空を見上げて
トップページ » 材木屋と行く森林ツアー 2018山陰編 無事終了!! 

材木屋と行く森林ツアー 2018山陰編 無事終了!! 

私も今まで、いろいろな形のツアーに参加していますが、木材関係や産地視察というと主催者はどうしても「お手本のようなもの」を見せたくなりますし、参加する側も「期待通りの素晴らしいもの」を見たいと願う。
そんなものだと思います。

しかし、私はそんなことはしません!
実際にしていることと異なるものを見せても、後々に期待とのミスマッチがおきるだけですし、私自身も今までに様々な形で「見てきたものと、何か違う」という違和感を持ってきました。
その為、私は必ず「テーマやストーリー」を持って企画に挑みます。

ツアー17


今回も密かなテーマがあるとは知らずに、参加の皆さんは熱心に今目の前にある情報の取得に励んでもらっています。
あたり前ですが立木にも年齢があり、それにより太さや状態が異なりますが、大径木の聳える山もあれば、まだまだひよっこのところもある。
それに加えて、決して美しいと言えない山もある・・・・

木材を使う側からすれば、年輪が揃っていて色がよく通直で、素直な材を求めますがそんな立木ばかりではありません。
実際に見ている中で伐り出す立木の多くは、良質なものばかりではありません。
様々な質のものが混ざります。
「産地」という冠は、いつでもどんな所からでもすぐれた木材を生産する、というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではない。そしてそれも産地が抱える課題の一つである、と思うのです。

そんなことは、話しても気がつきません。
実際に伐り出したものを見てもらうのです。

ツアー11


じっくりと眺めて・・・

ツアー10


それぞれ各人が、自分の思っていることとの違いや不明な事、それらが頭の中で入り混じりながら処理をしている状態でしょうか。
迷って考えて、イメージとの整合性を探す・・・
普段見る木材ではない、丸太や立木。
それを基に、自分たちの活用を考える。それが木材を使うということだと思いますが、彼らは何かを会得してくれたでしょうか・・・・


山を見た後は、丸太の○が木材の□になる製材所へgo!



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星