空を見上げて
トップページ » 戸田先生の伐採授業、2019年度大阪研修 

戸田先生の伐採授業、2019年度大阪研修 

さぁ、贅沢な大阪研修もいよいよ終盤。

現場を見学した後は、大工さんの作業場に移動します。
住宅になる木材がどのようにして加工されるのか、そしてそこにある材料の中には昨年、自分たちの山で伐採した曲がりの赤松丸太がじっくりと乾燥の時間を待っている・・・

山で伐採している人が、その伐採した丸太が街に出てからの姿を見る機会もないと思いますが、ここにあるものは全て自分たちの山で伐採したもの。
感じるものもひとしお・・・・・

そして大事な作業場で大工さんが用意してくれているのがこちら。

鉋体験 2

鉋(かんな)です。

ここで学生たちに鉋削り体験をしてもらうのです。
今回の総地松造りの家にも欠かせない鉋仕上げ。
きれいに鉋がけされた材は、まるで鏡のように景色を反射し、木材の艶と輝きを引き出します。
建築現場では、木材に触れることはできません。美しい出来栄えも、人の手が触れることでその脂分が移ってしまうためです。
その分、ここで鉋仕上げの感覚と、その削りたての木材の質感を体験してもらうのです。

鉋体験 3

鉋台の上にセッティングされたきれいなヒノキ。
これに鉋をかけていきます。

大工さんによって一人ひとり、「こんな感じかな。軽く引っ張るような感覚で・・・」なんて言われながら、ゆっくりと真剣に集中して、鉋を動かしていきます。

鉋体験 4

大工さんがかけると、美しく薄い、まるで削りかまぼこのように(ある意味美味しそう・・・)綺麗な鉋くずがでるものの、そう簡単にはいきません。
それでも、少しづつポイントをうかがいながら全員で体験。

節のある部分や少し逆目加減になる部分など、削りにくい部分も体験することで、大工さんがどのような気持ちで木材に向き合っているのか、またはそれをもとにどのような目で木材や樹木をみるのか、ということが分かったのではないかと思います。

やはり物事は体験しないとわからないもの。
見て触って感じる大阪研修。

今年も2日間詰め込みでしたが、満載の企画をさせてもらいました。


企画引率の車で移動している時のAMラジオから流れてきた、バス会社が企画する観光バスで巡るツアーのコマーシャル。
聞いているとツアーでの訪問場所は、自身も皆さんをお連れした森林ツアーで訪れたことのあるところでした。
しかしながら、自分では思いつかなかった「あそこでこれを、こちらではこれが楽しみ」というスケジュール企画は、やはりプロ、というか思いがけない工夫や宣伝文句が盛り込まれていて、普段の自分目線でしか企画できていない未熟さを痛感。

今回も、木材や樹木についてのお話は満載でお送りしましたが、もっと魅力的なことができるように来年以降も考えていかなければ・・・、と企画中にも反省。
でも、私の企画は私自身が思うことや経験したことを直接伝え、見せるだけではなく感じてもらうことができるのも、大きな特徴。
材木屋の企画ですからね。裏話もしながら・・・

立場の異なった人の意見や物の見方を知ることができる貴重な経験。そんな場所を提供できるのがこの大阪研修だと信じています。
今年参加してくれた三年生が、来年以降にやる気に満ち溢れた状況で社会に出られるように、微力ながら以降も頑張ろうと考える戸田先生の大阪研修がここで終了したのでした。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp





コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星