空を見上げて
トップページ » そこに人は関わっているか?!

そこに人は関わっているか?!

木材製品。
それは、機械や人の手で加工された木材が、製品となってやってくるもの。

製品、というとオートメーションで工場加工されているもの、という想像をしてしまいますがそういうものもあれば、そうでないものもある。
特に弊社の扱っている商品では・・・

私がこだわりを持ってお届けしている無垢フローリングもそうです。
一部の工場では、流れ作業において木材の表情などを細かくわけることなく、どんどんと作られていく。
価格競争が必要な商品では、無駄な工程はなるべく省かねばなりません。

しかし、本当に良いものを作ろうと思えば、途中にどうしても製品としてそぐわないものも出てくるし、グレーディングを変更しないといけないものも出る。
そういったものをしっかりと検品できるかどうか、そこに人が関わった作業があるかどうか、その違いがあります。

人の手の証

縁起の良い数字が書かれています。
暗号ですが(笑)、こうやって、しっかりと人の手で一枚ずつ選別されている証拠です。
人でなければ、こんなに上手に鉛筆書きできません(笑)。

選別に携わった人がいれたサイン(しるし)です。

きちんと人の手が入っている証拠。

製品として出来上がってしまっては殆ど認識できるような差はありません。
もちろん、私の様に原木からかかわったり、もしくは製造の工場のラインに並んで立たせてもらって、削り加工や検品の様子、そしてその検品で不合格になったものの理由やグレーディングの基準まで、工場と意思疎通しているからこそ、そのかかわってくれた人の事がわかるのです。
もちろん、製品の最終的な貼り上がりや精度をみればわかる事ですが、お客様はそこまでの違いが分かりません。

ましてや、こんな画面の中では・・・

そんな皆さんの代わりに、私がいつも遊びに行っていると誤解される出張検品を繰り返しているのです!!(汗)

どんな人が作っているか、どんな行程なのか、管理方法は?ということも分からないようでは、本当の意味でただの「製品」。
私は木材製品を扱っています。
木にかかわる人の気持ちが少しでも反映できるものを紹介していきたいものです。


なかなかお伝えすることのない、製造の裏話、でした!


それでもたまに、見落としもあるんだけどね。人だから・・・(汗)




梱包前


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星