空を見上げて
トップページ » 2012年08月
2012年08月

ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢一枚物フローリングに待望の150幅V溝の追加です!!


とても好評をいただいている無垢フローリングの中で、少しづつ樹種を拡大していっている物があります。
それは、「150幅広つなぎ目V溝フローリング」。
ロシアンバーチがデビューしてすぐにいろいろなお客様に選んでいただいてから少しづつですが、順調にラインナップ樹種数を拡大しています。

今回、新たにご紹介するのは優しい表情と温かな足触りが魅力の、ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)のつなぎ目V溝フローリングです。
つなぎ目V溝フローリングについては、今までにご紹介しているロシアンバーチ幅広無垢V溝フローリングを始め、ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリングカスクオーク幅広無垢V溝フローリングを見ていただく事もできますが、ここでも紹介しておきましょう。

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング s2




大きな補修のないセレクショングレード








私のD社スマートフォンと比べてもらえれば、だいたいの大きさは想像できるかと思います。
スマホがだいたい12cm強です。
そう、このつなぎ目V溝フローリングの特徴は、幅広150mmだということ!

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング p4




節や傷のすくない赤身を中心としたプルミエグレード








ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング s3




白太などの色変化も楽しめるセレクショングレード








近すぎると迫力が伝わりにくいですが、無垢フローリングと言えば90幅(9cm)が主流。
それにくらべ、つなぎ目V溝に使われているのは150幅(15cm)です。

たかが6cmと思うなかれ。
その6cmにどれだけの違いがあるかがわかる方は、もうここまでの写真で十分だと思いますが、私の気が(木が?!)おさまらないので更にご紹介させてください。

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング N1




樹種その物の個性そのまま、ネイキッドグレード









幅を6cm広げようと思うと、先ず原木丸太からして選別しなければなりません。
丸太は全て1mや2mという大きな直径があるわけではありません。
山から出てくる中には細いものも含まれます。
そんな中から150幅ばかりを取ろうと思うと、当然無理です。幅の足りないものからひきのばして造るというわけにはいきません。
ですので、150幅広のとれる丸太から製材するわけです。
そして、その選ばれた原木の中から実際に木取りをして板を取り出し、フローリングとして加工していくわけですが、加工の前の板の段階でも幅広というのは難しさを持っています。

それはいつもいいますが、乾燥。
乾燥工程が根本的に違います。木材というのは幅が広くなればなるほど、中心部分と外側部分との収縮の差が大きくなる性質があるので、お椀の様に反ってしまうのです。
この理由で、無垢のフローリングの主流は90幅なのです。
それを150幅広まで広げることができるのは、やはり徹底的な乾燥工程を経ているからです。
といっても、もちろん反らないわけではありません。
といいますか、反りも隙間も生じます。
が、それは当然のこと。
雨が降れば地面が濡れるように、晴れれば乾くように、当然おこりうることですが、幅広としながらも極力その動きを抑えています。

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング N2














また、その名にあるとおりユニタイプ(長さ方向にジョイントして一枚にしたフローリング)のつなぎ目にV溝を施してあるため、その貼り上りは一枚一枚を丁寧に貼りあげた乱尺フローリングの様。
乱尺フローリングの施工には結構な手間がかかります。それを、1820mmという決まった寸法のフローリングを並べていくことで、同じ様な貼り上りにする事ができるのは、大きなポイントです。

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング p2














しかも、乱尺フローリングといえば幅の狭いものも多いですが、こちらは150幅です。
写真で伝わってるかどうかがとても心配ですが、とにかく合板フローリングでもなかなか見ることのできない150幅というのは、やはり一味ちがいます。

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング s5














また、重要な判断要素である価格も、乱尺一枚物の様な貼り上りでありながら、ユニフローリングである為に、同じノルデストウォールナット幅広一枚物フローリングに比べて食指の動きが違う(笑)と思います。
その点も含めて、幅広無垢フローリングを検討中の方にはその候補に加えていただきたいフローリングです。


ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング p5














ご予約の上、実物を弊社ショールームにてご覧ください。
弊社へのご予約はこちらから


ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング p1




V溝150プルミエグレード









ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング s1





V溝150セレクショングレード







ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング N5





V溝150ネイキッドグレード








(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)

・ノルデストウォールナット幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリングの施工写真はこちらから


ノルデストウォールナットの他にもつなぎ目V溝フローリングがございます。下記も是非ご覧ください。(樹種によっては、グレードの限られるものがございます。)

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング
・ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング

・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


*ノルデストウォールナット無垢フローリングを採用頂くにあたって

ノルデストウォールナットフローリングは、水分や油分(オイル塗装)などでケバの立ちやすい樹種です。
それが樹種の特徴ではあるのですが、無塗装でも楓などの樹種とは手触りの風合いが異なりますので、必ずご覧になっていただいてから検討頂くことをお勧めします。

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


ノルデストウォールナット(くるみ・胡桃)幅広無垢V溝フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×130×1820
15×150×1820

・形状

UNIつなぎ目V溝加工

・エンドマッチあり

・品番と価格

RM-33VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥16,416(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VS UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥13,997(税込)/6枚入り(1.63屐

RM-33VN UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング p3




プルミエグレードの原木からの色素沈着部分








ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング N4





ネイキッドグレードの小さな節穴







ノルデストウォールナット幅広無垢V溝フローリング N3





ネイキッドグレード入り皮








*ノルデストウォールナットの表面は何度も丁寧な仕上げ工程を経ていますが、材の性質上、若干のケバ立ちのような状態が残っています。
これに塗装を施したり、無塗装で水分が付着するとケバの立ちが大きくなる事がありますが、材の特徴ですのでご理解ください。

ノルデストウォールナット拡大 2



表面拡大です。無塗装の状態でも若干見えているのがわかるでしょうか。








その他の特徴表情はノルデストウォールナット(くるみ・胡桃)幅広無垢一枚物フローリングも参照ください。

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

とても助かるリリーフエース? アユース


気がつくと時間の経つのは早いもので(当たり前!)、紹介しておきたいことは山ほどあるのですが、もう頭も体もパンクして久しい様な状態ですので、どんどん後追いの様な状態になっていますが、少し勘弁いただいて今日は久しぶりに出荷の木材のお話です。

木材には様々な種類があることは当然ご存知だろうとは思いますが、その中でもやはり樹種によって個性があったり、逆に「おんなじちゃうの?!」というくらい似ていたり、こんなんあるの!というのがあったりで、これだからやめられない(笑)のですが、そんな状況だから扱う種類も半端なく、仕入れた木材が必ず売れる保証がないばかりか、いつから寝てんのかな?というような状態の物がでることもしばしば・・・
まぁ、それらが超お宝だったりするのも楽しみの内の一つですが、そんなことばかりでは会社がもちません(汗)。
そのあたりのバランス加減は、私のお勧め具合にもよってくるわけですが、そんな中で今回は久しぶりにこの樹種に登場してもらう事にしました。

軽軟で扱いやすく、黄白色の淡い色合いと幅広材がとれることがとても大きな特徴でしょうか。
見た目はラワン、中身は桐(少し違うか・・・)、その名はアユース。

アユース 1














某木材加工メーカーさんによると、複雑な模様を型押しで成型できるようで、様々な複雑な模様をかたどった商品を扱っておられます。
それくらい、加工が容易だということですね。

アユース。
英表記でayous、別名をオベチェ obecheといい、これも熱帯系の樹種の仲間にもれず、産出された地域ごとに名前の違う樹種です。
昔、初めてこのアユースを扱った時、なかなか名前を覚えられない人が「あ、アイウス・・・アユース。アイ=私、はウス=薄い、ていうことか!なるほど!!」と感心してやっと覚えていらっしゃいましたが、なんのこっちゃ分かりませんね。
その理由は、その方が薄毛だった・・・というオチです。ご自身のジョーク混じりの覚え方でした(笑)。

さて、細かくいくとアオギリ科というところに属するアユース。
学名をTriplochiton scleroxylon。
名前でいうと、地域によってはアフリカンホワイトウッドとか、アフリカンメープル(ナイジェリア)というそうですが、これは扱うものにとっても利用される方にとっても混同しやすい名前ですね。
なんちゃらオークや、なんとか桜、アフリカンなんちゃら、という呼び方はかなり氾濫していますから、これも知らないと、「アフリカ産のメープルか!」となってしまうわけで、注意が必要です。

さて、名前を覚えたところでこのアユース。実はアフリカ近辺にて産出される一級大高木です。
つまり太くて大きくなるということです。
枝下で20〜25m位あるそうですから、それだけの長く太く節の少ないものがとれるということです。
そのため、アユースの大きな特徴の一つは幅広材が取りやすいこと、です。
板取りした梱包の中には、50cm以上の幅のものが普通に入っています。幅の狭そうなものでも30cm位です。

アユース 4


 広げた私の手がだいたい20cm強。その2.5倍くらいの幅がゴロゴロと・・・

 つまり、ほとんどが50cm以上ということです。






板取りなどにおいて普通30cmといえば尺上(しゃっかみ)といって、かなりの幅広品に相当するものですが、やはりアフリカ材、スケールが違います。
他の樹種もそうですが、アフリカ材は長大なものが多く、その寸法が必要な日本に様々な樹種が輸入されています。

アユースの特徴はそれだけではありません。
湿気に対する寸法収縮率が小さい事や、軽軟で加工がし易く鋸やカンナとの相性も良いという事も忘れてはなりません。
これが、冒頭の型押し成型されるメーカーさんの商品に使われる理由の一つでしょう。
また、黄白色の材面は日焼けしやすく肌目は粗いものの、赤身と白太の色の差がはっきりとしていない為、塗装による仕上げがしやすいのも、内装用装飾部材に用いられる特徴の一つです。

アユース 2














ただ、軽軟であるが故に摩耗がはやかったり、基本白っぽい材ですので耐腐朽性に優れているとはいえませんが、しなやかであり衝撃に耐えるという一面も持っていますから、ただ軽軟な材料であるだけではありません。
意外なところでは、欧州のハイヒールの踵には、アユース材が使われているらしいですが、これももしかすると細い部分に荷重がかかる事に耐えるしなやかさと、歩行の衝撃に耐える為に使われているとすると、さすが!!というところですが、さて、実際はどうでしょう。

このように、様々な個性を持っているアユースですが、お気づきでしょうが材面にはこれといった特徴はありません。
杢や木目を好む日本人にしては、こんなにあっさりとした木材を輸入しているのは意外かもしれません。
やはり、オークやバーチ、ウォールナットというどこか華のある見せどころのある木材が注目されるものですが、杢もなく木目も淡泊、色は白っぽいアユースがどうして輸入されているのか?!
それは、やはり上記の特徴が、「個性」として光っているからでしょうね。

そう、それでいいんだ。強く大きくなくとも、小さな個性でも必要とされるところは多くあるはず。
頑張れ、アユース!!

アユース 3



 大径木だから出来るこの美しい柾目をみれば、特徴がない、なんて言わせない?!








そんな優秀なアユース。まるで、どこで出てきてもピンチの芽をつんで後続すらも押さえてくれるリリーフエースのようです!
ですが、ラワンに似ているその組織には、あの注意が必要になってきます。
そう、キクイムシです。
ケヤキやタモなどの環孔材(組織が環の様に並んでいる樹種)の他にも、ラワン類などの木材にも食害の及ぶ木を喰う虫です。
キクイムシも白アリもそうですが、硬い軟らかいに関係なく食害しますので、近年とても多く使われている「ゴムの木」のようなとても硬い樹種も喰われてしまいます。

ゴム集成材 2



 ゴムの集成材。階段やカウンター、その他様々に利用されています。








そうなると、アユースなどは綿菓子のようなもの?!
気をつけないといけません。


さて今回はアユースの幅を活かした木取りというよりも、お客様のご要望に最も容易に対応できそうな物がアユースでした。
お客様の要望により、適材を出荷する。
なかなか難しいことですが、それも木材を扱う楽しみ。
世界の木材を求められる個所に、そしてその仕上がりに喜んで頂いて、木も喜んでくれるように。

今回は久しぶりに活躍のアユース君の紹介でした。
もう少し、アユース君の在庫が残っているようです。彼らも早く巣立っていく日がきますように。





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

捕獲!!


ホンマに・・・・・木が好きな私も木の虫だけど、こいつにはかなわんな。
私は木を食べることはでけへんもんね。

でも、美味しいのかもしれんけど、あんまり喰わんといてほしいなぁ・・・
ということで捕獲!!

残念ながら、捕獲後時間が経つと結構早いうちに死んでしまいますが、また飛ばれたらかなわんので、その姿だけ掲載。
キクイムシ

捕獲 4



 これです、2匹です。ちょっと硬そうな色をしています。潰す時も硬さを感じます。








捕獲 3




 チクチク、とはしませんが針と比べてこの大きさです。








捕獲 1




 ボールペンの先と同じくらいでしょうか。そりゃ、最初は気がつかないと思います。







処暑が過ぎて、これからはシーズンオフだろうけども、まだ暑さが残るので、出てくるところも多くあるでしょう。
気をつけるといっても気をつけようがない相手ですが、食害に会いにくい樹種を使用するか、防虫処理されたものを使用するかをお勧めします。

来年見かけることのないように祈っています。


木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木材バイオ燃料、これならオッケー?


先日に、深海に住むエビがもつ酵素が効率よく木材などの繊維質を分解する、という記事をご紹介しましたが、くしくもその記事の直後に同じ新聞に関連する記事が載っていました。

関連と言っても、有効活用に進む情報ではなく「待った!」という記事です。
物事には相反する事がつきものです。
人生楽ありゃ苦もあるさ、どこかで聞いたようなフレーズが浮かんできますが、良いことだとして進めている事が、一方ではおもわしくない事である場合もあります。

これは、以前から問題視されていたことですが、日本にいればおそらくその話題に直接関係しない事の様に感じられるからでしょうか、あまり大きく取り上げられていなかった様に思いますが、近日の記録的な干ばつなどの影響による穀物供給不足に大きく関わる問題としていつも俎上にでます。
石油に頼らないことで、資源的にも環境的にも良いといわれてきた「バイオ燃料」ですが、その燃料の主原料となっているのがトウモロコシ。

つまり、バイオ燃料として活用はできるのですが、一方で食糧や飼料という大切な部分を削ることになるということが大きな問題です。
記事には米国のエネルギー関連法は、ガソリンに混ぜるバイオエタノール(バイオ燃料)の総量を2012年には約130億ガロンに引き上げることを義務付けるそうで、これを原料のトウモロコシに換算すると国内収穫量の40%になるそうです。
燃料は賄えるが、大切な食料・飼料用が不足し、さらなる価格上昇に拍車をかけると懸念されています。

バイオ燃料が世に出始めた頃は、石油由来のガソリンに頼りきらない燃料として、とても注目を集め、石油を入手しづらい地域でも活用できると広まりを見せていたように思います。
しかしすぐに、食料として大切な物を燃料にするなんて!という反発が起こったのも事実。
確かにそうです。

ん?!待てよ。
ここで先日の記事です。
そう、エビです。
あの深海エビならば、いままで加工に手間のかかっていた木材や紙などの繊維質から、直接バイオ燃料が得られます。
そうすれば、食料になるものなどを原料とするバイオ燃料とは違った活用ができるのではないでしょうか!?
これは、いよいよ早急に実現していただかなくてはなりません。
それにより、山間部に放置されている枝葉や紙の裁断ものまで多くの利用価値が出てくると思います。
もちろん、二酸化炭素の固定された状態で上手に無駄なく使うのが一番なのですが、最後まで使い切る、無駄にしない事を前提にすれば、このような活用もありです。

物事、一方の事柄だけを優先させることはできない場合が多いです。
だから人間は考え、譲り合い協調できるのだと思います。
その叡智を、バイオ燃料という新しい資源に大いに傾けていただけることを期待しています。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

えび→もくざい→燃料!


過日の新聞に、とても興味深い記事が出ていました。
今の子どもは「エビ嫌い」が多いとききますが、わたしは子どものころから何故かエビが大好き。
あのぷりぷりとした食感なのか、海の味なのか今でも不思議に思うくらいですが、とにかく大好きです。
というわけでエビと聞くと、食べる事しか思い浮かばないのですが、食べるよりもずっと有益な(?!)エビの活用法が見つかった様です。

今回見つかったのは、深海に住むエビが木材などの繊維質を効率よくブドウ糖に変える酵素を持っている、ということです。
木材の繊維の主成分であるセルロースを分解して、アルコールなどの原料となるブドウ糖に直接変化させる新種の酵素を見つけたことで、従来だと3種類の酵素を使わないとブドウ糖に分解できなかったところが、様々な分野に応用できる期待が膨らんでいます。

このエビは、マリアナ海溝の深さ1万mの世界最深部に生息する甲殻類で、ヨコエビ類の一種「カイコウオオソコエビ」(体長約4cm)だそうで、体内にセルロースなどの繊維を分解する酵素を持っているそうです。
セルロースはブドウ糖が多数結合してできているため、アルコールなどに分解するには複数の工程が必要だったそうですが、これで、木材の隅々までの有用性が更に広がりそうです。

今まで木材や紙などの中で使われていなかった部分を、この酵素を使ってバイオ燃料などの生産に活かす事が期待されます。
近い将来、「今日の愛車はケヤキのガソリンだぜ!」、「いやぁ、俺の桧には勝てないだろう!!」なんていう、「樹種ガソリン」がみられる?!かもしれません。
そうなったら、私はどんな樹種ガソリンにしようかなぁ・・・決めきれません!
それにしても、海はすごい可能性を秘めているところですね。さすがは生命の源。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

夏休みの宿題 木のイス作り


お盆前にも言いましたが、もう8月も終盤に入ろうとしています。
ちびっこのみんなは宿題すませたかぁ?!

私も大きな顔では言えませんが、この時期一番つらいのはやはり「自由研究(自由課題?というのか)」でしょう。
いったい何をしたらいいのか、毎年悩みまくった苦しい思い出が昨日のように・・・・
そんな我が家の今年はというと、グッドタイミングで地域の催しがありそこでなにやら調達していました。
え?!そんなんどないすんの?!、と聞いてしまうのは大人の考え。
子供たちがニコニコと抱えて持ち帰ったのものが、自由研究の工作に早変わり。

ヒノキイス 3

















見事にイスができました。
私はもっと複雑なつくりを想像したのですが、子供たちの考えでちゃんとできました。
5枚の板を釘で打ちつけただけですが、多少チグハグなのもいいところ。
自分で作ったものだけあって気に入っています。

ヒノキイス 1














木曽桧の風呂イスと比べては可愛そうですが、それでもちゃんとイスしてます。
大きな目でみるだけでは、小さな端材かもしれませんが使いようでちゃんと活用できることがわかりますし、何より子供たちの喜びようは、端材などという言葉使わなくなるくらいに素晴らしいものです。
夏休みに限らず、木を活用した作品つくり、続けていって欲しいものです。
ということで、今年は「難題」もなんとか早く片付けることができました。

まだの子たち、頑張って!!

ヒノキイス 2















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ダイエット中?!


お盆休暇も早いもので、迎え火をたいたと思ったらもうお見送り。
皆さんは、どこかにおでかけでしょうか?それともゆっくりとくつろいでいらっしゃるでしょうか?
あんまりゆっくりしすぎると、お休み明けの体重注意報がでるかもしれません・・・
どうしても不規則になったり、食べ過ぎ飲みすぎの発生しやすい休暇期間。私も気をつけないとダイエットに励まないといけないことに・・・

と思っていると、弊社ショールームでは既にかなりのダイエットが始まっておりました。

ダイエット 3



 国産黒松(くろまつ・おまつ)フローリング
 おぉー、ダイエットしてますよー。







拡大すると・・・

ダイエット 2


 約3mmほどの隙間ができています。

 まぁ、普通ですね。








お隣の国産地栂(こくさんつが・とが)幅広無垢一枚物フローリングも負けじとダイエット。

ダイエット 5



 隙間の位置にバラつきがあるのは、どの部分がどうやせるかわからないところです。必ず同じ間隔で隙間ができるのではありません。






ダイエット 4




 お、4mmに近いですねぇ。針葉樹ですから、これくらいの「ダイエット」も納得です。







それでは、もっとも水分を好む天然乾燥古希杉浮造りフローリングはどうでしょう。

ダイエット 6




 こちらは、隙間はそんなに大きくないのですが、定規に注目です。







ダイエット 7



 置いてある定規の端を手で押さえると、もう片方の端が持ち上がります。定規の端に影ができているでしょう?
 さて、何故でしょう。






これは、フローリングの表面が水分の放出によりお椀型に反ったから。
お椀の深い部分、つまりフローリングの中央部分に定規の端をもっていき押さえるとフローリングの端部分が反りあがっている為に、隣のフローリングの中央部分には定規は当たらず浮いてしまいます。
これもフローリングでは起こりえること。


因みに、気になって同じ杉の無垢フローリングである百年杉柾無垢フローリングを見てみると・・・

ダイエット 8


 少しは隙間のあるものの、さすがは板目よりも寸法安定性のある柾目の一枚物。
 そのものの目合いと同じようにきれいに整っていますので、ほぼ気になりませんね。






では、針葉樹とは性質の違う広葉樹フローリングはどうでしょう。
ブラックウォールナットです。

ダイエット 9



 子供さんたちのなにやらの跡が浮かんでいますが、隙間はそんなに気になりません。

 やはり、針葉樹よりはヤセは少ないようですね。




もう一つ、ロシアンバーチを見てみると、こちらは少しダイエット中のようです。

ダイエット 1



 2mmくらいかな。
 といっても、ひっついている部分もあり、大きく隙間が目立つとまではいきません。







やはり、見る分には針葉樹は収縮が大きいことがわかります。
そりも出やすいです。
が、広葉樹がそうならないわけでもなく、個体差があることもわかるでしょう。

フローリングも人間と同じく、夏痩せです。
この隙間さえも観察したくなるような人、ショールームにてお待ちしております(笑)。

人間の方は、健康に関わりますからあんまり「伸縮」のないようにしないといけませんよ!
そろそろ私もダイエットに持っていかないと・・・

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

やったー、女子バレー銅メダル!!


仕事が忙しいのに、こんな時期にオリンピックがある。
すごく見たいのに・・・

実は私、女子が大好きです。
いやいや女の子が、というわけではありません(笑、もちろん女の子も好きですが・・・・)。女性のスポーツが、ということです。
先のオリンピックでは女子ソフトボールが金メダル、もちろんのことながら最近では、なでしこもオリンピックでは銀メダル、そして私の大好きな女子バレーは念願の銅メダルを獲得!!!
未明のブラジル戦に負けたときには、仕事になりませんでしたがそれでも見事銅メダルを獲得してくれました。
素晴らしい監督と素晴らしいコーチや分析官、そして選手の努力の賜物ですね。
本当におめでとう!

女子バレー 1














私が女性のスポーツが好きな理由は、男性以上にフェアプレーであり、競技に向かう気持ちが素晴らしいと思う事が多いからです。
女子スポーツにおいては、まだまだ競技ごとの環境の違い(練習や育成など)があるにもかかわらず、結果を残し尚且つ、とても心動かされる競技を見せてくれます。
御贔屓の女子バレーが世界バレーにおいて銅メダルを獲得した2010年のアメリカ戦、どれだけの声援をテレビに送ったことか、どれだけ叫びまくったことか・・・
試合後の感動はとても大きく、いまでも仕事がうまくいかなかったときやくじけそうになった時には残してある「その瞬間」を再生し、叱咤激励してもらっています。
そういった気持ちにさせてくれるのが女子スポーツの素晴らしさだと思っています。
当然、自身も男性ですし男子競技もとても応援しますが、女子スポーツには男性には無い、サッカーにもちいられている「なでしこ」という言葉がぴったりな様な気がしています。

最後に、バレーが好きなことにはもう一つの理由があります。
これには性別は関係ありませんが、弊社がこれから求めていくべき姿が「バレーボール型」の会社だと思っているからです。
これは、以前に尊敬する木村木材工業さんのブログで拝見したものですが、個々の範囲を決めてしまわず、全員でプレーする会社とでもいいましょうか。
組織においての役割を完全に分けてしまうのも有利なところはありますが、これからの社会において弊社に求められるのは、やはり明確な役割分担ではなく、助け合う全員バレーではなかろうかと思っています。

相手国に「日本は守備がいいチーム」と警戒されるように、攻撃の選手も守り、守りの選手も攻撃をサポートする全員バレーです。
もしかするとそれも、何度も撮りためた試合をまた見たくなる理由の一つかもしれません。


女子バレー 2













こんなに真面目に書いてきましたが、未だに試合の興奮冷めやらぬ状態です。
やはり女性はすごい!!
がんばれ、日本の女性たち。(あ、私を含め、男性も頑張らないと・・・ね。)



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

木材をつかってるんだ、胸を張ろう!


先日伺った施設(有名なので見ていただいたらわかるかも・・・)で、とても興味深い物を発見!!

突き上げ 2
























おぉー、見事に突き上げている!!!
これはシャッターチャンス!!と、カメラを掲げていると職員の方が申し訳なさそうに「どうしても無垢材なので・・・・」とおっしゃる。
何を申し訳なさそうになさるのです!
私に言わせれば、胸をはって「すごいでしょう、これだけのびのびとしてるんですわぁ!」位言っていただきたいくらいなのですが、私のカメラ小僧姿が「欠点を露呈している部分」に向けられている、と思われたのでしょう。

仕方のない事かも知れません。
確かに、無垢フローリングにおいてここまでなれば具合が悪いですが、壁であり使用に問題ないですし、公共建築物で木材を使うという取り組みの上で使っているわけで、不具合といえば、一般のかたには少し恰好が悪い位ですから、そんなに小さくなる必要はないのです。
しかし、やはり職員の方も「不具合」と捉えられるケースの方が多いのか、ご自身がそう感じていらっしゃるのか、やはり申し訳なさそうになさっていました。

突き上げ 3














が、私はこれを見ただけで、「どう乾燥させたのか、いつ伐ったものか、どこでとれたのか、加工は?!・・・」など、山ほど興味が湧いてくるのです。
それに、これを見てもらえば、木材が如何に動くかがわかっていただけますし、だからこそ、しっかりと管理された木材を使用しましょう、そうでないといけませんよ、というよいお手本の様な気がします。

いいんですいいんです。いいじゃないですか、もっと活用しましょうよ。
そう言って、私はその職員さんに声をかけたのですが、伝わっているかどうか。

いまさらながらですが、木材は生きています。(生命活動ではありません。例えです。)
吸放湿を絶えず繰り返します。
そのため、伸び縮みします。
しかし、その伸び縮みは木材の木目や方向によって様々です。
それに、そこに乾燥しているかどうかや、室内の湿度や温度が関係してきます。
そのため、乾燥をきっちりと施し、木材の性質にあった施工が必要になります。
先の写真の場合は、施設内の湿度の関係と、板同士の施工をひっつけすぎた事によるものだと思います。

木は、下の図の様に乾燥による収縮の力関係が異なります。

突き上げ 4


 へたくそですみません。丸太を切り開いたところだと思ってください。









各方向で収縮率に大きな差があることがわかっていただけると思います。

これがあることにより、木材とした場合に反ったり割れたり、ねじれたりします。
理由も無しに反ったりわれたりするわけではなく、メカニズムがあるのです。

いつも頂く幅広無垢フローリングのお問い合わせでも申し上げますが、幅が広くなると、反りが出る可能性があります。
それは上の図において、最も収縮率の大きい面がフローリングの幅方向にあたる場合が多いからです。
そのため、幅が広くなればなるほど収縮幅も大きくなり、反りやすくなるということです。
これが先の壁ではエアコンや直射日光であり、無垢のフローリングだとエアコンや暖房器具の温風や床暖房の熱などになります。

木材が、どうしてこうなるのかが少しわかるでしょうか。
何も、嫌がらせの様に動いていくのではありません。上記の理由と、育ってきた環境に由来する癖によって自然に動くのです。

自然のものを理解しようと思うと、自分たちの都合による物差しにあてはめてばかりではなく、やはり相手の事をしっかりと理解する必要があるということですね。
有難い事に、弊社にはそれらの事を理解していただいてお問い合わせいただけるのですが、無垢の木材をお探しのお客様全てに浸透すれば、さらに木材は大きく活用できると思います。

突き上げ 1















木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

お盆休暇のお知らせ


皆さん、お久しぶりです。

この一週間(本当のところは数カ月間)、有難いことながら有難くなくなるくらいの仕事量を抱え、一人ノックアウト状態でした。
お客様からのお問い合わせや注文の対応はなるべく迅速に、と心がけてはいますが、それでも日々の仕事が一日の許容量を超えている状態で、反対にお客様をお待たせることになり、辛い一週間でした。

そんな混乱状態であるにもかかわらず、もうお盆休暇のご案内(遅いくらいですが・・・)です。
2012年は8月12日(日)〜16日(木)が休業日となっております。

BLOG6870














毎年感じますが、お盆休みが明けるとすぐにお正月・・・・
そんな年でもないつもりなのに、毎年月日の経過がどんどん早くなっている様に感じます。
おいおい、私の時計だけ進むのはやくないか?!
神様にもっと急げ!と言われているんだろうか・・・
どちらにせよ、与えられた時間を無駄にすることのない様、お盆休暇も充実したものにしたいものです。

お休みの間に頂いたお問い合わせやご連絡は、順次回答させていただきますので、ご了承ください。
それでは、良いお盆休暇を。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢一枚物フローリングを塗装中

只今、人気樹種ロシアンバーチ幅広無垢フローリングを塗装中。
今回は130幅広と悩まれた末、150幅広に決めていただきました。

ロシアンバーチは、板屋楓(ペインテッドメープル)と並ぶ、弊社の定番人気樹種です。
ロシアンバーチ150幅広V溝フローリングを採用していただいたお客様を何度かご紹介していますが、そのV溝の150幅でもかなり迫力の貼り上りのところ、今回採用いただいたのは「150幅の一枚物」です。

ロシアンバーチ 150 幅広 1














これはもう、実物を見てもらわない限り伝わらない迫力だと思いますが、現在塗装の為開梱した部分の表情を掲載しておきましょう。

今回採用頂いたのは、節や補修、変色などを含むネイキッドグレードです。
同じネイキッドグレードとは言え、樹種によって表情が違うのが印刷などとは異なるところ。

ロシアンバーチ 150 幅広 3



 こんなに綺麗な杢もあれば・・・









ロシアンバーチ 150 幅広 4



 割れも節もない代わりにこのように黒っぽい筋があったり、変色のあるものもあります。







それも含めて自然のもの。
ネイキッドグレードはこれらが特徴です。
プルミエグレードには見られない根っこの部分の杢(もく)や、芯材部分の色違い、そして節の表情。
それがすべて見られるのが、ネイキッドグレードです。

と、フローリングの表情にほれぼれしながらもアツいこの季節、倉庫2階の作業場での塗装は、汗の滴りを落とすまいと神経を使うことと、単純なる暑さによる脱水との戦いです。
当然、水分と塩分は準備済みですが、フローリング表面には一滴の汗も禁物。汗の水分を吸って、シミになったり、その部分のみケバ立ちが出る事がありますので、ただでさえフラフラとしてくるところを必死にこらえ、一枚一枚塗り込んでいきます。
お客様の床に並んだ姿を瞼に写しながら少しずつ少しずつ。

ロシアンバーチ 150 幅広 5














何とか仕上げにかかれそうです。

迫力の幅広一枚物フローリングの貼りあがりが楽しみです。
お伝えできる日を楽しみにしていてください。

ロシアンバーチ 150 幅広 2














150幅広一枚物フローリングは下記も参照ください。

胡桃(ウォールナット)幅広150無垢フローリング
・ブラックウォールナット幅広無垢一枚物フローリング
・ブラックチェリー幅広無垢一枚物フローリング
・カスクオーク幅広無垢一枚物フローリング
・ノルデストウォールナット幅広無垢一枚物フローリング

ロシアンバーチ施工写真などは下記を参照ください。

・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングはこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングO様着色塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングN様着色塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢V溝フローリングS様クリヤー塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ幅広無垢ユニフローリングネイキッドグレードの施工現場はこちらから
・ロシアンバーチ130幅広無垢一枚物フローリングネイキッドグレードオイル塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ150幅広無垢一枚物フローリングネイキッドグレードとV溝フローリングネイキッドグレードH様無塗装施工写真はこちらから
・ロシアンバーチ幅広無垢一枚物フローリングはこちらから


お問い合わせはこちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!