-22N UNI 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥入荷待ち(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-32VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥18,144(税込)/7枚入り(1.65屐

RM-33VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥20,304(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VS UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥17,280(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VN UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥12,960(税込)/6枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

ロックメープル一枚物150 プルミエグレード2





プルミエグレードの節








ロックメープル一枚物150 セレクショングレード2




セレクショングレードの入り皮と着色部









ロックメープル一枚物150 セレクショングレード4




セレクショングレードの節影









ロックメープル一枚物150 セレクショングレード3




セレクショングレードの小節










ロックメープル一枚物150 セレクショングレード5




メープル材の特徴である着色筋(不均等に全グレードにあり)







ロックメープル一枚物150 セレクショングレード6




材料を無駄にしない為に、隠れる実部分には表面に影響しない、節の欠けた部分も採用しています。(全グレード共通)





ロックメープル一枚物150 ネイキッドグレード2




ネイキッドグレードの節









ロックメープル一枚物150 ネイキッドグレード3




ネイキッドグレードの変色と赤身








木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

筋骨隆々 地蔵大松


お正月が明けて成人式も終わり、いよいよ本格的にスタートというように感じている方もいらっしゃるでしょうか?!
今年はだいたいのところが7日(月)からスタートだったようで、きっちりと一週間を過ごしてからの成人式連休でしたので、例年よりはお正月気分が抜けるのが早かったのではないかと思います。

さて、お正月といえば色々ありますが、最近はあまり目にしなくなった門松。
松は常緑樹であることと、「松竹梅」や神様のおりられるのを「待つ」と称され縁起物とされる事が多い樹種ですが、それがことさら巨樹となると「そういえば、そんなに大きな松みたことないなぁ・・・」というように感じるのではないでしょうか。
実際私がそうなのです。
どこでもみかける庭園樹としての松と巨木の松では全くまた異なるので、すぐ目につきそうなものですが、やはりスギやクスノキの巨木に隠れて、あまり表には出ていないようです。
といいますか、やはり数が違いますからいたしかたないところですね。

そこで今回は、お正月スペシャル(?!)ということで私が出会った数少ない松の巨樹の一つ、三重県の地蔵大松を紹介しましょう。

地蔵多松 3
























いきなりウネウネとしてますが、ほんと、この写真が示す通り、御堂と休憩スペース?がすぐそばにある為に、道路側の反対からは枝ぶりも含めた全体像をおさめにくいうえに、イメージ的には大阪の樟の巨樹「薫蓋樟」のように横方向に枝を伸ばしています。

針葉樹である松にしては意外に感じるくらいです。
当然、人の決めた標準樹形などに当てはまるほど、自然は大人しくないですよね。
これくらいに育ってみろ!!、そう言われている様に感じました。

地蔵多松 4
























訪問した日はとても天気が良かったのですが、私の写真の腕前の限界点である「空を含めた時に巧く写せない病」がこの時も絶好調?で、樹皮は陰になるわ、葉も殆ど黒いわで、後ろの風景ばかりが際立ってしまっていますが、その辺はご勘弁ください。

地蔵大松 1














この地蔵大松、三重県の天然記念物に指定されているのですが、興味を引くのはその事よりもやはりその名前ですよね。
解説板にある様に、曽我氏と物部氏(あー、どこか昔に学校で聞いたような・・・・)が仏教信仰をめぐって対立し、物部氏が滅ぼされたため、それ以来仏教以外の礼拝を厳重に禁止したそうです。
そのため、当時地蔵菩薩を信仰していた現在の地蔵大松周辺の人々は、礼拝していた地蔵菩薩をそばの掘りに埋め、目印として松を植えたのが現在の地蔵大松だといいます。

地蔵大松 6














目印に植えたにしては目立ちすぎるくらいに巨大に、且つ猛々しくなったものですね。
主幹の下部の方は、大きな岩の塊の様な感じに見えますし、水平に伸びる枝はまるで今年の干支「巳」の様です。

地蔵大松 7














地蔵大松 5














これらの写真だけでも、普通に考える「松の木」の概念を超えていると感じるのではないでしょうか?!
もうちょっとほっそりとしているか、幹から細い枝が伸びているかな、位のイメージではなかろうかと思うのですが、実際私と比べてみると改めてスケールがお分かり頂けるかと思います。

地蔵大松 9














このアングルからすると、あんまり幹の扁平感もなく感じられますね。
何本もの支柱に支えられている所を見ても、その枝が四方に腕を伸ばしている様がお分かりいただけるのではないでしょうか。

しかし、支柱をしてもらう前でしょうか?若しくは病気か何かか、それとも樹齢の影響か、地蔵大松も樹木医の方の手当てを受けているようですね。
比較的大きな枝があったのであろう部分(上の写真の丁度私の頭上の辺り)などがカバーで覆われています。
何カ所か確認できるのですが、やはり巨樹には保護が必要なのかもしれません。
流行している松くい虫の被害も心配なところです。

それにしても、伝承の通りだと樹齢なんと1400年程という事になるようですが、うーむ、そこまでの樹齢にしてはとても元気に見えます。
ほんとに筋骨隆々、若者の様です。樹皮も美しいです。

地蔵大松 11














しかし待てよ・・・
西岡常一棟梁によると、見た目に若々しく元気に見える大木の方が内部が空洞などの場合が多いそうです。
それに対し、今にも命つきそうな巨木の方がかえって内部までしっかりとしているそうですが、地蔵大松や如何に・・・
1400年の命をつないで、お地蔵さんの力によりここまでの姿に成長できたのでしょうか・・・
それもまたロマン!正確な樹齢など「へーーー」に過ぎません。
知りたいような気もしますが、巨樹を前にするとその存在だけで十分な気持ちになりますね。

地蔵多松 10
























もちろん、地蔵大松も地域の方に守られているのでしょう。
周りにはロープが張られていますので、決して立ち入らないようにしましょうね。

地蔵大松 8















前回までの記事で書いたように、今年も有難い事に私の拙い記事を待って下さっている方からのお声をいただいています。
会うたびに、巨樹の記事楽しみにしてるよ!といって下さる方や、巨樹巨木写真展いつするの?!なんていう声も頂いたりしています。

まだまだそんな事が出来るような物ではありませんが、少なくとも記事上では少しでも巨樹巨木の魅力を伝えていきたいと思いますので、今年も「仕事してないんちゃうか!?」と突っ込みながらご覧いただければ有難いです。
こんな記事から繋がっていただける御縁もいくつか頂いていますから、ね。
よろしくお願いします。

地蔵大松 2















地蔵大松所在地:

鈴鹿市南玉垣町5536−1
駐車スペースあり



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

材木屋の幸せ


ついこの間、タイムリーにお伝えできないと書いたところではありますが、またまた時間が開いてしまった事を公開するお許しをいただかねばなりません。

年末年始、大勢の方に行く年くる年のご挨拶をする時期です。
今年の年越しはそんな中でも、とても温かいお言葉をいただいたり、やり取りをさせていただくことが多かった様に思います。

一つづつ詳細にというわけにはいきませんが、その始まりは年末でした。
いつも楽しみにしている「通信」が届いた時の事です。
通信の入っている封筒の裏、送り主の店印の脇に何やら手書きの文字が・・・・

ありがたや










あぁ、これです。これがとても有難いところです。
送り主は、私の尊敬・敬愛してやまない大先輩の中のおひとり、愛媛の高橋照国社長様の株式会社大五木材さんです。
高橋社長については、お話すると日付が変わってしまいかねない(記事上はあんまり関係ないか・・・)ので、仕方なく割愛させていただきますが「その筋」では有名な方ですし、この「通信」も日本全国相当数配られているにもかかわらず、このように手書きのメッセージを入れてくださるという心遣い、なんとも沁み入るではありませんか・・・
弊社もファン獲得のため見習わなければならないところです。

そして年始には、早々にメールにてのお問い合わせをいただいていて、7日からの通常業務の折に回答させていただくまで時間がかかり、またお問い合わせ数も予想以上だったため、基本的に私一人での回答作業ですので、なかなか返信もできず御迷惑をおかけしました。

にも関わらず、既に2件も確定をいただき幸先よいスタートとなりました。

そのメールの際のやり取りでも、いつもそうですが弊社にお問い合わせいただくお客様はこちらにも気遣いをいただくため、とても心地よく回答をさせていただく事が出来ます。
売る方が上、いや買う方がエライ。
そんなわけのわからない、金銭のやり取りだけの関係は嫌です。
人と人が、自然の産物である「木」という素材を通じて話し合うわけですし、そこに喜びが生まれるものだけに、上下関係のような「取り引き」はいたしません。
そのあたりをふまえていただいているのか、本当に恐縮するようなお問い合わせを頂ける幸せを年始早々味わったのでした。

温かいお言葉や期待と励まし、それらが私の原動力であり、材木屋の幸せです。
絶対今年もファンを増やし、どんどん木のモノよいもの進めていきますよ。
木材アホを突き抜けて、あいつには敵わんわ・・・としっぽまいてもらうぞ!!
いやいや違う、どんどんファンをつくって近づいてもらわないといけませんね。その為にも、皆さんの業務の方の協力も必要ですので(笑)、やはり今年も一年、戸田材木店応援いただき、若干のお買い上げの方も(?!)なにとぞご協力よろしくお願いいたします。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

蒐集癖は生きている


できる限りタイムリーにお伝えしようと思っている弊社記事ですが、やはりどうしても先にお伝えすることや、お話したい事などが出てきて「いつの話やねん?!」ということもでてくるのは、ご勘弁いただきたいところ。

さて、そんなことで新年を迎えてから既に10日になるわけですが、昨年の暮れのお話を少々。
注連縄を飾り、雨の大阪だったため外回りの掃除は目をつむってもらうと勝手に言い訳をして、珍しく室内の古い書籍などの整理をしておりました。

いつもながらにそうですが、古いものを整理していたりすると学生時代の日記が出てきたり、教科書の落書きに「この時笑いが止まらんかったなぁ・・」とか「こんな気持ちやったんやぁ・・・」なんていう当時の状況を思い出す事が出来てなかなか作業が進まないのは皆さんも同じ事だろうと思います。
しかし、今回はそれに拍車をかけるように私の古いコレクション物の整理だった為に、はかどらない事このうえなし!

蒐集癖 1










やはり自慢のカタログはかさばります・・・・・
他にテレホンカードや切手の山があるのですが、やはり場所取りの親分は旧車カタログでした。
それも、いまならお宝級?!というものではないですか?これなんて・・・

蒐集癖2










かの有名なAE86型レビンです。
車が好きな方もそうでない方も、一度は「ハチロク」なる言葉を聞いた事がおありではなかろうか・・・
昔は結構普通に乗ってたんだけど、いつの間にか超人気車になっちゃって。
わからんでもない社会事情もあるのだけれど、カタログめくって1ページ目がいきなりドリフト走行ですから、トヨタさんもなかなか気合いがはいっていたんですねぇ・・・

しかし、やはり有名なのはこっちかしら・・・

蒐集癖 3










同じく兄弟車(昔はおおかったですねー、セド・グロとか。私はグロ派でしたけど・・・)のAE86トレノのエンジン紹介のページ。
こちらのパンダ仕様車の方がおそらく有名なハズ。
「スポーツマンを少食に云々・・・」とあります。なかなかのキャッチフレーズ。

セド・グロ以外でも、以前の日産車は個人的に惹かれるものがありましたね。
カタログのつくりや写真、文面もそうでした。
子どもの私が見ても「欲しい!免許取ったら乗りたい!」と思わせるものだったと記憶しています。

蒐集癖 4










たとえば、このローレルのカタログ。
ボンネットの上に輝くエンブレムと、雨粒をはじくような写真が心くすぐられました。

そんなこんなで、山ほどたまるカタログ。
最近はかなり自重していますが、それでもいつの間にか山のようになっている始末。
この蒐集癖は、果たしていつついた物なのか・・・

よくよく考えると、いまでもやはりその癖は生きています。
御察しの通り、「木」です。
これも会社の倉庫ですので、なんとか置く事が出来ていますが(商品ですし、一応・・・)それでも自宅の昌倉院にはゴロゴロとお宝の端材が転がっていて・・・これも整理しないと・・・

蒐集癖 5










それでも、この蒐集癖を仕事に活かす!、というよりももう完全にふっ切って、喜びを持っていただけるお付き合い限定にて出荷すると、こんな蒐集癖でも本当にファンになっていただけるシーンが多くなってきました。
本当に有難い。
これからもたまり続けるであろう「コレクション」を活かすも殺すも私と皆さんです。
有効に活かしてもらえるようなお問い合わせをお待ちしています。
私の蒐集癖が活かされる日が来るまで・・・・・

蒐集癖 6













木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

神代栃(じんだいとち)板物・盤物


弊社のお問い合わせには、結構コレの比率が高いです。
普通の人はあまり興味を示さないかもしれませんが、好きな人はこの渋さがたまらない(?!)であろうもの。

そう、時を超え私たちの目の前に姿を現す木々「神代木」です。

神代木や埋没林については、それぞれの記事を参照頂きたいのですが、つまりは永く土中や水中にあった木々が、工事や発掘などの作業で掘り出されるという事があります。
それがいわゆる神代木。
神様の時代から来た木、ですね。

各神代木の画像を載せている記事をみていただければ、それぞれの特徴もわかるでしょうか・・・
それくらい様々な樹種がでてくるわけですが、よく考えれば、日本の様に多種多様な樹種が存在しているのだから当然だと思うところを、神代といえば神代杉を指すものだと思っていた時期がありましたから、今から考えればお恥ずかしや・・・・

さて、今までも様々な樹種の神代木を紹介してきましたが、今回はその樹種の特性上、存在は知っていたものの実物を見るまでは信じ難かった樹種の神代を紹介しましょう。

いきなりですがこれが実物。
さて、なんでしょうか?!

神代栃 4










よく見てくださいよー、ベテランの方だと想像できるでしょうか?!
この樹種は栃の木(とちのき)。
そう神代栃(じんだいとち)です。

神代栃 2





 逆光ですみません。動かすスペースがなく・・・

















といっても、通常イメージする栃の木のあの綺麗な白色の面影は全くありませんから、とてもわかりづらいでしょう。
しかも、栃の木は白い部分の多い木。
つまり、そんなに水湿に対しては耐久性が高くないのですが、神代になって出てくるという時点で少し驚きました。

残念ながら栃特有の縮み杢はでていませんが、私の神代コレクションに参加間違いなしです。
スギや楡(にれ)、ケヤキの神代と違いなかなか見る事が出来ないもののひとつではないでしょうか?

神代栃 1










この神代栃には際立つ木目はありませんが、栃は栗のような大きな実をつける豊穣のシンボルであり、食料でした。
時を超えて現在の世に現れたこの神代栃は、戸田材木店に豊穣をもたらしてくれる神様となるのでしょうか?!
2013年も木々の恵みでたくさんの商売をさせてもらえるように祈りたいと思います。

数点あります。
拵えものなどがありましたら、ご連絡くださいませ。

神代栃 3











神代栃板物・盤物

・寸     法 :長さ1m〜×幅20cm〜×厚み3.5cm〜
          
・形     状 :無垢一枚板・盤物 割れ・節あり

・価     格 :¥ あるもの限りですが寸法ごと、お尋ねください。

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。


*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。


お問い合わせはこちらから

神代木のご注意をこちらからご覧ください。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

福を呼ぶ?! 厄神さんの巨樹の根


お正月の三が日も過ぎ、ちょっとリラックスし始めた頃合いでしょうか。
皆さんのお正月は帰省ですか?はたまた旅行?!
私の住む町は、近くに吹田インターという交通の要所中の要所があるため、この時期とお盆はどこへ行くにもその吹田インターの長蛇の渋滞の列目の当たりにすることと、ラジオから聞こえる「○●インターを先頭に渋滞が50キロ・・・」という言葉を耳にするため、どうしても外出する意欲を無くしてしまいます。

ですから、私のお正月は専らお参りです。
三社参りといいますが、近くの神社から始まりいろいろと社寺を参詣して廻るわけですが、そんな参詣コースの中に皆が驚く巨樹があったのです。

その所在地は以外にも兵庫県西宮市の超有名どころ、門戸厄神(東光寺)です。
実は、そこに存在するのは巨樹といっても立木ではなく、巨樹だった部分、です。

巨樹の根 4














大きさが伝わるでしょうか?
流石にお正月ですから参拝が多く、ゆっくりと撮影というわけにもいかずまた、御利益を授かろうと撫でる方や謂れをじっくりと眺める方がたくさんいらっしゃるので、いろんなアングルから撮影!ということができないので、ご容赦いただきたいところです。

巨樹の根 2














この根は「延命魂(根)」といい、元々は高野山奥の院、弘法大師御廟近くの参道に聳えていた高さ60m、樹齢800年といわれる立派な杉の木のものだそうです。
その樹が天寿を全うした後に、門戸さんに来られたとあります。
延命、病気平癒の願いをかけて根に触れくださいとあります。

巨樹の根 3














普段、巨樹巨木に触れたりその存在をあまり認識されていない方にはかなり驚きでしょう。
それも、根っこですから立木の姿を想像すること自体が夢に溢れていていいものです。

巨樹の根 8














そしてその隣には、もうひとつ巨大な切り株があります。

巨樹の根 6














こちらは宝輪杉とあります。
縁起の良い名前ですね。

巨樹の根 5














解説板にある様に、やはり輪は宝物。
人と人の間にある輪を大切にして、その中に皆の幸福があるということでしょうか。
何か宗教の様になってきてしまいますが、とても重要な事と思います。

巨樹の根 7














年表には806年から年代が刻まれています。
改めて、木々の生命力と偉大さを感じますね。

私もこの根のように木材界に深く根を張り、皆さんに撫で撫でしてもらえるような(笑)貴重な存在?!になるべく、今年も木の虫に励む所存です。
参拝を兼ねて会いに行ってみてください。
御利益を頂けるかもしれませんよ。

巨樹の根 1
















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

恭賀新年 2013


恭賀新年

皆様、本年も昨年以上の厚いご愛顧並びにメッセージを頂けますように、よろしくお願いいたします。


さて、弊社には昨年新しいスタッフが来てくれました。
若さに溢れてすがすがしく、忘れていた感覚を取り戻せるような、そんなオジン臭いことを考えたくなるくらいに気持ちのいいもんです。
彼らには少しづつ建築の事や資材の事などを覚えていってもらわなければいけないのですが、その中でも「今は必要ないけれども覚えておいて・・・」というような事柄が出てきます。

ではなぜ、必要ないけれども覚えておかないといけないのか?!
それの答えは、私のバイブル「西岡常一氏」の聞き書きの中に答えがありました。
私なりの言葉にして伝える時に話するのは、「下手で、できないからやらないのではなく、できるけれども必要ないからやらない」の違いだと言っています。
それは、昨年訪れた銘建築「聴竹居」の見学にもいえることですが、こんな建築は手がける事がないから見ても仕方がない、とかそんな技術今さら必要ない、といって見学しないのではなく「今は必要ないかもしれないけれども、必要とされたときにできるかできないかは、その時見学して何かを得ているか否かにかかっている」と思うのです。

もちろん、それには見学する人の心構えや見るべき場所などによって異なってきますが、それは仕事でも同じ。
自分がどんどんと覚えようという気持ちになって覚えるのか、また、すぐに必要とされない事もどんどん取り込んでいく意欲があるのかによって、その人の価値が変わってきます。

木材に関する知識も同じ。
いつもいつも、アホちゃうかとバカにされている様でも、やはり皆さんからいただく声にお答えするには、それなりの経験と知識が必要です。
使わないかもしれない、話しないかもしれない。
けれども、知っていて話さないのと知らずに話せないのとでは、大きな違いがあると思います。

だから、弊社の若手たちにも「今は必要ないかもしれないけど、」としながらもきっちりと「楢と樫の違い」や、木口や細胞組織から成る木材の見分けなどを伝えているのです。

これからは、普通に仕事が出来るだけではなく人間性の大切な時代だと思います。
物はどの様な手段でも入手しやすくなっていますが、それでも活きた知識や経験は必ず必要です。
そんな「人」を必要とする場面で活躍できるように、スタッフの活きる会社にしていくべく、西岡氏の言葉を借りて今年もどんどん邁進していく所存です。
若手スタッフに、弊社や建築現場にてお目にかかった折には、是非お声かけくださいね。
先ずは明るく応対させていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!