空を見上げて
トップページ » 白赤はっきりつける?! 木ーワードは源平合戦

白赤はっきりつける?! 木ーワードは源平合戦

スギ材の材質を表す時に多く使われる「源平(げんぺい)」という言葉。

もちろん、杉だけではなくヒノキであっても同じ理屈で言えば「ヒノキ源平材」となるはずですが、それはあまり聞きません。
芯材の色合いが、スギよりももっと淡く優しいからでしょうか。もしくは、ヒノキは白い辺材のみという使い方はほぼしませんし、通常はなにもしていしなくても「源平」な材なので、使われないのか。

木曽桧幅広無垢一枚物フローリング


近年では、私も勧めていることもあり屋外使用の場合にはヒノキでも芯材の部分が多い「赤身勝ちや赤身」という指定で使って頂ける場面が多くなりました。
いくらヒノキとはいえ、辺材部分は容易に腐食しますし虫害を受けます。
一般的にはヒノキは万能と思われていますが、全くそんなことはないので注意が必要です。


桧赤身デッキ材


脱線しましたが、とくに芯材と辺材の色の差が「赤白」で顕著な杉に関しては、「芯材(赤身)のみ」、「芯材と辺材両方入る部分」、「辺材(白太)のみ」という使い分けをしてきました。
この中の「芯材(赤身)」と「白太(白太)」の色の差がきっと、今回のテーマである「源平」を生んだのですね。

説によりますと、その語源は源平の合戦だと言われています。
源氏が白旗、そして平氏が赤旗を掲げたことが由来の様です。
白い旗と赤い旗、そのはっきりと2つに分かれる様は、さぞかし「源平材」に似ていたものなんでしょうね。
おそらく、ヒノキではその色が想像できなかったのでしょう。


しかし、この説が本当であれば、木材の世界では先にも出したように芯材部分を多くすることを「赤身勝ち」と言ったりしますが、私が想像する源氏と平氏の戦いである源平合戦では、白旗の源氏が勝利していますよね。
木材の性質でも、芯材である赤身が重要視される場面が多い。
源平の合戦では白旗が勝っているのに、どうしてでしょうかね。
(源氏と平氏とした場合は、さらに後年へも影響があるので、どちらがどうともいいにくい。)

言葉は面白いものです。


 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星