空を見上げて
トップページ » 白赤はっきりつける!? 木ーワードは源平合戦 

白赤はっきりつける!? 木ーワードは源平合戦 

深い傷を負ったあと、永い眠りから醒めたルパンの様に、「今日は何日だ!明日は何がある?!」的なバタバタ感のこの頃。

驚くルパンの様に・・・


予定の前日でしか用意ができないような、自分担当の授業の用意すらも前日まで全くできていない状態(本当の話・・・)の毎日から少し落ち着いたある日。
次男が期末テストに向けての勉強予定を立てている(自分の時には考えられん・・・偉い!我が息子。)ときにふと、「源平の合戦でな、、、あれ?!あのほら、、、、あの谷なんやったっけ・・・義経がな・・・」と家内と話をしています。
私としては一瞬で、「それはあそこやろ!」と神戸出身の父の血を引く身としては答えたくなるところだったのですが、それ以上に血を沸かせたのは「源平」という言葉。


源氏と平氏


私の時代は「源氏と平家」と記憶していたのですが、正確には異なり息子世代には「平氏と源氏」になっているようです。
軽いカルチャーショックの様でしたが、学生時代に勉学に励まなかったせいで、奥深い歴史の正確な情報には言及できませんので、是非とも割愛させてくださいませ(涙)。
さて、話は戻って私がどうして「源平」に反応したか。

木材業界の方ならば、普通にピンとくると思うのですが、それが大切な木材の状態を表す言葉と一緒だからですね。
その状態とはこれ。

百年杉柾浮造りフローリング


もっとも身近ではっきりとしていて、今でも取引の上で使用する業界用語で使う場面が多いのは、やはりこのスギの「源平(げんぺい)材」。
スギに限るわけではないですが、芯材部分である赤身と辺材部分である白太の「赤白」のコントラスト。
一つの木材に、その芯材と辺材の混在した状態をさして、私の近くの木材業界では「源平材」と言います。
全国でそのような意味をもって使われているのかを検証したことはありませんが、少なくとも近畿では「赤白材」とか言わずに、「源平材」と言うのではないでしょうか。
もちろん、最近では自身が化粧用のスギ材を発注する機会が少ない(広葉樹や他の材を使ったり、諸事情もあり)こともあるし、それ以上に化粧用のスギ材の流通量が一時に比して減少していることもあって、その言葉を聞く機会もめっきりとなくなりました。
今の若い材木屋さんは知っているんだろうか・・・

そんなレベルのような。
もしかして死語か?!・・・



 ・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星