空を見上げて
トップページ » 一般論化するか、誤解を避けるか・・・山と木材の正しい伝え方は

一般論化するか、誤解を避けるか・・・山と木材の正しい伝え方は

前回のお話しの理由から始めたいと思います。

今のタイミングでこの広告を見て、何を感じるかはそれぞれの立場によって異なると思うのですが、私が居る建築材料となる木材業においては、少なくとも「国産木材は不足」しています。
先と同じく、正しく言えば供給が追い付いていません。


日本の山は、使い時?! 1


それは、一時期だけの代替材料に過ぎないから、という側面は小さくないと確信しています。
ホワイトウッドが入手できないから、仕入れ販売を杉材に転換する。
単純な話です。
今までは、たとえ安くとも売れなかった杉材が急激に求められるようになる。
弊社でも、10年前に仕入れた材料がいまだに残っているような杉材が、です。
材料が悪いわけではありません。ましてや、杉が悪いわけでは決してない。
でも、巷では「白く美しく感じ、乾燥して狂いが少ないうえ供給量豊富なホワイトウッド」の魅力は大きく、ロスと施工後の狂いのクレームを嫌う工務店さんにも、「白さ=綺麗」というイメージを持った建築施主にも影響され、あっという間に出番を失った杉。

良質な材が安くなっていても、「黒っぽい杉はお客さんのイメージが悪い」という理由で自社の納入材料規定に「杉材は不可」としている工務店もあります。
そんな状況が続いてきたのに、輸入材料が入手できなくなった途端に急激な需要が生まれても対応できるはずがありません。

数年前にあった「木材利用ポイント」の時も一部ではそうでした。
弊社もかかわった制度ですが、制度が悪いわけではなかったのですが紆余曲折を経た結果、国産材の一時の急激な需要増とその後の急減を招きました。
同じことの繰り返し。
今回も、輸入が正常になれば杉材をはじめ桧の需要もバブルとなるでしょう。

もちろん、正常通り供給されていたり増加する需要に一所懸命に答えていらっしゃるところもあると思いますが、私が日々感じているのはこのような状況です。


目に留まっているかどうかですが、広告にはこんな文字も見られます
「過剰木材在庫利用緊急対策事業」。

過剰な木材在庫って・・・・・


木材の在庫が過剰になっている!そうなのです。
一部では、輸入が滞る半面に輸出が滞っているために出荷できないというお話も耳にするので、完全にまちがいではないのでしょうが、上記の現状を考えるとものすごく複雑な気持ちになります。
字面もちょっと気になりますしね・・・(汗)。

木材が余っているから使おう、という風に聞こえなくもない。
掲載されている建築物の写真が、その構造などから見ておそらくは施設などの大規模建築物であることや、丸太の写真の状態からどのような木材利用を国が推進したいのかが邪推できます。
ここには出ていませんが、木材を使った外構や塀製作をすると補助を受けられる制度もあります。
とても良い!と思いますが、そこに規定されている材料は屋外仕様に耐える性能を有した「薬剤処理品」など。
木材の良さは、腐らないことではなくて古びていくこと、自然に還ること。
短所でもあるけれど長所でもある。人間も木も、完璧ではありません。
自然のサイクルです。
短所をなくすために手を加えることで長所もなくす。人工物になっちゃう気がします。
もちろん、私の様にもろ手を挙げて木を礼賛するような人間ばかりが木材を使うわけではないので、それに対する配慮も必要だと思いますが、もう少し活用できる木材の幅を広げてくれていれば有難いのにな・・・と思う制度です。


いずれにしても、こういう木材をこういうふうに使いなさいよ〜!というメッセージが伝えられる。
よくできていると思います。

でも山を守るため、利用していくため、木材をつかって良かった!と思える利用にはもう少し伝え方も様々にしてもらいたい面もあります。
誤解を避けつつ一般論として伝えることのむつかしさから、表現があいまいになったり一部のみしか理解できないような状態になることも仕方ないことかもしれませんが、私の様なしがない街の零細材木屋の発言ではなく、影響力の大きな国がやることですから、もう少し踏み込んでほしい。

需要を増やすには、適切な供給も増やさねばなりません。
両輪だからです。
そのバランスが崩れすぎている状態で、いくらPRしても空虚な感が否めません。
そんなことを考えている私も、偏った考えなのかもしれません。
でも、それが山に行き自身で一から資材作りもし、街の材木屋として地域で販売を担うものとしての正直な感想です。

こんな材をすすめたい


木を使うことは、ただ安いからとか供給量が安定しているからとか、もしくは補助があるからとか、そういう理由だけでは無駄遣いになってしまうこともあります。
上の写真の様な、木目の良い面白い木材も使いたいじゃないですか。

無垢の木だからこそ質感が美しいとか、目に見える部分には木目の良いものを使い腐りやすい部分には腐りにくい樹種を選ぶ。
それを、使う人が考えて決める事の出来る制度。
そういうものを作ってほしい。
曖昧な「木の良さ」という表現ではなくて、本当に「木目が美しい」とか「肌に温かい」とか「香りがすがすがしく心地いい」という、実感として木を使ってよかったと思える人が増えるような伝え方を、国も材木屋さんも模索していく必要があると思います。

今後も少し誤解を招くようなびっくり表現も使う場面があるかも知れません。
木材馬鹿なので、偏った表現も出ることと思いますが、どうか寛容なお心で拙記事をご覧いただき、皆さんの「無垢の木にしてよかった!」という場面が増えることを願っています。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

・戸田材木店・セルバのフェイスブックページ:無垢の木材を愛し語る「木のビブリオ」がいる材木屋、合資会社戸田材木店 から!
・同じく、、、       インスタグラムページ: toda.zaimokuten も随時更新中!






コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星