空を見上げて
トップページ » 戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業!! 2018年度 終了! 

戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業!! 2018年度 終了! 

もう2019年になって3カ月も経とうとしているのに、主題に「2018年度」と表記することに違和感を感じてしまいますが、弊社の年中イベントの一つである「戸田先生と愉快な仲間たちの伐採授業」の2018年度を、今年度も無事に開催することができましたことを報告しておきたいと思います。

伐採授業11



昨年の様子はこちらから数回に分けてみてもらうことができますが、その時の半端ない大雪の恐ろしさから、今年は雪の心配の少ない時を狙っての開催としたのですが、前日まではほとんど雪の気配のなかったところを、なんと!当日は本降りの雪に見舞われるという、まさしく「雪男」である私を象徴するような伐採授業になったことが、今年のトピックス?!かもしれません。

このアングル、どうです?!
是非、ポチッとして昨年度の記事の写真と比べてみてください。
殆ど同じアングルですが、この違い・・・

伐採授業10

今年は何とか行けそうだ・・・

ということで、意気揚々と伐採授業開始!!
の前に・・・
愉快な仲間であるN村氏とN井氏を交えて、オリエンテーションと再度の伐採授業内容の確認、そして今から伐採する樹種のことや利用のことを、朝の一限目の授業として学習室で座学。
伐採の実技についてはもちろん、このあたりの座学にこそ私たち講師の経験と知識を余すところなく、安全につたえられるところ。
実は凄く楽しくも充実した時間なんですよ。

伐採授業9


さぁ、座学を終えいよいよ山の中へフィールドを移します。
あらかじめ下見して決めておいた伐採木のもとへ行き、伐採前の注意や見ておくべきこと、検討する事項や伐倒方向を見ていきます。
ここもとっても情報量が多い瞬間。

生徒たち全員が伐採を経験できるわけではないですが、その場にいる全員に私たちの持っている情報を伝えるべく、伐採指導してくれるN井氏どんどんと言葉をつないでくれています。


伐採授業12

伐採するという作業自体の手順のことはもちろん、安全のことやより良い木材とするために考えておくべきことなど、ただ伐採するということではない人の手で樹を活かすことを目的とした伐採の授業。

どんなことを考えておくべきか、注意することは何かということを直接言葉で教わることができる、とっても意味深い実習の時間です。
伐倒の方向を確認し、いよいよ伐り倒していきますよ。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星