空を見上げて
トップページ » 久しぶりに納入、無垢テーブル材 栃純白+地栂共木脚

久しぶりに納入、無垢テーブル材 栃純白+地栂共木脚

これにも流行りというものがあるのか、それとも弊社が売れていなかっただけなのか(汗)・・・
久しぶりにテーブル材の出荷がありました。(といっても、続いて3名ほどあったんだけど・・・)
ここのところ、特殊材にばかり集中しておたずねいただいていたのですが、続けてご近所から無垢のテーブルを探しに来ていただきました。

そのうちで、天板のみではなくテーブル製作までさせて頂いたおうちに、過日納品に伺ってきました。

その前に、出来上がりの材がこれです。

栃純白テーブル 3

おぉ、美しい。
中央に割れはあるものの、とっても白くて綺麗な栃の板材です。
栃というと、近年は非常によく知られる材ですが、手ごろな価格の良質材がとても少なくなっていて、たいていは中心部分に芯材である赤茶色の部分を含むものが多くなってきました。

それを考えると、今回のこの栃はとっても優秀。
なにせ、必要ないと思われる裏面にも芯材がなく裏も表も純白真っ白!
いや、もちろん裏ものぞけばわかるんで、私の様な偏屈ものがお客様として訪ねてきた場合には裏を除かれない様にしておかないといけませんが(笑)、これはその心配も無し!

栃純白テーブル 1

それに栃特有の縮み模様もあり、至れり尽くせり。
しかもうまく仕入れる事が出来たので、非常にお求めやすい価格で販売させていただくことが出来て、お施主様ラッキーです。

本当はもっと儲かる・・・基、高価になってもいいのですが、そこは気に入って下さった想いに応える気持ちで納品いたしました。

栃純白テーブル 4


納品前に、足を取り付けて仮組み。

実はこのテーブル、純白だけが売りではないのです。
この脚も売りの一つ。
いや、売りではなくこだわりです。

普通はテーブル天板にさかれる予算が大きいので、脚には大きくこだわることがないのですが、今回は私の方からお任せでさせてもらうという提案で、地栂の芯去り材の、それも共木と呼ばれる一本の木から取り合わせた木材で製作させてもらいました。

日本の栂自体が珍しいのに、一本の丸太のおなじ部分から4本の脚を採りました。
木目もめちゃ綺麗です。

これは意地というか、このテーブルに負けない陰のヒーローを作っておきたかったのです。
そうすれば、お施主様も天板以外のところでさらに自慢できますし、脚を見せつけてさらに、裏側も純白をアピールできるし(笑)。

栃純白テーブル 2

 

ここまでしたので、お施主様にはやはりそのルーツを知ってもらおうと、おせっかいながら少しだけ栃と栂のご説明をさせてもらいました。
家具屋さんではなく、入りにくい雰囲気の(汗・・・)街の材木屋を訪ねてきてくださったのです。

なんとかお気持ちに応えることと、ただの無垢材ではなく想いとストーリーのある天然木のテーブルになるように・・・

搬入で訪れたお宅は想像通りにとってもおしゃれ。

建築家さんにご依頼されたそうで、とってもすっきりなのにオークのフローリングや随所の木材が柔らかい雰囲気を出してくれる場所。

そこに栃のテーブルが仲間入りしました。

栃純白テーブル 5

想像以上だ、と喜んで頂きお子様もとっても嬉しそうにすべすべと触ってくれました。
これからご家族でオイル塗装されるそうです。

一層、栃の杢が光るのはもちろんのこと。

これから数十年、ご家族と末永く過ごしてほしいものです。
やっぱり喜んで頂く木の仕事って、素晴らしい。

そう感じる、久しぶりの無垢一枚板テーブルの納品でした。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星