空を見上げて
トップページ » 日本の栗(クリ) 無垢長尺デッキ用材納品!

日本の栗(クリ) 無垢長尺デッキ用材納品!

今年の春にも、屋外用デッキ材の素材として使っていただいた「栗(クリ)」。
木目が美しく、耐久性の高さを古くから認められてきたことから、湿気の多い部分や雨がかりの場所などに利用されてきました。
湿気にさらされる古民家の土台材や柱に使われて、現在まで朽ちることなく住宅を支えているものを多く見てきました。
現代での用途でも土台材や現代民家の柱材としての用途を復活させたいと考えていますが、さらに身近なところで使ってもらいやすいもの。

それがウッドデッキ!


日本のクリ(栗)節有デッキ材 4


現在ウッドデッキの材料として用いられている無垢の材料は、重硬な熱帯産木材か防腐処理材、もしくは高温処理材です。
一部ではコスト優先で、ホワイトウッドなどに塗装をして製作される場合もありますが、耐久性は前者よりもはるかに劣ります。
そのため上記以外の選択肢として、弊社が提案するのが「日本のひば」と「日本の栗」。
ひばは桧の近縁種なので軽軟で加工しやすくもありながら、精油成分も多く含まれているので腐朽にも抵抗性があるためです。


そして本題の栗。
桧に比べて硬質で耐腐朽性も高く評価されています。
それに加えて広葉樹ならではのはっきりとした木目がありますから、非常に存在感があります。
そんなことで、近年屋外用途の木材のお話を頂いたときには積極的におすすめをしています。
そのおすすめを理解して頂き、今回も大事なデッキ材の構造部材として採用して頂きました。


日本のクリ デッキ用材 5


施工場所の条件的に、劣化した場合の床板部分以外を修繕することが難しい状態のようで床部分は桧なのですが、大事な構造部分を栗で!と言っていただいたのでした。
ですので角材が沢山!!

栗は一般的にも食用になる実をつけることで知られている木ですが、木材としての流通は決して多くはありません。
銘木という扱いで、大木や節の無いもの、美しい杢のあるものなどは珍重されるために流通しているものの、それらを耐久性の求められる用途に使うのはもったいない。
現在の用途では、本来の特性ではなく材質の美しさに重点を置かれています。

それは、一般的な建築材として使われる価格ではないことが大きな理由。
しかしながら、現実には広葉樹の山から多くの栗原木が産出される中には、節のあるものや大木とまでは言えないもの、傷などがあるものも多く出てくるのです。
それらは本来であれば、桧と同じように節有材として流通させるとよいのですが、需要が多くはないことや選別に手間がかかる事、一度に産出される量が限られることなど相反する様々な理由により、流通していないのです。


日本のクリ デッキ用材 4


そんな中、弊社がお付き合いしている山からは、節や傷がある栗材が出てきます。
出してくれている、というのが正しいのですが通常では製材品市場には流通しにくいと考えられるサイズや状態の物を、出荷してくれるのです。
それも、4mという長尺寸法まで出してくれる。
通常広葉樹の多くは、よほどのことがないかぎり2mくらいの長さの原木で出荷されることが殆どです。
だから、建築で使われる杉や桧のような感覚で3mや4mという長さで使うことができない。

しかし、決して多くはないけれど3mや4mという長さのままで山から出してくれる場所がある。
ならば、それを使わない手はない!
節があっても傷があっても、屋外の使用であれば大きな問題はないのだから、贅沢に日本の広葉樹であるクリ材を満喫できるのです。


日本のクリ デッキ用材 1


耐久性が期待できるうえに、針葉樹にはないはっきりとした広葉樹特有の木目が映えます。
その木目は、加工当初よりも経年により違いがはっきりと現れます。
風雨や紫外線での退色劣化の途上で灰汁が出ることで、一層木目がはっきりと感じられる事。
そして退色しグレーになっても、道管という組織がはっきりと見えるために「ザ・ウッドデッキ」という無垢の木の質感を感じられる。
腐らない、ではない選択肢。
一般的な木材よりも耐久性がありながらも、綺麗に年を経ていく木材であると感じる栗。
節なしや銘木栗もいいものですが、もっと多くの人に栗の素晴らしさを身近に感じてもらえるように。
少しずつですが用途を広げていきたいと思っています。

今後も栗材商品を紹介していきます。

日本のクリ デッキ用材 2


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星