空を見上げて
トップページ » 神話受け継ぐ奇し姿 〜クスノキ・樟 その四〜

神話受け継ぐ奇し姿 〜クスノキ・樟 その四〜

もう少し、樟脳がらみのお話を。

クスノキの材の用途として有名なものに彫刻があります。
硬すぎないこととともに、樟脳の香りがあることから仏像彫刻などにも古くから用いられてきました。
仏さまというと、社寺と同じようにヒノキが使われているのかというイメージをお持ちかも知れませんが、渡来した仏像の多くはビャクダンなどの香りがする木が使われていました。
その為に、日本で香りが強い木ということで、ヒノキ等のほかにクスノキが使われていたようです。
彫刻された材に、精油成分が数百年以上たっても持続していることも樟脳のパワー。
彫刻に使用される理由はそれらだけではありませんが、仏像を含めて彫刻ができるくらいの適度な硬さで、しかもいくつかの木を合わせるのではなく、一本の木から大きな作品を作ることが出来る点でも、非常に重宝されたことだと思います。


クスノキ 6

樟脳のパワーをご存知の方には、香りの印象が強いと思います。
アロマの世界でも、発汗をやわらげ抑うつ症状を和らげる効果があるととされていることからも、その通りかもしれません。
しかし、そのパワーはなにも香りだけではありません。
医薬の世界では、強い抗菌作用や消炎作用、鎮痛・血行促進の作用があるとされ、その溶液は強心作用が見られるということ。
実際、強心剤のことをカンフル剤なんて言いますが、この語源はカンファ―=クスノキなのですから。


前回にも少し出ましたが、同じクスノキでも同じ量の樟脳が採集できるわけではなく、その含有量の違いでアカ(グス)・アオ・ボケ・サンショウなどと区別されているそうです。
木材の世界で材を比較される場合には、「アカ=良質・アオ=劣る」として材名に関する場合がありますが、ボケというのは「味がボケている」というような具合で採集量が少ないという意味なんだろうか、確認はできていません。

また、薩摩地方では採油上で上質なものから順にメアサ・ドべ・マイロという区別があるらしい。
大阪の方言だとおもうのですが、ドべというのは「最下位」という意味を持つために、私としては中間にドべがいるのがしっくりこないところです(笑)。
樟脳を分留後の液体は樟脳油として、香料や防虫材料、溶剤や選鉱材として再分類されます。
精留された油は沸点の違いから低い順に、白油(防臭やテレピン脂の代替材)、赤油(バニリン、農薬原料・石鹸・アルボース防腐剤)、藍油(らんゆ。殺虫・シロアリ予防・医薬品)に分類されるそうです。
日本国語大辞典によると、その量は再生樟脳が50%に対して、白油20%・赤油22%・藍油2%が得られるとのこと。

樟脳の力は材だけではなく、その葉にも含まれています。

クスノキ 7


暑い夏の日には、緑に光るクスノキの葉を少し拝借して手で揉みこむと、非常に爽やかな香りがします。
暑さを少し忘れるような、すっきりとした香り。
材から感じるのと同じ香りです。
常緑樹であるクスノキは、春に次の世代の葉が出来てから古い葉を落とす「譲り葉」のような性質を持っていますが、その落ち葉が周囲の植物を抑制することが分かっています。
雑草が生えることを抑制したりする効果もあるということですが、全ての植物に効果があるわけではなく、双子葉植物への除草効果があることが実験されているとのこと。

それらを身をもって教えてくれたのが、ウチで飼育していたカブトムシたち
自宅のクスノキカウンターの上で育てていたために、異常行動となり生育不全になった可能性がありました。
そんな力も、樟脳のパワー。

巨大なその姿にたがわぬ目に見えない強大な力です。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星