空を見上げて
トップページ » 和風家屋に、ネシアンチーク幅広無垢フローリングを使っていただきました!! 

和風家屋に、ネシアンチーク幅広無垢フローリングを使っていただきました!! 

前々回から続く昨年の仕事シリーズ(汗)。
もう次からも昨年の仕事だから、あえて言いませんが昨年はバスツアーを2回実施したことやそれ以外の企画事や発表、講師活動や営業活動などで平日動き回っていたために、稀におとずれる外出予定を入れていない日曜祭日になると、「日曜日だ!残務整理しよう!!」と一日中外出せずにデスクに向かっていることが多い一年でした。

ですので、まったく整理できていないものが多くてお正月にようやく写真類と書類の整理を済ませたのですが、投稿紹介しておかなければならないものがまだまだ多くありますので、次回以降も「あぁ、こんなことしてたのね!」というイメージでご覧ください(笑)。


さて、今回はその素晴らしい質感と木材としての優れた性質が世界中で最も評価されているといっても過言ではない木材である、チークを使っていただいた住宅の施工写真を紹介したいと思います。
昨年にFB上で「チーク祭り」というほどに、一時期に在庫のチーク材の販売が相次いだことを投稿していたのですが、そのうちの一つである「ネシアンチーク幅広無垢フローリング」の施工写真をお伝えします。

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 施工写真 2

今回採用いただいたのは、ネシアンチークのトップグレードであるプルミエグレードのUNI(たて継)タイプ。
しかも、150mmの幅広サイズ!!

私は木が好きなので、幅広サイズのみにこだわっているわけではありませんが、フローリングに関しては非常に木目のはっきりとした樹種以外は、巾が狭すぎると木目の偏りが大きくなってしまったり、肝心の表情が見えづらかったりするので、デザイン上で幅の狭いものが似合う場合以外は幅広材をお勧めしています。
もちろん、幅広材をお勧めするには反りにくく伸縮しづらい、信頼できる乾燥を行っている製材所の製品でないといけないのは、拙記事の読者の皆様であればご存じのはず!
当然、今回もその信頼できる製材所の製品であるのは言うまでもありません。

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 施工写真 3

そこから生まれるネシアンチーク幅広無垢フローリングは、チーク本来の色合いと木目をはっきりと見せてくれています。
これが幅広無垢フローリングの非常に大きなポイント。
樹種の色調だけではなく、環孔材的な木目でありながらもくっきりとした木目ではないチークにとって、150mmの幅で木目が見えることは、実はものすごく大切な事なんです。
その理由は、


1,チークの代用材としてチーク色に塗装されて出荷される木材と区別できるから

2,同じチークでも若くて直径の細い丸太で作られた製品に着色しているものとの違いが明らかにみられるから
以前に紹介した、チーク材の違いを見ても明らか)

3,大量生産向けに植林された、チークではない熱帯早世樹の色目や雰囲気の似た部分をアピールして、チークの代用として販売されているものとの差がはっきりとわかるから


です。
それらを明らかに区別できるポイントとなるものが、この幅広材であり特徴的な木目とチーク本来の色合いだからです。

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 施工写真12


特に、3,については弊社にも同業社さんが営業にこられることがあり、その時の販売文句が「チークと同じような仕上がりですけども、すごく安いですよ!!」なのです。
そのたびに、「私、木の虫とか木のビブリオとか、木材コーディネーターとか、ものすごく木にこだわることしてるのに、よくもまぁそんなにチークの代用品であることと値段の安さだけをアピールできるよね・・・」と心で思いながらも聞いているのですが、もちろん営業している本人がチークの事をよく知らないんだから、これも仕方なし。
世界中で認められている世界の銘木チークは、そう簡単に代用できるような素材ではないのです!!

おっと、そんなお話ではなくて、それくらいに木材として貴重で人気があり、だからこそちょっぴり高価であるチークだからこそ、しっかりとチークそのものであるということをお施主様にも施工者にも感じられるものとして、素材をお届けしたいという想いから、このネシアンチーク幅広無垢フローリングをお勧めしています。

150mmの幅広材の見せる表情は、柾目のキラキラとひかる美しさであったりチーク特有の黒っぽい条が現れるもの、そしてチークのもつ蝋の様な脂分を感じるようなヌメッとしたようなものなど、プロが認めるチークの表情満載です。

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 施工写真 6


撮影させていただいたときは、フローリングにはすでにオイルの塗装が施されていたために表面の色合いがさらにイイ感じになっていましたが、じつはネシアンチーク幅広無垢フローリングは無塗装の状態でお届け出来ることも、非常に大きな特徴なのです。
これも以前に紹介していますが、チークフローリングの多くはウレタンなどの樹脂の塗装をされて出荷されています。
そのためフローリングの表面からは、私がずっと強調しているチークのもつヌメッとした質感や、特有の脂分のある素材感を感じることが出来ません。
樹脂の塗装をされていれば、そこに着色塗料が入っていて赤茶色のチーク色に塗られていても、識別することが出来ません。

それでは、樹種が本物のチークであってもなくても、あんまり意味がありません。
ですので、ネシアンチーク幅広無垢フローリングはチークの色合いと風合い、手触り足触りを味わっていただける無塗装での販売をしているのです!!
足触りは、かのN澤ま○みちゃんも寝転がって味わうほどの質感ですから、無塗装に限るわけです!!

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 9


しかし、無塗装の場合は樹脂塗装では着色できる「色の薄い部分と白太の部分」の「チーク色塗装」が出来ません。
いや、ネシアンチークに関しては、それは必要ないのです。
なぜなら、今回採用いただいたプルミエグレードは「ほぼ赤身のみを使用」したグレードですので、材色の濃淡はあれど白太はほぼ皆無。
木材には必ずある辺材と言われる色の薄い部分。その白太と呼ばれる部分を外している為に、芯材部分の赤身中心の自然な色のばらつきを表現できるのです。

では、その選別外になった白太はどうなるのか!もったいないではないか?!、と思わないでください。
ネシアンチーク幅広無垢フローリングは130mm幅と150mm幅、そしてUNI(たて継ぎ)と一枚物!のラインナップの中で材の振り分けを行い、さらにプルミエグレード以外のセレクショングレードには「適度な白太を含み、小さな節や軽微な変色を含むもの」を集め、ネイキッドグレードには「強度に問題のない変色や節、傷(パテ処理)を含み、白太をふくむもの」と位置付けて、丸太一本を余すところなく使っています。

そのため、プルミエグレードでは厳選された赤身材を使うという贅沢が出来るのです。
そして、多くの方から「これはチークじゃない!」という、ある意味ご意見をいただくネイキッドグレードは、一般に知られているチークのイメージとは異なるような、白い部分や木目の粗い部分を含むことになるのです。

ネシアンチーク幅広無垢フローリング 8

〜どうですか!!この黄金色ともいえるような材色と特徴的な濃い条状の木目の風合いは!!〜


そんなことができるのは、原木から製品まで一貫して管理し選別作業をきちんとこなしているからなのです。
そんな違い、商品になってしまうと価格だけが目安になるために、分かるはずがありません。
それでも、そこの違いを伝えることが私の仕事であり、木のビブリオ・木材コーディネーターの役割なのです。
特に貴重材であるチークです。
しっかりと大切に使っていく必要がありますから、価格のみで大量販売、なんてことは全く考えていないからこそできる事なのです。

ちょっとチークについて語りすぎて、スペースが足りなくなりますので、施工写真紹介では異例ですがもう少し続きを次回に続けたいと思います〜!!



・ネシアンチーク幅広無垢フローリングはこちらから

・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星