空を見上げて
トップページ » 桧にもカビ・・・

桧にもカビ・・・

日本人が木の持つ良さを語るときには、必ずと言っていいほど語りたくなる桧。

水湿に耐久性が高く屋外に使用されたり、シロアリに抵抗性があるということで住宅の土台に使われたり、もちろんきれいな木目や色合いから、美観上重要な場所にも使われます。

そのため、とくに材木屋としては桧が如何に素晴らしい木材か!?!ということを語りたくなるもんです。

桧だから腐らない、桧だから虫が食わない、といったことをアピールしたいのですが・・・・


むむ?!なんじゃこれは?

桧のかび


桧の丸太の切れ端を放置していたら、こんな白いものが・・・・
それも、桧の樹脂がにじむほどの材なのに!!

これは、山で伐採した直後から半年ほど置きっぱなしにしていたものですが、チェーンソーでカットしてあるので、切り口がガタガタしています。
そのために、床に接していた部分だけが白くなっているのです。

カビなどの菌が発生する条件がそろっていたからですが、これを見ると桧だから大丈夫!っていう桧神話を鵜呑みできないと思いませんか?

私も桧は大好きですし、桧のポテンシャルはとっても高いと思うし、贔屓したくもなります。
でも、ちゃんと使い方を知っていないと、劣化が早くなったり虫害を受けやすくなってしまったりします。

たとえ桧でも・・・
って考えて、樹種の性質だけではなくて使用方法や環境にも配慮して使うようにしましょうね!!


それにしても、いい感じの見本になったなぁ(笑)。



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星