空を見上げて
トップページ » 戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業!! 2018年度 終了!  まとめ

戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業!! 2018年度 終了!  まとめ

一年を通じて行っている「戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業」。

2018年度も無事に伐採を終えることができました。
3年生も卒業をし、それぞれの道への歩みを始めています。
私たちはというと、伐採の後の搬出や原木となった木の大阪への配送、そしてそのあとに控える授業の一環「大阪研修」の準備を始めなければいけません。

だから、一つ終わってもまた一つ、となるわけですがとりあえず、一息つけるのが年度末に見る「授業に関するアンケート」を手にしている時。

戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業 2019 アンケート 2

自分たちの授業への率直な意見や、はたまた不明点の洗い出し、そして要望と授業では聞けなかったことなどを、このアンケートに記してもらっています。

今年は伐採事前授業にて、山の男がつくるお手製木製スノーボードのお話をしたH本さんの人気が高く、仕事を趣味につなげていてすごいと思う、とか自分も仕事に楽しみや喜びを見つけたい、といった声が多く出ていました。
やはり、夢を持たせることも大切。
私のように、厳しいことばかり言っていてはだめですね(汗)。

しかし、事前授業も伐採授業も、多くのことを個人個人で感じてくれたようで、とにかく興味をもちしっかりと授業に参加してくれていたという印象を受けました。
やってよかった、と思う瞬間です。

伐採した原木は、実際に使えるようになるまでは数年の時間を要します。
だから、その数年後にまた伐採木に会えるように、2019年度以降も継続して活動をしていくことが必要。
そして、その過程で生徒たちに木を活かした住宅や建築を見せることも大切なこと。
それが夏に行われる大阪研修ですので、今年もまた、新しい3年生と大阪で会えることを今から楽しみにしています。

それに、今年は横架材がオール地松の乾燥平角という、超贅沢で立派なおうちの見学になる予定なので、いまからものすごくテンションが上がっています。

とても前向きで、真剣なまなざしを返してくれた生徒たちと、そんな環境を作ってくれている学校や先生方、そして今までその森で活動してきた先輩たちにも喜んでもらえる、意義深い伐採授業も、次年度も続けていきたいと思います。

まだまだ、私も技量を上げていかないといけませんね!

戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業 2019 アンケート 1



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星