空を見上げて
トップページ » 戸田に降り立つ、黒ダイヤっ サノヨイヨイ!! 

戸田に降り立つ、黒ダイヤっ サノヨイヨイ!! 

盆踊りに出てくるサマチャンと黒ダイヤ・・・

その他にも、子供には理解不能な部分があるにせよ、踊りの雰囲気とメロディにのせられて体が動くのですが、歌詞やリズムは色々とあるようで、私が好きだった「ダイヤモンドがほしいぃ〜ならぁ、ヨイヨイ(中略・・・)男盛りのサマちゃ〜んがぁ、粋で掘り出す黒ダイヤ サノヨイヨイ」は、もしかしたらあんまり知られていないのかな。

その部分に出てくる歌詞のひとつ黒ダイヤ。
炭坑なので、正当に考えると石炭なのかと思っていますが、これが材木屋にも出た出た!というのが今回のお話。
お盆にめがけて出てきたのかは分かりませんが、男盛りのサマちゃんならぬ戸田ちゃんにも黒ダイヤが巡ってきたのです(笑)。

真黒 黒檀2

真っ黒なこの塊。

石炭ではありません。
しかし、木材の黒ダイヤに違いない。そう、これは木材。
その名の通りの真っ黒具合。
黒檀(コクタン)ですが、その中でも全身がほぼ黒色のみに包まれた稀少な存在、「マグロ」と呼ばれる黒檀です。

本当に真っ黒。

いや、誤解の無いように言いますと本当は真っ黒ではなく若干グレーを伴う部分もあるのですが、殆どの部分が真っ黒。
材木用の黒色チョークにも負けないほどの黒色です。

真黒 黒檀3


これこそ、戸田ちゃんに降りてきた「黒ダイヤ」!!
それは名前だけではなく、価格的にも十分にダイヤモンド級なのです。
木材の価格の指標となる㎥あたりの価格が、「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん、・・・・・・」桁違いとはこのこと。

通常の木材の単価ではゼロが全く足りないほどの価格です。

もちろん、それは稀少材だからですが、その黒さがいかにすごいかというのは、これを見れば明らか。

真黒 黒檀4

 
私が日々デスクの文鎮として使っている「縞黒檀」です。
この対比でみると、黒檀という名前が嘘であるかのように黒くない様に感じてしまいますが、それほど下においてあるマグロ材が黒いということ。

木材は皆さんが想像するように、少し赤身がかった茶色からベージュっぽい色味が大半ですが、非常に稀にこの様に黒であったり、緑のような色を発するものもあります。
それでも、とっても珍しいものです。
だからこそ、特定の用途であったり装飾用途などで珍重されるわけですが、珍しいものほど貴重になって行くのは世の常。
残念ですが、こんな真っ黒な黒檀はもうとっても貴重。とくに、割れもなくて真っ黒というのはなかなか難しい。


今回はどうしてもマグロ材でないといけない、ということで、なんとかその貴重な材を必要数量揃える事が出来ましたが、次を作ることができないかも・・・
木材は循環する資源だと言われますが、やはり貴重な木材となるものはどんどん枯渇していきます。
現在木材としてあるものは大切に使いきると同時に、重要性や守る意識を啓発して無理な使用をしないことを考えていかなければなりません。


炭坑の黒ダイヤは、時代の流れとエネルギー利用の移り変わりによって少なくなりましたが、木材の黒ダイヤは資源自体の枯渇の危惧の為に少なくなっています。
どちらも天然の資源ですが、人が関わることによって少なくなることに変わりはありません。
人と自然は関わり合っていかなければいけない(自然にとっては人は必要ないのかも・・・?)ですが、やはり、資源を利用する私たちの営みももう少し考えなければいけない時代だと思います。

真黒 黒檀5


早速段ボールに詰め込み、お客様のもとへと渡った黒ダイヤ。
以降は大事に、今後百年以上は大切にされるであろうモノに生まれ変わる予定の今回の黒ダイヤ、マグロ。
貴重なものだからこそ使わない、というのも大切ですが今木材としてあるものを永く大切に使うことも一つの方法だと思います。

守ることと一緒に、大切に使う、ということをもう一度考えたいと思う稀少材、マグロ材のお話でした。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星