空を見上げて
トップページ » 一般論化するか、誤解を避けるか・・・山と木材の正しい伝え方は?! 

一般論化するか、誤解を避けるか・・・山と木材の正しい伝え方は?! 

新聞のカラー広告に出ていました。

「日本の木材は、今が“使いどき”」

日本の山は、使い時?! 2


目にされた方も多いでしょう。
弊社にも、直接チラシが届きました。
美しくまっすぐに育った木が青空に伸びている、すがすがしい森。
見あげれば木材による大空間から臨む空。
そして、その原材料となるイメージの丸太の写真。

その横には、いつも通り「人工林が育っているので利用しましょう!国産木材を使いましょう!」のPR。
そして使うことにより、どのような良いことがあるのかという「プレゼンに求められる表現方法」で、それなら使おうか!!という気持ちの醸成に寄与する内容となっていると思います。

日本の木の事や山の事を知って使ってもらうのは、非常に重要。
国が取り組むべきこととして、このようにアピールしてもらうのも大切だと思います。
でも、一般の皆さんは知りません。
今、日本の木材が不足している、ということを!!

わざと、広告と対比するような言い方をしました。
正しくは、供給が追い付いていないから、需要に応えられていないということです。
自身の備忘録も兼ねて業界の現状を記しますが、現在では新型コロナウィルスの影響を大きく受け、住宅資材として非常に大きな役割を果たしている「ホワイトウッドと米松(べいまつ)」が入手困難で価格暴騰しています。
大手工場は受注をストップするほどです。
決して危機感をあおる意味ではありません。
現実であり、どれほど一般建築が輸入材に依存していたかということです。

そして、その結果として何が起こっているか?!
国産木材の高騰と供給不足による、仕入れ難です。

え?!日本の木材は使いどきなんですよね?!
本格的な利用時期で、非常に多くの蓄積があるんですよね?!
どういうこと?!の意味、考えてみてください。


日本の山は、使い時?! 1



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

・戸田材木店・セルバのフェイスブックページ:無垢の木材を愛し語る「木のビブリオ」がいる材木屋、合資会社戸田材木店 から!
・同じく、、、       インスタグラムページ: toda.zaimokuten も随時更新中!




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星